Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ネバー・ダイ』ネタバレ感想と考察評価。フィリピンアクションのスタントガールが必殺で悪を討つ!|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録8

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第8回

様々な国籍・ジャンルを持つ、世界のあらゆる映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」。第8回で紹介するのはフィリピンの格闘アクション映画『ネバー・ダイ』。

隠れたアクション映画大国であるフィリピン。しかしスタントマンの待遇は恵まれたものではありません。それでも父の歩んだスタントの道を目指す娘がいました。そんな熱血スタントガールが、思わぬことから悪と対決します。

……という設定で、フィリピン映画界で活躍する全てのスタントマンにエールを送る、正統格闘アクション映画が誕生しました。本物のアクションがここにあります。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020延長戦見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ネバー・ダイ』の作品情報


(C)MIDSHIP All rights reserved.

【日本公開】
2020年(フィリピン映画)

【原題】
We Will Not Die Tonight

【監督・脚本・製作総指揮】
リチャード・V・サムズ

【キャスト】
エリッチ・ゴンザレス、アレックス・メディナ、ソウ・レイエス、マックス・アイゲンマン、パオロ・パライソ

【作品概要】
フィリピンの映画界で活躍するスタントウーマンのクレイ。思わぬことから臓器売買を行う極悪組織に立ち向かう彼女たちの姿を、格闘シーンの数々で見せるアクション映画。監督はアクション・ホラー映画や、TVドラマで幅広く活躍するリチャード・V・サムズです。

激しい格闘シーンを見せる主演のエリッチ・ゴンザレスは、意外にもスポーツ界やスタント出身の人物ではありません。14歳でタレント発掘リアリティ番組に出演し、デビュー後テレビや映画で活躍し続けている、フィリピンを代表する人気女優の1人です。

スタントマンの活躍を描いた映画ですが、その一方でフィリピンの俳優たちの、身体能力の高さを確認させられる映画ともいえます。

映画『ネバー・ダイ』のあらすじとネタバレ


(C)MIDSHIP All rights reserved.

「私はクレイ(エリッチ・ゴンザレス)」、と自分の信念を語る主人公。彼女は2台のバイクに追われ街を走ります。自分の命は自分で守ると決意を語った彼女は、逃げることを止めます。

