Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『マッチング』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。土屋太鳳演じるヒロインが「出会い系アプリの危険性」を恐怖と愛憎で描く

  • Writer :
  • 星野しげみ

新たな出会いで自分の全てが狂い始める恐怖を描いた『マッチング』

ミッドナイトスワン』(2020)が大ヒットした内田英治監督が、マッチングアプリによる出会いから始まる恐怖をオリジナルストーリーで描きました

ヒロインに土屋太鳳、アプリで知り合う男をアイドルグループ「Snow Man」の佐久間大介、アプリの運営会社のプログラマーを金子ノブアキが演じています。

マッチングアプリで出会った人はプロフィールとは全く別人? 新しい恋を見つけようとした主人公ですが、その全てが狂い始めます。

他人事とは言えないほど身近にある恐怖を描いた映画『マッチング』をネタバレあらすじ有りでご紹介します。

映画『マッチング』の作品情報


(C)2024「マッチング」製作委員会

【日本公開】
2024年(日本映画)

【原作・監督】
内田英治

【脚本】
内田英治、宍戸英紀

【製作】
遠藤徹哉、小川悦司、舛田淳、渡辺和則、 牧田英之

【企画】
若泉久朗

【キャスト】
土屋太鳳、佐久間大介、金子ノブアキ、真飛聖、後藤剛範、片山萌美、杉本哲太、斉藤由貴

【作品概要】
マッチングアプリによる出会いから始まる恐怖をオリジナルストーリーで描いたサスペンススリラー『マッチング』。

異動辞令は音楽隊』(2022)『ミッドナイトスワン』(2020)の内田英治が原作・脚本・監督を務めました。

主人公・輪花を土屋太鳳、狂気のストーカー・吐夢をアイドルグループ「Snow Man」の佐久間大介、輪花を助けるプログラマー・影山を金子ノブアキが演じています。

映画『マッチング』のあらすじとネタバレ


(C)2024「マッチング」製作委員会

東京の豊島区のホテルで新婚夫婦の惨殺死体が発見されました。そして次々と、結婚まもない夫婦が、顔に傷をつけられ、鎖につながれたままテーブルで手をつないだ格好で殺される事件が続きます。彼らの共通点は、マッチングアプリ「Will Will」で知り合って結婚したということでした。

警察がマッチングアプリ「Will Will」に注目し出した頃、ウェディングプランナーとして働く輪花は、忙しい毎日を送っていました。ですが、仕事が充実している一方で恋愛に奥手で彼氏がいません。

母親が幼い頃にいなくなり父親に育てられた輪花は、週末の金曜日に父親と居酒屋で夕食を摂り、「29歳になる娘の週末の相手がお父さんなのよ」とぼやいていました。

そんな輪花を心配する親友で同僚の尚美は「Will Will」に登録することを勧め、輪花は新しい出会いを求めて、登録しました。

同じ頃、輪花の務める結婚式場「ナガタウェディング」は、マッチングアプリ連続殺人事件の煽りを食って会員数が激減したアプリの運営会社「Will Will」と仕事上の連携を結びます。

一方、輪花は高い相性度が出てマッチングした相手・吐夢と会ってみることにしました。初デートの水族館に現れた吐夢は、真っ黒なコートに不格好な長靴をはいた、プロフィールとは別人のように暗い男でした。

会って間もない輪花に「僕は不運な星の下に生まれたんです。生まれてすぐにコインロッカーに捨てられたんです」と言い、輪花の猜疑心を仰ぎます。

それ以来、吐夢は輪花のストーカーと化し、「次いつ会えますか?」と何回もラインをしてきます。恐怖を感じた輪花は、取引先である「Will Will」のプログラマー・影山に相談しました。

吐夢は以前もマッチングアプリで出会った女性とトラブルになり、警察沙汰を起こしています。いわくつきで超注意人物だったのです。そんな話を教えてくれる影山に、輪花は心がゆらぎます。

