Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『オーバードライヴ』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。実話に挑んだロック様ことドウェインジョンソンが肉体とアクションで魅了!

  • Writer :
  • 秋國まゆ

2人の男が麻薬組織と激しいバトルを繰り広げるアクション・サスペンス

スタントマン出身のリック・ローマン・ウォーが監督を務めた、2013年製作のアメリカのアクション・サスペンス映画『オーバードライヴ』。

元WWFのスター「ザ・ロック」としても知られる俳優ドウェイン・ジョンソンが、タフな父親に扮して危険なミッションに挑んでいくというのは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

友人にはめられて現行犯逮捕された息子を減刑するため、麻薬犯罪組織に潜入して戦う父親の姿を実話をもとに描かれた、アメリカのPG12指定のアクション・サスペンス映画『オーバー・ドライヴ』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『オーバードライヴ』の作品情報


(C)2012 SNITCH FILM HOLDINGS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2013年(アメリカ映画)

【脚本】
ジャスティン・ヘイス、リック・ローマン・ウォー

【監督】
リック・ローマン・ウォー

【キャスト】
ドウェイン・ジョンソン、バリー・ペッパー、ジョン・バーンサル、マイケル・K・ウィリアムズ、メリナ・カナカレデス、ナディーン・ベラスケス、ラフィ・ガブロン、デビッド・ハーバー、ベンジャミン・ブラット、スーザン・サランドン

【作品概要】
『プリズン・サバイブ』(2008)を手掛けた、スタントマン出身のリック・ローマン・ウォーの長編映画監督作品2作目である、アメリカのアクション・サスペンス映画です。

主演を務めるのは、「ワイルド・スピード」シリーズや『G.I.ジョー バック2リベンジ』(2013)、「ジュマンジ」シリーズなど出演作が立て続けにヒットを飛ばしたドウェイン・ジョンソン。

他に『プライベート・ライアン』(1998)でブレイクしたバリー・ペッパーと、『トラフィック』(2001)、『ドクター・ストレンジ』(2017)などに出演するベンジャミン・ブラッドら、豪華キャスト陣が出演しています。

映画『オーバードライヴ』のあらすじとネタバレ


(C)2012 SNITCH FILM HOLDINGS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

ジェイソン・コリンズは、子供の頃からの親友クレイグ・ジョンソンとスカイプ中、自分の代わりに麻薬2000錠預かって欲しいと頼まれました。

ジェイソンは最初、嫌がって断りましたが、友達のアマンダと楽しもうかなと欲が出て引き受けてしまいます。

その後、ジェイソンはクレイグが郵送した麻薬2000錠を受け取ります。しかしその下には、ランプが点滅した機械があり、ジェイソンが訝しげに見ていると…。

突如ジェイソンの家へ、麻薬取締局(DEA)の麻薬取締官たちが押しかけてきました。驚いたジェイソンは、慌てて家を飛び出し、逃走を図りましたが、数分後に逮捕されました。

