Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

ベルイマン映画『沈黙』解説ネタバレと感想考察レビュー。”神の沈黙三部作”ラスト最終章で描かれる“空虚な心”|電影19XX年への旅8

  • Writer :
  • 中西翼

連載コラム「電影19XX年への旅」第8回

歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」。

第8回は、『叫びとささやき』や『仮面/ペルソナ』など、数多くの傑作を映画界に残したイングマール・ベルイマン監督作品『沈黙』です。

翻訳家のエステルは体調を悪くし、妹のアナとその息子ヨハンとともに、言葉も通じぬ異国のホテルで休みます。エステルは孤独に精神を病み、アナは男性に誘われ関係を持ちます。

姉妹がお互いを辟易し、すれ違っていく姿を描いたヒューマンドラマです。

【連載コラム】『電影19XX年への旅』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『沈黙』の作品情報


(C)1963 AB SVENSK FILMINDUSTRI

【公開】
1963年(スウェーデン映画)

【原題】
Tystnaden

【監督・脚本】
イングマール・ベルイマン

【キャスト】
イングリッド・チューリン、グンネル・リンドブロム、ヨルゲン・リンドストロム

【作品概要】
『叫びとささやき』(1972)や『仮面/ペルソナ』(1966)のイングマール・ベルイマン監督作品。異国の地ですれ違っていく姉妹の姿を描いています。

『野いちご』(1957)や『魔術師』(1958)など、ベルイマン監督作品に多数出演し、その存在感を示し続けたイングリッド・チューリンが主演。『鏡の中にある如く』(1961)、『冬の光』(1962)に続く”神の沈黙三部作”の三作目です。

映画『沈黙』のあらすじとネタバレ


(C)1963 AB SVENSK FILMINDUSTRI

翻訳家のエステルは、妹のアナとその息子である小学生ぐらいのヨハンと共に、汽車で移動していました。窓の外からは、共産圏を思わせる戦車や読めない文字が流れます。

ヨハンは夢中になって、列を成した戦車を眺めます。エステルは汽車に乗車中に体調を悪くし、ホテルで休むことにしました。ベッドで横になると、徐々に生気を取りもどします。

アナは暇を持て余し、ヨハンの横で眠っていました。エステルも酒や煙草、音楽で暇つぶしをしますが、やがてそれにも飽きてしまい、自慰を行います。

エステルは、ホテルにいた給仕に話しかけられますが、言葉は通じず、ジェスチャーでの会話を試みます。

ヨハンがホテルの中を探索します。そして、大柄の老人である給仕に追いかけられ、恐怖に陥りました。

エステルの体調は、再び悪化します。酒でもやり過ごせなくなり、発狂しそうな勢いでうずくまります。

アナは子供のヨハンを放って、散歩にでかけていました。入ったカフェで、ウェイターがわざとコインを落とし、アナを見つめます。

その後、小人たちの劇場を観に来たアナでしたが、隣の席では人目も気にせず、カップルがお互いを求め合っていました。

アナはたまらなくなって、劇場を後にします。するとそこには、先ほどのウェイターがアナを待っていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『沈黙』ネタバレ・結末の記載がございます。『沈黙』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)1963 AB SVENSK FILMINDUSTRI

ウェイターはアナを誘惑しました。ホテルに帰ったアナを、翻訳の仕事をしていたエステルは厳しく咎めますが、アナは聞く耳持ちません。

一方ヨハンは、おもちゃの銃を持ってホテル内を徘徊します。小人の劇団員達が泊まる部屋に入っておもちゃを鳴らすと、小人たちは撃たれる振りをしてくれます。

猿の被り物をした小人がベッドの上で踊っていると、劇団の長らしき者に注意され、遊びは終わります。

給仕に手招きをされたヨハンは、チョコレートを半分見せられ、給仕と交流します。昔の写真を見せてきましたが、ヨハンには彼の言葉が全く分かりません。その写真も、カーペットの下に隠してしまいます。

夜になると、アナは再びウェイターとホテルで会います。ヨハンが見ているのも知らずに二人は、熱く淫らなキスをしました。アナとウェイターはホテルの一室に入り込み、身体を重ねます。

エステルはアナを心配し、アナの元へと向かいます。しかしアナはむしろ、見せつけるように性行為を続けます。

アナは親にも愛され、翻訳家という職業で知性を発揮するエステルに、嫉妬を剥き出しにします。そして、これまで人を見下して生きてきたエステルを非難すると、エステルからは可哀想な人だと言われてしまいます。

エステルは部屋を出て行き、涙を流します。アナはウェイターと一晩を超しました。

アナはウェイターに対して、言葉が通じなくて良かったと言って、姉であるエステルへの不満を漏らします。

朝になると、アナは部屋の扉の前でひたすら泣いていたエステルに気が付きます。病状にもさらなる悪化が見られ、エステルは苦しみます。

給仕はエステルにつきっきりで看病をします。しかし、元のように元気な姿には戻りません。

そんな状況にもかかわらず、アナはヨハンと共にホテルを去ることを決めます。先に汽車で急ぐと伝えると、ヨハンはこの国の言葉で手紙を書いて欲しいと、エステルに話します。

エステルは後から合流すると言いますが、それがいつになるのかも分かりません。ベッドで寝込むエステルは、給仕に書くものを要求すると、ヨハンには読めない手紙を書いていきます。

別れの日になると、アナは汽車の時間が間に合わないからと、エステルに手紙を受け取るヨハンを急かします。

エステルはきっといつか役に立つと言ってヨハンに手紙を渡し、時間を心配すると、アナからは余計なお世話だと疎まれます。

汽車の中でヨハンは手紙を開きますが、やはり読むことはできませんでした。アナは暑いからと言って、ポーポーと甲高い音を鳴らす汽車の窓を開き、雨を浴びます。

ヨハンはそんなアナを、じっくりと見つめていました。

スポンサーリンク

映画『沈黙』の感想と評価


(C)1963 AB SVENSK FILMINDUSTRI

大衆映画的な説明の演出や台詞を省き、ただあるものだけを映したという非常にソリッドな映画『沈黙』。

物語自体には直接的な関係はないものの、ベルイマン監督作品『鏡の中にある如く』(1961)や『冬の光』(1962)と合わせて、神の沈黙三部作と呼ばれています。

そして本作品『沈黙』は、その神の沈黙三部作の三作目、つまり最終作品にあたります。

神に纏わる物語ではありませんが、これまでのベルイマン作品では、不確かで輪郭のぼやけた存在が神や愛であると語っています。

異国の言葉が分からぬ小人や給仕、あるいは全ての登場人物が、どこか未知な存在として描かれていました。しかしそれらの、何を考えているかも分からない他人は、心の支えになり不安を取り除くことはありません。

むしろ心の平穏を乱し、酒や肉体関係など、手軽に満たそうとしたくなる渇望を与えていました。また、神の視点と主観の融合という面においても、本作品は秀でています。

窓の外を見渡していると、聞こえるのは外音ですが、部屋の中に意識を戻すとバッハの音楽が聞こえてきます。淡々としていながら画面のどこかに主観的要素をチラつかせる、ベルイマン監督の演出の妙に痺れます。

ヨハンがホテル内を徘徊している時には下から撮影し、ホテル内が大きく見えます。小人と遊んでいるときにも、ヨハンが主観であることによって、小さいはずの小人がなんだか大きい存在かのように感じさせます。

しかしどうでしょう。エステルがアナに部屋を追い出され、扉の前で泣いている時にすれ違った小人達は、小さくて不気味な存在でした。

中心になる3人の人物の主観を切り替え、同一人物でも異なる解釈を得られることができ、それによって、主観性を取り入れた没入感を味わうことができるのです。

まとめ


(C)1963 AB SVENSK FILMINDUSTRI

ベルイマン監督作品に多数出演するイングリッド・チューリンの、エロティシズムと知性の混ざり合う絶妙な演技が、いかんなく発揮されていました。

女の渇望や葛藤を露わにする際の唇や瞳孔の動きまで、イングリッド・チューリンの演技は素晴らしく、リアリティを感じさせます。

会話をしながら影に消えていく人物など、白と黒で明暗を示す白黒映画特有の特徴も操り、どこを切り取っても絵になるような美しさと、緊張感もありました。

翻訳家という職業は、言葉の通じぬ者同士を繋ぎます。これは神と人間を繋ぐ牧師を暗示しています。

ベルイマンの父は牧師でありながら、ベルイマンに対して体罰を与えていました。本来人と人とを繋ぐはずの翻訳家が、あろうことか、家族の心の内を読むこともできず利己的に生きる姿を映していました。

その結果、戦車で机が揺れるような不安定な場所で、妹にも置いて行かれ、一人で死を待つ状況を嘆いていました。

父親への憎しみを映画に反映させたベルイマンなりの、父への当てつけなのかもしれません。

ベルイマン自身の経験から生み出されたからこそ、エネルギーを持った作品でした。

次回の『電影19XX年への旅』は…


(c) 1960 Universal Studios – All Rights Reserved

次回は、シャワールームでの殺人描写が有名なアルフレッド・ヒッチコックの名作『サイコ』(1960)を紹介します。どうぞ、お楽しみに。

【連載コラム】『電影19XX年への旅』一覧はこちら



関連記事

連載コラム

ホラー映画『ザ・マミー』あらすじネタバレと感想。メキシコで行方不明の母親を捜した少女の残酷な運命|未体験ゾーンの映画たち2019見破録24

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第24回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。計58本の映画を続々と上映しています。 第 …

連載コラム

映画『君の名は。』から新海誠の「セカイ」を輪郭を読む|新海誠から考える令和の想像力1

連載コラム「新海誠から考える令和の想像力」第2回 序章では「セカイ系」の定義(特徴)をひとまず「ひとり語りが激しい=自意識」という点と「きみとぼくの関係が世界の危機に直結する」という点に求めました。 …

連載コラム

映画『ナイチンゲール』あらすじと感想レビュー。評価が大きく分かれたヴェネチア映画祭での前半30分の衝撃とは⁈|銀幕の月光遊戯 56

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第56回 映画『ナイチンゲール』が2020年3月20日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開されます。 『ナイチンゲール』は、19世紀、英国植民地時代の …

連載コラム

トリフォー監督代表作『アデルの恋の物語』実話考察。愛は私の宗教と自縄自縛、悲劇の女性の物語|偏愛洋画劇場5

連載コラム「偏愛洋画劇場」第5幕 映画には愛によって身を滅ぼしていく人々がたくさん登場しますが、今回は「愛は私の宗教」とまで言い切ったヒロインが登場する作品をご紹介します。 『大人は判ってくれない』( …

連載コラム

映画『エクソシスト』ネタバレ考察感想と結末あらすじの解説。名作ホラーはトラウマ級の悪魔は少女に憑依する|SF恐怖映画という名の観覧車156

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile156 人を堕落させることを目的とし、時に犯罪や非人道的行為を扇動する「悪魔」と言う存在。 イスラム教や仏教などさまざまな宗教で「悪魔」は登場し …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学