Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

【ネタバレ】悪魔の世代|あらすじ感想と結末の評価解説。リトアニア発のクライムスリラーは殺人の道具に犯人のヒントを示す

  • Writer :
  • 秋國まゆ

ソ連解体後のリトアニアを舞台に描くクライムスリラー!

エミリス・ヴェリヴィスが脚本・編集・監督を務めた、2021年製作のリトアニアのR15+指定のクライムスリラー映画『悪魔の世代』。

引退を目前に控えた55歳の警察局長のギンタスは、市長選への出馬を決意。

しかし決意したその日の夜から、ギンタスの元仲間であるソ連時代の元秘密活動員たちの変死体が次々と発見されます。

ギンタスは正義感あふれる若き捜査官シモナスと共に捜査に乗り出すも、価値観の違いから衝突ばかり。

さらに地元のエリート政治家たちによって隠蔽された過去の恐ろしい事件が明るみになっていき………。

映画『悪魔の世代』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

映画『悪魔の世代』の作品情報


(C)2021 Kinokultas All Rights Reserved.

【公開】
2023年(リトアニア映画)

【脚本】
エミリス・ヴェリヴィス、ヨナス・バニス

【監督】
エミリス・ヴェリヴィス

【キャスト】
ヴィータウタス・カニュショニス、インゲボルガ・ダプクナイテ、アイニス・ストルピリシティス、ヴァイドタス・マルティナイティス、トマ・ヴァシケヴィチューテ

【作品概要】
『ナイト・ガーディアンズ』(2016)のエミリス・ヴェリヴィスが脚本・編集・監督を務めた、リトアニアのクライムスリラー作品。

新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2023/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2023」(2023年7月14日~8月10日、新宿シネマカリテ)にて上映された作品です。

『ギャンブラー』(2013)のヴィークタウタス・カニュショニスが本作の主演を務め、『マチルダ 禁断の恋』(2017)のインゲボルガ・ダプクナイテと共演しています。

映画『悪魔の世代』のあらすじとネタバレ


(C)2021 Kinokultas All Rights Reserved.

リトアニアの小さな田舎町。引退を目前に控えた警察署長ギンタス・クラサウスカスは、自身の55歳の誕生日会で、政治家を目指して市長選に立候補すると宣言します。

しかしその直後、ギンタスの親友であり、彼の幼き息子ベネイの名付け親でもある地方検事のライモナス・リオダンスカスが、自宅で凄惨な死を遂げているのが発見されました。

現場に駆けつけたギンタスは、彼の服のポケットに入っていた携帯電話を発見。その中には、ギンタスとライモナスの妻ロレータの不倫現場を隠し撮りした動画を添付したメールが残されていました。

さらに隠しカメラを見つけたギンタスは、密かにカメラと携帯電話を回収。市長選に不利になる不倫の事実を隠蔽するべく、動画もろとも携帯電話を下水口の中に捨てました。

翌日。ライモナスの葬儀後、若きエリート検察官のシモナスが検事局から派遣されてきました。

唯一現場から見つからなかった携帯電話に、事件の捜査への無関心さ、ライモナスの変死体を検視に回さずに埋葬したことから、シモナスは警察の初動捜査に問題があると考えました。

そこでシモナスは、ギンタスの許可なく墓を掘り起こし、ライモナスの変死体を検視に回しました。

検視の結果、ライモナスの死因は現場にあった猟銃で自殺したのではなく、何者かに長時間にわたって拷問されたことによるものだと判明。

そもそも猟銃には一発も撃たれた形跡がないどころか、撃針すらなかったのです。犯人は拷問の末に心停止状態となったライモナスを銃で撃ったのだと、検視官は言いました。

犯人が拷問に使ったのは毒蛇。ライモナスの喉を伝って体内に侵入した毒蛇は、胃酸から逃れようと食道に戻ろうとするも、括約筋に阻まれてしまいました。

そのため胃を破って容赦なく内臓を噛みまくり、肛門から出ようとしましたが、毒蛇は大腸の中で窒息死しました。

そのせいでライモナスの内臓は麻痺状態にあり、痙攣を起こして壊疽したこと。その間ずっと意識があったライモナスは、ずっと苦痛を感じていただろうと検視官は言いました。

検事総長と検視官の話を聞いて、事件の再捜査を始めたギンタス。その結果、現職の女性市長ラザ・キマンタイキと、スラバという男が捜査線上に浮上しました。

ギンタスはラザを問い詰めましたが、動画のことなど何も知らない様子。一方スラバは、濃い赤色のボディーのミニバンに乗った人物に給油所のそばで金と箱を渡され、その箱を持ってライモナスの自宅に侵入し、金の指輪を盗んだと自供しました。

