Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『がんばれいわ!!ロボコン』ネタバレ感想と考察評価レビュー。映画版となった20年ぶり復活のロボコンで汁なしタンタンメンが誕生?|邦画特撮大全73

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第73章

2020年7月31日から公開となった映画『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメンの巻』。

『燃えろ!!ロボコン』(1999~2000)から実に20年ぶりに復活したロボコンの映画オリジナル作品です。

今回の邦画特撮大全は『がんばれいわ!!ロボコン』を紹介します。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『がんばれいわ!!ロボコン』の作品情報

(C)石森プロ・東映

【公開】
2020年(日本映画)

【原作】
石ノ森章太郎

【監督】
石田秀範

【脚本】
浦沢義雄

【キャスト】
斎藤千和、神尾直子、山本希乃、高橋ユウ、小浦一優(芋洗坂係長)、屋鋪琥三郎、江原正士、鈴村健一、清水ミチコ

【作品概要】
新型コロナウィルスの影響で撮影開始が延期となっていた『がんばれいわ!!ロボコン』も先日無事クランクアップ。そして7月31日より、ついに劇場公開されました。

令和のロボコンの声は山本圭子、伊倉一恵の歴代声優陣に代り、アニメ『ケロロ軍曹』や日向夏美、『魔法少女まどか☆マギカ』の種美ほむらなどで知られる声優の斎藤千和が担当。ロボコンのアクションは前作『燃えろ!!ロボコン』と同じく神尾直子が担当しています。

監督を担当するのは、『仮面ライダークウガ』(2000)から『仮面ライダードライブ』(2014)まで平成仮面ライダーのTVシリーズに参加していた石田秀範監督。近年は話題となったネット配信ドラマ『仮面ライダーアマゾンズ』や、時代劇初挑戦となった『GOZEN ‐純恋の剣‐』(2019)などを監督しています。

脚本は『美少女仮面ポワトリン』(1990)など、“東映不思議コメディーシリーズ”でメイン脚本家を務めた浦沢義雄。石田秀範監督と脚本家・浦沢義雄のタッグも、『燃えろ!!ロボコン』以来、実に20年ぶりです。

同時上映はアニメーション作品『人体のサバイバル』と、『スプリンパン まえへすすもう』。

映画『がんばれいわ!!ロボコン』のあらすじとネタバレ


(C)石森プロ・東映

パパとママ、ヒロシの親子3人で営む中華料理店・全中華。そこへ天井を破ってタマゴ型のロボット・ロボコンが現れました。

ロボコンはロボットスクールから派遣されたお手伝いロボット。ガンツ先生から100点をもらい、A級ロボットになることを目指して、人間社会へやって来たのです。

しかしロボコンのお手伝いは空回りしてばかり。見かねたヒロシの機転で、ロボコンはトルネード婆々の元へタンタンメンを届けに行くことになりました。

トルネード婆々の屋敷には、ロボコンが恋する介護ロボット・ロビンちゃんがいました。

トルネード婆々へタンタンメンを渡すロボコンでしたが、嬉しくなって岡持ちを振りまわし過ぎてしまい、タンタンメンは汁なしタンタンメンになってしまったのです。

ところがこの汁なしタンタンメンをトルネード婆々はいたく気に入ります。

トルネード婆々の人脈のおかげで、全中華には汁なしタンタンメンの出前注文が殺到。しかし汁なしタンタンメンはロビンちゃんに恋をしてしまいました。

汁なしタンタンメンは全中華を汁なしタンタンメン専門店へと変え、そして地球を征服し、ロビンちゃんへプレゼントしようと言い出したのです……。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『がんばれいわ!!ロボコン』ネタバレ・結末の記載がございます。『がんばれいわ!!ロボコン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)石森プロ・東映

そんな汁なしタンタンメンに他の中華料理たちは反発します。ロボコンと汁なしタンタンメンは中華料理から追われる羽目になります。

ヒロシは汁なしタンタンメンを説得するためにロビンちゃんを呼んできます。しかしロビンちゃんはむしろ地球を征服するよう、汁なしタンタンメンを煽ります。

ロビンちゃんの態度に驚愕する一同。ロボコンは、ガンツ先生が昔、自身を作った博士から聞かされた「ロボットが美しく愛することは出来るが、美しく愛されることはできない」という教訓を思い出しました。

ロボコンは汁なしタンタンメンを連れて逃げますが、ロビンちゃんが実力行使で追ってきます。激闘の末、ロボコンと汁なしタンタンメンが墜落した先が、トルネード婆々の屋敷。