一方、運送会社の社長ジョン・マシューズは、仕事が終わると、足早に車に乗り込んで帰宅します。

この日は、娘のイザベルの誕生パーティーが自宅で行われており、ジョンは妻のアナリサや友人家族と一緒に楽しんでいました。

そんなジョンへ、彼の元妻シルビー・コリンズが電話をかけてきます。ジョンはその電話の内容に驚き、急いで警察署にいるシルビーと合流。

そこでジョンは、シルビーとの間にできた息子のジェイソンが、友人のクレイグにはめられ、麻薬密売の容疑で現行犯逮捕されたことを知りました。

ジョンは知り合いの弁護士を呼び、ジェイソンについて相談します。

弁護士は、ジェイソンは最低でも懲役10年を言い渡される可能性が高いものの、司法取引をして密売人の逮捕に協力すれば、懲役2年に減刑されるかもしれないと伝えました。

ジョンは早速、シルビーと弁護士とジェイソンと面会しその事を話します。これに対しジェイソンは、友達を裏切る真似はしたくないから、裁判で戦うと主張。

しかし、既に麻薬を輸送した容疑で逮捕されていたクレイグは、減刑を求めて司法取引に応じ、ジェイソンを密売人と言って密告していたのです。

ジェイソン自身は以前、アマンダの父親が持つ医療用の麻薬をくすねて吸ったことがあるだけで、大量の麻薬を売り捌く気は全くありません。

ジョンは次の日、友人の伝手によって、米国連邦検事局のジョアン・キーガン検事にアポを取りました。

ジョンはキーガンに、息子を救うため、自分に何かできることはないか尋ねます。

これに対しキーガンは、やはり司法取引に応じて、減刑するしかないと答えました。

ジョンはキーガンに追い出される直前、自分が運び屋に扮して、クレイグとは別の密売人を密告すると提案したのです。

キーガンは止めるよう忠告しましたが、ジョンはその夜、街に屯していた密売人を見つけ、客を装って近づきます。

しかしその結果、密売人たちに集団リンチにあった挙句、ジョンは車まで奪われそうになりました。

そこへ巡回中のパトカーが駆けつけ、ジョンを無事救出。ジョンは警察署でキーガンの名前を出し、もう一度交渉しに行きます。

キーガンは、息子のために危険な橋を自ら渡ろうとするジョンの頑固さに呆れ、ジェイソンが減刑される方法を教えました。

密売目的の麻薬の所持を完璧に立証するならば、大量の麻薬を押収する必要があることを…。

これを聞いたジョンは、次は麻薬売買で捕まった前科がある従業員から、密売人を紹介してもらおうとします。

ジョンは会社に戻り、従業員名簿で該当する従業員を1人、見つけました。

その従業員は、入社して3週間経つ新人、ダニエル・ジェームズ。彼は麻薬売買で2回、逮捕されたことがありました。

ジョンは早速、ダニエルを食事に誘い、密売人を紹介する仲介役をやってくれないかと頼みます。

しかしダニエルは、妻のバネッサと息子のアンソニーと今度こそ人生をやり直したいと考えていたため、即座に断られてしまいました。

ジョンと別れ、帰路につくダニエル。彼はアンソニーが引っ越したばかりで友達がいないからと、悪い連中と連んでいるところを見て、慌てて引き離します。

先に帰らせたアンソニーに続き、帰宅したダニエルは、バネッサが夜も仕事に行かなければ、生活がままならない事を知りました。

ダニエルは葛藤の末、家族に新たな街で不自由なく暮らせるよう、2万ドル報酬を出すと言うジョンの頼みを引き受ける事を決心します。

ダニエルはジョンに、昔つるんだ密売人マリークを紹介しました。

しかしマリークは、いきなり運び屋をしたいとやって来たジョンを信用出来ず、ダニエルが同情する事を条件に仕事を任せます。

ジョンはダニエルに、巻き込んだ謝罪も込めて報酬を支払ったのち、キーガンにこのことを報告しに行きました。

キーガンのオフィスにいた、DEAのクーパー捜査官も同席し、3人で今後の作戦を立てます。

アダムズ地区全域を仕切る麻薬の密売人であるマリークを、麻薬を受け取った瞬間に取り押さえる。勿論、麻薬も押収します。

そう作戦を考えたキーガンとクーパー捜査官は、ジェイソンを懲役1年に減刑することを条件に、ジョンにこのまま運び屋をやるよう指示を出しました。

以下、『オーバー・ドライヴ』ネタバレ・結末の記載がございます。『オーバー・ドライヴ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2012 SNITCH FILM HOLDINGS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

