Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『インフィニット 無限の記憶』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。考察から紐解く“2つの無限と輪廻転生”|Amazonプライムおすすめ映画館9

  • Writer :
  • からさわゆみこ

連載コラム「Amazonプライムおすすめ映画館」第9回

今回ご紹介する映画『インフィニット 無限の記憶』は、アメリカの小説家D・エリック・マイクランズのデビュー作『The Reincarnationist Papers』が原作です。

監督は『リプレイスメント・キラー』(1998)で長編映画監督デビュー、「イコライザー」シリーズ、『マグニフィセント・セブン』(2016)、『ギルティ』(2021)のアントワーン・フークアが務めます。

前世の完全な記憶を持つという“インフィニット”は、能力を善き未来へ導くために使う“ビリーバー”と、その能力を呪いと考える“ニヒリスト”の二大勢力に袂を分け闘います。

ところがビリーバーであるエヴァンの記憶は完全ではなく、悪夢だと思い込み悩み暮らしていました。ある事件をきっかけに彼の目の前に、謎の人物が現れ次第に“記憶”の重大さを知ります。

【連載コラム】「Amazonプライムおすすめ映画館」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『インフィニット 無限の記憶』の作品情報

(C)2021 Paramount Pictures

【公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
Infinite

【監督】
アントワーン・フークア

【原作】
D・エリック・マイクランズ

【脚本】
イアン・ショア

【キャスト】
マーク・ウォールバーグ、ディラン・オブライエン、ソフィー・クックソン、ヨハネス・ハウクル・ヨハネソン、ジェイソン・マンツォーカス、ルパート・フレンド、トビー・ジョーンズ、キウェテル・イジョフォー

【作品概要】
エヴァン・マコーリー役は『PLANET OF THE APES 猿の惑星』(2001)、『ミニミニ大作戦』(2003)など話題作に出演し、『ディパーテッド』(2006)ではアカデミー助演男優賞にノミネートされたマーク・ウォールバーグが務めます。

敵役バサーストには『トゥモロー・ワールド』(2006)、『アメリカン・ギャングスター』(2007)の話題作から、『それでも夜は明ける』(2013)では主演を務めた、演技派俳優のキウェテル・イジョフォーが演じます。

映画『インフィニット 無限の記憶』のあらすじとネタバレ

(C)2021 Paramount Pictures

人間の中には前世の記憶を完全に持つ者がいて、彼らはインフィニットと呼ばれ秘密裏に日常を送っています。

彼らは500人にも満たない能力者で、2つの勢力に分かれて存在します。1つは“ビリーバー”という能力で人類をより良い未来へ導く勢力、もう1つは“ニヒリスト”という能力を呪いと考え、世界の終わりを望む勢力です。

ビリーバーのトレッドウェイは人類を守るため、ニヒリストと戦う中で人類滅亡の鍵となる何かを手に入れ、メキシコの街中を逃走します。

トレッドウェイは自分に何かあったら、「俺の中を探せ」と仲間のアベルとノーラにメッセージを残します。

しかし、逃亡中に2人の車は、ニヒリストによって事故を起こします。2人は再びある場所で落ち合うことを約束すると殺害されてしまいます。

ニューヨークで暮らすエヴァン・マコーリーは、就職活動をはじめてから4度の不採用をうけていました。原因は過去の暴行事件、統合失調症による2週間の入院です。

エヴァンは現実感のある夢に悩まされていて、日頃から抗精神病薬“クロザピン”を服用していました。仕事がなければ家賃が払えないばかりか、薬を服用できなければ、まともに生きられないため焦り始めます。

エヴァンはなぜか身に覚えのないスキルがあり、刀工技術を使い日本刀を造り上げると、麻薬の売人に持ち込みクロザピンと引き換え用とします。

しかし、手下が薬の数を誤魔化そうとしトラブルになります。エヴァンの身体は勝手に売人達の攻撃を交わし、手下の指を切り落とすと、刀と薬を持って逃げ出します。

ところが突然エヴァンは、見覚えのない山岳が広がる幻覚を見てそのまま気を失ってしまいました。

エヴァンは発砲騒動で駆けつけた警察に逮捕され、彼は取り調べに来たある男と面会します。男は何故かエヴァンの事を知っている様子ですが、エヴァンは覚えがありません。

男は拳銃に弾を1つだけ装填しながら、古めかしい品をいくつか出して並べ、「見覚えはあるか?」と聞きます。エヴァンが「知らない」と答えると、男は拳銃の引き金を引き脅します。