汁なしタンタンメンに迫るロビンちゃんでしたが、そこへトルネード婆々が「私の夢を盗んだね」と割って入ります。

トルネード婆々は世界一周することを夢見ていましたが、その夢を「世界征服」という形で、ロビンちゃんに奪われてしまっていたのです。トルネード婆々が夢を取り戻すと、ロビンちゃんは元に戻りました。

しかし一難去ってまた一難。中華料理たちが汁なしタンタンメンに迫ります。成長した汁なしタンタンメンは覚悟を決めて、刀を片手に中華料理の大軍へ突っ込んでいきます。

しかし中華料理たちは成長した汁なしタンタンメンを仲間として受け入れるため、迎えにきただけでした。汁なしタンタンメンと中華料理たちは車座になって踊り、喜び合います。

そしてロボコンの採点ですが、タンタンメンの汁をこぼしたので0点でした。

ロボコンはヒロシ、汁なしタンタンメンら中華料理と別れの挨拶を済ませ、「がんばれいわ!!」とお世話になった全中華を去るのでした。

スポンサーリンク

映画『がんばれいわ!!ロボコン』の感想と評価

(C)石森プロ・東映

本作『がんばれいわ!!ロボコン』にて、20年ぶりの復活を果たした石ノ森章太郎原作の人気キャラクター・ロボコン。

天井を破って現れるロボコンの初登場シーンや、バラバラにされてしまうややショッキングな描写など、過去シリーズを踏襲した場面も登場しましたが、今回の『がんばれいわ!!ロボコン』は観客の予想の遥か上を行く映像と物語を見せてくれました。

汁なしタンタンメンが恋をするなど、中華料理が大活躍する物語は脚本を担当した浦沢義雄の作風が充分に発揮されたものです。

人間のキャストは少なく、代わりに食品サンプルの中華料理たちの方が多数登場し大活躍を見せてくれるため、見事に「三密」が避けられています。

シュールな脚本を見事に映像化した石田秀範監督の手腕、センスも見事です。岡持ちからこれでもかと溢れるスープ、ハート型のゆで卵で感情を表現する汁なしタンタンメン、顔が大きくなるロビンちゃんなど、コミック的な演出の映像が全篇に冴えわたります。

またトルネード婆々を演じる清水ミチコの貫録と迫力、成長していく汁なしタンタンメンを演じ分ける鈴村健一の好演も見どころです。

まとめ

(C)石森プロ・東映

昭和、平成を経てこの新時代・令和に復活したロボコン。『がんばれいわ!!ロボコン』に登場する新しいロボコンが一体どんなキャラクターなのか、そして『がんばれいわ!!ロボコン』がどんな物語なのかは、劇場にてご自身のその眼で確認することをお勧めします。

『がんばれいわ!!ロボコン』は2020年7月31日(金)より、『人体のサバイバル!』『スプリンパン まえへすすもう』との同時上映で全国公開中です。

次回の『邦画特撮大全』は…

(C)東宝

次回の邦画特撮大全は東宝の吸血鬼映画「血を吸う」三部作を紹介します。お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『グッドライアー』キャストのイアン・マッケランへのインタビュー【偽りのゲーム】FILMINK-vol.32

FILMINK-vol.32「The Many Sides of Sir Ian McKellen」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携 …

連載コラム

映画『猿楽町で会いましょう』感想レビューと評価。金子大地と石川瑠華の切実な表情と姿態で見せた“現在の若者”|TIFF2019リポート32

第32回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ『猿楽町で会いましょう』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの …

連載コラム

『貞子DX』ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。貞子役は誰⁈異色のリング映画はあまりにも斬新すぎる【SF恐怖映画という名の観覧車166】

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile166 鑑賞した人間が一定期間後に必ず死亡する「呪いのビデオ」を描いた映画『リング』(1998)は原作小説と共に大ヒットを記録し、全世界にジャパ …

連載コラム

映画『葵ちゃんはやらせてくれない』感想評価と解説。松嵜翔平×小槙まこで描いたタイムループな大人のラブストーリー|銀幕の月光遊戯 76

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第76回 『れいこいるか』『こえをきかせて』など、幅広いジャンルの映画作品で知られるいまおかしんじが監督を務めた映画『葵ちゃんはやらせてくれない』は、大人の男女に向けた刺激 …

連載コラム

【ネタバレ】シン・ウルトラマン評価考察と内容解説|竹野内豊(赤坂秀樹)らシン・ゴジラキャストの存在が伝える製作陣の“遊び心の浪漫”【光の国からシンは来る?8】

連載コラム「光の国からシンは来る?」第8回 2016年に公開され大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』(2016)を手がけた庵野秀明・樋口真嗣が再びタッグを組み制作した新たな「シン」映画。 それが、196 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学