バイクから降りた2人の男に格闘で挑むクレイ。激しい闘いの果てに男たちを倒しますが、ここでカットの声がかかります。全ては映画の撮影でした。

監督からは今のシーンはなってない、アクションは古臭く80年代じゃないぞと、厳しいダメ出しをくらいます。撮影の遅れも、全てクレイに責任があるように責めます。

そこに主演のスター女優が付き人を従えて現れると、監督もスタッフも手のひらを返したかのように、出迎えに走ります。

主演女優がスタント無しで、自らアクションシーンに挑もうと言うと、監督もその提案に調子を合わせます。その姿を苦々しい表情で見つめるクレイ。

撮影が終わると、出演者やスタッフは1日分の日当を渡されます。彼女に手渡されたのは2500ペソ。契約では5000ペソのはずでした。

給与係に抗議するクレイ。しかし係の者は予定した最後まで撮影出来なかった結果だから、文句があるなら監督に言ってくれ、と応じません。

金が必要なので約束通り払ってくれ、と訴えますが、係は耳を貸しません。文句を言うなら仕事を失うだけと言われ、クレイは我慢して引き下がります。

貧しい者たちが住むアパートに帰宅したクレイ。彼女はそこの住民たちから慕われていました。

自宅に戻ったクレイは食事の準備を始めます。彼女は体の具合の悪い父と2人暮らしでした。父に約束の金額の半額しかもらえなかったと告げるクレイ。

彼女は金にならない、スタントの仕事を辞めようか迷っていました。

父は知り合いの店で働くか、と提案しますが、そこの日当は350ペソにしかならず、父の薬代を稼ぐにはとても十分な額ではありません。

クレイの父も、昔は映画業界でスタントマンとして働いていました。今は体を悪くして引退し、彼の後輩が撮影現場のスタントを指導しています。

スタントの世界で生きていくなら、より自分を高めねばと語る父。彼が身に付けた格闘のスタントについて語り出すと、それに従い実践トレーニングを始めるクレイ。

父は様々なシーンのアクションを具体的に指導します。2人は心からをスタント愛していました。

クレイは契約通り支払ってくれない、撮影の仕事を断っていました。しかし改めて撮影に復帰したいとメールを送ります。

しかし返事は、今回の件でプロデューサーが怒っているので、少し休めというものでした。

翌朝。多くの人々が暮らすアパートの屋上。そこには「人身売買の被害に遭う者の50%は、16歳未満の子供たちだ」と警鐘するポスターが貼ってありました。

その一角で、用意した砂袋にキックやパンチ、ひじ打ちを加え、懸垂を行うなど1人黙々とトレーニングに励んでいるクレイ。

そこに彼女の仲間、ジョンスキー(ソウ・レイエス)とチェチェ(マックス・アイゲンマン)が現れます。2人はクレイとの再会を心から喜んでいました。

ボクシングの達人ジョンスキーも、男勝りのチェチェも彼女同様に、金になる仕事を求めていました。2人はラミーユが仕事の話を持ってきたと彼女に告げます。

ラミーユが生きていたと知り、複雑な表情を見せるクレイ。2人はかつてクレイとラミーユが付き合っていたことを知っていました。

そこにラミーユ(アレックス・メディナ)と巨漢のレニボーイが現れます。こうして以前の様に仲間が揃い、大いに盛り上がる5人。

クレイに声をかけた後、ラミーユはまた5人でチームを結成したいと告げます。大きな儲け話があると説明する彼に、前回の失敗を忘れたのかと釘を刺すクレイ。

ラミーユはかつて仕事で仲間をトラブルに巻き込んでおり、皆の表情は固くなりました。しかし金が必要なのも確か。ジョンスキーはクレイに今回は彼を信じ、一緒にやろうと説得します。

今度の話に危険は無いと言うラミーユに、クレイは前回の埋め合わせをしろと言って軽くパンチを浴びせ、仲間に加わることを承諾しました。

皆はまた一緒に仕事が出来ると喜びます。そのあまり、仕事相手と電話で話すラミーユの厳しい表情に、気が付かなかった4人。

彼らは協力して食事の準備をしますが、テレビのニュースはマニラ市内で多発する、ストリートチルドレンら子供を狙った、誘拐事件について報道しています。

誘拐は組織的な犯罪で、臓器売買が目的らしくさらわれた子供がバラバラの遺体で発見され、人々を恐怖とG不安に陥れていました。

番組にゲストとして招かれた、幼い娘イザベルを誘拐された父親が、どうか娘を返して欲しいと涙ながらに訴えます。キャスターは情報を求め、イザベルの顔を紹介しました。

絶望的な世の中だ、とジョンスキーは呟きます。チェチェはまとまった金を得たら、田舎に帰ろうと考えていました。マニラでは弱い者は喰い物にされるだけだ、と言うジョンスキー。

彼は貧しさからボクシングで八百長に応じ、その世界での成功を断たれていました。

酒を持って現れたラミールに、クレイは今回の仕事相手は、本当に信用できるのか尋ねます。正しく生きる事を信念にしており、違法なことに関わることを望まないクレイ。

ラミールは相手は古い友人で、信用できる人物だと強調します。大きく儲かる一仕事をこなし、皆でこの暮らしから抜け出そうと訴えました。

5人はタクシーに乗り、夜のマニラのスラム街に到着します。ラミールの前に1人の女が現れます。

バンキルの友達か、と訊ねる女。その女、ターニャはラミール1人が現れるものと思っていたようですが、仕事は連れてきた仲間たちと行うと説明するラミール。

女は納得すると、ラミールについて来いと言いました。残る4人は相手は堅気ではないと感じながらも、その後について行きます。

彼らは強面な男女がたむろする、ドラム缶やバイクが並ぶ怪しげな倉庫に案内されます。女は5人を客人として迎え入れました。

ターニャは彼らをビニールに囲まれた倉庫の一角に案内します。そこに組織のボス、バンキル(パオロ・パライソ)がいました。アミールに兄弟と呼びかけるバンキル。

クレイたちは、そこで何が行われているのかを目撃しました。台の上で人体が解剖され、臓器が摘出されていたのです。

アミールが仲間を紹介すると、バンキルは満足そうにうなずきます。傍らで泣いている女の子が、テレビが誘拐されたと報じていたイザベルだと気付くクレイ。

バンキルは昔馴染みのアミールが、仲間と共にストリートチルドレンを誘拐し、ここに連れてくる事を望んでいました。クレイたちはこんな仕事ではなかったはずと、アミールを責めます。