その夜、ジョンはダニエルと一緒に、新しく買った大型トレーラーに乗り、会社から1500km離れたゴミ処理場へ向かいます。

休憩を挟みつつ、一晩中走らせて到着したジョンたち。そこで待っていた男たちから、麻薬10kg分受け取り、セメントの袋に詰め替えて出発しようとしました。

しかし、ジョンたちが大型トレーラーに乗り込もうとした瞬間、ゴミの山に身を潜めていた敵組織が襲撃。

ジョンたちは激しい銃撃戦の中、何とか大型トレーラーに乗り込んで、ゴミの山や車にぶつかりながら、その場を脱出します。

一方クーパー捜査官たち同様、密かにジョンたちを監視していた男エル・トポは、一緒にいた仲間と一緒に敵組織を始末し、ゴミ処理場に遺体を埋葬しました。

エル・トポは銃撃戦の中、的確な判断が出来ていたジョンを気に入り、マリークにその旨を伝えます。

ジョンたちは一旦会社に戻り、マリークから受け取り先を指定されるのを待ちました。

ダニエルがマリークからそれを聞いた直後、ジョンは社長室へ行き、マリークと落ち合う場所をクーパー捜査官に伝えます。

ダニエルは携帯電話ではなく、会社の電話でどこかに電話をかけたジョンを怪しみ、戻ってきた彼に銃を突きつけて尋問しました。

ジョンは自分が会社にいる証拠になるとして、留守電を入れた妻に会社から電話をかけたのだと答えます。ダニエルは、その答えに納得いかない様子。

ダニエルはジョンに、「覚えておけ、もしお互いヤバい状況になったら、俺は躊躇なくアンタを殺す」と忠告し、先に大型トレーラーに乗り込みます。

ジョンたちは再び大型トレーラーを走らせ、工業地帯の駐車場にいたマリークたちと会い、麻薬を渡しました。

マリークは、成功報酬である1万ドルをジョンたちに渡した後、ジョンに「ある大物がお前に会いたがっている」と伝え、車に乗ってその場を立ち去っていきます。

ここでマリークを、麻薬の押収と同時に捕まえると思っていたジョン。

しかし、遠くから監視していたクーパー捜査官は、現場に乗り込まず、このままマリークを泳がせると判断したのです。

その翌日の金曜日、ジョンはキーガンたちに会いに行き、昨夜何故現場に踏み込んでこなかったのかと問いただします。

これに対しクーパー捜査官は、このままジョンが運び屋を続ければ、次の取引でマリークが言っていた、大物を引きずり出せると判断したからだと主張。

キーパーもクーパー捜査官の咄嗟の判断に賛同し、次の取引まで我慢して欲しいとジョンに頼みました。

そんな2人に怒ったまま、会社に戻ったジョン。そこへ、警察署にいるシルビーから電話がかかってきます。

急いで警察署へ行き、シルビーと会ったジョンは、彼女からジェイソンが他の囚人に襲われ、医療棟で2、3日入院するほどの大怪我を負ったことを聞きました。

自分がもっとしっかりしていればと、自責の念に駆られるシルビー。ジョンはシルビーを抱き寄せ、宥めてから警察署を出ました。

そこへダニエルが現れます。彼は足早に会社を出たジョンを心配して、同僚から車を借りて後をつけてきたのです。

ジョンは正直にダニエルにジェイソンが逮捕されたこと、彼の減刑のために運び屋に扮していることを打ち明けます。

ダニエルは激しく動揺し、そんなことがもしマリークにバレたら、彼のバックにいる麻薬カルテルに殺されるぞと、ジョンに忠告しました。

その後、帰宅したダニエルは、ジョンから貰った報酬を見つけたバネッサと口論。

ダニエルは泣き崩れたバネッサを抱き締め、「ここは危険だから、急いでアンソニーと一緒に実家に避難してほしい」と告げます。

一方ジョンは、勝手に家に上がり込んだマリークと対峙していました。

ジョンはアナリサに、イザベルを連れて自分の姉の家に避難するよう言い、彼女を逃します。

ジョンはマリークと話し、ダニエルから密告されていないことを知って内心安堵した直後、彼から次の仕事を依頼されました。

マリークはジョンを車の修理工場へ連れて行き、そこで待つエル・トポに会わせます。

エル・トポは直々に、ジョンにメキシコへある荷物を運んでほしいと依頼しました。

ジョンはエル・トポの手下から、日曜の朝10時に連絡を入れるから、指定した場所でブツを受け取り、メキシコへ運べと指示されます。

土曜日、ジョンはキーガンたちに、マリークたちがアナリサたちと自宅を知っていたことを糾弾。

それと同時に、ジョンはエル・トポ直々に仕事を依頼されたことを報告しました。

クーパー捜査官は恐らく、マリークたちはジョンの情報を、アメリカ政府のデータベースを使って調べたのだと回答。

ジェイソンは母方の姓を名乗っているため、マリークたちにはまだ知られていません。そして今回、ジョンに仕事依頼したエル・トポ。