エヴァンが適当に答える度に引き金を引きますが、ある皮製の道具を手にした時、彼の脳裏にその道具を使う記憶が浮かんできました。

男はエヴァンの反応に変化があると「懐かしき友」と呼び近づきます。するとその直後、取調室に謎の自動車が突っ込んできます。

運転していた女がエヴァンに乗るよう叫び、彼を連れ出していきます。彼女は男や警察とカーチェイスを繰り広げ、追跡を振り切ります。

彼女はノーラ・ブライトマンと名乗り、男の名をバサーストだと教えます。

そして、自分やバサーストを含む500人あまりの人間が、前世の記憶を全て持って生まれ変わっている、インフィニットと呼ばれる存在だと説明します。

インフィニットの組織には2つの勢力があることと、ノーラは“ビリーバー”で、バサーストが“ニヒリスト”であることも説明します。

ノーラはエヴァンが“ハインリッヒ・トレットウェイ”という名のインフィニットなのに、なぜか過去の記憶を取り戻していないことに疑問を持っていました。

ノーラはエヴァンは、学んでもいない日本刀を造る技術、夢の中で知らない国の言語を話している経験はないか聞きます。

エヴァンは困惑しますが、精神疾患の検査では異常がなかったことから、彼女の話しには信憑性があると感じました。

ノーラは記憶を取り戻したくはないか訊ねます。エヴァンは自分の身に起きていることをはっきりさせるため、“ビリーバー”の本拠地へ向かうことにします。

以下、『インフィニット 無限の記憶』ネタバレ・結末の記載がございます。『インフィニット 無限の記憶』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2021 Paramount Pictures

ビリーバーの本拠地に到着したノーラは、主要メンバーに合わせバサースト率いる“ニヒリスト”の目的を話します。

彼らはインフィニットたちにそなわる、輪廻転生を終わらせるため、森羅万象の源DNAを破壊する装置の“エッグ”を造りだし、生きとし生ける生命体を絶滅させようと目論んでいました。

エヴァンの前世であるハインリッヒ・トレッドウェイは、そのエッグを奪い取ることに成功するが、その在りかについては謎のまま死亡していました。

エッグがバサーストの手に渡る前に、エヴァンはトレッドウェイの記憶と能力を取り戻す必要がありました。

そのためには脳への化学的アプローチ、身体的な訓練の両方を行い、トレッドウェイの潜在意識を甦らせようと試みます。

“ニヒリスト”の勢力は急激に増えているのに対し、ビリーバーはバサーストが開発した武器、“デスロナー”によって意識と魂が抜かれ、デジタルチップの中に入れられてしまい、生まれ変われなくなっていました。

エヴァンへの脳へのアプローチは行き詰まっていました。肝心のエッグを捕獲した時の記憶にはたどりつけません。

彼が過去に頭部を負傷した際、埋め込まれたプレートが影響し、シナプスが遮断されていると考えられました。

それを解決するには、脳科学に詳しいアルチザンに会うことでした。エヴァンとノーラは仲間と共に、アルチザンのいるイギリスへ飛びます。

一方、バサーストはノーラに情報を与えていた、ビリーバーのブライアン・ポーターを探し出し、エヴァンの行方を聞き出そうとして殺害されます。

エヴァンたちと入れ違いに拠点を襲い、制圧したバサーストもアルチザンのもとに向かいます。

アルチザンは記憶を呼び覚ますには、死の間際に見る“走馬灯”と同じ原理で、臨死体験をさせる装置を使うしかないと言います。

意を決して装置に入ったエヴァンは臨死状態に達し、トレッドウェイの記憶を完全に取り戻し、前世のトレッドウェイはエッグを、“自分の体の中”に隠したと話します。

アルチザンのカジノにはニヒリストのスパイがいて、バサーストはエヴァンが記憶を取り戻したことをモニターで確認していました。

ニヒリスト達はアルチザンのラボを襲撃し、バサーストはトレットウェイの遺体が保存されている、“ビリーバー”の拠点に戻り、トレッドウェイの体から“エッグ”を回収します。