その姿を見たバンキルの手下たちは警戒します。アミールもこんな仕事が与えられるとは思っていませんでした。何か問題があるのか、と凄んでくるバンキル。

話が違うとアミールは答えますが、子供の誘拐も仕事の1つだとバンキルは応じます。彼は誘拐も単純なビジネスに過ぎない、と強調します。

アミールは仲間を代表して仕事を断り、この場所から立ち去ろうとします。しかし組織の実態を見られた以上、彼らが黙っているはずがありません。バンキルと部下たちが追ってきました。

昔のよしみで声をかけたのに、と怒るバンキルに、墜ちるところまで墜ちたなと怒鳴るアミール。するといきなり、アミールの腹をナイフで刺したバンキル。

悲鳴を上げるアミールを助けようとする4人。しかし彼らにバンキルの手下が迫ります。しかし隙を見て、数で勝る敵に反撃するクレイと、ジョンスキーにチェチェ、そしてレニボーイ。

クレイたちと、バンキル率いる臓器密売組織の激闘の幕が斬って落とされました……。

以下、『ネバー・ダイ』のネタバレ・結末の記載がございます。『ネバー・ダイ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)MIDSHIP All rights reserved.

バンキルの手下たちと乱闘になったクレイたち。大男のレニボーイが袋叩きにされますが、ジョンスキーは手近な角材で敵を倒し、ナタを持ったターニャと渡り合います。

クレイは凄腕の女スノー・ホワイトと激しい格闘となり、チェチェも男たちと互角以上に渡り合います。すると敵の1人がショットガンを持ち出しました。

刺されて倒れていたアミールは、起き上がってそれを奪い発砲、ギャングたちを脅します。その隙に5人は逃げ出しますが、その際誘拐された少女イザベラを助け出すクレイ。

建物の外に出ると、大型車両が行き来する道路を走って逃げる5人と少女イザベラ。凶器を手にしたバンキルと手下たちが、彼らを追ってきます。

6人は路上でギャングたちに捕まり乱闘となりますが、通りかかった警察車両に彼らが襲い掛かった隙に、逃げることに成功しました。

彼らは廃工場に入り身を隠しますが、刺されたアミールとレニボーイは深手を負っていました。そして廃工場に入ってくるギャングたち。

6人は見つからない様に動きますが、物音に気付いたギャングたちに追われ、上の階に逃れます。現れた警備員を殺害すると、バンキルたちは追跡を続けます。

先回りして現れた敵を倒して進むクレイたち。しかし遅れて皆からはぐれるレニボーイ。

クレイたち5人は身を隠しますが、チェチェはこんな事になったのはアミールのせいだと責め、皆から別れて1人で脱出を試みます。

仲間の名を呼ぶレニボーイの声を聞きつけ、ギャングたちが現れます。バンキルらに囲まれ、なぶりものにされた彼は、ショットガンで止めを刺されました。

1人逃れようとしたものの銃声を聞き、落ちていたハンマーを手にしたチェチェ。

クレイは布を切り裂き、ジョンスキーと2人でアミールを止血します。すると男が襲ってきたと気付いたイザベルが悲鳴を上げました。

格闘の末、クレイはその男の首を折って倒しました。彼女は自分の行為にショックを覚えますが、驚いたイザベルが逃げ出し、いなくなったと気付きます。

3人は少女を探しますが、仲間の死体に気付いたギャングが追ってきます。自分は足手まといだと悟り、クレイとジョンスキーを先に行かせるアミール。

2人は別々にイザベルを探し、クレイは階段で遭遇した男たちを格闘の末に倒しました。

イザベルは迫るギャングに気付き、必死に身を隠します。自分が追い詰められたと気付いたクレイは、停止したエレベーターのケーブルをつたって、下の階に逃れます。

それに気付いたギャングたちは、次々上から物を投げ落としますが、何とか身をかわし逃れることに成功するクレイ。

追い詰められたイザベルは、2人の男に捕えられます。泣き叫ぶ少女に、お前を逃がした連中はどこだと訊ねます。その声をクレイが聞きつけます。

鋭利な鉄片を握り、ナタを持つ2人の男に襲いかかり、泣き続けるイザベルの前で倒すクレイ。少女を連れて共に逃げ出します。

一方で、チェチェはその頃、ギャングを見つけて、ハンマーで殴り倒した上で、止めの一撃を加えていました。

クレイはイザベルの身を安全な場所に隠すと、天井のむき出しになったパイプの上に登ります。彼女は有刺鉄線を手にして、そこでギャングを持ち受けます。

現れた男の首に鉄線をかけたクレイ。彼女は降りるとそのまま首を絞めて倒しました。

クレイを探すジョンスキーの前に、ナタを持った男が現れます。その男を殴って武器を奪い、最後には絶命させるジョンスキー。

多くの手下を失いバンキルはいら立ちますが、ギャングたちはチェチェを取り囲みます。

チェチェは多くの敵を相手に奮戦しますが、やがて力尽きます。仲間の居場所を聞かれた彼女は、隙をついてスノーホワイトをガラス片で刺殺します。

それでも仲間の居場所を答えなかった彼女に、ハンマーが降り降ろされました。

少女と共に逃げるクレイは、チェチェの遺体に気付きます。そして負傷してバンキルが後に残したギャングと、アミールが出くわしていました。

アミールとギャングは傷を負った同士で戦います。チェチェの死に怒りに駆られ、握った手斧を武器にギャングの1人に襲いかかったクレイ。

アミールとクレイは、死闘の末にそれぞれ相手を倒しました。

しかしクレイは足を負傷し、イザベル手を引いても思うように進めなくなります。そこにジョンスキーが現れます。

しかし彼の背後にバンキルたち3人の敵が現れました。クレイの叫び声で気付くと、彼女たちを逃がそうと敵に向かって行くジョンスキー。

クレイはイザベルを先に逃がします。アミールも事態に気付きますが、彼にはショットガンを持った男が襲いかかります。

銃は不発し男と格闘するアミール。バンキルに捕まり、ナイフを突き立てられるジョンスキー。アミールは台尻で殴られ、ジョンスキーは喉をかき斬られて死にました。

クレイは追って来たターニャと、女同士で闘います。格闘の末に彼女からナタを奪い、メッタ斬りにして倒したクレア。

ターニャの遺体に気付いたバンキルは、ナイフを手にクレイに挑みます。彼女は傷付いた体でナタを手に反撃します。

格闘の末、クレイはバンキルに捕まります。止めを刺されようとした時、ようやく相手を殴り倒して駆け付けたアミールが助けに入ります。しかし彼はバンキルに刺されました。

クレアの前で致命傷を負わされるアミール。怒った彼女は飛びかかってバンキルを斬りつけます。激しい死闘の末、ついに組織のボス、バンキルを倒したクレイ。

彼女はアミールの傍に寄りましたが、彼は既に死んでいました。力尽きて横たわるクレイとイザベルの前に、アミールと格闘した男がヨロヨロと現れます。

深手を負ったその男はクレアにショットガンを向けます。しかしボスのバンキルや、仲間を全て失った男は銃を撃つこと無く、何も言わずに去って行きました。

後日。撮影現場のスタッフが読む新聞は、何者かが誘拐組織からイザベラを救ったと、大きく報じていました。少女の父親は、娘を救った謎の人物に感謝の言葉を述べます。

傷だらけのクレイは撮影現場にいました。正義を曲げず生きる信念を貫いた彼女は、今日もまた撮影に臨みます。

スポンサーリンク

映画『ネバー・ダイ』の感想と評価

参考映像:『BUYBUST/バイバスト』(2017)

隠れたアクション映画大国であるフィリピン。古くから自国の映画産業が盛んでしたが、1970年代頃から、独自の風土を持ち安い費用で撮影が可能で、公用語が英語であるこの国を、ハリウッド映画がロケ地に使うようになります(有名な映画が『地獄の黙示録』(1979)です)。

その後ビデオバブルの時代を迎えると、アメリカ・イタリア製のB級アクション映画が、続々フィリピンの地で製作され、やがて自国製アクション映画も続々誕生。

こうしてフィリピン映画の中でアクション映画は、大きな地位を占めるようになります。

その流れは現在も健在で、より進化したアクション・スタントと共に、優れた作品を次々作り出しています。

ワイヤーやカンフーを駆使したアクションシーンとは異なる、骨太な格闘シーンが見たければ、フィリピン映画の存在は外せません。

「未体験ゾーンの映画たち2019」で上映された『BUYBUST/バイバスト』はその代表格。銃や格闘のあらゆるアクションシーンが登場し、長回しで次々に敵と闘うシーンは圧巻。

主人公は有名な美人女優、『ネバー・ダイ』に興味を持つ方なら絶対に見るべき映画です。

スタントマンたちにエールを贈る


(C)MIDSHIP All rights reserved.

