Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/10/21
Update

ギルティ/THE GUILTYネタバレ考察とリメイク版の結末あらすじ感想。どんでん返しにジェイク・ギレンホールが挑んだハリウッド映画の内容とは⁈| Netflix映画おすすめ62

  • Writer :
  • タキザワレオ

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第62回

2021年10月1日(金)にNetflixで配信されたクライムサスペンス『THE GUILTY/ギルティ』。

同タイトルのデンマーク映画をハリウッド・リメイクした本作では、主人公をジェイク・ギレンホールが演じています。

ある事情により現場を離れ、緊急司令員として勤務する刑事が受けた1本の通報。電話の向こうの被害者を救うため必死で策を練る彼を、思わぬ真実が待ち受けていました。

超低予算なデンマーク版をリメイクしたアントワーン・フークア監督はどのようなアレンジを加えたのか、オリジナルとの比較をしながら本作の魅力を深掘りしていきます。

解説パートでは、オリジナルの『THE GUILTY/ギルティ』(2018)のネタバレを含みますので未見の方はご注意下さい。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら
 

スポンサーリンク

Netflix映画『THE GUILTY/ギルティ』の作品情報


Netflix映画『THE GUILTY/ギルティ』

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
The Guilty

【監督】
アントワーン・フークア

【出演】
ジェイク・ギレンホール、クリスティナ・ヴィダル、エイドリアン・マルティネス
 
【作品概要】
デンマークのスリラー映画『THE GUILTY/ギルティ』(2018)のハリウッド・リメイク作品。

監督を務めた『トレーニング デイ』(2001)『サウスポー』(2015)で知られるアントワーン・フークア。

脚本をドラマ「トゥルー・ディテクティブ」シリーズのニック・ピゾラットが担当。本作の主演、ジェイク・ギレンホールは製作も兼ねています。

その他声の出演に、『トレーニング デイ』(2001)『マグニフィセント・セブン』(2016)のイーサン・ホーク
アンダー・ザ・シルバーレイク』(2018)のライリー・キーオ、ポール・ダノ、ピーター・サーズガードが脇を固めています。

Netflix映画『THE GUILTY/ギルティ』のあらすじとネタバレ


Netflix映画『THE GUILTY/ギルティ』

山火事が続くロサンゼルスでは火事の通報の他、強盗、殺人、誘拐、様々な通報が、毎日ひっきりなしにロサンゼルス市警(911)に掛かってきます。

捜査から外され、緊急司令員になったジョーは、薬物中毒のドルーから救急車を呼んでほしいとの通報を受けます。

マニュアルに従って救急に案内するジョー。

そこへロサンゼルス・タイムスの記者ハーバーから電話があり、ジョーが出廷する明日の裁判についての情報を訊かれました。

仕事中に不躾なインタビューを受け、「話せない」と言って電話を切るジョー。仕事に戻り、今度は強盗にあったと言うマシューからの通報を受けます。

ナイフを持った女に車の中に飛び乗られ、パソコンを奪われたと。

GPSで場所を特定し、そこが売春の盛んな地域であると気付いたジョーはマシューの話を半笑いで聞いていました。被疑者はピンクの髪、メキシコ系の売春婦で、金を取られたという通報をロス市警通信課に繋ぐジョー。

