Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/07/13
Update

『僕はイエス様が嫌い』あらすじ。サンセバスチャン国際映画祭への奥山監督の快挙

  • Writer :
  • かりごめあき

奥山大史監督の映画『僕はイエス様が嫌い』が第66回サンセバスチャン国際映画祭ニューディレクターズコンペティションに正式出品決定

日本人として7年ぶり、かつ最年少の22歳でノミネートされた奥山大史監督のプロフィール紹介と、映画『僕はイエス様が嫌い』のあらすじをご紹介いたします。


©『閉会宣言』

スポンサーリンク

映画『僕はイエス様が嫌い』の作品情報

【公開】
2019年(日本映画)

【原題】
僕はイエス様が嫌い(英題:JESUS)

【監督】
奥山大史

【キャスト】
佐藤結良、大熊理樹、チャド・マレーン、木引優子、ただのあっ子、二瓶鮫一、秋山建一、大迫一平、北山雅康、佐伯日菜子

【作品概要】
奥山大史監督が大学の卒業制作として初めて作った長編第一作。

奥山監督自ら脚本を執筆、撮影・編集も手掛けている。

第66回サンセバスチャン国際映画祭ニューディレクターズコンペティションに日本人としては史上最年少の22歳でノミネート。

映画『僕はイエス様が嫌い』の奥山大史監督とは


©『閉会宣言』

奥山大史(おくやまひろし)監督は、1996年東京生まれ。

青山学院大学総合文化政策学部卒業。映画美学校18期高等科修了。

現在は映画監督・撮影監督として活動中。

主な監督作品

短編映画『Tokyo 2001/10/21 22:32~22:41』

主演:大竹しのぶ

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018オフィシャルコンペティション正式出品

短編映画『白鳥が笑う』

主演:原西孝幸(FUJIWARA)

第7回沖縄国際映画祭正式出品

ミュージックビデオ『バトン』

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2016にて優秀作品として選出

主な撮影作品

映画『さようなら、ごくろうさん』

監督:城真也

ぴあフィルムフェスティバル2017入選

映画『過ぎて行け、延滞10代』

監督:松本花奈

映画『最期の星』

監督:小川紗良

ぴあフィルムフェスティバル2018入選

そのほか、GUのTVCM『ROMANTIC TOUCH COLLECTION』(出演:中条あやみ)、LOFTのスペシャルムービー『好き』などがあります。

スポンサーリンク

サンセバスチャン国際映画祭とは

サンセバスチャン国際映画祭は、ヨーロッパでは世界四大映画祭と言われており、カンヌ、ベルリル、ベネチアに次ぐ、重要な映画祭に位置付けられています。

2018年度は是枝裕和監督の生涯功労賞の授与決定や、『万引き家族』の出品。

また、濱口竜介監督の『寝ても覚めても』の招待上映決定といった、日本映画界としても話題のつきない映画祭です。

近年、サンセバスチャン国際映画祭ニューディレクター部門に選出された日本人監督は、2008年に濱口竜介監督の『PASSION』、2011年に砂田麻美監督の『エンディングノート』がありました。

奥山監督は、砂田監督以来、7年ぶりとなるノミネート

しかも本作『僕はイエス様が嫌い』は大学で卒業制作として作られた長編作品ということもあり、大いに注目ですね。

サンセバスチャン国際映画祭出品について奥山監督のコメント

映画『僕はイエス様が嫌い』が、第66回サンセバスチャン国際映画祭のニューディレクターズコンペティションに正式出品されることが決定した喜びについて、奥山大史監督から次のようなコメントをいただきました。

「大学の卒業制作として初めて作った長編映画が、サンセバスチャン国際映画祭にノミネートして頂けたこと、嬉しいです。

真冬の廃校で一緒に苦労して作り上げてくれたスタッフ・キャストの方々に改めて感謝します。

映画祭期間中は初めてだらけの日々になりそうで、楽しみです」

はじめて尽くしの快挙!奥山監督、おめでとうございます!!

スポンサーリンク

映画『僕はイエス様が嫌い』のあらすじ


©『閉会宣言』

小学生のユラは、おばあちゃんと一緒に暮らすため、東京から雪深い地方の小学校へと転校することになりました。

転校先の新しい同級生たちと行う礼拝というものに戸惑いを感じつつも、次第に慣れていきます。

ある日、お祈りをしていると目の前にとても小さなイエス様が現れました。

そのイエス様にお願いしたことは必ず叶えられ、ユラはイエス様の持つ力を信じるようになっていきます…。

まとめ

第66回サンセバスチャン国際映画祭に日本人としては最年少の22歳での出品が決定した奥山大史監督

サンセバスチャン国際映画祭の新人監督部門への日本人のノミネートは7年ぶりという快挙だそうです。

大注目の出品作品、映画『僕はイエス様が嫌い』は、2019年公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『ジェノサイド・ホテル』あらすじと上映劇場情報。予告編やポスター解禁に

豪華五つ星ホテルが惨劇の舞台となり、甚大な被害と多数の死傷者を出した凄惨な事件を元に描く、リアリティック・アクション・スリラー! 映画『ジェノサイド・ホテル』は、10月13日(土) ヒューマントラスト …

新作映画ニュース

【下北沢映画祭2020情報】オンライン配信で10月2日から開催!上映作品プログラム第1弾も発表

第12回下北沢映画祭は10月2日(金)~4日(日)オンライン開催決定! ジャンルを問わないコンペティションをメインプログラムに、音楽や演劇、ファッション、グルメなど下北沢を彩るさまざまなカルチャーを切 …

新作映画ニュース

映画『ある殺人、落葉のころに』あらすじ/キャスト。三澤拓哉新作の限定公開は10月2日よりイオンシネマ茅ヶ崎にて!

大阪アジアン映画祭JAPAN CUTS Award受賞。 最も不可思議(ミステリアス)な湘南映画の誕生。 第15回大阪アジアン映画祭ではインディ・フォーラム部門のグランプリにあたるJAPAN CUTS …

新作映画ニュース

映画『凪待ち』生中継舞台挨拶付き上映決定。劇場公開後も全国各地のファンに応えるイベントを!

映画『凪待ち』は2019年6月28日より、TOHOシネマズ日比谷を皮切りに全国ロードショー公開! 監督・白石和彌。そして、俳優・香取慎吾。両雄が初のタッグを組んだ映画にして、震災後の宮城県石巻市を舞台 …

新作映画ニュース

映画『ジョン・デロリアン』あらすじとキャスト。BTTFの車を開発した男の伝記は12月公開!

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で世界的に知られる車“デロリアン”。 その開発の裏側にある知られざる真実が明かされる。 伝説の車を作った男“ジョン・デロリアン”初の伝記映画が日本公開決定! © Dr …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学