さらにスラバは、「その箱の中に、何か生き物が入っていた気がする」とギンタスたちに言いました。

その日の夜。ギンタスの娘アグネが帰省しました。ギンタスとアグネは考え方の違いから仲違いし、不仲でした。

2人の仲裁役を担うギンタスの妻は、帰宅した夫にアグネがずっと目指していた名門大学への入学が決まったと報告。さらにアグネから、新生活に必要な費用の面倒と、学費の援助を頼みたいと相談を受けたことを話しました。

ギンタスは食卓に座る娘の顔を一切見ず、学費と生活費の援助をすると言いました。ただしそれには条件があります。

それは市長選のための広報活動で、マスコミに家族仲は良好であるとアピールすることです。

アグネは「パパの言いなりになんかならない。これからも自分の好きなように生きる」と言い、ギンタスからの提案を拒絶。親子の間にある溝はますます深まってしまいました。

その翌日。スラバの言っていたミニバンが、町の神父シモニスの車である赤のボイジャーであると特定されました。

ギンタスは早速シモニスに話を聞きに行こうとしました。そこへ、シモナスたち検察が令状を持って家宅捜索しにやって来ます。

匿名の情報提供者により、下水口に捨てられた携帯電話が証拠品として提示されたからだと、町の判事ユリウスとシモナスは言いました。

殺人の容疑がかけられたギンタスは、シモニスに話を聞きに行きました。問い詰められたシモニスは、「事件当日に車を売った」「ラザから、“最近ギンタスの様子がおかしい”と相談しに来た」とギンタスに言いました。

さらにシモニスは「募金箱に入っていた」と言い、旧ソ連のルーブル紙幣をギンタスに渡しました。

教会からの帰り道、ギンタスは赤のボイジャーを発見。追跡するも、応援に来たと思ったアルナスたち警察に身柄を拘束されてしまったのです。

警察の初動捜査に問題があることと、家宅捜索時にライモナスを撃った猟銃が見つかったこと。その猟銃が誕生日プレゼントとしてライモナスから贈られたものだと話さなかったこと。

ラザに暴力を振るい脅迫までしたことを、シモナスはギンタスの身柄を拘束した理由として彼に伝えました。

これに対しギンタスは、「どれも自分を嵌めるための状況証拠にすぎん」と容疑を否認するも、「浮気のことは関係ないにしろ、検事とあなたの間には拷問するほどの何かがあったはず」と言うシモナスの言葉に反論することはできませんでした。

その直後、教会の祭壇前にて、シモニスの変死体が発見されました。椅子に座った状態のシモニスの死体には、切断された頭部の代わりに、ヘラジカの切断頭が置かれていました。

事件発生前にシモニスに会っていたという目撃情報があったため、ギンタスはシモニス殺害の容疑がかけられ拘留されることに。

検視の結果、シモニスの首は後頭部から切断されていること、気絶しないように犯人にアドレナリンを注射され、シモニスは眼球が飛び出るほどの激痛を感じたこと。

シモニスの全ての腱と筋肉が切断されていること。シモニスの頭部は首の皮一枚で繋がっていたものの、結局膝の上に落ちてしまったことが判明しました。

以下、『悪魔の世代』ネタバレ・結末の記載がございます。『悪魔の世代』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2021 Kinokultas All Rights Reserved.

ラザは市長選が終わるまで、ギンタスを拘置して欲しいとユリウスに訴えました。

事件の捜査資料を読み込んだユリウスは、ギンタスは犯人ではないと思いました。「彼が銃で人を撃ち殺すことはあっても、毒蛇やヘラジカを使うことはないからだ」と。

裁判所を後にする直前、何かを思い出したユリウスは、刑務局の職員に電話をかけ、ある囚人について尋ねます。

その囚人の名はビタウタス・ベンツロバ。1959年5月30日生まれで、片目が不自由な男です。

1991年にベンツロバは終身刑を受けているものの、アムネスティ条項によって今年釈放されたと、刑務局の女性職員は言いました。

それを聞いたユリウスは、女性秘書に「裁判所はギンタスの拘置延長請求を、証拠不十分のため棄却する」という判定書を作成させます。

今から30年前の1990年。リトアニアの独立を叫ぶ市民が多い中、ソ連国家保安委員会(KGB)の中央司令部に保管されていた重要なファイルが、20分間の停電中に何者かに盗まれてしまいました。

KGBの人間が血眼になって探すなか、「ファイルを盗んだ30代の痩せ型の黒髪ロングの女性とコンタクトが取れた」という、内通者からの電話がかかってきます。

その内通者は地下出版の記者ベンツロバのことで、彼は犯人の女性からファイルを高値で買い取る約束をしていました。

ベンツロバの密告を受け、KGBの工作員である若かりし頃のギンタスとライモナス、ラザ、ユリウス、シモニスは犯人の女性の家へ急行。犯人の女性を殺害し、家中を探して目的のファイルを見つけ出します。

そこへ、ベンツロバが犯人の女性に会いにやってきました。ギンタスたちは、彼女を殺した罪をベンツロバに擦りつけました。

ベンツロバはそれに抵抗するも、ユリウスに帽子掛けの先端で右目を突き刺され、激痛に悶えているうちに連行されてしまいました。

ギンタスたちは証拠隠滅のため、犯人の女性とファイルもろとも、彼女の家を燃やしました。

場面転換、現在。市街地の立体駐車場に停められた車の中で、凄惨な死を遂げたユリウスの死体が発見されました。

犯人は蜂を興奮させる液体をユリウスの顔にかけ、300ヶ所以上刺させてショック死させたのです。

ユリウスが出した判定書により無事釈放となったギンタスは、一緒に事件を捜査している警察官のアルナスからそのことを聞き、「雄バチか」と呟きます。

さらにアルナスから、下水口の近くで発信された携帯電話と、動画を発信した携帯電話が一致したことと、赤のボイジャーがボロ屋の近くに停まっているとの目撃証言があったと報告を受けました。

ギンタスは何年も音信不通にしている盲目の母が暮らすそのボロ屋を訪ねることに。

ギンタスの母は、1週間前に赤のボイジャーに乗った男が、毒蛇の入った瓶をもってきたと話します。

そしてギンタスに、「私は盲目だが、お前は何も見えちゃいない」「お前には家族なんて、もう誰もいないんだよ」と言いました。

ギンタスの母の家には、アグネもいました。ですが、アグネはフードを被った男にクラブの外で襲われ、性的暴行を受けて顔の左側が腫れていました。

心配する父に対し、アグネは「パパの娘でいたくない」と言いました。

そして母の言葉どおり、ロレータの告白で不倫の事実を知った妻と息子から軽蔑され、ギンタスは家族も帰る家も失ってしまったのです。

翌朝。あれから警察署に戻り、酒を浴びるほど飲み荒れに荒れたギンタスは、二日酔いに苦しみながら目を覚ましました。

彼を起こしたアルナスは、事件当夜にユリウスがベンツロバについて刑務局の職員に問い合わせていたことと、そのベンツロバが釈放されシモニスから車を買ったことを報告します。

一気に酔いがさめたギンタスは、ラザにこのことを知らせに行きました。

ギンタスの推測では、ベンツロバは30年前に5人にされたことをずっと覚えていて、ギンタスの不倫動画をラザの家から送信したというのです。しかも、ギンタスに隠しカメラが見つかることも計算済みで。

ギンタスはラザに警告しました。しかしその直後、ギンタスの妻からベネイが行方不明になったと連絡がありました。

その日の夜。ギンタスとその妻は大勢の警察官と一緒にベネイを捜索。必死の捜索の末、人気の少ない駐車場に停められた赤のボイジャーを発見しました。

それを見つけた警察官は、赤のボイジャーに誰か乗っているとギンタスに報告。現場に急行したギンタスが慎重に近づいたその時、突然赤のボイジャーのエンジンがかかり爆発しました。