ラストに「フィリピンの全てのスタントパーソンに捧げる」と表示される本作。なるほどアクションシーンに対するリスペクトはハンパありません。

リチャード・V・サムズ監督は、かなり厳しい予算とスケジュール(撮影期間8日間)で、この作品を作り上げました。本作主演のエリッチ・ゴンザレス…この人はスタントマンどころか、フィリピンを代表する人気女優です…は、この趣旨に賛同して撮影に臨みました。

監督は彼女とスタンドコーディネーターに、撮影前に何らかの武道を学ばないよう求めました。流行のマーシャルアーツの動きではなく、80年代のフィリピン映画の様な、古典的西洋スタイルのアクションを本作で描きたかったのです。

現在の視点で見ると粗雑なアクションに見えても、これこそがフィリピン映画界の伝統的なスタイルだ、と監督は語っています。

この発言を踏まえて作品を振り返ると、本作の意図したものが良く見えてきます。ワイヤーは無し、銃を使うシーンは脇役。

特殊メイクやCGによる人体破壊も無く、ひたすら殴り合い(手近な物を使用した乱闘、刃物による斬り合い含む)が続きます。

いうなれば西部劇の酒場の乱闘シーンや、それに影響を受けた60~70年代の日活・東映アクション映画に見られる、アクションの種類としては「技闘」と呼ばれた手法を現代的にアレンジし、延々と見せてくれたのが本作だといえるでしょう。

スタントマンにエールを送る本作ですが、スタントの世界と無縁のエリッチ・ゴンザレスは見せたアクションに、かえってフィリピンの俳優の身体能力の高さ、また撮影現場で求められるアクションへの対応力を実感させられました。

本作で激しい格闘シーンを見せる俳優も、実は「スタント」とクレジットされていません。専門スタントマン的な彼らも役者扱い、いうなればかつての邦画で、大部屋役者と呼ばれる人たちが、スタントシーンを演じているようなものでしょうか。

これはスタントの仕事に対して、専門職としての敬意が不足している結果とも受け取れます。同時にスタント専門の役者も、人気が出れば様々な役を演じ、役柄を広げスターにもなれる可能性があることを示しています。

フィリピン映画界は役者とスタントの距離が、様々な意味で身近だといえるのです。

長すぎるスタントシーン


(C)MIDSHIP All rights reserved.

ところで全編105分の本作。30分少し過ぎた辺りで主人公たちと犯罪組織が殴り合い、その後逃げ出して決戦場の廃ビルに移動、あとは延々と闘います。本当に延々と。

これが実に長すぎます。長いアクションがダメとは言いませんが、味方側がバラバラになるため、各個のアクションシーンを、ブツ切りに見せる形になるのです。

いわゆる一つ(あるいは複数)の被写体をカメラワークや編集で追う、流れるようなアクションになっていません。

スラム街とは異なる場所を求め、監督が見つけたマニラ港付近の放棄された建物を舞台に、様々な場所で行われる異なるアクションを、次々と見せたかった結果でしょう。

しかし撮影期間の短さゆえ、闘いの流れにそって展開する綿密なアクションを、設計出来なかったと思われます。

そして各キャラクーが最期を迎える時、エモーショナルに訴え過ぎです。スローモーションで大層に、壮絶な最期を描いた結果、アクションのリズムが途切れます。それが何回も繰り返されると、正直ストレスすら溜まります。

さらに臓器密売組織から助け出した少女。可哀想だし、そりゃ怖いんでしょうが、泣き叫ぶはお荷物だわで、これもまた観客のストレス要因。

こんな感想を持つ私は、酷い人間だと反省しておりますが、これもアクションのテンポを阻害しているのは間違いありません。

酷な意見ですが、多くの方が同意してくれるでしょう。良いアクションを生むにはスタントマンの力量だけでなく、カメラワークや編集で紡ぐ映像のリズム、それに見合う脚本が必要です。

昔馴染みにお仕事をあげようとした犯罪組織のボスが、つい詳細を伝えなかった為に、そいつらに手のひら返しされ、組織も自らの命も失うなんて、聞く方も伝える方もうっかり過ぎて、もはやボスが被害者にすら思えます。

