Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

【ネタバレ】メグMEGザ・モンスターズ2|あらすじ結末感想と評価解説。ジェイソンステイサムとメガロドンの対決が魅せるど迫力の海洋アクション

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

《ジェイソン・ステイサムVS超弩級巨大サメ》を描く海洋アクション「MEG ザ・モンスター」シリーズ、待望の第2弾!

前作にて、古代から生き長らえていた超巨大サメ「メガロドン(メグ)」との死闘を経たジョナス・テイラー。レスキューのプロである彼は、海洋環境の保全活動をしながら、海洋調査チームとともにマリアナ海溝へと潜って海底調査を続けていました。

しかし海底の調査中にテイラーらは、謎の生命反応を感知。そこには、前作を遥かに凌ぐメグの群れ、そして未知の巨大生物たちが待ち構えていた……。

前作に続きジェイソン・ステイサムを主演に迎え、前作に登場した海洋学者スーインの娘メイインを演じたソフィヤ・ツァイが、成長した姿でメイイン役を再び務めます。

さらに『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』(2018)などで知られる中国のスター俳優・ウー・ジンが、スーインの弟役で出演しています。

映画『MEG ザ・モンスターズ2』の作品情報


(C)2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

【日本公開】
2023年(アメリカ)

【原題】
Meg 2:The Trench

【監督】
ベン・ウィートリー

【キャスト】
ジェイソン・ステイサム、ウー・ジン、ソフィア・ツァイ、ペイジ・ケネディ、セルヒオ・ペリス=メンチェータ、スカイラー・サミュエルズ、クリフ・カーティス、フェリックス・メイヤー、シエンナ・ギロリー

【作品概要】
ジェイソン・ステイサムが主演を務め、深海で太古から生きている史上最強のサメ「メガロドン(メグ)」との戦いを描く海洋アクション第2弾。

ジェイソン・ステイサムをはじめ、ペイジ・ケネディ、クリフ・カーティスらが海洋研究所の職員として前作に続き出演。さらに前作でスーインの娘メイインを演じたソフィヤ・ツァイも続投し、成長した姿で登場します。

監督は『フリー・ファイヤー』(2017)、『ハイ・ライズ』(2016)のベン・ウィートリーが務めました。

映画『MEG ザ・モンスターズ2』のあらすじとネタバレ


(C)2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

メガロドンとの死闘から5年。ジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)は不法投棄する船などを取り締まり、海洋の環境を守る仕事をしながら、マナワン社で海底の調査をしていました。

亡きスーイン(リー・ビンビン)の弟ジウミン・ジャンは、かつて父が所長を務めていた海洋研究センター「マナ・ワン」を引き継ぎ、海底調査用のパワードスーツの製作などを手がけていました。

またスーインの娘メイイン(ソフィア・ツァイ)も成長し、母が潜っていた頃と同じ歳になりましたが、親代わりであるテイラーと叔父のジウミンに危険だからと潜ることを許可されません。メイインは、そのことに不満を感じていました。

ジウミンは、メグのハイチを幼魚の頃から育て、自分の言うことを聞くように躾けていました。テイラーは「メグは人に懐かない」と言います。

ジウミンはメグがいる水槽に入り、信号を送ってやってくるハイチに向かって「向こうに行け」と指示を出しますが、ハイチは止まりません。

ハイチが大きな口を開けジウミン食われてしまったのかと、マナ・ワンの職員は衝撃を受けますが、背後から声が聞こえてきます。ジウミンは、間一髪で引き上げられ、ハイチに食われることはなかったのです。

マナ・ワンはさらなる海洋研究のため、大富豪ヒラリー・ドリスコルと提携を組み資金の援助を受ける中、ある日テイラーとジアミンは、それぞれ別の潜水艇に乗り海底調査へと向かいます。

途中でテイラーの船に異変が起きます。何とメイインがこっそり潜水艇に忍び込んでいたのです。テイラーは今すぐ引き返そうと言いますが「若い頃は誰だって無茶はする」と職員らに言われて引き止まり、ともに海底に潜ることになります。

そのまま水深約10キロの深海へと向かった2艘の前に、生命反応が。目の前に現れたのは、ハイチよりも大きな体躯を持つ、太古から生き続けていたであろう超巨大なメグでした。

そのメグとともにいる、別の2匹のメグ。うち1匹は、ジアミンが育てたハイチでした。2艘はライトを消し、メグにバレないよう彼らの行き先を追跡することに。すると、マナ・ワンのものではない海洋ステーションが見つかります。

実はマナ・ワンと提携したドリスコルは、ジウミンのパワードスーツなどの技術を利用して海底の資源を採掘し、ビジネスに活用していました。そのことをバレるわけにはいかないドリスコルは、部下のモンテスに採掘現場もろとも爆破するよう命じます。

突然の爆撃に巻き込まれたテイラーたちは、潜水艇が故障し浮上することが不可能になってしまいます。また救援を呼ぶも、救援ボートは何者かによって壊されていました。

センター内に外部との密通者がいることが判明し、マック(クリフ・カーティス)とDJ(ペイジ・ケネディ)は密通者を探し出そうとします。

一方、救援が来ないことが判明したテイラーたちは、パワードスーツを着て歩いて海底ステーションに向かうことを決意します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『MEG ザ・モンスターズ2』ネタバレ・結末の記載がございます。『MEG ザ・モンスターズ2』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

美しい海底の風景に一同は感嘆するものの、何が潜んでいるか分かりません。無事に海底ステーションまで歩いていこうとする一行でしたが、その途中で正体不明の怪物によって1人が亡くなってしまいます。

さらにトカゲか恐竜のような怪物にも襲われ、一行は危機に瀕します。やむを得ず銃を撃ちますが、明かりを使用したことにより、メグに居場所がバレてしまいます。

今にも食われそうになりながらステーションに辿り着きますが、間に合わずヘルメットが壊れ、もう1名が亡くなってしまいます。犠牲者が出たことにクルーらは悲嘆にくれますが、ここを脱することを考えなくてはと脱出ポッドを探します。

さらに、研究所のジェスと通信がつながります。すると、ジェスはリガスにテイラーを撃つよう命令し、撃たなければ遠隔操作で脱出ポッドを操作すると脅します。

ドリスコルと密通していたのはジェスでした。金のため密通し、皆もこちら側につけば助けると告げるジェス。

リガスはクルーを助けるためにテイラーを撃とうとしますが、できないと銃を下ろします。それを見たジェスは脱出ポッドを操作して使用不可能にし、皆がいる空間に水を流し始めます。

皆を助けるため、テイラーはパワードスーツなしで外に出て外からロックを解除すると言います。外に出たら空気圧で死んでしまうと心配するメイインに「呼吸をしなければ大丈夫だ、それしか方法はない」とテイラーは1人外に出ます。

何とか外からステーション内に入り、ロックを解除しようとしたテイラーに、どこからかやってきたモンテスに襲われます。それでもロックを解除し、ジェスが遠隔操作をできないようにしたテイラーはモンテスを振り払うと、皆とモンテスの潜水艇に乗って浮上に成功します。

浮上する途中、爆発によりできた大きな穴を見たテイラーたちは、穴が塞がるまでメグたちがやって来ないことを祈ります。

その頃研究所では、ドリスコルの部下が占領し、マックとDJは逃げ回っていました。そこへとテイラーたちが生還しますが、さらに運の悪いことにメグたちも深海からやって来てしまいます。

研究所を掌握したドリスコルとジェスは、「研究所はメグ耐久ガラスだから無事だ」と高を括っていましたが、ハイチより遥かに巨大なメグはガラスを突き破り、ジェスを丸飲みしてしまいます。

テイラーたちはメグにバレないよう、ボートのエンジンを使わずに漕いで岸を目指しますが、ドリスコルの部下が追いかけ銃を発砲。その音に気づいたメグが部下たちに襲いかかったことで、テイラーたちは隙を突いてエンジンをつけ、全速力で岸を目指します。

近くにあったのはリゾートアイランド。多くの観光客で溢れかえる中、岸についたテイラーたちは危険だから海から上がるようにと声をあげますが、誰も相手にしません。

やがて巨大なメグが姿を現し、人々は大パニックに。テイラーは以前のように爆弾をつけたモリでメグを倒そうとしますが、皆無茶だと声を揃えて言います。また救援を呼ぼうとしますが、アイランドにはすでにドリスコルと部下らがやってきて電波を遮断してしまっていました。

ジウミンらは、ドリスコルの通信手段を奪って救援を呼ぶためヘリコプターに向かいますが、そこにいたのは、テイラーらが海底で遭遇したトカゲのような怪物でした。

深海からやってきたのは、メグだけではありませんでした。またビーチでも、同じく海底に潜んでいた例の正体不明の生物生物が姿を現します。その正体は、クラーケンでした。

1人メグ退治に向かったテイラーは、モーターボートでメグを引きつけ、モリを刺すタイミングを見計らいますが、なかなかうまくいきません。

またパニックが起こる中、灯台で待つように言われていたメイインが、襲われている人々を助けようとした結果クラーケンに捕まってしまいます。ジウミンは彼女を助け、クラーケンに捕まりながらも貌にモリを突き立てますが、巨大なクラーケンには効き目がありません。

そんなクラーケンに噛み付いたのは、メグでした。

ジウミンやマック、DJ、リガスはそれぞれ人々を助けながら見事無線を奪い、救援を呼びます。

1人海で格闘するテイラーに、モンテスはかつてテイラーのせいで捕まった恨みを晴らそうと殴りかかります。

メグだけでなくモンテスとも戦わなくてはいけないテイラーは隙を見てモンテスを倒し、メグに食わせます。そこにヘリコプターに乗ったマックが応援に来ますが、ヘリコプターは海に落とされてしまいます。

マックを助けようとするジウミンに、メグが迫ります。テイラーはヘリコプターの破片を使って音を鳴らし自分の方に引きつけます。そして大きな口を開けたメグに破片を突き刺します。

巨大なメグはぐたりと海に沈んでいく中、ジウミンとテイラーにもう一つの影が迫ります。

その影の正体がハイチであることがわかったジウミンは、ハイチに「向こうに行け」と合図を送ります。すると、今にも迫り来るかと思ったハイチは、くるりと向きを変えました。

ジウミンは「ハイチとは心が通じ合っている」と喜びますが、テイラーは「イルカの群れを追っただけだ」と信じようとしません。

メグを見事倒したテイラーたちは、浜辺に座り救援を待ちながらウイスキーをあおります。

映画『MEG ザ・モンスターズ2』の感想と評価


(C)2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

冒頭、死体を食らうトカゲのような生物が出現し、彼らを食らうティラノサウルスが出現します。その後、海から現れたのは何とメガロドンでした。メガロドンはティラノサウルスを飲み込みます。

この場面が象徴しているのは、生態系のトップに君臨しているのはメガロドンであるということです。しかし映画を観終えてみると、生態系のトップに君臨するメガロドンを倒したテイラーこそが、真の生態系のトップといえるのではないか、と思わされます。

本来ならあり得ないことですが、そうであるかのように思えてしまう“人類最強”の存在感が、テイラー演じるジェイソン・ステイサムにはあるのです。

ジェイソン・ステイサムの強さがパワーアップしただけでなく、本作は深海・水中・地上で繰り広げられるダイナミックなアクションが観客を楽しませてくれます。

特に深海をパワードスーツで歩く姿は、SFアドベンチャーのような展開であり「エイリアン」シリーズや、『スフィア』(1998)などの影響を感じられます。

またクラーケンの登場も、大きな見どころの1つでしょう。「サメVSタコ」の戦いが描かれている映画としては、『メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス』(2009)がありますが、本作でのメグとクラーケンの大迫力の戦いは夢のバトルマッチと言えるかもしれません。