嗚呼、ベネイが殺されてしまったと誰もが思いましたが、消火した赤のボイジャーの車内は無人でした。

そこへ、ギンタスの自宅が火事になったとの知らせが入ります。ギンタスはアルナスと共に自宅に向かうも火事にはなってはおらず、クローゼットの中に閉じ込められていたベネイを見つけ出し無事救出したのでした。

翌日。昨夜の騒動を受け、ラザとシモナスは市庁舎で記者会見を開きました。

同時刻。ギンタスたち警察はベンツロバの携帯電話の電波を捕捉。その場所は市庁舎でした。

ギンタスは市庁舎にいるアルナスに連絡を取り、ラザを工場の線路脇に避難させるよう指示します。

そして自分もそこへ向かおうとしたその時、検視官から1週間も放っておいた首吊り自殺体が、片目が欠損した男であると知らされるのです。

検視官に連れられてその死体を確認した結果、この連続猟奇殺人事件の犯人だと思っていたベンツロバであることが発覚。

ギンタスは捕捉した携帯電話に電話を掛けると、出たのはラザでした。なぜか知らない携帯電話がコートのポケットに入っていたのだという。

ギンタスは「犯人はベンツロバではない」と告げ、ラザのもとへ急行。しかし到着した時にはラザの姿はなく、彼女の秘書エリカスとアルナスの死体が転がっていたのです。

そこへ、ラザの悲鳴が響き渡ります。両手を拘束されたラザは、駆けつけたギンタスに「犯人は彼だった」と叫びました。

その瞬間、ギンタスは何者かに銃撃されます。銃を持って現れたのは、シモナスでした。

シモナスは「我々の最初の出会いを記念して」という、猟銃と共にギンタスに贈られたメッセージカードの内容を読み上げます。

実は1週間前、ベンツロバはボロ屋でタバコを吸いながら、自分に銃口を向けるシモナスにあることを語っていたのです。

「あのアパートで、俺も殺されていたかもな。連中の顔を見たから」「だが彼らは罪を着せる人間が必要だった。それで俺が終身刑になったというわけだ」

「俺を起訴した検事はライモナス。コードネームは“毒蛇”だ」「そして目撃者になったのはシモニスで、コードネームは“ヘラジカ”」

「そして俺を裁いた判事はユリウス。コードネームは“雄バチ”」「公選弁護人を務めたのはラザだった。コードネームは“炎”」

「それからギンタス・クラサウスカス、彼のコードネームは“ルーブル”だ」と。

つまり、ライモナスとユリウスの殺害に使われたものと、事件現場に残されたヘラジカの切断頭と旧ソ連のルーブル紙幣は、4人それぞれのコードネームを意味していたのです。

実はシモナスは5人が殺した犯人の女性の息子で、部屋のクローゼットの中に隠れていました。

家が燃える前に幼いシモナスを見つけたギンタスは、仲間に内緒で彼を窓から逃がしました。

それを2人が思い出した直後、シモナスはギンタスの家族を狙ったのは彼を苦しめるためだと告白。そして身動きが取れないラザの体に灯油をかけ、彼女のコードネームである炎で殺しました。

そしてギンタスに「会えて嬉しかったよ」と言い、母の仇である彼を殺そうとします。そんなシモナスを、警察官の銃を盗み警察署から抜け出したベネイが撃ちました。

その姿を目に焼き付けたまま死んだギンタスと、シモナスとラザの死体のそばで立ち尽くすベネイの姿を最後に物語は幕を閉じたのでした。

映画『悪魔の世代』の感想と評価


(C)2021 Kinokultas All Rights Reserved.

