Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2020/06/05
Update

韓国映画『ディヴァイン・フューリー/使者』感想レビューと評価。梨泰院クラスが話題のパク・ソジュンがエクソシストとバディを組んだアクションムービー

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『ディヴァイン・フューリー/使者』は2020年8月14日(金)よりシネマート新宿ほかにて全国順次ロードショー!

日本でもNetflixで配信され話題沸騰中のドラマ『梨泰院クラス』の主演俳優パク・ソジュンが、アクション映画『ミッドナイト・ランナー』に続いてキム・ジュファン監督と再タッグを組んだ映画『ディヴァイン・フューリー/使者』

幼いころの事件がきっかけで神への信仰を失った青年が、バチカンから派遣されたエクソシストとともに悪魔に魅入られた邪悪な存在に立ち向かうさまを描きます。

キャストにはパクのほかにベテランのアン・ソンギ、人気俳優ウ・ドファンやチェ・ウシクら実力派が名を連ねています。

映画『ディヴァイン・フューリー/使者』の作品情報


(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(韓国映画)

【原題】
사자(英題:THE DIVINE FURY)

【監督・脚本】
キム・ジュファン

【キャスト】
パク・ソジュン、アン・ソンギ、ウ・ドファン、チェ・ウシク

【作品概要】
ある事件で父親を亡くしたことがきっかけで、神への信仰を失った格闘技チャンピオンが、バチカンから派遣された一人のエクソシストとの出会いをきっかけに自身の持つ不思議な力に目覚め、強大な悪に立ち向かう姿を描きます。

主演を務めたパク・ソジュンは、同じく主演を務めた『ミッドナイト・ランナー』(2017)でもキム・ジュファン監督とタッグを組んでおり、本作でもそのコンビネーションが活かされることとなりました。

ソジュンは『花郎』『キム秘書はいったい、なぜ?』『梨泰院クラス』とテレビドラマの主演で大活躍。『ミッドナイト・ランナー』も本国で動員550万人を記録、現在注目の韓国人俳優の一人であり、今回は総合格闘技家の主人公ヨンフ役でその肉体美を披露しています。

そしてヨンフを助けるアン神父役に『ミッドナイト・ランナー』『光州 5・18』(2007)のアン・ソンギ、ほかにも『仁川上陸作戦』『MASTER/マスター』(2016)のウ・ドファン、『パラサイト 半地下の家族』のチェ・ウシクら個性的な面々が名を連ねています。

映画『ディヴァイン・フューリー/使者』のあらすじ


(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

総合格闘技の若き世界チャンピオン・ヨンフ。彼はかつて幼少期に事故により父を亡くし、神への信仰を失っていました。

ある日、ヨンフは右手に見覚えのない傷ができていることに気がつきます。

その傷について調べるうち、彼は何かに導かれるかのようにバチカンから派遣されたエクソシストのアン神父と出会い、それがきっかけで自身に正義の力が隠されていることを知ります。

一方、街には悪魔に魅入られた一人の男が、密かに一人、また一人と人々を悪魔に売り渡していました。

そして運命に導かれるように彼らは遭遇、激しい戦いに臨んでいきますが……。

映画『ディヴァイン・フューリー/使者』の感想と評価


(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

「神」の存在を明確に表現

悪魔祓いというテーマは1973年のウィリアム・フリードキン監督の『エクソシスト』を想像させます。

ホラー映画の名作としてその金字塔を築き上げたこの作品の後には、さまざまなフォロワー的要素を含む作品が登場。

本作もその一つですが、象徴を置かずとも「神」という存在を明確に表に出そうという意向がある点が、大きな特徴といえます。

悪魔祓いという作業は相反する力、すなわち「神の力」に大きく依存するものです。

ところが『エクソシスト』をはじめこれまでの「エクソシスト」ものの作品は、「神の力」というよりは超自然的な力で悪魔という存在に対抗するという傾向があり、どちらかというと「神」という存在は薄い印象です。

おそらくこれまでの「エクソシスト」ものと同様、単なる超常現象作品となってしまう可能性もあります。

本作ではアン神父の普段のさりげない会話や、ヨンフの不思議な力に起因する幼少からのエピソードに「神」という存在を賛美する意向が意識的に盛り込まれていました。

その意味では韓国という国を表現として取り入れながら、「エクソシスト」というジャンルの中で一線を画する個性をうまく引き出した作品といえるでしょう。

一方で、韓国という国が非常にキリスト教という信仰を強く持っているという印象をアピールしている向きもうかがえます。

適役を配したメインキャスト


(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

そしてこの作品をうまくまとめているのが、パク・ソジュン、アン・ソンギ、ウ・ドファンというメインキャストが見せる、バランスの取れたキャラクター。

エクソシストながら神を信じていない、かつ本職は総合格闘家という個性ある主人公・ヨンフ。その役柄はあのキアヌ・リーヴスが演じた『コンスタンティン』の、悪魔祓いをしながらもやさぐれた主人公のイメージにも重なって見えてきます。

