Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/01/29
Update

『ヒッチコック/トリュフォー』感想レビューと内容解説。二大巨匠がひも解く映画術とは|だからドキュメンタリー映画は面白い4

  • Writer :
  • 松平光冬

“サスペンス映画の巨匠”として名高い監督、アルフレッド・ヒッチコックの創作の秘密に、フランス映画ヌーベルバーグの旗手、フランソワ・トリュフォーが迫る――。

『だからドキュメンタリー映画は面白い』第4回は、トリュフォーによるヒッチコックへのインタビュー音源をベースに製作された、『ヒッチコック/トリュフォー』です。

これを観れば、映画の何たるかが分かる?

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ヒッチコック/トリュフォー』の作品情報


Photos by Philippe Halsman/Magnum Photos
(C)COHEN MEDIA GROUP/ARTLINE FILMS/ARTE FRANCE 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2016年(フランス・アメリカ合作映画)

【原題】
Hitchcock/Truffaut

【監督】
ケント・ジョーンズ

【キャスト】
アルフレッド・ヒッチコック、フランソワ・トリュフォー、ウェス・アンダーソン、オリビエ・アサイヤス、デヴィッド・フィンチャー、ジェームズ・グレイ、黒沢清、リチャード・リンクレイター、ポール・シュレイダー、マーティン・スコセッシ

【作品概要】
1966年出版のフランソワ・トリュフォーの著書『映画術 ヒッチコック/トリュフォー』の基となった、トリュフォーによるアルフレッド・ヒッチコックへのインタビュー音源と写真に加え、10人の監督によるインタビューで構成。

20年にも及ぶ、2人の関係性を映し出していきます。

映画『ヒッチコック/トリュフォー』のあらすじ


Photos by Philippe Halsman/Magnum Photos
(C)COHEN MEDIA GROUP/ARTLINE FILMS/ARTE FRANCE 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

『レベッカ』(1940年)、『裏窓』(1956年)、『サイコ』(1960年)といった、数多くのヒット作・話題作を生んだ監督、アルフレッド・ヒッチコック。

しかし彼は、アメリカの批評家にはその芸術性はほとんど評価されておらず、あくまでも商業用映画の監督としての評価に留まっていました。

そんなヒッチコックに1962年、『大人は判ってくれない』(1960)の監督フランソワ・トリュフォーが、長文による手紙を認めてインタビューを申し込みます。

当時30歳の若き新鋭監督からの申し出に、ヒッチコックは涙を流して喜び、快諾。

そして、ヒッチコック63歳の誕生日に、アメリカのユニバーサル・スタジオのオフィスで始まったインタビューは8日以上にも及び、その時の録音は50時間に及んだとされます。

本作は、その貴重な音声テープをベースに、マーティン・スコセッシ、デビッド・フィンチャー、ウェス・アンダーソン、リチャード・リンクレイターといった、ヒッチコックを敬愛する10人の監督たちにインタビューを敢行。

現在でも通じるヒッチコックの映画術を、新たな解釈でひも解いていきます。

スポンサーリンク

ベースとなった本『映画術』とは

本作の基となった著書『映画術 ヒッチコック/トリュフォー』(以下『映画術』)は、1966年に刊行され、日本では約20年後の81年に邦訳版が出版されました。

その後、90年に改訂版『定本 映画術 ヒッチコック/トリュフォー』が刊行され、約300ページというボリュームながら、2017年までに累計約7万部も売れたロングセラー本となっています。

『めまい』(1958年)の主演女優キム・ノヴァクなどいった関係者へのインタビューや、翻訳を担当した映画評論家の蓮實重彦や、同じく評論家の秦早穂子による、ヒッチコックにまつわる対談も収録されています。

ヒッチコックの影響を受けた監督インタビュー


Photos by Philippe Halsman/Magnum Photos
(C)COHEN MEDIA GROUP/ARTLINE FILMS/ARTE FRANCE 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

本作の大きな特徴は、なんといってもマーティン・スコセッシやデヴィッド・フィンチャー、ウェス・アンダーソンや黒沢清といった世界の映画監督10名が、ヒッチコック作品について語るインタビュー映像でしょう。

ブライアン・デ・パルマのように、分かりやすくヒッチコックにオマージュを捧げる監督もいるなか、本作の監督ケント・ジョーンズは、あえてそういった人物ではなく「彼の影響が密かにこだましている監督」を選んでいます。

そのため、本作に登場する監督の大半は一見すると、ヒッチコックに影響を受けたと思えない人選かもしれません。

しかし、彼らの多くは「『映画術』を読んで映画作りを学んだ」とその影響力を認めつつ、スコセッシに至っては、空間と時間の扱いや物語の構成など、ヒッチコックが映画製作にもたらした革命を語ります。

自作については理路整然と語りがちなアンダーソンが、ことヒッチコックについて熱く解説すれば、「決して模倣してはならないと堅く自分に誓ってきた」という黒沢清の言葉も響きます。

