Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/02/19
Update

映画TUBEチューブ 死の脱出|ネタバレ感想と結末あらすじの解説。拷問サスペンスが描く閉ざされた空間の正体は“煉獄”?【未体験ゾーンの映画たち2022見破録11】

  • Writer :
  • 20231113

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」第11回

映画ファン待望の毎年恒例の祭典、今回で11回目となる「未体験ゾーンの映画たち2022」が今年も開催されました。

傑作・珍作に怪作、ユニークな設定のSF映画などさまざまな映画を上映する「未体験ゾーンの映画たち2022」、今年も全27作品を見破して紹介、古今東西から集結した映画を応援させていただきます。

第11回で紹介するのは、その設定からして話題を呼ぶ作品『TUBE チューブ 死の脱出』。

意識を失って目覚めた時には、日常から離れた空間に閉じ込められていた主人公。閉じ込めた者の正体とその狙いは。果たしてこの空間から脱出できるのか。

SF・ホラー映画ファンにはお馴染み、ソリッド・シチュエーションで描かれたユニークな作品が登場しました。

「未体験ゾーンの映画たち2021」で上映が予定されながら、本国の都合で上映中止となった作品がついに公開されました。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2022見破録』記事一覧はこちら

映画『TUBE チューブ 死の脱出』の作品情報


(C)2019 FULL TIME STUDIO – CINEFRANCE STUDIOS – EQUITIME – WTFILMS

【日本公開】
2022年(フランス映画)

【原題】
Méandre / Meander

【監督・脚本】
マチュー・テュリ

【キャスト】
ガイア・ワイス、ペーテル・フランツェーン

【作品概要】
暗く狭い、さまざまな仕掛けを持つチューブの中で目覚めた女。不条理な状況に置かれた彼女は脱出できるのか。特異な設定で描いたSFサスペンススリラー。

監督は数多くの現場で助監督を務め、クレジットされた作品には『G.I.ジョー』(2009)『ラスト・ミッション』(2014)、『マダム・マロリーと魔法のスパイス』(2014)などがあるマチュー・テュリ。

彼がさまざまなジャンルを融合させた、デストピア・サバイバル映画『HOSTILE ホスティル』(2017)に続いて監督した作品です。

主演は『ザ・ヘラクレス』(2014)や『スクランブル』(2017)のガイア・ワイス、共演を『ザ・ガンマン』(2015)や『巨山』(2016)のフィンランド人俳優、ペーテル・フランツェーンが務めました。

映画『TUBE チューブ 死の脱出』のあらすじとネタバレ


(C)2019 FULL TIME STUDIO – CINEFRANCE STUDIOS – EQUITIME – WTFILMS

車のラジオからさまざまな声が響きます。空に輝く光を見た、それは神だ、主の声に耳を傾けよ。2人の若い女性が連続して刺された、警察が駆け付けたが犯人は逃亡していた…。

ラジオはショーン・ジェームズが歌う「Through the Valley」、“死の影が覆う渓谷を私は歩む……”という歌詞から始まる歌を流します。

車は人気の無い荒涼とした道路を走ります。その路上に、思い詰めた顔をした女性が仰向けに横たわっていました。

女性は車が近づくと悩んだ末、立ち上がり道路の脇に移動します。通り過ぎた後バックして女性の脇に停まる車。

車から大丈夫か、と声をかける男に、「道に迷った」と答える女性。同乗するかと言われた彼女は断りますが、一番近くのガソリンスタンドは10㎞以上先と知り乗り込みます。

やがて夜になりました。女はバーでウェイトレスとして働くリサ(ガイア・ワイス)だと名乗り、アダム(ペーテル・フランツェーン)と名乗る男は退屈な夜警をしているが、人間嫌いの自分にお似合いの仕事だと話しました。