未婚のシングルマザーに育てられたという影山は、昔の映画が好みの物静かな男性でした。

同じ頃、“アプリ婚”した夫婦の連続殺人事件を調査する警察は、被害者たちが輪花が結婚式場で担当していたことを突き止め、輪花身に話を聞こうとします。

また一方では、輪花の家にも父親あてに謎の女性から電話がかかり、その時から輪花の父の様子がおかしくなります。

実は輪花の父親は、25年前に不倫をしていました。節子という相手の女性は、息子がいるシングルマザー。輪花の父とは出会い系チャットで知り合ったのですが、輪花の父親が心底好きで、別れようとする輪花の父の話に応じてくれません。

輪花の父親はそんな節子とずるずると不倫関係を続けていたわけですが、ある時「あなたの赤ちゃんが出来たのよ」と言われ、カッとなってかなり強い態度で別れ話を節子にしたところ、逆上した節子に背中を刺されました。

節子の家での出来事で、丁度学校から帰ってきた節子の息子がその場面を目撃し、警察沙汰になりました。その事件があったあと、輪花の母は「すぐ戻るから」と輪花を公園に残して、行方不明になったのです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『マッチング』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『マッチング』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意してください。


(C)2024「マッチング」製作委員会

25年前の記憶がポツポツと思い出され、母の消息を気にする輪花は、自宅までやってきた吐夢に対して、はっきりと嫌悪感を表しますが、吐夢は「Will Will」の影山は危険だという謎の言葉を残して去って行きました。

その後、同僚の尚美の元に吐夢が現れました。尚美から「吐夢がやって来たから今夜来て欲しい」という電話を受けた輪花は、その時一緒にいた影山に話をし、その夜尚美の家へ行きました。

部屋のベルを押しても応答のない尚美を心配しながら帰ろうとマンションの入り口まで来た時、いきなりドサッという音がして空から何か落ちてきました。

恐る恐る尚美が振り返ると、そこには顔に傷をつけられ、血だらけになって息絶えている尚美の姿がありました。

悲鳴をあげて泣き叫ぶ輪花。警察署内で呆然としています。そこへ、追い打ちをかけるように、輪花の父親の首吊り死体が見つかったという連絡が入りました。

殺されたのか、自殺なのか。はっきりわかりませんが、正真正銘独りぼっちになった輪花は何も失うものはないと思い始めていました。

そんな時、影山が見せたいものがあるからと、輪花を古ぼけたアパートに連れて行きました。

アパ―トの一室に入ると影山は、この部屋に住んでいた女性の狂気に満ちた生活を語り始めました。「なんの話?」と驚く輪花に、影山は「君のお父さんに捨てられた、哀れな僕の母の話をしているのだ」「愛情が深すぎた。わかるか?愛する母親が目の前でどんどん壊れていく苦しさが」と詰め寄ります。

影山は父の浮気相手の節子の連れ子だったのです。ずっと自分の母親の復讐相手を探し、マッチングアプリに登録した輪花の情報からやっと見つけたと思ったと言います。

そして節子が好きだったという四つ葉のクローバーの話をします。四つ葉のクローバーの花言葉は、「幸運」「約束」「私のものになって」そして「復讐」だと……。

恐怖を感じた輪花は、逃げ出そうとしますが、影山に襲われ危うく刺されそうになりました。その時、部屋のドアを叩く音がし、「開けてください。警察です」と言う声がしました。

一瞬ひるんだ影山のすきをぬってドアをあけた輪花ですが、ドアの外にいたのは警察ではなく、ストーカーの吐夢でした。

輪花は再び悲鳴をあげ部屋に逃げ込もうとしますが、そこには影山がいます。どうしていいかわからない輪花の腕をとって、吐夢は「逃げるんだ」と言いました。

「あなたも信じられない」と叫ぶ輪花ですが、後ろから追ってくる影山から逃げるため、吐夢とともに影山と闘います。やがて到着した警察によって影山は逮捕されました。

その後しばらくして、輪花は今度は吐夢にある場所に連れていかれました。

そこは湖畔にある別荘のような建物で、車椅子の女性と彼女の介護をする女性が2人で暮らしていました。輪花は車椅子の女性が父の浮気相手の節子と思って語り掛けます。しかし、車椅子の女性は無表情で、反対に笑いだしたのは介護人の方でした。