一方で、『めまい』についてフィンチャーが「変態映画の最高傑作」と絶賛すれば、スコセッシは「映画の筋がよくつかめない」と、監督によって作品の評価が二分しているのも興味深いところでしょう。

参考映像:『めまい』

スポンサーリンク

トリュフォー自身も『映画術』のフォロワーに

元々映画批評家だったトリュフォーは、正当に評価されていなかったヒッチコックの作劇法を参考にしつつ、自身もフィルムメーカーとなって作品を生み出し、ヌーベルバーグの立役者となっていきます。

トリュフォーが、『映画術』の刊行に動いていた頃と刊行後に撮った、『柔らかい肌』(1964年)、『華氏451』(1966年)、『黒衣の花嫁』(1968年)、『暗くなるまでこの恋を』(1969年)。

これら4本の映画には、極めてヒッチコック的なサスペンス要素が込められています。

さらには、『華氏451』と『黒衣の花嫁』の音楽をヒッチコック作品を多数手がけたバーナード・ハーマンが担当し、そして『黒衣の花嫁』と『暗くなるまでこの恋を』の原作者は、『裏窓』の原作者ウィリアム・アイリッシュでした。

ヒッチコックの『映画術』を検証しつつ、トリュフォー自身もその『映画術』に触れて、さらなる創作欲を掻き立てていったことがうかがえます。

参考映像:『暗くなるまでこの恋を』

父子かつ師弟のような2人の関係性

本作は、ベースとなった『映画術』の、いわば映像版。

1962年のインタビュー音源を引用し、そこで話題となっている映画のシーンが挿入されるため、とても観やすく分かりやすいです。

そうした映画芸術の継承や、現代の映画監督の視点も含んでいるため、映画好きにはたまらない作品なのは間違いないでしょう。

その一方で、監督のケント・ジョーンズは「単なる映画マニア向けの作品にはしたくなかった」と語っています。

共に少年時代に留置場や鑑別所に入れられた体験などを交えつつ、映画について語らうトリュフォーとヒッチコック。

時には、ヒッチコックが30歳近く年が離れたトリュフォーに、映画製作への迷いを正直に吐露したりもしています。

さながら師弟のようでもあり、友人のようでもあり、父子のようでもある――そんな2人の関係性を垣間見ることができるという意味でも、『ヒッチコック/トリュフォー』はドキュメンタリーであると同時に、一種のヒューマンドラマといえるかもしれません。

次回の「だからドキュメンタリー映画は面白い」は…


(C)2011, KOTB, LLC. All Rights Reserved.

次回は、“B級映画の帝王”、“ハリウッドの反逆児”などの異名を持つ映画プロデューサー、ロジャー・コーマンに密着した2012年公開の『コーマン帝国』を紹介。

ヒッチコックやトリュフォーとは対照的に、「とにかく早く安く作って儲ける」をモットーに500本以上もの作品製作に携わってきた、山師のような映画人生を追います。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

【日本映画大学の卒業制作2019上映会】作品内容と解説。映画を知り人間を知る「社会人基礎力」|映画道シカミミ見聞録32

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第32回 こんにちは、森田です。 日本映画大学は2019年2月10日に、イオンシネマ新百合ヶ丘にて「第5回卒業制作上映会」を開催します。 第5回 日本映画大学卒業制作 …

連載コラム

松下恵映画『アラフォーの挑戦 アメリカへ』ネタバレ感想レビュー。語学留学先で見た多様な価値観と本当の行き先とは⁈|だからドキュメンタリー映画は面白い12

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第12回 「アラサー」、「アラフォー」って呼ぶのは“エイハラ”になるって知ってましたか? 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第12回は、2019年4 …

連載コラム

映画『宮田バスターズ(株)』あらすじと感想評価。クラウドファンディングで161人の支援者が集まったモンスタームービー|SF恐怖映画という名の観覧車77

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile077 映画の製作に欠かせない「製作費」。 映画館で大々的に公開される映画の多くは、大企業などがスポンサーとして製作会社のバックに着くことにより …

連載コラム

映画『GOZEN』の石田秀範監督プロフィール。厳しい演技指導と最終回職人の名作「ライダー龍騎」の内容解説|邦画特撮大全33

連載コラム「邦画特撮大全」第33章 先日、東映の新企画“東映ムビ×ステ”が発表されました。これは映画と舞台を連動させた企画で、第1弾『GOZEN』の製作が決定しています。 2019年夏に映画『GOZE …

連載コラム

映画『検察側の罪人』評価。ロケ地やラスト結末から制作側の意図を読み解く|舞台裏の裏の裏話1

連載コラム「舞台裏の裏の裏話」その1 『日本で一番長い日』や『関ヶ原』の原田眞人監督の最新作であり、原作は「月刊文藝春秋」にて2012年9月号から2013年9月号まで連載された雫井脩介による小説の実写 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP