Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/10/15
Update

映画『依頼人』ネタバレ結末あらすじとのラスト評価。キャストのスーザン・サランドンとトミー・リー・ジョーンズが共演で描く法廷サスペンス

  • Writer :
  • 秋國まゆ

事件の鍵を握る少年と女性弁護士が巨大な組織に追い詰められていく法廷サスペンス。

ジョエル・シューマカーが監督を務め、ジョン・グリシャムの小説『依頼人』を映画化させた、1994年製作のアメリカの法廷サスペンス映画『依頼人』。

偶然自殺の現場を目撃し、全米を震撼させた事件の内容を知りすぎてしまった少年が、過去に傷を持つ女性弁護士と一緒にさまざまな利害の渦巻く社会の中で戦っていく姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

事件の鍵を握る少年と彼に1ドルで雇われた女性弁護士が、巨大な組織に追い詰められていく法廷サスペンス映画『依頼人』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『依頼人』の作品情報


(C) 1994 Warner Brothers Productions, Ltd. and Monarchy Enterprises, S.a.r.l. All rights reserved.

【公開】
1994年(アメリカ映画)

【原作】
ジョン・グリシャム:『依頼人』

【原題】
The Client

【監督】
ジョエル・シューマカー

【キャスト】
スーザン・サランドン、トミー・リー・ジョーンズ、ブラッド・レンフロー、メアリー=ルイーズ・パーカー、アンソニー・ラパリア、J・T・ウォルシュ、アンソニー・エドワーズ、デヴィッド・スペック、アンソニー・ヒールド、ウォルター・オルケウィック、ウィリアム・リチャート、オシー・デイヴィス、ウィリアム・H・メイシー、ウィル・パットン、ジョン・ディール、ブラッドリー・ウィットフォード、キム・コーツ、ロン・ディーン、ミコール・メルキュリオ、キンバリー・スコット、エイミー・ハサウェイ、ジョー・ハーヴェイ・アラン、ダン・カステラネタ、マーク・キャバス、ウィル・ザーン、トム・ケイジー、ジェフリー・バックナー・フォード、ルビー・ウィルソン、トミー・クレスウェル

【作品概要】
「バットマン」シリーズや『フラットライナーズ』(1990)、『ブレイクアウト』(2011)などを手掛けた、ジョエル・シューマカーが監督を務めたアメリカの法廷サスペンス作品。

原作は、ジョン・グリシャムの小説『依頼人』です。本作の製作担当アーノン・ミルチャンがゲラ刷り(印刷物の校正をするための試し刷りのこと)の段階で原作を読み、すぐさまジョエル・シューマカー監督に話を持ちかけたことで、映画化されました。

ロッキー・ホラー・ショー』(1975)や『死を処方する男 ジャック・ケヴォーキアンの真実』(2010)、『オーバードライヴ』(2013)などに出演するスーザン・サランドンが主演を務めています。

映画『依頼人』のあらすじとネタバレ


(C) 1994 Warner Brothers Productions, Ltd. and Monarchy Enterprises, S.a.r.l. All rights reserved.

アメリカ・テネシー州メンフィス郊外。11歳の少年マーク・スウェイは、母親ダイアンと弟のリッキーと一緒にトレーラーハウスで暮らしていました。

マークは好奇心から、ダイアンの煙草を2本盗んで、ダイアンが仕事で出かけた隙にハウスの裏手にある森で吸おうとしますが、それを見ていたリッキーも一緒についてきてしまいます。

兄弟が森で煙草を吸っていると、突如森の窪地で1台の高級車が停まり、中にいた酩酊状態の中年男性が排ガス自殺をしようとしている場面を目撃しました。

マークはリッキーの制止を振り切り、排ガス自殺を止めようと排気パイプからホースを抜こうとします。

しかし、サイドミラーで彼の姿を見た男に見つかり、車内に引き摺り込まれ、自殺の道連れを強いられてしまうのです。

その男、弁護士ジェローム・”ローミー”・クリフォードは、雇い主であるマフィアの殺し屋「剃刀」バリー・マルダーノの上院議員殺しを知っており、警察が躍起になって探している上院議員ボイエットの死体を埋めた場所も知っていました。

そのためローミーは、マルダーノに口封じのため殺されることを予見し、アメリカ・ニューオーリンズから故郷であるこの場所に戻り、懐かしい思い出が詰まった森の中で自殺しようと考えていたのです。

この間、リッキーは恐怖に怯えながら、殺されそうになっている兄を助けるために、森の茂みから出て排気ガスからパイプを取り出そうとしました。

その瞬間、ローミーは秘密を明かしたマーク目掛けて、38口径の拳銃を発砲。窓ガラスに当たったため難を逃れたマークは、すぐさま車から脱出し、蹲っていたリッキーを連れて隠れます。

ローミーは兄弟を探すのを諦め、彼らが隠れている場所のすぐ近くで、銃を口に銜えて拳銃自殺を遂げました。

その日の夜、マークはリッキーを先に家に帰し、警察に通報。駆けつけた警察官のハーディ巡査部長に、「森の中を弟と歩いていたら、男の自殺現場を目撃した」と証言しました。

ハーディの配慮により、トレーラーハウスでダイアンと一緒にいたリッキーは、病院へ搬送されました。

医師のグリーンウェイによる診断の結果、リッキーはローミーの自殺現場を目撃したという極度の恐怖が原因で、心的外傷(トラウマ)後遺症となってしまいました。

リッキーの診察を待っている間、病院のテレビでニュースを見たマークは、自分が知った秘密は、マフィアが絡んだ危険なものであることを認識します。

ニューオーリンズの首席検事ロイ・フォルトリッグは、ボイネットを殺害したマルダーノを断罪するべく、死体の隠し場所を知るローミーを証人として法廷に出廷させる予定でした。

そしてフォルトリッグの指示のもと、ルイジアナ州検事局の検事補フィンクや、FBIのメンフィス支局長ジェイソン・マクスーン、FBIのニューオーリンズ支部の捜査官ラリー・トルーマンらFBI。

FBIに協力するハーディたち警察が、ボイネットの死体の隠し場所を血眼になって探していました。

ニュースの報道でそれを知ったマークに、ハーディは「本当はローミーが死ぬ前に一緒にいたんじゃないか?」と尋問しましたが、頑なに答えようとしません。

そのためハーディは、マークにあげたソーダ缶を押収し、彼に無断で車内に残った指紋と照合しようとします。

同時刻。ニューオーリンズからメンフィスにやって来たフォルトリッグは、フィンクやトルーマン、ハーディを引き連れてマクスーンと合流。

マクスーンから、「車内に残っていた指紋と、マークが飲んだソーダ缶の指紋が一致した。車内にいたはずなのに、ローミーと一緒にいたことをマークは頑なに話そうとしない」と聞いた彼は、マークはローミーから死体の隠し場所を話されたけれど、身の危険を感じて怖くて話せないだけだと推測しました。

すぐにでも法廷に出廷できるように、マルダーノやマフィアをFBIに見張らせているフォルトリッグは、マークを尋問し、死体の隠し場所を吐かせようと企みます。

翌日。自分と家族を守るため、弁護士を雇うことを思いついたマークは、病院で拾ったチラシ広告から弁護士事務所のあるビルを訪ねました。

マークはやり手の女性弁護士レジー・ラブと出会い、警察に話していないことと、嘘をついた理由を告白します。

「僕は自殺しようとしていたローミーと話をした。でも警察にそれを言わなかったのは、それを話してはいけない恐怖を感じたから」

そう話すマークの話を信じ、弁護士を雇う必要性を感じたレジーは、彼に弁護士を雇う金はあるかと尋ねますが、彼の手持ちの現金は1ドルしかありませんでした。

以下、『依頼人』ネタバレ・結末の記載がございます。『依頼人』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) 1994 Warner Brothers Productions, Ltd. and Monarchy Enterprises, S.a.r.l. All rights reserved.

一方マフィアのボス、ジョニー・スラーリはマルダーノを呼び出し、目撃者のマークたちに秘密を知られたかもしれないから、ボイネットの死体を別の場所に移すよう命じます。

さらにスラーリは、FBIに嗅ぎつけられるという失態をおかしたマルダーノに代わり、別の殺し屋ポール・グロンキーをメンフィスへ派遣し、口封じのためにマークを殺すよう命じました。

その頃マークは、病院の会議室にて、マクスーンとフォルトリッグたちから尋問を受けていました。

そこでフォルトリッグは、マークに「犯罪の真実を知っていながら、FBIや警察に教えなかった者は、司法妨害により監獄に入れられる」と脅し、彼の閉ざされた口から真実を語らせようとします。

マークがトイレに行くと言って席を外した際、フォルトリッグたちは彼が脅しに屈し、重要な証言を供述してくれるに違いないと高を括っていました。

ところが、会議室に戻ってきたのはマークではなく、彼が雇ったレジーでした。レジーはフォルトリッグたちが相手でも引けを取らず、母親の同席とマークの同意がないまま、強引に尋問し証言を吐かせようとした彼らを追い払います。

スラーリの紹介で知り合った私立探偵ジャック・ナンスを使い、マークとその居場所を特定したグロンキーは、執刀医に扮して夜の病院に侵入。

エレベーターに乗ったマークにメスを突きつけ、自分のこともローミーから聞いた話も、FBIや弁護士に話したら殺すと脅迫します。

そもそもボイネットが殺されたのは、つるんでいたマルダーノ経由でマフィアから裏金を貰い、廃棄物投棄場を建設する計画を実行しようとしたものの、地元住民の反対を受け計画を撤回したからです。

翌日の午後3時。マークを匿うレジーの事務所にやって来たフォルトリッグたちは、マークの指紋が車内に残っていた指紋と一致したことと、ローミーの指輪に付着した血液がマークのものであるという確固たる証拠をレジーに突きつけ、今度こそマークを尋問しようとします。

これに対しレジーは、マークと母親の許可も得ずに指紋を照合したことと、勝手に病院の記録から彼の血液型を調べたことを非難し、「今後私の許可なく依頼人に近づいたら、フォルトリッグとFBIを訴え、倫理規定違反で追及し被告席に立たせてやる」と警告しました。

さらにレジーは、自分が酒と麻薬中毒で入院していたことを持ち出し、ゆすろうとするフォルトリッグに、こう言いました。

「あの子を利用するのは、州知事になるための売名行為でしょう?」

「あなたの売名行為のために、11歳の少年の人権を踏みにじったとテレビで話されたくなければ、あの子とその家族に近づかないでちょうだい」

レジーのせいでマークへの尋問が手こずっていることに腹を立てるフォルトリッグは、司法妨害を理由にマークを少年裁判所に拘留しようとします。

フォルトリッグが焦燥感に駆られているのは、自分の名声のためもありますが、マークがマフィアに命を狙われていることを知っていたからです。

こっそり2人の会話を盗み聞きしていたマークは、フォルトリッグたちが去った後、彼女にクビを言い渡します。

事務所を飛び出し、病院へ戻ろうとしたマークを車で追いかけるレジー。マークはレジーを振り切ろうとしましたが、病院前に大勢のマスコミが張り込んでいるのを見て、咄嗟にレジーの車に乗り込みます。

レジーはマスコミを撒き、母親と同居している自宅にマークを連れて行きました。マークはヒッチハイクしてでも病院へ戻ろうとしましたが、グロンキーから監視役を引き受けたナンスがタイミング良く現れ、身の危険を感じてレジーの家へ飛び込みます。

マークがレジーがアル中だったことを理由にクビを言い渡したのは、父親がアル中で母親と離婚する前は酔って暴れてマークたちに暴力を振るっていたからです。

そのことを弁護士に相談するも役に立たず、家族を守るためにマークは、直接判事に父親の暴力を訴えて家から追い出しました。

マークの過去を知ったレジー自身も、辛い過去を持っていました。レジーは医者になりたい夫のために働いて学費を稼いだというのに、夫は医者になった途端、若い女に鞍替えしたのです。

夫の裏切りにより離婚したレジーは、当時食べ物を買うお金も職探しに行く車もないうえに、いつしか眠ることも食事も出来なくなってしまいました。

レジーは夫が処方した睡眠薬を服用しましたが、それを夫は「自殺未遂だ」と言って訴え、高名の弁護士を雇って親権を巡る裁判を起こしたのです。

これまで子供たちを育ててきた苦労が裁判で認めて貰えると信じていたレジーでしたが、下された裁定は「母親失格」。

夫に娘と息子を奪われた挙句、子供たちに会うことも禁じられたレジーは絶望し、酒と麻薬に溺れるようになったのです。

辛い過去を持つ者同士だと分かったマークはレジーに、ローミーから死体の隠し場所を教えられたこと。けれどマフィアに命を狙われているため、それは絶対に話してはいけないと誓ったことも明かしました。

今後の対策を練ろうと、一度リッキーの病室に戻ったレジーたち。ダイアンは2人に、謎の2人組の男によってトレーラーハウスが燃やされたことを伝えます。

気が立っていたダイアンは、レジーの助けを拒絶。しかし彼女を追い出した直後、好機とばかりに乗り込んできたハーディと北分署のナッサー刑事によって、強引に親子は引き離され、マークは北分署の女収監房へ拘留されてしまいます。

翌朝。ボイネット殺害事件の鍵を握るマークを尋問する審問会が開かれる前、マークが拘留されたと知ったレジーは助手を連れて、拘留を許可した判事ハリー・ルーズベルトの元を訪れ、そのことについて彼を糾弾します。

これに対しルーズベルトは、「FBIによると、街に来たマフィアのグロンキーとボノが、マークの命を狙っていると聞いた」と許可した理由を話しました。

そのことを知ったレジーは、「証人保護制度でマークとその家族を守れるという保証があれば、マークに真実を証言させる」と、ルーズベルトに言いました。


(C) 1994 Warner Brothers Productions, Ltd. and Monarchy Enterprises, S.a.r.l. All rights reserved.

午前10時。裁判長を務めるルーズベルトは、法廷に銃を携行していたハーディと、ボイネット殺害事件について扇情的な記事を書いた記者のスリック・モーラーを退廷させ、非公開法廷である審問会を開始。

早速発言しようとするフォルトリッグたち検事側を制止し、こう忠告しました。「ここでの規則は私が決める。規則1、発言は私が求める時のみ」

「規則2、不要な言葉で私をおだてないこと。規則3、自らの弁舌に酔う法律家の声など、私は聞きたくない」

ルーズベルトに尋ねられたレジーは、「フォルトリッグたちの訴えは、“マークは車内にいたはずだ”という憶測でものを言っているだけに過ぎない」と言い、訴状の棄却を求めました。

これに対しフィンクは、新たに排気ガスやパイプにマークの指紋が検出されたという証拠を提示し、疑惑を晴らすためにマークは真実を証言するべきだと抗議します。

マークの証言を求められたレジーは、ルーズベルトに、ボイネット殺害事件が起きたルイジアナ州の裁判所への変更を求めました。

それに抗議するフォルトリッグとレジーの口論はヒートアップしますが、それを制止したルーズベルトは、マークが真実を証言することが重要だとし、自分の隣の席に座らせて証言させます。

ボイネット殺害事件とマークを関連付けようとするフィンクたちの問いに対し、マークはローミーが死ぬ前に車内にいたことは認めたものの、レジーの勧めで黙秘権を行使し、ローミーが明かした秘密は教えませんでした。

州知事になるために事件の真実が知りたいフォルトリッグは、黙秘権を行使したマークを罵倒しましたが、その際に引用した聖書の言葉が間違っていると、ルーズベルトに冷静に諭されてしまいます。