この介護人が節子でした。そして、輪花の父と会ったという話をし、でも父が死にたくなったのは、この車椅子の人を見たからでは?と言いました。節子の言葉に、輪花は車椅子の女性が母親だと気が付きます。

母が消えた日のこと。公園に輪花を残して母は公園の外へ出て話し合うために節子に会いましたが、ふいに節子に頭を殴られて車に乗せられました。母はそのまま節子とともに行方不明になったのです。

節子は最初憎くて仕方なかった輪花の母に自分のこれまでの苦労を言い聞かせ、母の世話をするうちに、父のかわりにこの人がいればいいと思うようになったのだと言いました。

車椅子の母は記憶を無くしているようで、ただじっとしているだけですが、そのうちに「リンカ」と叫び始めました。その時、節子が車椅子の背にさしてあった鋏を持ち出し、輪花を刺そうとしました。

いち早くその行動に気が付いた吐夢は輪花をかばって肩を刺されました。そこへ警察が来て悪夢のような湖畔の事件は幕を閉じます。

吐夢が入院している病院の一室に、輪花がお見舞いに来ました。何となく気まずい2人ですが、輪花は助けてもらったお礼を言います。

退院した吐夢は留置場にいる節子に面会に行きました。節子を前に「僕は生まれてすぐにコインロッカーに捨てられていたんです。」と、吐夢は自分の不運な生まれを話します。手掛かりは一緒にロッカーに入っていたペンダントだけ。その中には四つ葉のクローバーが入っていたのです。

その頃、警察の取り締まりで影山は、尚美と1組の夫婦の殺害だけを認めていました。では、あとの殺人事件の犯人は誰なのでしょう?

一方、輪花はまだ記憶のはっきりしない母を引き取ります。実家で穏やかな母と2人の生活が始まりました。

ある日、吐夢と輪花は再び水族館でデートをしています。輪花はそっと吐夢と手をつなぎました。吐夢はカメラ目線でニッと笑います。

映画『マッチング』の感想と評価


(C)2024「マッチング」製作委員会

鍵を握る四つ葉のクローバー

マッチングアプリを使って知り合った男女がめでたく結婚! ですが、幸せいっぱいの2人が鎖で縛られ、顔に刃物で十字傷をつけられた無残な殺され方をする連続殺人事件が起こります。

その一方で、主人公の輪花もまたマッチングアプリがきっかけで、事件に巻き込まれていきました。ですが、そもそもの事件の発端は、輪花の父親の浮気でした。

輪花の父にゾッコンの浮気相手・節子は別れを拒み、自分自身を責めて徐々に精神を病んでいきます。節子の連れ子の影山と腹違いの弟になる吐夢が、25年たってほぼ同時期に輪花の前に現れました。

キーワードとなるのは、「四つ葉のクローバー」。幼い輪花は節子から四つ葉のクローバーをもらい、それを絵に書いていました。その絵がマッチングアプリのプロフィール写真の背景に映っていたことで、影山に発見されてしまったのです。

またその花言葉も意味深いものでした。四つ葉のクローバーの花言葉でよく知られているのは「幸福」でしょう。その他にも花言葉があって、「復讐」や「私のものになって」というものまであるとは驚きでした。

本作では「幸福」よりも後者の意味で使われているようです。節子の輪花の父親に対する愛は半端ではありません。愛とは、ここまで深く、狂おしいものなのかとぞっとします。

四つ葉のクローバーで表す歪な愛


(C)2024「マッチング」製作委員会

新しい恋を見つけようとして、マッチングした相手から、ひどい目にあわされたり騙されたりと、映画のみならず現実社会でも犯罪に繋がることは多々あります。

出会いがあるだけ、愛のカタチもさまざまにあるとも言えます。四つ葉のクローバーになぞられて考えてみれば、本作には歪な4つの愛のカタチがありました。

まず輪花。愛する人々を失っていって、もう怖いものは何もないと思う彼女は、精神的にも強い女性に成長していきました。父親の嘘やストーカーに悩まされるマッチングの恐怖も体験し、運命の出会いなど信じられないと思います。