サメ映画というと「シャークネード」シリーズや「シャークトパス」シリーズのような突拍子もない設定のZ級映画から、『ジョーズ』(1975)をはじめとした名作まで数々の作品があります。

『MEG ザ・モンスターズ2』は、大迫力の大作でありながら、サメ映画らしい突飛な設定、描写もふんだんに盛り込まれています。

そもそも冒頭の場面からして、ティラノサウルスと伝説のメガロドンが同時期に生息していたわけはないので、あり得ないことなのです。それだけでなく、息を止めていたとしても深海を生身の人間が活動できるわけがありません。

そんなあり得ない展開も含めて楽しめてしまうのが、Z級映画の魅力であり、細かいことを気にしてなんていられなくなる存在感と説得力をジェイソン・ステイサムの存在が持ってしまっている側面もあります。

まさに「楽しむための、大迫力のエンタメ大作」なのです。

まとめ


(C)2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

さらにパワーアップした「ジェイソン・ステイサムVSメガロドン」の死闘を描いた映画『MEG ザ・モンスターズ2』。

ジェイソン・ステイサム演じるテイラーとメイイン、そしてテイラーとジウミンの関係性も必見です。劇中ではなぜ亡くなったのか明かされていませんでしたが、前作に登場したメイインの母親スーインが亡くなり、テイラーは母親に代わってメイインを守ろうとします。

その想いは、亡き姉の忘れ形見である姪メイインを気遣うジウミンも同じでした。意見が合わず平行線の2人ですが、メイインに関することだけは意気投合してしまう姿も印象的です。

いつまでも過保護で子ども扱いするテイラーとジウミンに対し、もう子どもじゃない、自分も深海に潜ることはできると自分を認められたいと思うメイイン。

そんなメイインとテイラー、ジウミンの関係性は普遍的な親子の姿を表しているといえ、本作の持つファミリー要素が引き立ちます

様々な要素盛り込んだ本作は、ラストにも大きな仕掛けが。それは、「ハイチが妊娠している」という描写です。「第3弾もあるのでは」と期待が上がるエンディングになっていました。



関連記事

アクション映画

【ネタバレ】キングダム3運命の炎|あらすじ感想と結末の解説評価。李牧/龐煖キャスト発表された“前編”で“飛信隊”の初陣を描く!

大いなる夢を歩む信と政の前に“過去”が立ち塞がる! 累計発行部数が9900万部を突破した原泰久による大人気漫画「キングダム」。 2019年には初の実写映画『キングダム』(2019)が公開され、2022 …

アクション映画

バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ラストまで目が離せない“悪の組織”にヒーローコンビが死闘で挑む!

ボブ・ケイン作の大人気DCコミックスの実写映画版「バットマン」シリーズ第4弾! ジョエル・シュマッカーが監督を務めた、1997年製作のアメリカのヒーローアクション映画『バットマン&ロビン Mr.フリー …

アクション映画

『リーサル・ストーム』あらすじと感想解説。キャストと監督の映画裏話からアクション活劇を10倍面白く見る!

メル・ギブソン主演最新作『リーサル・ストーム』は、2021年2月26日(金)よりロードショー! ハリウッドの“最終兵器”メル・ギブソンを主演に迎えた映画『リーサル・ストーム』。ある平和なマンションが、 …

アクション映画

『アイス・ロード』ネタバレあらすじ感想と結末ラストの評価解説。リーアム・ニーソン主演で描くレスキューアクション!

腕利きのトラックドライバーたちが死のロードを走りきるレスキューアクション! ジョナサン・ヘンズリーが脚本・監督を務めた、2021年製作のアメリカのレスキューアクション映画『アイス・ロード』。 カナダ北 …

アクション映画

ワイルドスピード5 MEGA MAX(メガマックス)ネタバレあらすじ感想と結末ラスト解説。キャストもオリジナルが勢ぞろいのシリーズ5作目は豪華な顔ぶれ

メガヒットカーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの第5作。 ジャスティン・リンが製作総指揮・監督を務めた、2011年製作のアメリカのメガヒットカー・アクション映画『ワイルド・スピード MEGA …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学