自分は厳しく、嫌な奴だった父に育てられたと語るアダム。子供がいるかと聞かれたリサは、今日は娘の9歳の誕生日だった、と答えます。

だった、の言葉を聞き、それで路上に横たわっていたのかと尋ねたアダムに、死にたくないがもう一度娘に会いたい、と答えるリサ。

その言葉を聞きたアダムは、俺たちはいつも1人ぼっちだと語ります。

リサがラジオのスイッチを入れると、ラジオのニュースは2人の女性が殺害された事件の続報を流していました。

逃走した容疑者は白人男性で、右手に十字架のタトゥーをしている…ニュースが語る特徴が、車を運転するアダムと一致していると気付くリサ。

彼女の表情に気付いたアダムは急ブレーキをかけ、リサは強く頭を打って意識を失います。

目覚めたリサは、狭い空間にいました。体を起こした彼女は、自分が奇妙な姿をしている事に気付きました。

ほぼ全身を覆うボディスーツを着用し、左手首に大きなライト付きのブレスレットが装着されています。

手首の明かりを頼りに、自分を閉じ込める空間を探りますが出口はありません。助けを求め大声で叫ぶリサ。

反応はありません。彼女はハッチのような箇所を開けようと試みますが無駄でした。

ブレスレットは外せません。時折周囲から奇妙な音が聞こえる空間で、絶望した彼女は座り込みます。

突然ハッチの一つが開きました。先が明るくなっている狭い通路、はって進むことが可能な“チューブ”のような空間でした。

彼女がその中に入るとハッチが閉じました。パニックになったリサは、やがてブレスレットの照明の中に「10:55」と数字が表示された気付きます。

それは残り時間を示すかのように、カウントダウンを始めます。時々不気味な音が聞こえる中、腕の光を頼りに先に進むリサ。

すると目の前の通路に障害物が現れます。彼女は狭まった通路をすり抜けて進みました。

その先に進むと、“チューブ”が上下2段に分かれた場所に来ました。リサは上の通路を選び進みますが、突然天井が降りてくると気付きます。

このままでは天井と床に挟まれ潰されます。必死に進んだ彼女は狭まる箇所を抜け出すことに成功しました。

ブレスレットに数字が表れ、残り時間が「5:20」を切ったことを表示して消えました。進むべき通路が現れると先へと進むリサ。

目の前に損傷の激しい、リサと同じブレスレットを付けた死体が現れます。異臭と気味悪さに耐えつつ、彼女はそれを動かし通路を進みました。

残り時間は「2:02」を切ったと表示されます。先に進んだリサは、目の前に通路を塞ぐシャッターが現れたと気付きます。

格子状のシャッターは人が通り抜けることは出来ません。するとブレスレットの照明が赤く変わり、残り時間が1分を切ったと表示されました。

“チューブ”内に列をなして何本もの、ガスバーナーが突き出てきました。先に進んで逃げることは出来ません。壁の一部に身を隠せるスペースが現れます。

彼女は急いでその空間に入ります。彼女が入ると同時に、入り口にガラス板が勢いよく降りました。密閉された空間に隔離される形になるリサ。

ブレスレットのタイマーが0になると、“チューブ”全体が炎に包まれ焼き払われます。このスペースに逃げ込まなければ彼女は死んでいたでしょう。

炎が消えるとガラス板は上がり、背後の壁が動き出しリサは元の通路に押し戻されました。

そして“チューブ”の天井が下がって来ます。彼女は身動きもままならぬ空間にいました。彼女は自分が何者かに弄ばれていると知り、涙を流します。

ブレスレットのタイマーは「11:00」からカウントダウンを始めます。仰向けのまま身をよじらせ先に進むリサ。

通路の先は下へ傾斜し、その部分は水で満たされていました。先に進むしかないと悟った彼女は、大きく息を吸い水の中へとすべり落ちます。

水で満たされた空間を泳いで進むと、その先の天井部に出口があります。リサはそこから外に出ますが、そこも“チューブ”の続きでした。

ところがその空間の上部から激しく水が流れてきます。水と共に彼女と同じ目にあった者でしょうか、何者かの遺体が流れてきます。

天井まで水で満たされましたが、耐え抜いたリサは水の流れてきた箇所から顔を出します。その先にも暗くて狭い通路が続いていました。

呼吸を落ち着かせると、リサは細く折れ曲がった空間を進んで行きました。彼女はノイズのような音の中に、助けを求める声が聞こえると気付きます。

リサは狭い“チューブ”内を、身をよじり声の聞こえる方へ進んで行きました。いきなり床が開き始め、慌てて身動きを止めるリサ。

床下は怪しげな色の、煙を吹き出す液体で満たされていました。リサはボディスーツの一部を引きちぎり液体に浸します。布は腐食し、彼女は液体が高濃度の酸か何かだと悟ります。