彼の本名は、フワン・カルロス・ピンテラ。元メキシコ民兵で、現在は「ヌエボレオン・カルテル」という麻薬カルテルのボスをしています。

エル・トポがジョンに運ばせようとしているのは、多額の現金。麻薬カルテルは、銀行を使って現金のやり取りができないため、運び屋に現金を運ばせるのです。

こう話すキーガンは、危険度が高い仕事をジョンに任せられないと言うクーパー捜査官の反対を押し切り、ジョンにエル・トポの仕事を引き受けるようお願いします。

そうすればエル・トポの逮捕と、麻薬カルテルの資金の押収、麻薬カルテルの壊滅を一気に出来るからです。

ジョンは最後に、キーガンにそのミッションを成功させた暁には、ジェイソンを即釈放するよう要求しました。

その後、ジョンは医療棟から戻ったジェイソンと面会し、「何があっても友達を裏切らないところと、逃げずにいるお前を尊敬する」と話します。

そしてジョンは、ダニエルの家を訪ね、彼に密告しないでいてくれたことへのお礼と、巻き込んでしまった事への謝罪を述べました。

つづけてジョンは、ダニエルに「それでも俺は、マリークやキーガンたちのどちらにも、自分の運命を委ねる気は無い」と言います。

日曜日の朝10時、ジョンはエル・トポの手下から、ウェット・リパブリック4022で荷物を受け取れと指示されました。

ジョンはすぐさま運送会社を出て、大型トレーラーに乗って受け取り場所へ向かいます。

しかしその途中、ジョンはクーバー捜査官が仕込んだGPS付きの大型トレーラーを乗り捨て、別の大型トレーラーに乗って彼らDEAを撒いてしまうのです。

ウェット・リパブリック4022にある農場へ到着後、ジョンは待っていたエル・トポの手下から830万ドルを現金のまま受け取り、メキシコへ向かいました。

その道中、ジョンは密かにダニエルと連絡を取り合い、マリークからエル・トポの携帯番号を入手するようお願いします。

ダニエルはマリークのアジトを襲撃。彼の手下全員殺した後、マリークと撃ち合い、致命傷を負った彼からエル・トポの携帯番号を入手しました。

アジトを出たダニエルは右腕の傷を庇いながら、ジョンにエル・トポの携帯番号をメールで伝えます。

ジョンは運転中、ダニエルの連絡を受け、クーパー捜査官にエル・トポの携帯番号を伝え、それを使って彼のアジトを突き止めるよう指示しました。

エル・トポのアジトへ急行するクーパー捜査官たちDEA。しかしその途中、エル・トポの手下と繋がっていた女性刑務官が、ジェイソンが服役していることを密告したのです。

クーパー捜査官たちは急いでジョンに伝え、ジェイソンを独房に入れて守るようにしました。

それを聞くよりも先に、ジョンは自分の目的がエル・トポたちにバレてしまい、尾行していたエル・トポの手下たちから襲撃されます。

ジョンは護身用に事前に買った銃を使い、大型トレーラーを運転しながら何とか応戦。

その間にDEAがエル・トポのアジトを襲撃するも、既にエル・トポは逃げており、家はもぬけの殻でした。

エル・トポのアジトへ向かっていたクーパー捜査官は、偶然アジトから出てきたエル・トポの車とすれ違い、急いでUターンをして彼を挟み撃ちにして逃げ道を塞ぎます。

一方ジョンは、エル・トポの手下たちから執拗に追われており、パンクさせられたタイヤで走行しながら1台ずつ潰していきました。

最後の1台と戦った際、ジョンが乗る大型トレーラーは横転し、ジョンは足が挟まって身動きが取れなくなってしまいます。

このままじゃエル・トポの手下に殺される、そうジョンが思って銃を手にした瞬間、DEAの捜査官が彼を救助しに駆けつけました。

その後、エル・トポは幹部共々逮捕され、現金と武器をDEAに押収されてしまいます。

キーガンはジョンに感謝を述べ、朝7時にジェイソンを釈放。彼は出口で待つジョン・シルビー・アナリサと一緒に、無事家へ帰っていきました。

ダニエルもまた、負傷した右腕を治療後、バネッサたちを迎えに行き、2人を強く抱きしめました。

証人保護プログラムを辞退したダニエルは後日、クーパー捜査官に調書のため呼び出された際、この書類にサインしてほしいと頼まれます。

何の書類か分からず、警戒するダニエル。彼はクーパー捜査官から、エル・トポ逮捕の報酬とジョンからの退職祝いだと聞き、書類を受け取って10万ドルを手にしました。

スポンサーリンク

映画『オーバードライヴ』の感想と評価


(C)2012 SNITCH FILM HOLDINGS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

ジョンとダニエルの熱い家族愛と、彼らが麻薬カルテルと密売人と激しいバトルを繰り広げていく姿が描かれている映画でした。

懲役10年を言い渡されてしまったジェイソン。彼を減刑すべく、運び屋に扮して密売人や麻薬カルテルと接触するジョン。

身に降りかかる危険を顧みず行動する姿から、彼がどれほどジェイソンを大事に思っているかが画面越しから伝わってきて、自然と涙が流れるほど感動します。

一方ダニエルもまた、妻のバネッサと幼い息子のアンソニーという大事な家族がいました。

引っ越してきたばかりで友達が出来ない寂しさから、悪い連中とつるんでしまうアンソニー。

共働きだけど、日中に働くだけじゃ生活がままならず、夜も仕事をするバネッサ。

大事な妻子が何不自由なく暮らせるようにと思う気持ちだけで、ジョンに協力するダニエルの家族愛も素晴らしいものです。

そして、最初は密売人の逮捕を協力すると言った、ジョンの申し出を断ったキーガン。

彼女がジョンの想いに応え、クーパー捜査官やDEAと協力してくれたからこそ、エル・トポたちを逮捕・現金と武器の押収ができたので、心強い味方がいて良かったねジョンと声をかけたくなります。

ジョンたちが巻き込まれた敵組織とエル・トポたちの銃撃戦、ダニエルとマリークの一騎打ち、それから物語の後半に描かれた車を運転しながらのジョンたちのバトル。

カーアクションと銃撃戦が繰り広げられ、これらの場面で、アクション好きにはたまらない、ダイナミックな迫力とスリル、興奮を味わえます

まとめ


(C)2012 SNITCH FILM HOLDINGS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

ジョンとダニエルの熱い家族愛と、麻薬カルテルと密売人と戦う激しいバトルが描かれた、アクション・サスペンス作品でした。

ジョン役のドウェイン・ジョンソンが、息子のために密売人の逮捕に協力する父親を演じる姿は大変素晴らしいですが、「ワイルド・スピード」シリーズに出演していたからこそできるカーアクションも格好良いです。

また、彼に協力するダニエル役を演じたジョン・バーンサルも、1人で密売人マリークのアジトを襲撃。

手下たちを1丁の拳銃だけで倒し、マリークとの一騎打ちを制した彼のアクション場面も、スリルと興奮が味わえて最高でした。

最後呆気なくエル・トポがDEAに捕まった姿は、DEAとのバトルを想定していた人にとっては、少し物足りなく感じることでしょう。

家族の為に戦う男たちの熱い親子愛を感じつつ、麻薬カルテルたちと激しい銃撃戦、カーチェイスを繰り広げていくアクション・サスペンス映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。



関連記事

アクション映画

『スカイスクレイパー』ネタバレ感想と評価。ドウェイン・ジョンソンの筋肉と家族愛を堪能

世界中で大ヒットを記録した映画『スカイスクレイパー』は、ロック様こと、ドウェイン・ジョンソンが主演を務めるアクション大作です。 高さ1000メートルにも及ぶ超高層ビルで発生した火災、それを巻き起こした …

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の河了貂役は橋本環奈。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日に公開されます。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超え …

アクション映画

映画『Dinerダイナー』ネタバレ感想。ラスト結末のあらすじに見えた蜷川幸雄への盛大なる鎮魂歌!

映画『Diner ダイナー』は2019年7月5日公開。 「登場人物全員が殺し屋」という衝撃的な宣伝コピーにより、注目度を高めた映画『Diner ダイナー』。 平山夢明の小説『ダイナー』を原作としながら …

アクション映画

キングアーサーあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2017年6月17日公開の待望のガイ・リッチー監督の『キング・アーサー』をご紹介! ガイ・リッチー監督ならではのオリジナルな映像美で、アーサー王伝説の物語をソードアクション・エンターテインメントに仕上 …

アクション映画

『孤狼の血LEVEL2』小説ネタバレ感想と結末の解説評価。続編バイオレンスは狼刑事VS最凶最悪モンスターにレベルアップした!

映画『孤狼の血 LEVEL2』は、2021年8月20日(金)全国ロードショー。 映画『孤狼の血 LEVEL2』は、柚月裕子原作の広島の架空都市を舞台に警察とやくざの攻防戦を過激に描いた、白石和彌監督に …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学