Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/03/21
Update

映画『CUBE』ネタバレ感想考察とラスト結末のあらすじ。日本リメイクの密室キューブを前に元ネタのワンシチュエーションを内容解説|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー29

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第29回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第29回は、日本でのリメイク版も決定したスリラー映画『CUBE』(1997)。

立方体の中だけで物語が進むワンシチュエーションかつ登場人物も極端に少ない低予算映画でありながら、類似作品が多く生み出されたほどの高い人気を誇る本作には、鑑賞者の意識を誘導するさまざまな工夫がなされていました。

ビンチェンゾ・ナタリ監督の密室スリラー『CUBE』をご紹介します。

【連載コラム】「B級映画ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『CUBE』の作品情報


(C)MCMXCCII CUBE/LIBRE/THE FEATURE FILM PROJECT. ALL RIGHTS RESERVED.

【原題】
Cube

【日本公開】
1997年(カナダ映画)

【監督】
ヴィンチェンゾ・ナタリ

【キャスト】
ニコール・デ・ボア、デヴィッド・ヒューレット、アンドリュー・ミラー、モーリス・ディーン・ウィント、ニッキー・グァダーニ、ウェイン・ロブソン

【作品概要】
テレビドラマや短編映画の監督を務めていたヴィンチェンゾ・ナタリが初めて製作した長編映画。

本作の大ヒットを機にヴィンチェンゾ・ナタリはドラマシリーズ「ハンニバル」や「ストレイン 沈黙のエクリプス」など話題作の監督を務めることになります。


映画『CUBE』のあらすじとネタバレ


(C)MCMXCCII CUBE/LIBRE/THE FEATURE FILM PROJECT. ALL RIGHTS RESERVED.

各面にハッチの存在する立方体の部屋で目を覚ました男性。

各面のハッチは同様の立方体の部屋へと繋がっており、ハッチをくぐり隣部屋へと移動した男性は部屋に仕掛けられたワイヤーカッターによって切り刻まれ死亡してしまいます。

各キューブから5人の男女が集結します。

3人の子供を持つ警察官のクエンティン、頭を打ち生きる覇気のないワース、数学を専攻する女学生のレブン、陰謀論を信じる医師のハロウェイ、そして脱獄のプロであるレン。

レンはハッチを開け隣部屋に靴を投げると靴は火炙りにされ、隣部屋には動作感知機が仕掛けられているとわかります。

誰も立方体に来た時の記憶がなく、犯人たちの目的もわからないまま靴を隣部屋に投げて安全を確認し進むことになります。

唯一の手がかりは、定期的に聴こえる動作音と部屋と部屋を繋ぐハッチに記載された9桁の番号だけでした。

隣部屋のハッチを開けた際に、レンが空気が乾いていることから分子感知器があることを確認し、その部屋が罠であると察します。

「目の前のことに集中しろ」と一向にアドバイスすると、レンは罠と確認した部屋とは違う方向の部屋へと進みますが、進んだ先の部屋で壁から噴射された硫酸を浴びてしまいます。

クエンティンはすぐさまレンを引っ張り上げますが、硫酸は彼の頭部全体を腐食させ、レンは死亡。

集められた人間の能力に注目が集まった時、学生のレブンが各部屋に記載された数字に注目します。

今まで通った素数を含む数字が記載された部屋に罠があったことから、数字を読めば罠にかからずに移動できると考えたレブンはその方法で部屋を突破して行きます。

いくつかの部屋を突破した際、上の部屋から知的障害を抱えたカザンが落ちて来ます。

さらに次の部屋に進もうとした際に、素数の数字ではない部屋に罠がありクエンティンが負傷。

みんなの士気を下げるような言動を繰り返すワースをクエンティンは怪しみ追求すると、ワースはこの立方体の続く構造物の外殻の設計者であることを自白します。

しかし、依頼主も目的も分からないワースは、この構造物にはもともと目的があったが、今は入れるものがなくなったから適当に人を入れ始めたと考えており、生きる覇気を失っていたのでした。

ワースはこの構造物の外角の1辺が132メートルであったことを覚えており、そのことからレブンは部屋の数が26×26×26となる17576個であることを導き出します。

さらにワースは外殻にひとつだけ外に出る部屋が用意されていることも話し、脱出口が存在することも明らかになります。

レブンは各部屋に記載された数字がデカルト指標であり、数字を読み解くことで現在の座標が示されていると考えますが、各辺が26個の立方体によって成り立っているならば、存在しないはずの27の座標が出たことでその説に懐疑的になりました。

皆をまとめて来たクエンティンでしたが、カザンが迷惑になると考え見捨てようとするなど、徐々に暴君と化して行きます。

端の部屋に到着しハッチを開けると長い暗闇がどこまでも続いており、地面も見えないことから正解の部屋以外の外周の部屋は出口ではないと判明。

さらに服で紐を作りハロウェイが外を調査しますが、やはり正解の出口以外からの脱出ができないことがわかります。

ハロウェイは部屋に戻ろうとし、引き上げるために手を伸ばしたクエンティンがハロウェイの手を掴みますが、クエンティンと口論していたハロウェイはわざと手を離され、底の見えない暗闇へと落下していってしまいます。

さらにクエンティンは罠のない部屋であることを確認するために、ワースを下の部屋に突き落としました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『CUBE』のネタバレ・結末の記載がございます。『CUBE』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)MCMXCCII CUBE/LIBRE/THE FEATURE FILM PROJECT. ALL RIGHTS RESERVED.

一同は下の部屋でレンの死体を見つけ、かなり移動したにも関わらず同じ部屋に戻って来てしまったことに絶望。

しかし、ワースがレンが硫酸を浴びたはずの隣部屋へのハッチを開けると不正解の外へと繋がる部屋になっていることに気づき、動作音の際に各部屋が移動していることが分かります。

レブンは各部屋の移動が周期的に再配置されていることに気づき、一度通り過ぎた座標が27の部屋が定期的な2回の部屋の再配置で正解の出口に繋がることを数字から導きだします。

同時に素数ではなく因数の数で部屋に罠があるかを判定出来ることにレブンは気付きますが、数字があまりにも大きいため計算機が無ければできないと言います。

しかし、カザンが因数の数を一瞬で言い当て、彼が天才的頭脳を持っていることが発覚。

カザンに因数の数を計算させ罠の有無を確認し移動しますが、クエンティンの暴挙を止めるべく、ワースがクエンティンを下の部屋に突き落とし、その間に3人は隣部屋へと逃走。

カザンの計算によって正解の部屋にたどり着いた3人は外に繋がるハッチを開きます。

外の光が差し込みますが、ワースは外に生きる理由がないと立方体の外に出ることを拒否。

その時、追ってきたクエンティンがレブンをハッチの取っ手を使い刺殺し、さらにカザンを守ろうとしたワースの腹部を指します。

カザンは立方体の外に逃げクエンティンも後を追おうとしますが、ハッチの中でワースに下半身を押さえ込まれます。

立方体が動き出したことで、狭間にいたクエンティンは身体を切断されます。

瀕死のワースはレブンの死体に寄り添い立方体の中に取り残され、立方体の外に出たカザンは光の刺す方へと向かって行きました。

スポンサーリンク

映画『CUBE』の感想と評価


(C)MCMXCCII CUBE/LIBRE/THE FEATURE FILM PROJECT. ALL RIGHTS RESERVED.

ワンシチュエーションながら引き込まれ続ける工夫

本作は上映時間の全てが立方体の部屋の中で描かれており、外の世界や別の舞台が登場することは一切ありません。

しかし本作はワンシチュエーションでありながら飽きを感じさせない工夫を随所随所に盛り込んでおり、絶望感と要素が繋がっていく快感によって上映時間たっぷりと作品に引き込まれます。

ハッチによって各立方体は繋がっており物語はハッチを移動し続けながら展開していきますが、各立方体内の照明がところどころ異なるなど同じ舞台ながらも移動している感覚を照明の違いによって表現しています。

脱出の糸口となる「数字」に関しても物語の序盤から明らかにしておくことで、フェアかつ数字を巡った立方体の真相が2点3点していく様相が楽しめます。

こう言った要素はワンシチュエーションスリラーの傑作となる『SAW』(2004)に引き継がれ、ジャンルの発展に貢献しただけでなく、今に続く人気の秘訣ともなりました。

実力派俳優を揃え日本でのリメイクを制作する


(C)2021「CUBE」製作委員会

本作をベースとしたリメイク作品がなんと日本で製作され公開されます。

花束みたいな恋をした』(2021)などに出演し日本アカデミー賞の受賞歴を持つ人気俳優の菅田将暉を主演に据え、『さんかく窓の外側は夜』(2021)の岡田将生や幅広い役を引き受ける斎藤工、『真夏の方程式』(2013)の杏、そして吉田鋼太郎など人気俳優から実力派俳優で固めた出演陣を揃えています。

人気俳優を揃えたことで本作の持つゴア描写が薄れるのでは、と言う懸念もありましたがリメイク版にも原作で恐怖を示した「ワイヤートラップ」は健在。

数字による脱出口の推理も引き継がれており、実力派俳優や若い世代に人気の俳優を起用したことで広い世代に映画『CUBE』の魅力を広めるきっかけとなることが期待されます。

まとめ


©MCMXCCII CUBE/LIBRE/THE FEATURE FILM PROJECT. ALL RIGHTS RESERVED.

犯人たちの目的が分からないだけでなくその正体すら判明しない死のトラップ迷路を描いた映画『CUBE』。

トラップの種類の豊富さや、他者を牽引するために用意されたはずの人間の暴走、徐々に明らかになる立方体の正体。

あらゆる要素が計算され尽くされた面白さを提供してくれる本作はワンシチュエーションスリラーの傑作であり、今後も語り継がれていくことは間違いない作品です。

【連載コラム】「B級映画ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

配信状況などはU-NEXT公式サイトをご確認ください。




関連記事

連載コラム

【音楽映画・ミュージカル】2020年映画ランキングベスト5|感動と涙を誘う音色や歌唱力に心が癒される《シネマダイバー:咲田真菜選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー咲田真菜 2020年はすべての人にとって忘れられない年になったことでしょう。 大変な出来事が多かった中、音楽に救われ、その力を改めて感じ …

連載コラム

『Cosmetic DNA』“映倫先輩”に会いにいく【自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦1】

連載コラム『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』 第1回「『Cosmetic DNA』“映倫先輩”に会いにいく」 ほとんどの方、初めまして。一部の方、いつもお世話になっております。長編インディ …

連載コラム

草彅剛映画『台風家族』あらすじと感想レビュー。市井昌秀監督が12年を経て放つ普遍的な家族の物語|シニンは映画に生かされて15

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第15回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第15回にてご紹介する作品は、主演・草彅剛×監督・市 …

連載コラム

『写真の女』あらすじ感想と評価レビュー。日本の前衛映画的な作風で描いた串田壮史監督の独自性|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録10

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『写真の女』 2020年3月15日(日)、第15回大阪アジアン映画祭が10日間の会期を終え、閉幕しました。グランプリに輝いたタイの『ハッピー・オールド・イヤー』をはじ …

連載コラム

映画『マイ・ブックショップ』感想と解説。原作者が結末で描いた“本当に大切なもの”|銀幕の月光遊戯20

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第20回 スペインの女流映画監督イサベル・コイシェが、ブッカー賞作家ペネロピ・フィッツジェラルドの小説を映画化!  1950年代後半のイギリスを舞台に、書店が一軒もない町に …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学