物語の終盤まで謎だった旧ソ連のルーブル紙幣と、毒蛇、ヘラジカの切断頭、遺体に塗られたハチミツにたかった雄バチ。

それは30年前、KGBの工作員であったギンタスたちのコードネームを意味していたのです。

そして30年前にKGBから盗まれたファイルにもその単語が記されていたため、おそらく盗まれたのは5人の情報だったのではないかと考察します。

また、正反対なギンタスとシモナスの意外な共通点が、「30年前にファイルを盗んだ犯人の女性を殺した犯人の1人」と、「殺された女性の息子」ということ。

物語の後半までずっと、この連続猟奇殺人事件の犯人は5人に30年前の事件の犯人に仕立て上げられ、終身刑となったベンツロバだと登場人物たちも視聴者も誰もがそう思っていただけに、真犯人がシモナスだったというのがとても衝撃的でした。

しかもシモナスは一度もそんな素振りは見せませんでしたし、ベンツロバを含む5人を殺した時もずっと無表情で淡々としていたのがまた不気味で、底知れぬ復讐心に恐怖を感じます。

目を背けたくなるほどグロイ殺人事件現場に拷問内容、衝撃的な真犯人の正体に、予想がつかない物語の展開に最後まで目が離せませんし、他のサスペンススリラー作品にはない面白さがあるのが本作の見どころです。

まとめ


(C)2021 Kinokultas All Rights Reserved.

リトアニアの小さな田舎町で突如起きた連続猟奇殺人事件を捜査していくにつれて、元KGBの工作員5人が隠蔽した30年前の事件の真相が暴かれていく、リトアニアのクライムスリラー作品でした。

物語のはじめに、こんなテロップが流れていました。

「ソ連が崩壊した当時、旧連邦国の多くは危機的状況に直面していた」「混乱の中で裏のある人間が地方の政治を牛耳り、忌まわしい記憶を残した」

「この物語は関係者の証言を基に制作されたもので、実在の人物・団体とは関係はない」と。

そこから始まった物語に幕を下ろしたのは、なんと主人公の幼き息子ベネイでした。

ベネイがシモナスを撃ったのは父親を守るためだったのか、それとも銃の撃ち方を教わった時に言われた「弱い者は撃っちゃいけない。強い者は撃っていい」という父親の教えに則った行動だったのか、はたまたその両方なのか、真相は謎のままです。

目を背けたくなるほどのグロさがある場面があるものの、予想できない物語の展開と登場人物の設定に目が離せなくなるほどの没入感があるクライムスリラー映画が観たい人に、とてもオススメな作品となっています。

関連記事

サスペンス映画

映画『暗くなるまで待って』あらすじネタバレ感想と結末ラストの解説《オードリー・ヘプバーン代表作おすすめ名作》

オードリー・ヘプバーン代表作にして、サスペンススリラーの名作 オードリー・ヘプバーンが目の不自由な女性を熱演し、アカデミー主演女優賞にノミネートされた、コミカルの妙味が光るサスペンスの名作。 『ローマ …

サスペンス映画

『ナイブズ・アウト』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。事件の真相をドーナツに例えてアメリカの南部訛りで熱く推理を語る

映画『ナイブズ・アウト/ 名探偵と刃の館の秘密』は、犯人捜しの謎解きを楽しむミステリー作品。 資産家が死体で発見され、警察は遺産相続人である家族を事情聴取しますが、同行した名探偵は誰もが嘘をついている …

サスペンス映画

『ペリカン文書』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。実際の経験を元ネタした原作グリシャムのミステリーを巧みに映画化!

ジュリア・ロバーツがホワイトハウスの暗部に切り込む女子大生を演じる 『ザ・ファーム 法律事務所』(1993)の人気作家、ジョン・グリシャムの同名小説を実写化した骨太な社会派サスペンス『ペリカン文書』。 …

サスペンス映画

映画『Dinerダイナー』感想と評価解説。藤原の挑戦的な演技力と蜷川実花の色彩感が生々しい!

映画『Diner ダイナー』は2019年7月5日(金)より全国ロードショー! 殺し屋だけが集まるという不思議な食堂「ダイナー」。そこにはかつて元殺し屋という店主が、超絶的な腕前による魅惑のメニューで、 …

サスペンス映画

映画『ミセス・シリアルキラー』ネタバレあらすじと感想評価。どんでん返しが薄気味悪さを残すサスペンス

Netflix映画のサスペンス作品『ミセス・シリアルキラー』のご紹介。 愛する夫のために“裏技”を実行に移す妻、事件解決に執念を燃やす刑事の姿を描く、Netflix映画『ミセス・シリアルキラー』。 妻 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学