次に吐夢。不運な星の元に生まれたという吐夢は、愛に飢えています。深海よりも深い愛を持つ彼は執着心が強いので、気になる女性にはしつこいほど付き纏うようになりました

そして影山。不倫をして苦しむ母の姿を間近で見て育った影山は、次第に精神を苛まれていく母から人を愛することの凄まじさを知ります

最後に、影山の母節子。不倫をしていながら、どうしても関係を断ち切れない節子。やがてその愛は憎しみへと変わり、不倫相手である輪花の父を刺し、輪花の母を拉致監禁するまでになります。まさに深すぎる愛! どろどろの愛憎劇の真の主役でした。

新しい出会いで恋人を見つけようとした輪花。その結果、25年前の家庭の傷を暴くことになり、自身も死ぬほどつらい目にあいました。

全ての事件は解決し、めでたし、めでたし。と思いきや、連続殺人事件のもう一人の犯人と思える吐夢の存在が気になるラストが待ち受けます。

マッチングアプリ全てが悪いのではありませんが、やはり初対面の人との‟新たな出会い”には、慎重になるべきでしょう

まとめ


(C)2024「マッチング」製作委員会

アプリを使った婚活が招く恐怖を描いたサスペンス映画『マッチング』。

結婚相手を探す知らない者同士が出会うことの恐ろしさを描いています。またその裏には、不倫による家庭崩壊の末、犠牲となった子どもへの将来の危惧もあり、二重、三重に考えさせられる作品でした。

輪花、トム、影山の三つ巴となる‟愛の復讐劇”を表現する、土屋太鳳、佐久間大介、金子ノブアキの俳優陣に加え、晩年の節子を演じた斉藤由貴の愛憎込めた迫真の演技が、この作品の怖ろしさを増進させています



関連記事

サスペンス映画

韓国映画『国家が破産する日』あらすじネタバレと感想。結末で述べられたのは権威主義に陥ることへの警告

国家破産の日まで残された時間は7日間。その時、政府は何をしていたのか!? 1997年に韓国で実際に起きた通貨危機の裏側を描いた、社会派エンターテイメント作品『国家が破産する日』。 シヒョン役をキム・ヘ …

サスペンス映画

殺しを呼ぶ卵 最長版|あらすじ感想と評価解説。サスペンス映画でジュリオ・クエスティ監督が映す“復活”の美醜

卵が先か、殺しが先か。 知る人ぞ知る猟奇サスペンスが新バージョンで日本初公開! 2022年12月2日(金)より新宿シネマカリテほかにて全国順次公開される映画『殺しを呼ぶ卵[最長版]』。 その残酷描写に …

サスペンス映画

【ネタバレ】『首』あらすじ結末感想と評価解説。北野武が描く“戦国版アウトレイジ”は裏切りこそ真髄

北野武が戦国時代を舞台に描く仁義なき裏切り合戦! 漫才師「ビートたけし」として活躍しながらも、『その男、凶暴につき』(1989)で映画監督としての鮮烈なデビューを飾り、『ソナチネ』(1993)『座頭市 …

サスペンス映画

映画『ワルキューレ』ネタバレ結末あらすじと感想ラスト考察。トム・クルーズが実話実在の人物シュタウフェンベルクを見事に演じる

ドイツ人将校が愛する祖国のためにヒトラーを暗殺する戦争サスペンス・アクション! ブライアン・シンガーが製作・監督を務めた、2008年製作のアメリカの戦争サスペンス・アクション映画『ワルキューレ』。 第 …

サスペンス映画

【ネタバレ】ヒトラーのための虐殺会議|結末あらすじ感想と評価考察。ヴァンゼー会議の映画で描く“最終的解決の恐怖”

ユダヤ人絶滅政策を決定したヴァンゼー会議を実際の議事録をもとに映画化 1942年1月20日、ベルリンのヴァンゼー湖畔にある大邸宅にて行われた“ヴァンゼー会議”。 ヴァンゼー会議では、国家保安部長官のラ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学