通信課で電話を取ったのは、巡査時代ジョーが世話になっていたミラーでした。彼は配属転換で管理職から離れていたのです。

電話番の仕事について愚痴を言い合うジョーとミラー。ジョーは「明日の裁判を乗り切れば、捜査の仕事は戻れる」とミラーから励まされました。

明日の法廷でジョーを弁護する予定と元相棒、リックを心配するジョー。ミラーから現場の仕事について変わりはないか話を聞き、通話を終えました。

今度は、目を盗んで別居中の妻に電話をかけます。娘のペイジと話がしたかったものの、返答はありませんでした。

仕事に戻り、かかってきた通報に出ると、通報主と会話が成り立たないことにジョーは違和感を覚えます。

番号から特定した電話の主はエミリー。彼女は通話口のジョーに対して、まるで子供をあやす様な口ぶりで話します。

状況を察したジョー。彼女は今、拉致された犯人の隣に座っており、犯人に気付かれぬよう通報していたのです。

車で移動中であることだけ察したジョーは、彼女に子どもを寝かしつけるフリを続けるよう指示します。

エミリーの乗せられた車は、10号線のハイウェイ東方向へ進んでいることを突き止めるジョー。

丁度その時、妻から掛け直しがくるも、通話先の状況が緊迫していたせいで出ることが出来ません。

エミリーとのやりとりの中で、彼女が乗せられているのは白のバンという情報だけ手に入れるも、そこで電話は途切れてしまいました。

ジョーは10号線をパトロール中の交通警察へ繋ぎ、誘拐の通報を受け白のバンを探すよう言います。

山火事による煙で捜索が困難な中、犯人の車と思しき一台のバンを止めさせることに成功。ですが、運転手と車内を調べるも、違うバンでした。

再び白のバンを捜索するよう全車に伝えるも、ナンバーが無いと捜索が困難だと返されてしまうジョー。

車のナンバーを特定するため、エミリーの情報から緊急連絡先とある番号にかけました。

電話に出たのはアビーという6歳の女の子。弟のオリバーと2人でママの帰りを待っていました。

ジョーはアビーからママのことを聞き出し、エミリーがアビーの父ヘンリーによって連れ去られたことを突き止めました。

ヘンリーの電話番号を覚えていたアビーから番号を聞き出し、エミリーの夫ヘンリー・フィッシャーの情報を特定しました。

ヘンリーには傷害罪による懲役刑と飲酒運転で罰金刑に処されていた前科があり、アビーの証言によると「パパがナイフを持ってママを連れて去った」といいます。

ジョーは、「ママを必ずおうちに帰す」とアビーと約束し、警察に姉弟を保護するよう指示しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアにはNetflix映画『THE GUILTY/ギルティ』ネタバレ・結末の記載がございます。Netflix映画『THE GUILTY/ギルティ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

詳細な情報に行き着いたジョーは交通警察に車のナンバーとヘンリーの暴行歴について報告。アビーの残る家に警察官を送るよう指示するも、山火事の緊急対応でバンの追跡以外はできないと返されてしまいました。

火事の影響で現場が遅れており、連絡する態度が険悪になっていきます。再び記者のハーバーから連絡を受け、明日の裁判が新聞に載ることを伝えられました。

電話を切った後、一刻を争う緊張状態が続き、捜査も思うようにいかないジョーは寒気を感じます。勤務時間終了になるも、ジョーは別室で残ってエミリーの捜索を続けました。

そして元上司ミラーに安否確認のため、アビーの待つ家とヘンリーの部屋の両方に警官を送るよう頼みます。

「令状が出てないから男の部屋には行けない」とジョーの発言が越権行為であることを冷静に指摘するミラー。

そしてミラーはジョーの行き過ぎた言動を注意し、彼に子どもの保護だけを約束しました。ミラーとの通話を終え、ジョーは再びエミリーの番号にかけるも繋がりません。

今度は先ほど折り返しがあったジェスに電話。電話に出たジェスは就寝中であり、別居して半年経つこと、もう電話して欲しくないとジョーに対し距離を取る発言をしました。

ジェスは、明日の裁判での証言についてリックの妻のもとに連邦捜査官が調査に来たことを明かします。

証言について口裏を合わせたことがバレたのかと不安になるジョーでしたが、ジェスに裁判に来るかどうかを聞き電話を切りました。

今度はヘンリーに電話をかけるジョー。電話に出たヘンリーは連れ去ったエミリーのことをはぐらかし、車でどこへ向かっているかを聞いてもとぼける始末です。

ジョーはヘンリーの身元を既に調べ上げていることを明かし、服役していた過去を持ち出し「もう一度刑務所にぶち込まれたいか」とヘンリーを脅迫します。

一方的に電話を切られた後、ジョーは元相棒のリックに電話しました。

「明日の裁判で予定していなかったことを証言してしまわないか」と不安を吐露するリック。

断酒中の飲酒に目をつむりながら、ジョーはリックをヘンリーの家へと向かわせ、現在の状況を知るために郵便物などを調べるよう指示しました。

ちょうどその時、アビーから電話があり、彼女の家に巡査が到着したことを知ります。ジョーがアビーと弟を保護した警官と通話していると、警官はアビーが血まみれであったことに気付きます。