襲撃で負傷し気を失ったエヴァンをアルチザンに託し、ノーラは単独で“エッグ”を奪還するため、ニヒリストの拠点がある、スコットランドへ向かいます。

しかし、ノーラはバサーストの襲撃に失敗し、ニヒリストの部隊に追われてしまいます。間一髪でアルチザンとエヴァンが援護に駆けつけ、窮地を脱しますが、バサーストは脱出をしようとしていました。

部隊との戦いでノーラも致命傷を負いますが、デスロナーによってマイクロチップに封じ込められた、意識と魂を解放するため、アルチザンと共に拠点の内部へと入っていきます。

一方、バサーストは輸送機の中で、エッグを起動させ移動をはじめます。トレッドウェイの能力を甦生したエヴァンは、機体に乗り移ると空気の流れを自在に操り、機内に乗り込みます。

エヴァンは日本刀でエッグを一突きしようとし、背後からバサーストにデスロナーを撃ちこまれます。

しかし、彼の頭に埋め込まれたプレートが、その弾丸を阻止していました。2人は死闘の末に、起動したエッグは空中に放り出され、エヴァンの日本刀により停止させられます。

バサーストはエヴァンに奪われたデスロナーで撃たれ、彼の意識と魂を封じ込めた弾は、エヴァンとともに海へと落下し沈んでいきます。

ニヒリストの拠点で、仲間のマイクロチップをみつけたノーラとアルチザンは、爆弾を設置します。瀕死のノーラはチップと共に次の章へと進むスイッチを押します。

その後、生まれ変わったノーラは約束の場所、アンコールワットでアベルの生まれ変わりと再会しました。

インドネシアのジャカルタでは、年老いたアルチザンが剣の達人となるべく、少年を見つけ出し彼にエヴァンの打った日本刀を渡します。

彼は背を向けた少年にリンゴを投げると、見事な剣さばきを見せます。そして少年は「アルチザン、遅かったな」と告げます。

スポンサーリンク

映画『インフィニット 無限の記憶』の感想と評価

(C)2021 Paramount Pictures

映画『インフィニット 無限の記憶』はメキシコシティやニューヨーク、ロンドン、スコットランド、タイ王国、アルプス山脈などで撮影が行われ、壮大かつ迫力あるアクションシーンなど、見ごたえのあるSFアクション映画でした。

それもそのはず、本来は2020年8月に劇場公開の予定だった作品で、COVID-19の大流行により公開延期も叶わず、まずアメリカでParamount+より配信されたのち、日本では2022年1月よりAmazon Primeにて配信が開始されました。

