Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/12/13
Update

映画『眉村ちあきのすべて(仮)』あらすじ感想と評価解説。松浦本監督がセルフプロデュースアイドルとしての規格外ムービーを魅せる|インディーズ映画発見伝28

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第28回

インディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画をCinemarcheのシネマダイバー菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝」第28回

本コラムでは、松浦本監督の映画『眉村ちあきのすべて(仮)』をご紹介いたします。

自ら会社「会社じゃないもん」を設立し、セルフプロデュース型の弾き語りトラックメイカーアイドルとして活動している眉村ちあきに密着したドミュメンタリーかと思いきや、フィクションも交え、次第にSF、青春映画……と、一つのジャンルの枠にとどまらない規格外の映画となっていきます。

眉村ちあき自らエグゼクティブプロデューサーを務め、眉村ちあき株式会社設立時より公式動画、ミュージックビデオの監督を担当した松浦本が監督を務めました。

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

スポンサーリンク

『眉村ちあきのすべて(仮)』の作品情報


(C)会社じゃないもん

【公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本・撮影】
松浦本

【エグゼクティブプロデューサー・音楽】
眉村ちあき

【キャスト】
眉村ちあき、徳永えり、品田誠、月登、小川紗良、嶺脇育夫、南波一海、吉田豪

【作品概要】
3人組アイドルグループ・Star-Bright★REXでアイドルを始めた眉村ちあきは、解散後ソロアイドルとして活動を始めます。セルフプロデュース型の弾き語りトラックメイカーアイドルとして活動し、自ら会社「会社じゃないもん」を設立します。

精力的にライブ活動を行い、インディーズとして『目尻から水滴3個、戻る』、『ぎっしり歯ぐき』などのCDを発表し、2019年5月に発表した『めじゃめじゃもんじゃ』からはトイズファクトリーと契約しメジャーとして音楽活動を行なっています。

ライブを企画し、ワンマンライブも意欲的に行い、2020年12月14日、眉村ちあき日本武道館LIVE『日本元気女歌手〜夢だけど夢じゃなかった〜』を開催しました。

アイドル活動の他にもバラエティ番組への出演や、女優として映画『夢の音』(2019)では主演を務めました。

また、NON STYLE石田明が脚本を担当した『クソみたいな映画』(2020)の主題歌や自身が出演した映画『夢の音』(2019)の主題歌や劇中歌、『10万分の1(2020)の挿入歌なども手がけています。

監督を務めたのは、眉村ちあき株式会社設立時より公式動画、ミュージックビデオの監督を担当している松浦本監督。きりゅう映画祭2015にて短編映画『一万円札』(2015)がきりゅうアワードグランプリを受賞しました。

眉村ちあき自ら本作のエグゼクティブプロデューサーを務めました。

始めはドキュメンタリー映画のように語られ、次第にSF、青春映画と一つのジャンルの枠にとらわれない本作。フィクションパートには、『ずっと独身でいるつもり?』(2021)、『ボクたちはみんな大人になれなかった』(2021)の徳永えり、『飢えたライオン』(2018)の品田誠が出演するほか、『DIVOC-12』(2021)、『海辺の金魚』(2021)など監督・女優として活躍する小川紗良が本人役で出演しています。

『眉村ちあきのすべて(仮)』のあらすじ


(C)会社じゃないもん

地下アイドルとして3人組グループStar-Bright★REXでアイドル活動し、現在はセルフプロデュース型の弾き語りトラックメイカーアイドルとして活動している眉村ちあき。

脅威のスピードで新曲をリリースし、連日ライブに出演、音楽性においても「天才」と一目置かれる彼女の様子をインタビューも交えながら追っていきます。

密着ドキュメンタリーかと思いきや、突如舞台は東京の地下にある研究都市に移り変わりまるでSF映画のような世界観が広がっていきます。

これから何が始まるのか、本当の『眉村ちあき』とは何なのか……

スポンサーリンク

『眉村ちあきのすべて(仮)』の感想と評価


(C)会社じゃないもん

眉村ちあきとは…

初めて眉村ちあきのCDを売り出したタワーレコード店の店長や、インタビューアー、阿佐ヶ谷家劇場のオーナーなどのインタビューで語られる眉村ちあきのこと。

自身で作詞作曲だけでなく、編曲までもこなし、更にはライブ、イベントのブッキングまで行なってしまう異色の存在。

ソロアイドルになる前のStar-Bright★REXの頃から知り合いであった阿佐ヶ谷家劇場のオーナーと共に会社「会社じゃないもん」を設立、記者会見を行い、会場に来ていたファンに株を物販で譲渡するという唯一無二のアイドル眉村ちあき。

密着ドキュメンタリーかのように展開していくかと思いきや、突然眉村ちあきが語り出します。

「眉村ちあきは1人ではなく、何人もの眉村ちあきがいるのです」

場面は変わり、ドキュメンタリーではなく東京の地下に存在する秘密の研究施設。そこで行われていたのが「乃亜建設計画」。

クローンの実験が成功し、何人もの眉村ちあきがさまざまな分野で活躍するべく訓練を受けています。

研究所の所長役を品田誠、クローンのオリジナルを監視する研究者役を徳永えりが演じ、女優・監督として活躍する小川紗良が本人役で登場します。

観客が想像し得ないSF展開に舵を切ったかと思えば、最終章は閉じ込められていたオリジナルの眉村ちあきが自身の殻を破り新たなことに挑戦しようとする姿を描き出します。

SF映画から青春映画へと移り変わっていく、ジャンルの枠にとらわれない規格外な本作は冒頭で語られていた自身で何でもこなし、新たなものを取り入れていくアイドル・眉村ちあきそのものを表しているかのようです。

規格外のアイドル・眉村ちあきのファン、そして眉村ちあきを知らない人にとっても、彼女の魅力に引き込まれてしまうようなパワーのある映画です。

まとめ


松浦本監督(C)Cinema Discoveries

自ら会社「会社じゃないもん」を設立し、セルフプロデュース型の弾き語りトラックメイカーアイドルとして活動している眉村ちあき自身が、エグゼクティブプロデューサーを務めた映画『眉村ちあきのすべて(仮)』。

ドキュメンタリー、SF、青春……と、一つのジャンルの枠にとどまらない規格外な映画になっており、映画そのものが自身で作詞作曲、編曲、そしてライブのブッキングまでこなし、何かしていないと気が済まないアイドル・眉村ちあきそのものを表しているかのような映画になっています。

松浦本Twitter
眉村ちあきTwitter

次回のインディーズ映画発見伝は…

次回の「インディーズ映画発見伝」第29回は、坂本ユカリ監督の『レイのために』を紹介します。

次回もお楽しみに!

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら





関連記事

連載コラム

【ネタバレ感想】シークレット・チルドレン 禁じられた力|ティモシー・シャラメ主演のSF青春スリラー|未体験ゾーンの映画たち2019見破録22

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第22回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」では、珍作・怪作から見逃すには惜しい佳作まで …

連載コラム

バーニング・ダウン 爆発都市|感想評価と解説レビュー。アンディ・ラウの熱演で香港大破壊を阻止せよ|すべての映画はアクションから始まる29

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第29回 日本公開を控える新作から、カルト的に評価された知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を時おり網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画 …

連載コラム

映画『誰がハマーショルドを殺したか』感想レビューと考察。“冷戦期最大の謎”国連事務総長事故死に迫るミステリーハンターたち|だからドキュメンタリー映画は面白い49

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第49回 原因不明の飛行機墜落事故に隠された、驚きの巨大な陰謀とは—―。 今回取り上げるのは、2020年7月18日(土)よりシアター・イメージフォーラム …

連載コラム

映画『食べる虫』あらすじ感想と評価解説。金子由里奈監督が死を望む少女と記録する少女の小旅行を描く|インディーズ映画発見伝6

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第6回 日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画をCinemarcheのシネマダイバー菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝」第 …

連載コラム

映画『聲の形』ネタバレ感想と評価考察。京都アニメーション×山田尚子がいじめをテーマにした漫画を映像化|映画という星空を知るひとよ9

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第9回 映画『聲の形』は、耳が不自由な少女とその少女をいじめたことが原因で、コミュニケーションが苦手になった少年の切なく美しい青春ストーリーです。 原作は「マン …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学