Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

『ディヴァイン・フューリー/使者』ネタバレ考察と見どころ解説。ホラー映画として新たる悪魔祓いをテーマにした新感覚アクション!

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

神の存在を信じない男が、悪魔に闘いを挑むアクション映画

幼少期の辛い経験から、神の存在を信じなくなった男が、神父と悪魔の争いに巻き込まれる、映画『ディヴァイン・フューリー/使者』

キム・ジュファン監督が手掛け、韓国ドラマ『梨泰院クラス』で、日本でも人気急上昇中のパク・ソジュン主演で描かれる、新たな悪魔祓い映画とも言える、本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ディヴァイン・フューリー/使者』の作品情報

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年公開(韓国映画)

【原題】
The Divine Fury

【監督・脚本】
キム・ジュファン

【キャスト】
パク・ソジュン、アン・ソンギ、ウ・ドファン、チェ・ウシク

【作品概要】
幼少期に、熱心なキリスト教徒だった父親を亡くした事から、神への憎しみを持つ男ヨンフが、バチカンから派遣された凄腕のエクソシスト、アン神父との出会いにより、悪魔との戦いに身を投じるアクション映画。

主演は、日本でも大人気となったドラマ『梨泰院クラス』(2020)や、映画『ミッドナイト・ランナー』(2017)などで人気急上昇中のパク・ソジュン。

アン神父を、本作が3年ぶりの映画作品への復帰となる、韓国を代表する国民的俳優のアン・ソンギが演じ、アン神父の助手チェ神父を、『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)、『パラサイト 半地下の家族』(2019)など、話題作に数多く出演しているチェ・ウシクが演じています。

映画『ディヴァイン・フューリー/使者』のあらすじとネタバレ

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

総合格闘技の世界で、負け無しの格闘家として活躍するヨンフ。

ヨンフには、警官で熱心なキリスト教信者だった父親がいましたが、ヨンフが幼い時、検問の取り締まり中に、暴走者に巻き込まれ、この世を去りました。

幼いヨンフは、父親の回復を心から祈りましたが、願いが届かず父親が亡くなった事に怒り、それ以降は神への憎しみを抱いています。

アメリカで開催された格闘大会。

ヨンフは対戦相手の背中に、十字架のタトゥーがある事に気付きます。

その瞬間、幼いヨンフの声で「あいつを潰せ、神へ復讐しろ」と囁き声が聞こえ、ヨンフは対戦相手の意識が飛んでも、容赦なく相手を殴り続けました。

アメリカから帰る、プライベートジェットの中で、ヨンフは不思議な夢を見ます。それは、幼い頃に亡くなった父親が現れる夢で、夢の中でヨンフは右手に怪我をします。

ヨンフが目覚めると、現実世界でも、ヨンフの右手に夢の中と同様の傷が残っていました。

帰宅したヨンフが自宅で眠っていると、不気味な黒い影がヨンフの部屋に現れ、ヨンフは苦しみ始めます。

ヨンフが目覚めると、不気味な黒い影は消えていきました。

その晩以降、ヨンフは毎晩うなされるようになり、病院にも通いますが原因は不明のままでした。

ヨンフは、知人に紹介された霊能者に会い「家の近くの、十字架のある場所で救われる」とアドバイスを受け、家の近くの教会へ向かいます。

ですが、そこには凶暴なカラスがおり、カラスはヨンフを威嚇してきます。

ヨンフが空を見上げると、教会の上空にはカラスの不気味な群れが渦を巻いていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ディヴァイン・フューリー/使者』ネタバレ・結末の記載がございます。『ディヴァイン・フューリー/使者』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

教会の中では、バチカンから派遣されたエクソシスト、アン神父が悪魔祓いを行っていました。

しかし、人間の中に入った悪魔は手強く、アン神父は苦戦をし、助手のチェ神父には逃げられてしまいます。仕方なく、悪魔祓いを1人で続けるアン神父ですが、逆に悪魔に襲われ絶体絶命の状況になります。

そこへ、教会の中に入ってきたヨンフが現れ、悪魔を殴りつけます。

ヨンフへ反撃してきた悪魔との戦いの中で、ヨンフは夢の中で傷がついた右手を出血、その右手で悪魔を殴りつけると、悪魔は白い炎を出して燃えていきました。

ヨンフに助けられたアン神父は、ヨンフの右手の傷を、キリストが処刑された時に傷つけられた場所で、熱心なキリスト教の信者に現れる「聖痕」であると伝えます。

また、アン神父はヨンフの部屋を見て、十字架を部屋の中に置いて帰ります。

ホテルに戻ったアン神父は、逃げ出してしまった事を詫びるチェ神父を許し、励まします。

自分の部屋に戻ったアン神父は、悪魔の部下である、黒い司祭の存在を察知していました。

神への憎しみを持つヨンフは、アン神父が置いて行った十字架を返します。

ですが、十字架を返して以降、また寝ている時に苦しむようになった為、再びアン神父を訪ねます。

アン神父から「教皇の十字架」を受け取ったヨンフですが、自身が「神を憎んでいる」という事を、アン神父に伝えます。

ヨンフの幼少の時の話を聞いたアン神父は「教会の神父も、父親が助かる事を必死で祈ったはずだ」と伝え、次の悪魔祓いの場所へ向かいます。

アン神父の言葉に、心が動かされたヨンフは、次の場所までアン神父を送ります。ですが、建物に入るアン神父の後姿が、幼い頃に見た、父親の後姿に見えた為、悪魔祓いを手伝う事にします。

