Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/07/19
Update

『眉村ちあきのすべて(仮)』映画上映館ホワイトシネクイントにて舞台挨拶!続編とキャスト・ファンへの感謝を伝える

  • Writer :
  • 石井夏子

眉村ちあき、漸く迎えた主演作の劇場公開初日に登壇!
一緒に作り上げた「自慢のファン」たちに感謝。

2020年7月17日(金)に、映画『眉村ちあきのすべて(仮)』が当初の4月公開予定から3ヶ月遅れで漸く劇場公開初日を迎えました。

渋谷ホワイトシネクイントでの初日に、本作主演・音楽・エグゼクティブプロデューサーの眉村ちあきと、プロデューサーの上野遼平がフェイスガードを着けて感染予防対策をしながら急遽登壇し、舞台挨拶をしました。

本記事では7月17日(金)に行われた、映画『眉村ちあきのすべて(仮)』の舞台挨拶レポートをお送りします。

スポンサーリンク

映画『眉村ちあきのすべて(仮)』舞台挨拶レポート

共演者の協力で眉村の魅力が光った

約4ヶ月ぶりにリアルなファンの前に登壇となった眉村ちあき。壇上に立つなり、ファンの顔を見て感極まってしまう一幕からスタートしました。

上野プロデューサーは「元々はファン向けに映画作ろうと言い出したのがきっかけながら、眉村さんがとにかく自由で周りをどんどん楽しくさせてくれて出来上がって行った」と眉村の魅力について語ります。

「本格的な映画撮影現場で、カメラの位置を考えて演技するのが大変で、セリフを覚えるのも苦戦した」という眉村ですが、徳永えりら共演者が全員が眉村に惚れ込んで、彼女の魅力を光らせようと力を発揮してくれた事もあり、最初に上映された「MOOSIC LAB2019」ではベストミュージシャン賞に留まらず、女優賞も受賞するなどあらゆる評価も集めました。

また、眉村は「マユムラー(眉村ちあきのファンの俗称)たちにも撮影に協力してもらい、みんなで作った映画。改めて“自慢のファン”」だと語ります。

スクリーンで上映できる喜び

トークの後半では「パート2」の構想にも花が咲き、眉村が次々とアイディアを出し会場を沸かせました。

続いて、今回欠席の松浦本監督も電話出演。

撮影時に「眉村さんが人見知りなので徳永えりさんと仲良くなってもらうために色々やりました」という松浦監督の発したエピソードに対し、眉村は「いきなり仲良くなれって言われて、王貞治にキャッチボールしようって言うようなもんで難しかった。」と会場の笑いを誘い、「徳永(えり)さんにはすごくリードしてもらった。」と感謝の気持ちを述べます。
 
眉村は最後の挨拶では「帰りたくないです。ずっとここに住みたい。今すぐここを施錠して欲しいくらい(笑)スクリーンで上映するためにみなさんが動いてくれたので、スクリーンで上映できるっていうことが本当に嬉しい。」と語り、心から名残惜しそうに会場を後にしました。

映画『眉村ちあきのすべて(仮)』の作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督】
松浦本

【音楽/エグゼクティヴ・プロデューサー】
眉村ちあき

【プロデューサー】
上野遼平

【キャスト】
眉村ちあき、徳永えり、小川紗良、品田誠、月登、吉田豪、嶺脇育夫、南波一海、石阪勝久、冨田勝

【作品概要】
音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB 2019」で上映され、観客賞・審査員特別賞・ベストミュージシャン賞(眉村)・女優賞(眉村)の4冠に輝きました。

「MOOSIC LAB 2019」上映版(65分)よりも10分長いバージョンでの劇場公開です。

自ら会社「会社じゃないもん」を設立し、セルフプロデュース型の弾き語りトラックメイカーアイドルとして活動している眉村ちあきが主演を務めます。

密着ドキュメントとして始まりながら、フィクションも交え、ジュブナイルSF、サスペンス、青春映画、冒険活劇などなどさまざまなジャンルを取り込んでカテゴライズ不能な一作に仕上がりました。

スポンサーリンク

映画『眉村ちあきのすべて(仮)』のあらすじ

日本を席巻中の大注目シンガーソングライター・眉村ちあきのドキュメンタリー?フィクション?

“あらかじめ用意されたストーリー”と“たったひとつの誤算”とは…?

まとめ

眉村ちあきの天真爛漫なサービス精神により、楽しいひとときとなったサプライズ舞台挨拶。

トーク中に飛び出た続編製作への期待も高まりますね。

映画『眉村ちあきのすべて(仮)』は2020年7月17日(金)より、渋谷ホワイトシネクイント、静岡シネシティザートほか全国順次上映です。

関連記事

新作映画ニュース

エルヴィス・コステロが愛を歌う。映画『リヴァプール、最後の恋』インタビュー動画解禁

主題歌に込められた大女優の恋の真相 2019年3月30日(土)より公開となる映画『リヴァプール、最後の恋』。 本作はイギリスの俳優ピーター・ターナーが1987年に発表した同名の回顧録が原作。 『悪人と …

新作映画ニュース

映画『HAKONIWA』あらすじ/キャスト。秋元龍太朗が主演する若松宏樹監督の長編SFが制作開始!

映画『HAKONIWA』は2020年完成予定。 アメリカの大学院で監督専攻のMFAを取得した若松宏樹監督。 若松宏樹監督 卒業制作のSF短編映画では国内外で高い評価を得た若松監督が、秋元龍太朗と佐藤乃 …

新作映画ニュース

シアーシャ・ローナン映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』あらすじとキャスト。2020年初夏公開のグレタ・ガーウィグ監督作とは

アカデミー賞5部⾨にノミネートされた『レディ・バード』の監督とアカデミー賞受賞の豪華キャストが集結︕ 19世紀を代表する⼥性作家、ルイザ・メイ・オルコットの⾃伝的⼩説「若草物語」。 あのマーチ家四姉妹 …

新作映画ニュース

アカデミー賞オスカー授与はシリーズ初。映画『スパイダーマン:スパイダーバース』が快挙

『スパイダーマン:スパイダーバース』長編アニメーション賞受賞!! 全米初登場第1位を獲得し、各国メディアから「スパイダーマン映画史上、最高傑作!」と空前の大絶賛を受けた新たなるスパイダーマンの誕生を描 …

新作映画ニュース

『未体験ゾーンの映画たち2020』の開催日は1月3日より!ヒューマントラストシネマ渋谷にて

2020年の年明けは、劇場で未知のエンタテインメント体験で決まり! 各国のあらゆるジャンルから厳選した作品を一挙上映。 この度、様々な理由から日本公開が見送られてしまう傑作・怪作映画を、映画ファンの皆 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学