部屋を見回り弟のオリバーを発見すると、既に彼は失血多量で息をしていませんでした。

ジョーは子ども2人を家に置き去りにしたヘンリーに電話。

オリバーにした事は既に把握していると説明し出所するよう言いますが、彼から「出来ない」と言い返されます。

「被害者はエミリーと子どもたちだ。お前なんか死刑になれ」と強い言葉でヘンリーを追い詰めるも、通話を切られてしまいました。

そしてリックからヘンリーの部屋に到着したと報告を受けるジョー。

リックに、令状も無いまま中へと突入させ、ヘンリーやエミリーの身辺調査をするために溜まっている郵便物を仕分けるよう言いました。

誘拐の近況を知るべく、ジョーは再びエミリーに電話します。目的地も分からぬまま、連れ去られたエミリーに車を降りるよう指示。

運転手であるヘンリーの隙を突くために、シートベルトをした上で走行中にハンドブレーキを強く引くよう助言します。

ジョーに言われた通り試みるエミリーでしたが、脱出に失敗し、今度は荷台に閉じ込められてしまいました。

アビーの元にお母さんを連れ戻すと誓ったジョーは、何としてでもヘンリーのもとから逃げるようエミリーに言い、今度は荷台にあったレンガでヘンリーを殴って逃げるよう助言しました。

気が動転しているエミリーを落ち着かせようと一緒に深呼吸するジョーでしたが、すぐに咽せて咳き込んでしまいます。

そこで緊張をほぐすため、エミリーに子どもたちと遊ぶ時のことを話させ、彼女の気を紛らわせました。

やがて停車し、荷台へと向かってくるヘンリーの足元が聞こえてきます。ジョーはエミリーに「これは報復、これは報復」と言い聞かせ、準備するよう言います。

「これは報復」と繰り返しながら、子どもたちのことを呟きだすエミリー。「オリバーはもう治ったはず、泣き止んだもの」。突然の話に困惑するジョー。

エミリーは「泣いて苦しんでいたオリバーのお腹から蛇を取り出してあげたのだ」と話し始めます。「お腹から蛇を取り出せたからオリバーは泣き止んで眠っているはずだ」と。

やがてエミリーとの通話が切れ、ジョーのもとにリックからの電話があり、ヘンリーが親権を失っていること、エミリーが精神科病院の治療を受けていたことを知らされます。

真実を知ったジョーは急いでヘンリーに電話をかけます。そして彼が以前エミリーが入院していたパットン州立病院に向かっていたこと、出所したばかりでエミリーのことを警察に相談できなかったこと、薬が切れたエミリーを助けようとしていたことを知りました。

自分が何をしたか分かっていないエミリーは自殺の恐れがあり、ヘンリーも脱走した彼女の行方を探していました。

今度はエミリーに電話をかけるジョー。電話に応えたエミリーはオリバーの返り血を浴び、橋の上に立ち尽くしていました。

彼女自身はそれが誰の血なのか分からず発狂してしまいます。

「これは報復だって言ったじゃない」とジョーを責め立てるエミリーに対し、ジョーは唆した自分のせいだと過ちを認めました。

そしてオリバーの後を追おうとするエミリーに、19歳の少年を殺した過去を明かします。殺した理由についてエミリーから尋ねられたジョーは「蛇のせいだ」とだけ答えました。

電話が切れる直前、ジョーは警官のところへ向かうようエミリーに訴えます。その後何度もエミリーに電話をかけ直すも繋がりません。

しかしその後通報を受け、エミリーが無事保護されたことを知り、オリバーも一命を取りとめ、ICUで治療中であると伝言を受けました。

同僚から「ダメな奴でも人を救える」と声をかけられ、事件解決に安堵するジョー。しかし、その後強烈な吐き気を覚えトイレで崩れ落ちてしまいました。

リックに電話し一先ず事件が解決したことを報告。それに続き口裏を合わせた虚偽答弁を止め、正直に証言するつもりであると告白すると、「刑務所に入ることになり、娘にも会えなくなる」と咎められます。

しかし決意を固めたジョーは、その後ロサンゼルスタイムスのハーバーに電話。やがて公の場で有罪を認めました。

スポンサーリンク

Netflix映画『THE GUILTY/ギルティ』の感想と評価


Netflix映画『THE GUILTY/ギルティ』

デンマークで製作されたオリジナル版『THE GUILTY/ギルティ』(2018)は、2018年のアカデミー賞外国語映画賞にてデンマーク代表作として出品されたこともあり、「耳で観る映画」というアイデアとともに世界的に高い評価を受けました。

同作の吹替版をダウンロードすれば、移動中などにラジオドラマ感覚で本編を楽しむことができ、その後のTBSラジオでのオーディオドラマ化など、聴覚だけで十分楽しめる高いポテンシャルを持ったバリアフリー映画とも評されました。

予想を裏切るどんでん返しの展開、まさに「百聞は一見にしかず」な情景描写など、観客(リスナー)の先入観を上手くついた本作独自の特徴と言えます。

そしてリメイクされた本作と比較すると、細かいキャラクターの描写が肉付けされた以外は、同様の展開をなぞるため、ストーリーはほぼ同じですが、『トゥルー・ディテクティブ』(2014)の脚本で知られるニック・ピゾラットが脚色した部分には、非常に興味をそそられます。

映画の外で起きた事で言うと、本作撮影中、監督のアントワーン・フークアはPCR検査にて新型コロナウイルスの陽性反応が出ており、撮影現場から離れた隔離状態から本作を監督していました。

まさに主人公のジョーが通信指令室から警官に指示をしていたようなことが本作の制作現場でも行われており、このような事態は2020年に作られた映画でしか起こり得ない特例でしょう。

エンハンスされたビジュアル

ハリウッド映画としてリメイクされた本作はオリジナルのデンマークからロサンゼルスへと舞台を移したことで、人種間の軋轢や英語のアクセントにまつわる諸要素が増え、社会的側面が強くなると予想されました。

例えば通報相手がラテン系、アフリカ系であることを理由に警察側が勝手な思い込みをし、事件は難航する…というようなツイストを期待していた人からすると完成した本作には肩透かしを食らったかも知れません。

Black Lives Matterのきっかけともなった警官による殺人事件など、同時期に制作されたNetflixの短編『隔たる世界の2人』(2020)がセンセーショナルに事件を取り上げていただけに、悪い意味で期待を裏切られたと感じてしまうのではないでしょうか。

しかし、本作が内容と適合させるかたちで取り上げた現在の事件とは、同時期に発生していたカリフォルニア史上最悪と言われた大規模な山火事でした。

警官の動員が間に合わないという二次被害をもたらし、本作の事件対応のほとんどが災害対応に追われ、捜索が思うように進まないもどかしい様子が描かれていました。

そういった制約の中で主演のジェイク・ギレンホールは性格俳優としての役割を理解し全うしていました。

本作はジェイク・ギレンホールによる素晴らしい1人芝居を堪能できる一作でした。

近年の役のイメージからすると、例えば『ナイトクローラー』(2015)ではパパラッチの狂気を体現し、非常に高い評価を受け、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)では、トニー・スタークの胡散臭さ満載の”ヒーロー”ミステリオを演じており、そのイメージは今も印象的に残っています。

そんな彼の出演作の中でも本作との関連性が最も強いのがデヴィッド・エアー監督作『エンド・オブ・ウォッチ』(2013)で、同作では本作と同じロサンゼルス市警の現場に赴く警察官を演じていました。

電話越しでは想像力を働かすしかなかったロサンゼルスの治安が警官が付けているボディカメラの視点という距離感で体験することができる作品です。

オリジナルに比べ、主人公のバックグラウンドがかなり肉付けされ、離婚の原因が何となく分かるような元妻との微妙な関係性、薬物依存など、ジョーが既に壊れている人間であることがさり気なく、しかし確かに描かれていました。

主人公の掘り下げが行われたことで、壊れた人間の中にも警察官としての倫理観、正義感が残念ながら宿っているという本作のテーマがより分かりやすい形で強調されたのです。

ジェイク・ギレンホールはハマり役で、被害者に対し過剰に感情移入しだんだんと激情的になっていく様子が凄まじく、本作の1人芝居は彼にしかできない素晴らしい名演技でした。

オリジナルとほとんど同じ展開をなぞっているにも関わらず、物語の主軸がずれたことで鑑賞後の印象がだいぶ変わります。

解釈に幅のあるコミュニケーションというものが本質的に抱える齟齬へスポットを当てたオリジナルに比べ、本作では警察という組織が抱えるシステムの脆弱性がより強調されました。

内容的にはオリジナルからほとんど変更の無かった本作のあらすじを追うと、観客の感情を誘導するのが上手いと感じます。

最初は通報者に機械的に対応し、緊急司令員の仕事をこなしていたジョーが、緊急性の高いエミリーの通報を受け、人命救助の責任を背負っているという自覚が芽生えていく序盤。

そして次第に怪しいバンを強制的に止めさせたり、中を確認するよう指示したり、元相棒のリックに令状のない家への突入を強行させるなど、「人を助ける」という大義名分を盾に公権力を乱暴に用いるようになる中盤。

終盤のどんでん返しでは、加害者を乱暴に断罪した代償を払わされるのです。それも非常に間接的な形で……。

つまりジョーがエミリーを唆し、アビーに弟の無惨な姿を見せショックを与え、ヘンリーに怪我を負わせたのです。

ここで身を持って痛感させられるのは、本来高い倫理性が求められる法の執行者が独断と偏見で、事件の加害被害を判断出来てしまうシステムの危険性。

それによる損益に対し警官は直接の責任を負わないで済むという問題を極端な形で披露したと同時に、物語の結末は一個人としての警察官へ過去の罪と向き合うきっかけを与えました。


まとめ


Netflix映画『THE GUILTY/ギルティ』

今回はデンマークの大ヒットサスペンスをハリウッドでリメイクしたNetflix映画『THE GUILTY/ギルティ』をご紹介しました。

激情的なジェイク・ギレンホールの演技という視覚的「見どころ」も魅力的で、観ても楽しめる映画になりました。

尚且つオリジナル同様、耳だけで楽しむオーディオドラマとしての魅力も備えた作品です。

本当に後味の悪い展開にも今回のリメイク版では「救い」があるような結末に変更されており、安心して鑑賞することが出来ました。

オリジナル版を未見の方にこそオススメしたい一作です。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

ベルイマン映画『沈黙』解説ネタバレと感想考察レビュー。”神の沈黙三部作”ラスト最終章で描かれる“空虚な心”|電影19XX年への旅8

連載コラム「電影19XX年への旅」第8回 歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」。 第8回は、『叫びとささやき』や『仮面/ペルソナ』など、数多く …

連載コラム

韓国インディーズ映画『星はささやく』あらすじ感想と評価解説。聴覚障害とミュージカルを掛け合わせた斬新さで描く“子供たちの温かい世界”|インディーズ映画発見伝27

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第27回 日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い秀作を、Cinemarcheのシネマダイバー 菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見 …

連載コラム

『バイオレンス・ボイジャー』あらすじと感想。主人公ボビーの元ネタ映画とは⁈|シニンは映画に生かされて7

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第7回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第7回でご紹介する作品は、宇治茶監督の映画『バイオレン …

連載コラム

『朝が来る』原作小説ネタバレと結末までのあらすじ。映画で母としての女性の生き方はどう描かれるか考察|永遠の未完成これ完成である7

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第7回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷 …

連載コラム

『影裏』映画と原作小説との違いをネタバレありでラストまで考察。岩手ロケ地とグルメに至るまで郷土愛に満ちた監督のこだわり|永遠の未完成これ完成である8

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第8回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回、紹介するのは、映画『影裏』です。 第157回芥川賞を受賞した、岩手 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学