身の安全のために再び拘留されたマークでしたが、ルーズベルトによって審問会は終了し、フォルトリッグたちの尋問を逃れることが出来ました。

マークはリッキーがいる病院へ搬送されるように、仮病を使いました。病院に戻れたのはいいものの、リッキーを監視していたグロンキーに見つかってしまい、マークは病院内で逃走劇を繰り広げていきます。

霊安室に逃げたマークは、グロンキーが遺体用保冷庫を開けて覗き込んだ隙をつき、彼を遺体用保冷庫に閉じ込めて難を逃れました。

マークが脱走したことで、警察官が彼の捜索に駆けずり回っている中、病院内に隠れているマークはこっそりレジーの自宅へ電話をかけ、迎えに来るようお願いします。

マークは証人保護制度が適用されるために、死体が本当に隠されているのか確かめようと思い立ったのです。

車に乗ってマークを迎えに来たレジーは、それを聞いて最初は猛反対したものの、強情なマークに根負けし、彼と一緒に死体の隠し場所へ確かめに行くことにしました。

死体が隠されているのは、ニューオーリンズ郊外の高級住宅街にあるローミーの自宅のボート小屋です。マルダーノはローミーを脅すために、そこに死体を隠しました。

そうスラーリに話すマルダーノは、汚名返上のためにボノとグロンキーを連れ、死体を回収しに行きました。

同時刻。レジーから事情を聞いた助手が、ダイアンに伝えた電話を傍受したFBIとフォルトリッグは、マークたちがいるニューオーリンズへ向かいます。

マークたちがボート小屋に到着し、ボイネットの死体を捜索していると、そこへマルダーノたちが登場。

彼らがボート下を掘り出し、ボイネットの死体を発見したと同時に、息を潜めて隠れていたマークも目撃。逃げ出そうとしたマークは、マルダーノたちに見つかって、マルダーノに殺されそうになります。

マルダーノから奪った銃を使い、レジーはローミーの自宅の防犯センサー目掛けて発砲。マフィアに狙われることを恐れていた彼の親族は、警報音を聞いて、セキュリティ万全の敷地内にマルダーノたちが侵入したことを知り、丸腰の彼らに銃を発砲し警察に通報しました。

そのおかげでマルダーノたちをまくことができたレジーたちは、ボート下の地面に埋められたボイネットの死体を確認。

翌日。レジーはフォルトリッグたちを呼び出し、「証人保護制度の管理下で、マークとその家族を新たな地で生活を営めるよう取り計らってくれれば、ボイネットの死体が隠された場所を教える」と取引を持ち掛けます。

当然、フォルトリッグは承諾し取引成立。その後、マークはレジーが見守る中、家族と共に新たな人生に向けて旅立っていきました。

フォルトリッグはレジーに礼を言い、すぐさま飛行場で記者会見を開き、ボイネットの死体が見つかったと言い、これで(マフィアに見放された)マルダーノを殺人の容疑で起訴できると公表しました。

スポンサーリンク

映画『依頼人』の感想と評価


(C) 1994 Warner Brothers Productions, Ltd. and Monarchy Enterprises, S.a.r.l. All rights reserved.

マフィアとFBIに狙われた兄弟

母親不在の隙に、こっそりトレーラーハウス裏の森の中に入ってしまったが故に、マフィアに命を狙われているローミーの自殺現場を目撃してしまうマークたち兄弟。

しかもマークは、酩酊状態のローミーから、マフィアの殺し屋が殺した上院議員の死体の隠し場所を教えられたせいで、上院議員殺害事件を追うFBIにもマフィアにも命を狙われてしまうのです。

極度の恐怖が原因で心的外傷(トラウマ)後遺症となり、昏睡状態に陥ってしまったリッキーの姿は、思わず目を背けたくなるほど痛々しくて、胸が痛くなります。

真実を証言すればマフィアに口封じのために殺されてしまうし、証言しなければ司法妨害として拘留されてしまうという究極の選択を迫られたマーク。

11歳の少年である彼が、マフィアの殺し屋に命を狙われ、FBIとフォルトリッグから強引に尋問されるのを、自分と家族を守るために何とか回避しようとする姿は、彼の恐怖が画面越しに伝わってきてハラハラドキドキさせられます。

たった1ドルで弁護してくれるレジー


(C) 1994 Warner Brothers Productions, Ltd. and Monarchy Enterprises, S.a.r.l. All rights reserved.

夫に裏切られ、愛する子供たちに面会も許されないという辛い過去を持っていたレジーは、同じく家族に裏切られたマークの心の痛みが人一倍理解できます。

それとおそらく、会えなくなった子供たちとマークを重ねて見ていたのでしょう。いつしかレジーは、マークに親身になって話を聞き、彼を守るためにフォルトリッグたちの尋問や訴えを回避する方策を講じてくれるようになりました。

子供のなけなしの全財産である1ドルで、フォルトリッグたちFBIや検事と法廷で戦ってくれるだけでなく、最後までマークとその家族のために動いてくれるレジーは、まさに弁護士の鑑であり感動します。

まとめ


(C) 1994 Warner Brothers Productions, Ltd. and Monarchy Enterprises, S.a.r.l. All rights reserved.

男の自殺現場を目撃した11歳の少年と、辛い過去を持つ女性弁護士が、上院議員殺害事件とマフィアを追うFBIと検事と法廷で戦い、暗躍するマフィアに追い詰められていくアメリカの法廷サスペンス作品でした。

本作の見どころは、マークとレジーがマフィアとFBIという巨大な組織と戦っていくという、終始息をもつかせぬスリリングな展開です。

父親のいない家庭に育ったマークと、辛い過去を持つレジーが互いに過去を告白して以降、ただの依頼人と弁護士という垣根を越えて、特別な関係を築いていく心の触れあいに引き込まれ、感動します。

最初は人権を無視してでも、名声のために事件と関連付けてマークを尋問していたフォルトリッグが、物語の最後でレジーに捜査協力の感謝を述べ、証人保護制度でマークとその家族の安全を守ったギャップにも心打たれること間違いなしです。

辛い過去を持つ少年と女性弁護士の心の触れあい、対峙するFBIと検事とマフィアとの攻防にハラハラドキドキさせられる、スリリングな法廷サスペンス映画が観たい人に、とてもオススメな作品となっています。

関連記事

サスペンス映画

Netflix映画『6日間』ネタバレ感想と考察評価。実話の事件をサスペンスとして複数の視点から描いた真相とは

Netflix映画『6日間』 1つの物事でも見る方向が異なれば全く別の感想が生まれます。そのことを常に意識していると、世界で発生する事件の数々は容易に「善悪」ではくくれないものだと感じるはずです。 今 …

サスペンス映画

【ダイナー映画ネタバレ】スキンのスフレと傷跡の意味と過去解説。母親と歌がカナコとの共通点

2019年7月5日より公開の映画『Diner ダイナー』。 平山夢明の小説『ダイナー』を原作としながら、蜷川実花監督がその色彩感覚で新たな世界を描いた映画『Diner ダイナー』。 本作に登場するキャ …

サスペンス映画

映画『哀愁しんでれら』は実話か考察。凶悪事件の元ネタとは実在のモンスターペアレンツ!?

映画『哀愁しんでれら』は2021年2月5日(金)より全国ロードショー。 「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを獲得した企画をもとに、『かしこい狗は、吠 …

サスペンス映画

映画『銃2020』感想レビューと内容考察。キャストの魅力と続編への時間系列から見えたもの

2018年に武正晴監督が中村文則のデビュー作を映画化した『銃』のアナザーストーリーとなる第2弾『銃2020』 芥川賞作家・中村文則のデビュー作『銃』を村上虹郎を主演に迎え2018年に公開された『銃』。 …

サスペンス映画

映画『グリーンルーム』あらすじネタバレと感想!ラスト結末の犬の考察と解説深掘り【アントン・イェルチン遺作にして秀作】

2017年2月より全国順次公開されている脱出バイオレンススリラー『グリーンルーム』。 惜しくも2016年6月19日未明に27歳の若さでこの世を去ったアントン・イェルチン。 彼の主演作品はまだ劇場で観ら …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学