過去の記憶を保ちながら何回も生まれ変わるというストーリーは、ある世代の人には少年コミックの「超人ロック」も連想させたかもしれません。

超人ロックは超能力者で生まれ変わっても同じ姿(この点は違います)で、彼もまた過去からの記憶や超能力に苦悩しています。

彼の場合は長い歴史の中で心身ともに培ったスキルから、達観して運命を受け入れる術を得て「正義」を貫き悪と戦います。

2つの“無限”の価値観

インフィニットにとって“無限の記憶”とは、培ってきた記憶を活かし、未来に平穏を与える能力であり、逆に無限の地獄を見る能力でもあります。

その「記憶」を未来の人類のために役立てようとする“ビリーバー”と、「記憶」を永遠に引き継ぐ苦しみから解放されたい、“ニヒリスト”の対立を生みました。

“ビリーバー”達には「平和」という正義があり、“ニヒリスト”には「破壊」という正義がありました。

人類を平和に導こうと数千年も闘い続けても、人類が自ら「平和」へ向おうと意識が変らなければ、バザーストのように、学ばない人類は無用と考える者も出るでしょう。

それは彼は聖人でなく、特殊な能力をもっただけの人間だからです。人は重ねた「徳」の分だけ成果を期待します。

しかし、バーサスはいつまでもそれが叶わない現実に絶望し、終止符を打てるのは自分だと考え、それが彼なりの「正義」でした。

片や“ビリーバー”は平和的理想郷を作ろうとはしていません。生まれ変わった時代の中で、「悪」の芽を摘んで人類に平和をもたらす役割を担おうとしています。

まさに「超人ロック」的な生き方です。しかし、通常の人間たちとの関わりが少ない分、親しい人との死に別れという、辛い悲しみはロックよりは少ないといえます。

苦悩を最低限にした“ビリーバー”達にあるのは、受け継がれていく「永遠の正義」という使命感なのです。

「輪廻転生」からの解脱

(C)2021 Paramount Pictures

本作は“輪廻転生”を題材にしています。命あるものは繰り返し(輪廻)、生まれ変わる(転生)という、古代インドの思想によるものです。

限りなく生と死を繰り返すのが輪廻ですが、実際は前世の記憶など残っていません。ところがその前世の行い次第で、現世にその影響が引き継がれる・・・というのが「輪廻転生」の基本的な考え方です。

ですから生存することは苦しいことと見て、二度と再生を繰り返すことのない「解脱(げだつ)」を最高の理想、という思想も生まれました。

まさにバーサスの考えたのは「解脱」の道でした。迷い苦しむ心の境地からぬけ出て、真の自由の境地を目指し、命がけの苦行も行っています。

さらに地球上の命あるものを破壊し、自らも消滅させるという究極のネガティブな発想です。

ところが真の「解脱」とは心の中の“我”を捨て葛藤の原因となる、“煩悩”を捨てた時に静寂と平和が訪れることです。

我を捨てて無になるというのは、非常に難解です。しかし今、生きている時代でどう生き学ぶか(輪廻)で、未来に理想の世界を生みだせる(転生)という発想であれば、地球の未来は可能性が「無限大」であると、この映画では訴えています。

まとめ

(C)2021 Paramount Pictures

映画『インフィニット 無限の記憶』は人類に課せられた、無限大の可能性に懸けた“ビリーバー”の「正義」を描いた作品でした。

世界には前世の記憶の一部を持っているという人もいます。物心のない幼い時に、見たことも行ったこともない場所の景色を話したり、人の名前やできごとを話すこともあると聞きます。

「誰かの生まれ変わり」みたいなことは、全否定できることではないです。ダライラマなどがその例でもあります。

とても神秘的な精神世界、宗教観ではありますが、文明が進めば進むほど人には、“平和的”な哲学や思想が必要となるでしょう。

そして、“忘れていく人類”に向け、過去に学び未来に活かす生き方をするよう、この映画では呼びかけています。

いつまでも同じ過ちを「輪廻」していれば、その先には破滅という「解脱」があると予知している作品ではないでしょうか……。

【連載コラム】「Amazonプライムおすすめ映画館」記事一覧はこちら








関連記事

連載コラム

ドンデン返し映画『皮膚を売った男』あらすじと感想評価。猟奇的題材が話題を集める社会派ミステリー|TIFF2020リポート1

『皮膚を売った男』は、東京国際映画祭2020のTOKYOプレミア2020にてアジアン・プレミア上映! コロナ禍の中困難を乗り越え、2020年も無事実施された東京国際映画祭。話題の作品を集めたTOKYO …

連載コラム

映画『ガンパウダー・ミルクシェイク』あらすじ感想と評価解説。主演キャストのカレン・ギランが子連れとして刺激的な攻防戦を魅せる|映画という星空を知るひとよ91

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第91回 映画『ガンパウダー・ミルクシェイク』は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2017)のカレン・ギランが主演を務め、犯罪組織に立ち向かう女たちの死 …

連載コラム

映画1/8 ハチブンノイチ|ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。バトルロワイヤルを無人島での描くアクションスリラー|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー32

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第32回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

講義【映画と哲学】第3講「悲劇的な知について:ヤスパースの悲劇論からコーエン兄弟作品を見る」

講義「映画と哲学」第3講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 第3講では、ジョエル・コーエンとイーサン・コーエンの兄弟監督の『ブラッド・シンプル』(1984)をは …

連載コラム

AIやスマホを題材にした映画おすすめ4選。インターネット技術の躍進が人の悪意を引き起し“闇”となる|SF恐怖映画という名の観覧車88

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile088 インターネットが広く普及したことで、人々の暮らしは劇的に変化しました。 しかし、インターネットに接続することの出来るスマートフォンが1台 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学