エクソシストという人柄からイメージされる、いわゆる聖職人らしさなどみじんもない、信仰を忘れた主人公。

彼はある意味尋常でない力を容赦なく発揮するヒーローとして、この物語の舞台に立ちます。端正なマスクである主演のパクには、そんなキャラクター像がピッタリです。

また、彫りが深い表情ながら時々ふと優しい表情を見せるアンは、バチカンから来たというアン神父の設定、キリスト教にまつわる神と悪魔という関係を描いた本作に自然な空気を吹き込んでいます。

さらに悪役であるウの存在感は、出演した韓国ドラマ『マッド・ドッグ』(2017)での、主役から遠い位置にあるキャラクターを演じたことでも実証済みで、神を信仰するエクソシストたちの強敵という印象にはまさに適役です。

そんな三人のおりなす魅力で、本作はストーリーの説得力を鮮烈に表現した作品に仕上がりました。

まとめ


(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

キム・ジュファン監督が以前手掛けた『ミッドナイト・ランナー』は、警察学校在校の生徒2人のデコボコバディがおりなすアクション作品でありました。

そういった経験も踏まえてか、主人公と180度性格の違う神父とのある意味「デコボコバティ」な2人の物語をうまくストーリーの上で展開させており、本作の見どころの一つともいえます。

また、まったく神父らしくないエクソシスト・ヨンフのそんなキャラクターは、例えばマーベルやDCのコミックに描かれているヒーロー像を彷彿させます。

冒頭ではヨンフが総合格闘技でアメリカのファイターと戦うシーンが描かれていますが、その点で本作は、近年そういったヒーロージャンルが大きく盛り上がるハリウッド勢に向けた韓国映画界としての思いの一つと見ることもできるでしょう。

一方で宗教的な香りをしっかりと押さえようとする作風からは、オリジナリティーを創造しつつ「韓国らしさ」を深く追究しているようでもあり、このようなテーマながらお国柄を強く感じられる作品となっています。

映画『ディヴァイン・フューリー/使者』は2020年8月14日(金)よりシネマート新宿ほかにて全国順次公開されます!



関連記事

アクション映画

【ネタバレ】ソングバード|あらすじ結末感想と評価解説。パンデミックの“今”を改めて見直す問題作

2020年7月のロックダウン下のロサンゼルスで撮影されたパンデミックスリラー 『ブラック・ファイル 野心の代償』(2017)の脚本や、『悪魔の椅子』(2008)の監督・脚本を務めたアダム・メイソンが監 …

アクション映画

007ゴールデンアイ|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ピアース・ブロスナン演じる5代目ボンドが初登場

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第17作! マーティン・キャンベルが監督を務めた、1995年製作のイギリス・アメリカ合作の大人気スパイアクション映画『007/ゴールデンアイ』。 (C)19 …

アクション映画

映画『ねばぎば 新世界』感想評価とレビュー解説。赤井英和×上西雄大が大阪・新世界を舞台に悪をねじ伏せる

映画『ねばぎば 新世界』は2021年7月10日(土)より、K’s cinemaより全国順次公開予定。 映画『ねばぎば 新世界』は大阪・新世界を舞台に、赤井英和が演じる村上勝太郎(通称・勝吉 …

アクション映画

キングアーサーあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2017年6月17日公開の待望のガイ・リッチー監督の『キング・アーサー』をご紹介! ガイ・リッチー監督ならではのオリジナルな映像美で、アーサー王伝説の物語をソードアクション・エンターテインメントに仕上 …

アクション映画

レジェンド・オブ・ゾロ|ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。キャサリン・ゼタ=ジョーンズとアントニオ・バンデラスのゴージャスカップルが華麗なアクションを披露する

ゴージャスカップルが繰り広げるノンストップアクション 1998年公開のヒット作『マスク・オブ・ゾロ』の続編。前作に続きマーティン・キャンベルが監督を、アントニオ・バンデラスとキャサリン・ゼタ=ジョーン …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学