手足を広げ壁の部分を伝って進めば、床下の液体に触れずに先に進めます。苦心して渡り切るリサですが、最後に左膝を液体に浸けました。

その箇所はスーツも皮膚も焼けてしまいます。苦痛に顔を歪めながら声の方向へと進むリサ。

“チューブ”の先の床に丸く穴が開いています。そこから声が聞こえると悟ったリサは、下へ降りました。

そこにも細く狭い通路が続いています。そして前方に先ほどと同じ、通路を塞ぐ通り抜けられぬシャッターが降りています。

その先にいる声の主に呼びかけるリサ。相手の男も同様のシャッターに遮られ、助けを求め泣き喚いていました。

男を諦めるなと励まし、何者かが私たちをネズミのように殺そうとしてる、互いに助け合おうとリサは訴えます。

そちら側に何があると彼女に聞かれ、何も無い、忌々しい“チューブ”だけだと叫ぶ男。

男の方が長くこの空間にいる、と悟ったリサは何か覚えているか尋ねます。男は何かが戻って来る、俺たちを殺されるとわめき始めました。

リサのブレスレットが赤く光ると、男の腕も同じ様に光ります。男もリサと同じ格好をしており、2人は同時に残り1分のカウントダウンを迎えたのです。

またバーナーが突き出てきました。お前が死ね、と男は叫びます。2人の間の通路の壁に、先程と同様の退避スペースが現れました。

2人の目の前のシャッターが同時に上がりました。相手より先に狭いシェルターに入ろうと、争うように進む2人。

ほぼ同時に到着した2人は掴み合い争います。何とかリサがスペースに入り、足を掴む男を通路に出しました。

その瞬間2人に間にガラス板が降り、男の腕はガラスに切断され、リサのいるシェルターに残ります。手のタトゥーを見て男がアダムだと気付くリサ。

カウントが0になった瞬間、“チューブ”内は炎に包まれアダムの体は焼き払われました。リサは自分の意識が遠のくように感じました。

我に返ったリサは、今回のスペースは前回より高さがある、白く輝いた空間と気付きました。そして天井に穴が開き、何かが突き出してきます。

それは朽ち果てた人間の頭部と機械が融合したものです。それはリサの膝の傷に気付くと高度な技術で治療します。この機械、あるいはこれを操る者は、自分を生かそうとしていると悟るリサ。

機械の目を持つ頭部が朽ちた口を開くと、太いパイプが現れました。伸びたそれはリサのスーツの腹部のジョイント部に接続されます。

その瞬間記憶を取り戻すリサ。彼女はあの時、車の中でナイフを持つアダムと激しく争っていました。

刺されたのか、リサは自分の手が血に染まったと気付きます。その時、天から現れた光が大きくなり、彼女はその光に包まれます…。

頭部が戻って行くと、彼女はシェルターから通路に出されました。またブレスレットのカウントダウンが始まりました。

通路に転がったアダムの腕に、以前無かった「◇✕◇」のタトゥーがあると気付くリサ。ダイヤモンド、十字、ダイヤモンド…彼女は意味が判りません。

今度は通路に回転するプロペラが現れ、彼女の方に進んできます。慌ててバックして逃れるリサ。残されたアダムの腕は、プロペラによってミンチにされていきます。

天井に穴があると気付き、そこから上に逃れるリサ。彼女の前には、また細くて狭い“チューブ”が広がっていました…。

以下、『TUBE チューブ 死の脱出』のネタバレ・結末の記載がございます。『TUBE チューブ 死の脱出』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2019 FULL TIME STUDIO – CINEFRANCE STUDIOS – EQUITIME – WTFILMS

彼女の腕のブレスレットは、カウントダウンを開始しました。先に進もうとしたリサは、頭上で何者かが動く物音に気付きます。

その音は彼女の背後に移動して行きました。そこで天井部に丸い穴が開き、何かが降りてきました。

それは人の形をした醜い体と白い目を持つ、唸り声をあげる怪物……火に焼かれるも、生き延びていたアダムでした。気付かれぬ様ゆっくり進み逃れるリサですが、その物音に反応したアダム。

リサは細く折れ曲がった通路を必死に進み、アダムは後を追ってきます。足を掴まれかけますが、狭い通路が通れぬアダムは諦めて去ったようです。

ブレスレットに残り時間が表示されました。“チューブ”を進むリサは、目の前に左右2つの通路があると気付きました。

彼女は左側の通路を選び先を進みます。すると女の子の声が聞こえてきます。それはリサの娘・ニナの声でした。ニナの名を呼び通路を進むリサ。

狭い通路の先には立つことが可能な、周囲を白い壁に囲まれた空間がありました。彼女が壁に手で触れると、何か奇妙なものが映し出されます。

それはベビーベットの上に吊るされた、赤ちゃん用のモービルです。そこに生まれたばかりのリサをあやす父親の顔が現れました。

その映像は消え、壁に彼女の人生を彩った過去の出来事が次々映し出されます。通路に座り込んだリサの前に、ボールで遊ぶニナの姿が現れます。

部屋の中で遊んでいたニナのボールが窓から外に落ちました。ニナは取ろうと窓から身を乗り出します…。その光景を見て涙を流すリサ。

打ちひしがれた彼女ですが、部屋の天井の上をアダムが進んでいると気付きます。アダムに先回りされては危険だと気付き、彼女は先に進みます。

彼女が“チューブ”に入ろうとすると、天井から降りて来た通路からアダムが現れ、掴みかかってきました。

リサが進む通路は狭く、急な登りの傾斜がついていました。上るとその先の通路には鉄条網が張られています。

またブレスレットのライトが赤くなり、残り時間は1分を切ったと表示され、壁にはバーナーが突き出てきました。

アダムが迫り、覚悟を決めたリサは鉄条網の下をかいくぐって進み、体を傷付けてしまいます。一方鉄条網の手前に現れたシェルターに逃げ込むアダム。

血塗れになり鉄条網を抜けたリサですが、力尽きもう進めません。通路の先には青い空と白い雲が見えますが時間が切れました。

“チューブ”内は炎に包まれます。しかし突然床が開き、彼女は落ちて行きました…。

リサは痛みを感じながら目覚めます。そこは彼女の付けた傷が残る”チューブ”の出発地点でした。彼女をここに閉じ込めた者は、また同じことをさせるつもりでしょうか。

彼女は力なく自分の血でアダムの腕にあった、「◇✕◇」の記号を記します。天井から人間の頭部と機械が融合した物が伸びてきます。

機械の頭部はリサの傷を治療していきます。しかし、その頭部にもう逝かせてと訴えるリサ。

頭部は彼女の望みを叶えようとしたのか、注射針の突き出た管を伸ばします。その時自分が描いた記号を見たリサは何かに気付きました。

あの記号は「<・>・>・<・<・>」、つまり左・右・右・左・左・右と、進むべき通路は左右どちらかを示すものだったのです。

これが進むべき道なのか、それとも自分の腕にも同じタトゥーがあるのでは、とリサは考えました。

彼女が脱出する気力を取り戻したと気付いたのか、注射針を収めて彼女の傷の治療を再開する、機械仕掛けの頭部。

“チューブ”の入り口が開きました。リサは前回の経験を生かして進みます。酸性の液体で満たされた箇所に来ると、ブレスレットを液体に浸け外す事に成功します。

彼女の手首には「✕✕◇」、つまり「>・<・>・<・<・>」とアダムとは異なるタトゥーがありました。これが自分の進む方向だと確信するリサ。

最初の分岐点に来た彼女は、タトゥーが示す右の“チューブ”を選びます。次の分岐点は左、その次は右と順番に選択して行きました。

正しい道を進んでいるはずですが、アダムが現れ追ってきます。何とか逃げ切り、次は左の“チューブ”に飛び込みます。

彼女が入った通路は、上下左右と重力の働く方向が変わります。何とかアダムを振り切るリサですが、手にしたブレスレットが紫色に点滅しました。

それを通路に投げ込み身を隠し、アダムをライトが光る方向に誘導したリサ。しかし誤って進むべき方向にアダムを誘導した、と気付きます。

やむなく先に進み始めるリサ。通路は今までの無機的なものから、粘液にまみれた生物的なものに変わりました。

臓器の入り口、幽門のような入り口を通り抜けると、その先は内臓の中のような空間でした。薄い臓器の被膜の向こうに、3本指の人型の生物が無数にいると気付いたリサ。