というのは言い過ぎですが、これだけで100分の映画を作るのは無謀。脚本の枝葉を広げるか、もしくはアクションの物量より、見せる状況にこだわるべきでしょう。

本作が捧げられた名スタントマン

参考映像:「アクションスター、バルド・マロを紹介したニュース映像」

この作品はバルド・マロ、本作の主人公クレイの父を演じた俳優に捧げられています。

バルド・マロは70年代からスタントマンとして活躍し、その後80年代にフィリピン映画界を代表する、アクションスターの地位を築きました。

その後監督・製作者となり、スタントで活躍する後身の育成に尽力した人物です。

本作の冒頭でクレイのアクションは80年代風で古い、と言われる一方、彼女は父の築き上げたスタイルのアクションの指導を喜んで受けます。

バルド・マロこそ、この映画がエールを送ったスタントパーソンを代表する人物でした。

バルド・マロは本作の撮影の3週間後に亡くなり、完成した映画を見ることはありませんでした。そして監督は、この作品を彼に捧げたのです。

彼が自分の技を娘に伝授する姿を描いたシーンからは、この作品がフィリピン映画界で低賃金で奮闘するスタントマン、スタントウーマンへの賛辞と、80年代アクション映画へのオマージュに満ちた作品だと、改めてご理解いただけるでしょう。

まとめ


(C)MIDSHIP All rights reserved.

フィリピンのスタントマンに熱いエールを送る作品『ネバー・ダイ』。美人女性主人公による、漢気あふれる熱血映画としてお楽しみ下さい。

但し正直長い作品です。もし本作が『午後のロードショー』などでTV放送され、CMの関係で適度にカットされ、説明不足や展開補足を果たすセリフを持つ、熱血日本語吹替版が製作すれば、がぜん面白くなること間違い無しです。

アクション映画ファンはシーンを良く見ると、画角的には当たっているけど実は当てていない、日本の「殺陣」やそれから発展した「技闘」と同じスタイルの、クラシックなアクションシーンを確認できるでしょう。

また監督は本作は、ウォルター・ヒル監督の『ウォリアーズ』(1979)を強く意識して作った作品だと語っています。展開もさることながら、主人公たちや敵の衣装も『ウォリアーズ』にオマージュを捧げた物になっています。

但し観客を混乱させないよう、やり過ぎないよう注意したと監督は笑って語っていました。

そんな登場人物の衣装ですが、主人公の仲間の大男、レニボーイの着ているTシャツ、よく見ると日本の東映動画のTVアニメ「大空魔竜ガイキング」(1976~)のTシャツです。

彼はアニメオタクです、なんて描写はありません。フィリピンで「大空魔竜ガイキング」が、果たしてどんな人気や知名度を持っているのやら……、誰か私に教えて下さい。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」は…


(C)2019 Topkapi films / AVROTROS / SAVAGE film

次回の第9回はあおり運転は、恐るべき恐怖の始まりだった。オランダ発のカーアクション・サイコスリラー映画『ロード・インフェルノ』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020延長戦見破録』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『クリシャ』あらすじと感想。トレイ・エドワード・シュルツが描く普遍的な物語と熟年期の女性たちの演技力|ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館4

2019年9月6日(金)からは『ルーキー映画祭 ~新旧監督デビュー特集~』が、京都みなみ会館にて開催! 映画『クリシャ』は、『イット・カムズ・アット・ナイト』で注目を集めた新鋭トレイ・エドワード・シュ …

連載コラム

ホラー映画『マタンゴ』『吸血鬼ゴケミドロ』あらすじと内容解説。こわいトラウマ必死の邦画とは|邦画特撮大全45

連載コラム「邦画特撮大全」第45章 まだ5月だというのに気温と湿度が共に高い日が時折あります。 町に出るとTシャツ姿の人も目立ちます。夏には早いですが、そんな日にホラー映画はどうでしょうか?  今回の …

連載コラム

映画『オーバー・ザ・リミット』 感想レビューと評価。新体操の女王マムーンの軌跡から見えるロシアの舞台裏|だからドキュメンタリー映画は面白い44

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第44回 ロシアの華麗なる新体操の女王は、いかにして金メダリストとなったのか―― 今回取り上げるのは、2020年6月26日(金)より、ヒューマントラスト …

連載コラム

【ネタバレ考察】アベンジャーズインフィニティ・ウォーの10年の歩みとは⁈|最強アメコミ番付評6

連載コラム「最強アメコミ番付評」第6回戦 (C)Marvel Studios 2018 どうも、こんにちは野洲川亮です。 2018年9月5日にBlu-rayが発売された『アベンジャーズ インフィニティ …

連載コラム

タイ映画『Sisters』あらすじと感想レビュー。Jホラー×アクションの融合で魅せるピンゲーオ監督の異色作|TIFF2019リポート25

第32回東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA♯06 ファンタスティック!東南アジア」上映作品『Sisters』 2019年にて通算32回目となる東京国際映画祭。令和初の開催となった本映画祭は、2 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP