Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/05/08
Update

映画『町田くんの世界』あらすじと原作者。 安藤ゆきプロフィール紹介も

  • Writer :
  • YUMIKO

第20回手塚治虫文化賞・新生賞を受賞した安藤ゆきの同名マンガ『町田くんの世界』を実写化した青春映画が2019年6月7日に公開されます。

監督は、『舟を編む』で史上最年少の30歳で日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞した石井裕也

主演には1000人のオーディションを勝ち抜いた新人・細野佳央太(ほそだ かなた)と関水渚(せきみず なぎさ)。

そのほか岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子という驚愕の豪華キャストが共演しています。

この記事では、原作者である人気少女マンガ家・安藤ゆきについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『町田くんの世界』の作品情報


(C)安藤ゆき/集英社 (C)2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
安藤ゆき『町田くんの世界』(集英社)

【監督】
石井裕也

【キャスト】
細野佳央太、関水渚、岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子

【作品概要】

運動も勉強もできないけれど、すべての人を分け隔てなく愛することのできる才能を持つ主人公・町田くん。

しかし、人嫌いな少女・猪原さんと出会うことで、初めて「わからない感情」と向き合うようになります。

周囲の人々を巻き込んで、町田くんが大騒動を起こすハートフル・ストーリーです。

1000人のオーディションを勝ち抜いた新人の細野佳央太と関水渚が主演を務めます。

脇を固めるのは9人の驚愕の豪華俳優陣。岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子といった、主役級キャストが共演します。

監督は『舟を編む』で第37回日本アカデミー賞最優秀監督賞を史上最年少の30歳で受賞するという快挙を成し遂げた天才・石井裕也が務めます。

映画『町田くんの世界』のあらすじ


(C)安藤ゆき/集英社 (C)2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

運動も勉強苦手で見た目も地味。何も取り柄のないように見える町田くんには、すべての人を分け隔てなく愛せるというずば抜けた才能がありました。

困った人を常に助け、関わった人々の心を癒し、世界を変えてしまう不思議な力を持っています。

そんな彼の前に現れた女子・猪原さんは人嫌いで、これまでの人とは違っていました。

「わからない」という感情を初めて味わう町田くんですが、父親に言われた「わからないことから目を背けてはいけない」という言葉を胸に、その答えを求めていき…。

スポンサーリンク

映画『町田くんの世界』原作者は安藤ゆき


news.mynavi.jp

映画『町田くんの世界』の原作者・安藤ゆきは大阪府出身のマンガ家。

2009年に初短編集『不思議なひと』を刊行。

2013年刊行の『透明人間の恋』が宝島社発行の「このマンガがすごい!2014 オンナ編」で第17位にランクインします。

2015年より『別冊マーガレット』で本作『町田くんの世界』を連載スタート。

同作で「このマンガがすごい!2016 オンナ編」で第3位、フリースタイル社の「THE BEST MANGA 2016 このマンガを読め!」第7位、全国書店員とKADOKAWA『エンタミクス』編集部が選ぶマンガランキング第9位にランクインし、第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞。

2016年に『町田くんの世界』で第20回手塚治虫文化賞・新生賞を受賞しました。

そのほか『昏倒少女』『炎のゆくえ』『パーティー』など多数作品を生み出しています。

安藤ゆきの実力の評価は

本作『町田くんの世界』原作者の人気マンガ作家・安藤ゆき。

大人気作家・くらもちふさこの『おばけだんご』を読んだことをきかっけに、少女マンガ家を志すようになります。

いわゆる王道とは違ったユニークなヒロイン、独特の空気、そしてトップレベルの巧みなストーリー展開でファンの心をつかんできました。

『町田くんの世界』で「このマンガがすごい!2016 オンナ編」で第3位、フリースタイル社の「THE BEST MANGA 2016 このマンガを読め!」第7位、全国書店員とKADOKAWA『エンタミクス』編集部が選ぶマンガランキング第9位にランクインし、第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞。

2016年には第20回手塚治虫文化賞・新生賞という大きな賞を受賞しました。

安藤自身は、自分が面白いと思うものを丁寧に描いているものの、地味な作品なので票を投じてもらえたのが意外でラッキーだとコメントしています。

主人公の町田一のキーワードは「人たらし」な人。見た目ではなく、行動や気持ちだけで人の心を動かすキャラクターにしたかったそうです。

劇中の登場人物だけではなく、読者のことも本気で魅了したいと思って描いたと語っています。

スポンサーリンク

安藤ゆきの公式SNSの紹介

残念ながら安藤ゆきの公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)安藤ゆき/集英社 (C)2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

世界中から最も新作を期待されている天才監督・石井裕也が、初めて少女マンガ原作作品を取り上げた『町田くんの世界』。

その原作者である人気少女マンガ家・安藤ゆき。「人たらし」をキーワードに、魅力あふれる主人公の町田一を生み出しました。

主人公の二人には、これまで演技経験がほとんどない新人の細田佳央太と関水渚が大抜擢されています。

新人二人の脇を固めるのは、岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子といった超豪華俳優たち。

天才・石井裕也監督が、”まっしろ”な新人の二人と、奇跡の顔合わせとも言える豪華キャストと共に新しい日本映画の扉を開きます。

青春ハートフル・ドラマ『町田くんの世界』は2019年6月7日より全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

【2019年8月16日〜17日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。すこしだけツウ好みな映画webマガジン「Cinemarche」 (C)すしぱく 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載している最新情 …

新作映画ニュース

映画『夢みるように眠りたい』リマスター版あらすじ/上映館/公開日。林海象デビュー作品がスクリーンで蘇る!

34年の時を経て、幻のフィルムがスクリーンによみがえる。 1986年に公開された林海象監督のデビュー作『夢みるように眠りたい』。 34年の間、眠っていた幻のフィルム『夢みるように眠りたい』がデジタルリ …

新作映画ニュース

映画『ザ・プレイス』あらすじとキャスト。パオロ・ジェノヴェーゼ監督作品のメインビジュアル解禁!

『おとなの事情』のパオロ・ジェノヴェーゼ監督による最新作 『ザ・プレイス 運命の交差点』は、4月5日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて公開。 アメリカの大ヒットしたワンシチ …

新作映画ニュース

ジャズピアノの詩人を追ったドキュメンタリー映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』予告編解禁

エヴァンスの51年の生涯とは。 ©2015 Bruce Spiegel 現在でも多大なる影響と人気を誇るジャズ・ピアニスト、ビル・エヴァンス。 彼の人生を、貴重な証言・映像・写真の記録で構成したドキュ …

新作映画ニュース

映画『パンケーキを毒見する』あらすじ内容/公開日/上映館。菅政権の誕生から人事までドキュメンタリーで描く

日本の民主主義は消滅してしまったのか? かつてない政治ドキュメンタリー映画が誕生しました。 日本アカデミー賞作品『新聞記者』や、東京国際映画祭作品賞(スプラッシュ部門)『i-新聞記者ドキュメント-』で …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学