その生物の1人が被膜ごしに顔を突き出してきました。それに触れたリサは、なぜか愛おしく感じたようです。

その先の幽門をくぐると、あの投げ捨てたブレスレットが落ちています。彼女は手を伸ばしそれを拾うと赤く点滅し、残り時間1分を示しました。

向かい側の幽門からアダムが姿を現します。慌てて元の通路に引き返したリサはバーナーが突き出る中、アダムより先にシェルターに逃げ込みます。

ガラス板に仕切られ彼女は助かったと確信しますが、通路は炎に包まれません。ガラス板が開くと襲いかかるアダムの頭部を踏み、壁に押し付け潰すリサ。

アダムは動かなくなりました。先へと進んだリサは最後の分岐点に到着します。右の“チューブ”を選ぶべき場所ですが、なぜか左の“チューブ”から亡き娘ニナのボールが転がって来ました。

そこから現れたニナは、どうして私を1人にしたの、もう離れたくないと訴えます。娘に誘われるまま、左の通路を進むリサ。

しかしブレスレットの光が彼女の気持ちを固めました。リサはついてきて欲しい、もう「時間を忘れて」と訴える娘の声を振り切り、涙ながらに引き返します。

分岐点に戻ると、一緒には行けないと娘に別れを告げるリサ。ニナは母に抱きつきますが、突然我々は皆、あなたを誇りに思うと言いました。

気付くとリサが抱いていたはずの娘の姿はありません。右の“チューブ”に入ると先に空が見えます。

笑顔で進むリサの前に素早く通路に降りてくる、3枚のギロチンの刃のようなシャッターが現れました。

それは高速で、リズミカルに動いていました。先に進むしかありませんが、先程ニナが語った「時間を忘れて」という言葉を思い出すリサ。

彼女は残り時間を告げるブレスレットを捨て、リズムを図り自分のタイミングで、ギロチンのようなシャッターに挑みました。

1枚目、そして2枚目の刃をくぐり抜けたリサ。目の前には青い空に流れる白い雲が見えます。

しかし3枚目の刃をくぐり抜けたリサは、右足の先を切断され悲鳴を上げました。

それでも出口にたどり着くリサ。そこにあったのは、スクリーンに映し出された空だったのです。

周囲は闇に包まれ、リサは泣き崩れます。それでも、最後までやり遂げたとつぶやくリサ。

“チューブ”の狭い空間にバーナーが突き出てきました。やったよ、と繰り返しつぶやくリサは満足気な表情で、最期の時を待ちました。

しかし炎に包まれません。そしてリサの目の前に明るい光景が広がります。そして彼女の体は浮遊し、白い光に包まれます。

リサが目覚めると彼女は岩の上にいました。周囲から動物の声が聞こえ、近くを滝が流れていました。

彼女の体の傷は消え、目の前には娘のニナがいました。ニナに私は死んだの、と尋ねるリサ。

あなたの体は何度も死んだ、もう恐れることはない。ここは安全な場所だとニナは告げました。

これからどうすればいいの、と問うリサに、ただ住めばよい、とニナは答えます。

試練を越えた母と娘の前に誰も見たことの無い、美しい自然豊かな世界が広がっていました…。

映画『TUBE チューブ 死の脱出』の感想と評価


(C)2019 FULL TIME STUDIO – CINEFRANCE STUDIOS – EQUITIME – WTFILMS

突如、謎に満ちた空間に閉じ込められ、生死をかけた脱出劇を繰り広げるソリッド・シチュエーションスリラー&ホラー映画『キューブ』(1997)。

世界で大ヒットし、カルト的な人気を獲得したこの作品は日本でも大人気で、『CUBE 一度入ったら、最後』(2021)が製作・公開されたのは記憶に新しいところです。

邦題は『TUBE チューブ 死の脱出』の本作。世界中のSF・ホラー映画ファンが『キューブ』からの影響を指摘している作品だけに、妥当なタイトルと呼べるでしょう。

自分は閉所恐怖症ではないが、子供の頃住んでいた家には高さ50㎝の地下室があった。小さい私は物を取りに、よく入らされたと振り返るマチュー・テュリ監督。

この経験が脚本に生かされたと思う、と監督は言葉を続けています。『キューブ』や『[リミット]』(2010)のような作品は、そんな閉塞した環境に不安を抱く観客に上手く機能していると分析しています。

本作を単純に罠が連続する映画にはしたくなかった、と語る監督。彼女を蝕む哀しみや、癒えることの無い憎しみや罪悪感の輪廻を描きたかったと説明しています。

キューブ』とは異なる、本作の面白い要素と思うものは、主人公が起き上がれない不快な状況に置かれ、しかも常に前進せねばならない点にあると語る監督。

狭くて複雑な構造の“チューブ”を進む。その困難な前進は、元の場所に戻る循環に過ぎないかもしれません。

それでも心に深い傷を負った主人公は、その過程で精神的な成長を遂げます。テュリ監督が描こうとした世界は、全ての観客に伝わっているでしょう。

ビデオゲームからも影響を受けた作品


(C)2019 FULL TIME STUDIO – CINEFRANCE STUDIOS – EQUITIME – WTFILMS

自分が最初に見た映画は、6歳の頃ソファーの陰に隠れて見た『遊星からの物体X』(1982)だと話す監督。カンヌで生まれた彼は、18歳で映画学校に入ります。

クエンティン・タランティーノ監督やリュック・ベッソン監督作品など、多くの現場に参加した彼ですが、クレジットされない初期の作品では撮影現場に入れず、その外で人が入らぬよう群衆整理をしていました。

その後も現場で経験を重ねたテュリ監督。さまざまな方法で映画監督になる人物が増えた中、彼のような経歴を持つ監督は、少数派になったのではないでしょうか。

何かと『キューブ』と比較される本作ですが、『キューブ』は一つのセット、あの立方体の部屋を使い回して、次に入った部屋を描きました。

比較して本作はさまざまなセットを作った、例えばロングショットに使用する長いセットを作る必要もあった、と監督は解説しています。

金属的な通路にさまざまな光源、監督はブレスレットの照明はアイデアだったと語っています。この空間は未来的ですが、洞窟に住む原始的な人に作られた可能性もある、それでトラップに火や水の要素を加えたと話しました。

これを実際にセットの中で起こして見せたい。そして実行した結果、セットは本当に火事になった。幸いにも最終日でしたが…とインタビューで笑って話した監督。

狭い空間で一方向に進んで様々な障害を乗り越え、水中を泳いだり炎に包まれたり…。これ、「スーパーマリオ」だよ、とツっこんだ方もいるでしょう。

自分はゲーム「メタルギアシリーズ」の生みの親、小島秀夫の大ファンだと語る監督。本作はさまざまなビデオゲームからインスピレーションを得ているとも証言していました。

例えばブレスレットのライトの色。タイムリミットが近づくと赤色に変化します。死体には緑色。主人公が通常の状態なら黄色と、ゲームがライフ状態を表示するように、リングのなったライトの色が登場人物の置かれた状態を示します。

主人公が身につけたボディスーツ、そして“チューブ”の中で、なぜ彼女の髪は編まれているの?というスタイリッシュな姿。これらもゲームからの影響でしょう。

主人公に与えられた苦痛の意味

参考映像:ゲーム”The Last of Us Part Ⅱ”より Ellie’s Song「Through the Valley」

狭い通路を進み、恐るべき怪物と化したアダムと闘った女性。続編では少女のために戦った主人公と言えば、テュリ監督も大好きな『エイリアン』(1979)のリプリーです。

しかし監督は、怪物に追われ下着姿で逃げるリプリーの姿が、不健全なセクシャリティ描写だと批判されていた過去を知っていました。

主人公リサを演じるガイア・ワイスは、そういった点に配慮しつつSF的な、レイチェル・カーンビーがデザインした、白と黒からなるボディースーツを身に付けます。

このスーツは綺麗なものから破れて汚れたものまで、3つのスーツが用意されシーンにより使い分けられました。

当初の美しく無機的なスーツは、やがて赤く染まり血肉を感じさせるものに変化します。これは彼女の肉体的、そして精神的変化を描いたものだと気付くでしょう。

娘を失った女性である主人公。彼女は狭く、曲がりくねった“チューブ”の中で、立つことも振り返ることも出来ず、前に進むしかありません。

彼女がこの苦難の果てに得たものは何だったのか…。本作を見た方は皆、その意味に気付いているでしょう。

この映画は冒頭で男性シンガー、ショーン・ジェームズが歌う「Through the Valley」が流れます。

“死の影が覆う渓谷を私は歩む…”という、旧約聖書の詩篇23篇から引用された歌詞から始まる歌は、絶望と迷いに満ちた人生の歩みを歌う内容です。

この歌は監督が大好きなビデオゲームの世界でも使用されています。2020年に発売された「The Last of Us Part Ⅱ」が描く文明が崩壊した世界で、復讐の旅に出る女主人公がこれを歌っていました。

このゲームはGolden Joystick Awards 2020のゲーム・オブ・ザ・イヤーを受賞しながら、ポリコレ描写や前作ファンがショックを受けた凄惨な展開が、炎上騒ぎを起こしたことでも知られるゲームです。

一方でそのストーリーが胸に刺さった人からは、熱烈に支持されています。このゲームの世界観を見事に表現した歌が「Through the Valley」でした。

『TUBE チューブ 死の脱出』は冒頭にこの歌を流すことで、これから主人公リサに起きる出来事を宣言しています。その結末をどうか見届けて下さい。

まとめ


(C)2019 FULL TIME STUDIO – CINEFRANCE STUDIOS – EQUITIME – WTFILMS

不条理なSF的ソリッド・シチュエーション映画として描かれながらも、テーマははっきりと見える作品『TUBE チューブ 死の脱出』。

もがき苦しみ、苦痛に苛まれながらも傷付いた心は癒され、新たな地で再生する。“チューブ”の中を彷徨う主人公リサは、天国にも地獄にも行けなかった者が向かう、カトリック教会が説く“煉獄”にいたのでしょうか。

“煉獄”にいる者は苦痛を通して罪が清められ、天国に行くとされています。すると彼女がたどり着いた場所は天国でしょうか。

いや、これは3本指を持つ宇宙人の仕業でしょうか。宇宙人こそが神なのでしょうか。リサの前に現れたアレはメカ、それとも天使でしょうか。

リサの娘が最後に口にした言葉は、実は彼女が何度も“チューブ”の中で、循環を繰り返したことを意味するのでしょうか。これらの疑問について監督は何も話していないようです。

この疑問には、ご自身で答えを出すしかないようです。そして最後まで鑑賞した時、冒頭に流れた「Through the Valley」の歌の意味が、切実に心に迫ってくる映画です。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」は…


(C)2021 Black Friday the Film, LLC

次回の第12回では元海兵隊員の男が、家族のためにスーパーマーケットでテロリストに立ち向かう!アクション炸裂の映画『レッド・ブレイク』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2022見破録』記事一覧はこちら






増田健(映画屋のジョン)プロフィール

1968年生まれ、高校時代は8mmフィルムで映画を制作。大阪芸術大学を卒業後、映画興行会社に就職。多様な劇場に勤務し、念願のマイナー映画の上映にも関わる。

今は映画ライターとして活躍中。タルコフスキーと石井輝男を人生の師と仰ぎ、「B級・ジャンル映画なんでも来い!」「珍作・迷作大歓迎!」がモットーに様々な視点で愛情をもって映画を紹介。(@eigayajohn

関連記事

連載コラム

『バトル・オブ・サブマリン』ネタバレあらすじ結末と感想評価。実話実録モノとしてドイツ艦隊に立ち向かうポーランド潜水艦の死闘を活写!|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー116

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第116回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞 …

連載コラム

映画『ドルフィン・マン』感想レビューと評価。伝説の素潜りダイバーがたどる波乱の生涯【ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ】|だからドキュメンタリー映画は面白い28

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第28回 伝説のダイバーが深くたどる、波乱に満ちた生涯とは――。 今回取り上げるのは、2019年11月29日(金)より新宿ピカデリー、アップリンク渋谷、 …

連載コラム

『コット、はじまりの夏』あらすじ感想と評価解説。アイルランド映画が描くのは親戚夫婦の愛に触れた少女の成長|映画という星空を知るひとよ185

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第185回 1980年代初頭のアイルランドを舞台に、9歳の少女が過ごす特別な夏休みを描いたヒューマンドラマ『コット、はじまりの夏』。 主役に抜擢され、本作が長編 …

連載コラム

映画『グッドライアー』キャストのイアン・マッケランへのインタビュー【偽りのゲーム】FILMINK-vol.32

FILMINK-vol.32「The Many Sides of Sir Ian McKellen」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携 …

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】15

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2021年6月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら 最終章『私 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学