今回、悪魔が憑いたのはスジンという若い女性で、アン神父とヨンフは苦戦しながらも、悪魔祓いを成功させます。

その際、ヨンフは悪魔に「お前の父親を殺したのは俺だ」と聞かされます。

闇の司祭を探すアン神父は、スジンに「心当たりは無いか?」と尋ねますが、スジンは何も覚えていませんでした。

アン神父が探す、闇の司祭は、クラブ「バビロン」を経営するジシンという男でした。

ジシンは、「バビロン」の地下に闇の祭壇を作り、悪魔崇拝を行う事で、これまで邪魔者を消していました。

ジシンは、スジンを通してアン神父とヨンフの事を知り、2人を分断させる事を考えます。

ある時、ヨンフが自宅に戻ると、傷ついた様子のチェ神父が現れ「アン神父に関わると、悪魔に殺される」と警告します。

また、マネージャーから新たな格闘大会の誘いがあり、その打ち合わせに行くヨンフは、アン神父の電話を無視します。

アン神父は、新たな悪魔祓いの場所に来ていました。修道院に預けられている子供に悪魔が入り、アン神父はその悪魔と戦う事になります。

アン神父は、一度悪魔祓いに成功しますが、悪魔は666体の大群で来ており、次々と子供に憑依します。

ヨンフは、マネージャーから新たな格闘大会の話を聞きますが、アン神父が心配になり電話をします。

電話先に出たシスターから、アン神父が苦戦している事を知り、ヨンフは格闘大会出場の話を断り、修道院に向かいます。

実は、ヨンフの前に現れたチェ神父もマネージャーも、ジシンが化けた偽物でした。修道院に向かったヨンフは、聖痕の力で悪魔を撃退し、アン神父を救います。

自宅に戻ったアン神父は、お酒を飲み「昔は女性にモテた」という話をする、気さくな面を見せ、ヨンフは更に心を開きます。

アン神父とヨンフの排除に失敗したジシンは、新たな力を手に入れる為に悪魔に祈りを捧げ、悪魔からナイフを授かります。

修道院で救ったはずの子供が、再び悪魔に襲われてしまい亡くなったという知らせを、アン神父が受けます。

アン神父はヨンフと共に、死体安置所に向かい、子供へ祈りを捧げていると、そこへジシンが現れます。

ヨンフはジシンと対峙しますが、ジシンはアン神父を悪魔から授かったナイフで刺し、そのまま逃走します。ヨンフは、アン神父をチェ神父の所へ届けます。

スジンから「クラブバビロンに行ってから、おかしくなった」という話を聞いたヨンフは「バビロン」に乗り込み、聖痕と聖水の力で悪魔たちと戦います。

そして、地下の祭壇で悪魔に祈りを捧げるジシンに辿り着きます。悪魔に祈りを捧げたジシンは、醜い怪物に姿を変えます。

聖痕も聖水も利かない、怪物と化したジシンの前に対抗する手段も無く、ヨンフは気を失います。

死後の世界のような場所に行きついたヨンフ。すると、ヨンフの前に父親が現れ、ヨンフの右手を握ります。

意識を取り戻したヨンフが目覚めると、右手は白い炎で燃え上がっていました。

白い炎の力で、ジシンを圧倒したヨンフは、アン神父から渡された「教皇の十字架」を握り、ジシンにとどめを刺します。

倒れたジシンを、無数の悪魔の手が魔界へと引きずり込んでいきました。ヨンフがアン神父のもとに戻ると、アン神父は蘇生しており、ヨンフを笑顔で迎えます。

数日後、チェ神父はバチカンで旅行を楽しむヨンフとアン神父から、手紙を受け取ります。

チェ神父は、未熟な自分を受け入れ「使者」となる決心をしました。

スポンサーリンク

映画『ディヴァイン・フューリー/使者』感想と評価

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

神を信じる人間と悪魔の戦いを描いた、新感覚のアクション映画『ディヴァイン・フューリー/使者』

本作は悪魔祓いをテーマにした作品ですが、主人公のヨンフは、神を全く信じていないどころか、神に憎しみを抱いているという点が、これまでの悪魔祓い映画とは違う点です。

神を信じていない主人公が悪魔と戦う映画は『ドクター・エクソシスト』(2017)のように過去にありますが、たいてい主人公は、自身の大事な人を悪魔に殺されたなど、悪魔に恨みを持つ人物という設定が多いです。

『ディヴァイン・フューリー/使者』の主人公ヨンフも、最愛の父親を悪魔に殺された事を知り、戦いに身を投じますが、それが分かるのは作品中盤の事で、最初のキッカケは、アン神父との出会いになります。

このアン神父が、時には父親のように、時には友人のようにヨンフに接する、非常に魅力のあるキャラクターで、神を憎んですらいたヨンフが、アン神父を守る為に、悪魔と戦う事になるという展開は、非常に説得力があります。

また、これまでの悪魔祓い映画だと、十字架を悪魔に向けて、祈りを捧げ続けるという場面が多かったですが、本作は、その悪魔との戦いを、カッコいいアクションで表現しており、この映像表現が、本作の最大の特徴とも言えます。

ヨンフには聖痕と言う、キリストと同じ傷が右手に現れ、その聖痕の力で悪魔を殴り倒し燃やすという、これまで無かった戦い方を見せます。

因みにですが、聖痕は実際に、キリスト教の信者に浮かんだ前例があり、その理由は科学的に解明されていません

この聖痕を扱った映画として『スティグマータ/聖痕』(1999年)という映画もあるので、気になった方はチェックしてみて下さい。

『ディヴァイン・フューリー/使者』は、これまでの悪魔祓い映画とは、一線を画す作品ですが、悪魔に関しては王道とも呼べる描き方をしています。

悪魔を崇拝する、闇の司教ジシンは、相手の心を読み、心理的な弱点を利用します。

人の心の弱い部分を惑わしてくるのは、これまで数多くの悪魔祓い映画で見られた表現ですね。

また、悪魔に憑依された人が、よく分からない液体を吐き出して顔にかけてくるという、古典的な場面もあります。

このように、過去にやり尽くされたと思われた悪魔祓い映画の、古典はしっかりと抑えつつ、新たな表現に挑戦したと言える『ディヴァイン・フューリー/使者』

悪魔との戦いの場面は、どれも迫力満点のアクションで見せており、見応え十分となっています。

これまで悪魔祓い映画は、ホラーが多かったので、苦手に感じていた方に、お勧めしたい作品です。

まとめ

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

悪魔との戦い方を、新たな表現で見せた本作ですが、もう1つの重要な点として、人間ドラマに重点を置いているという部分があります。

ヨンフが悪魔と戦うキッカケになるのが、アン神父である事は前述しました。

ヨンフは、アン神父に父親の姿を重ねるのですが、この場面を一切のセリフを使わず、アン神父の後姿だけで語るという、非常に上手い演出で見せています。

また、序盤で逃げ出しただけで終わると思われた、チェ神父の精神的な成長を描いており、ラストシーンでは「本作の本当の主人公は、チェ神父だったのでは?」と感じる程です。

ヨンフは亡き父親への強い想いを抱いていますが、対照的なのが闇の司祭であるジシンです。

ジシンは、人では無く悪魔を信じ成功を収めてきた男ですが、人に救われてきたヨンフとは逆に、悪魔に救済を求めた事で、最後は怪物になってしまいます

この、ヨンフとジシンの対照的とも言える表現に、本作のメッセージが込められているのではないでしょうか?

本作では、悪魔やジシンの目的が曖昧な部分がありますが、その目的不明な部分も不気味さを際立てています。

『ディヴァイン・フューリー/使者』は、悪魔祓いをテーマにしながら、人間としてどう生きるべきか?という、人生の根本的な部分を問いかけて来る作品でもありました。



関連記事

アクション映画

【ネタバレ感想】SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班のあらすじラスト結末も

中国・香港合作映画『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』は8月18日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー。 香港警察爆弾処理班VS凶悪テロリスト! アンディ・ラウが制作・ …

アクション映画

映画『ダークナイト ライジング』ネタバレ感想と考察評価。バットマン三部作最終章で人々が“継承”したものとは?

映画『ダークナイト ライジング』でバットマンの終焉が伝説となる。 『ダークナイト ライジング』は、クリストファー・ノーラン監督によるバットマン三部作「ダークナイトトリロジー」の最終章です。 「ダークナ …

アクション映画

映画『バーストマシンガール』感想とレビュー評価。片腕の【爆裂魔神少女】搗宮姫奈×花影香音が放つパンクトラッシュ・ムービー!

映画『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』は2019年11月22日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿ほか全国ロードショー! 2008年に製作・公開されるやトンデモな描写で大ヒット、 …

アクション映画

映画『タクシーTAXi(1998)』あらすじネタバレと感想。リュックベッソンが製作したスピード狂爆走のシリーズ開幕!

1998年に製作・脚本をリュック・ベッソンが放った、ハイスピードカーアクションシリーズ開幕! マルセイユの街を舞台にスピード感のあるカー・アクション映像で描いた痛快エンターテインメント作品。 演出を務 …

アクション映画

映画『BLEACH/ブリーチ』ネタバレ感想と評価。MIYAVIの剣戟アクションの新境地

週刊少年ジャンプに15年にわたって連載されてきた大人気漫画『BLEACH』の完全実写化作品。 この世にとどまる悪霊を退治する死神の仕事を代行することになった高校生の活躍を描く! 『アイアムアヒーロー』 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP