Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2019/09/22
Update

映画『楽園』ネタバレあらすじと感想。瀬々監督は原作短編を「紡」という女性の名を活かし【罪・罰・人】のと三部構成へ

  • Writer :
  • 村松健太郎

“人はなぜ、罪を犯すのか?”心をえぐられる衝撃作の映画化!

『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。彼の最高傑作と評される『犯罪小説集』を基に、『64-ロクヨン-』『友罪』の瀬々敬久監督が映画化させ、『楽園』という題名で2019年10月18日(金)に公開されます。

主演にはその実力と人気の高さからトップスターの座を築いた綾野剛。確かな演技力で急成長をみせる杉咲花が緊張感溢れる本編に華を添え、日本を代表する俳優・佐藤浩市をはじめ、村上虹郎、柄本明といった実力派が集結しました。

スポンサーリンク

映画『楽園』の作品情報


(C)2019「楽園」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【脚本・監督】
瀬々敬久

【キャスト】
綾野剛、杉咲花、村上虹郎、片岡礼子、石橋静河、柄本明、佐藤浩市

【作品概要】
吉田修一の「犯罪小説集」から「青田Y字路」「万屋善次郎」を元に瀬々敬久監督が映画化。キャストには、綾野剛、杉咲花、佐藤浩市という各世代の豪華キャストを集結させました。

主題歌は野田洋次郎プロデュースによる上白石萌音の新曲「一縷」を披露しています。

【主題歌】
上白石萌音「一縷」

【作品概要】
『悪人』『怒り』などのベストセラー作家である、吉田修一の短編集「犯罪小説集」を映画化。演出は「64 ロクヨン」シリーズの瀬々敬久監督。キャストに綾野剛、杉咲花、佐藤浩市らが集結しました。

映画『楽園』のあらすじとネタバレ


(C)2019「楽園」製作委員会

第一章【罪】

夏祭り、偽ブランド品を売っていた母子と、地元のヤクザと揉めごとが起きます。

仲裁に入った地元の顔役の藤木五郎は、この際の縁で母子と知り合い、息子の中村豪士に仕事を世話するという話になります。

ところがその夜、青田Y字路で五郎の孫娘・愛華が行方不明になります。

直前まで同級生の湯川紡と一緒に下校していたところですが、別れてからのわずかな道中で愛華は姿を消しました。

町中の人々が探して回りますが、小川にランドセルが見つかっただけでした。

それから12年後、再び少女の行方不明事件が起きます。

奇しくも場所は同じY字路。地元の人々の頭の中には嫌でも12年前の悲劇が頭に浮かびます。

そんななか、捜索に加わっていた一人から、豪士が怪しいのではないかという言葉が出ます。

12年前の捜索にも関わっていた豪士ですが、彼の挙動には確かに怪しいところがありました。

抑えの利かなくなった一団は、豪士の住む部屋に押しかけます。

一団を見て逃げ出した豪士はやがて食堂に立てこもり、自ら灯油を浴びてライターに火をつけます。

立てこもった食堂が火に包まれた直後、行方不明になっていた少女が発見されます。

今回の一件は少なくとも豪士には関係なく、12年前のことも豪士が自ら命を絶ったことで藪の中となってしまいます。豪士を追い詰めた五郎の心は救われないままでした。

第二章【罰】


(C)2019「楽園」製作委員会

Uターンで地元に帰ってきた田中善次郎は、地元で両親を看取ってからも地元に残り養蜂業を営むかたわら、“万屋”として限界集落になりかけている地元を支えていきます。

年長者たちが集まること寄合の場で、養蜂を村おこしに使えるのではないか?と提案して、注目を浴びます。

ところが、そのやり取りがかえって集落と善次郎の間に軋轢を生んでしまいます。

誤解や全くのでたらめが広がり始め集落は、善次郎を拒み始めます。

周囲の冷たい視線から逃れるために、亡き妻との思いのなかに籠り切る善次郎。

やがて彼は村八分の状態になっていきます。そして鬱屈した善次郎がある夜、爆発します。

以下、『楽園』ネタバレ・結末の記載がございます。『楽園』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

最終章【人】


(C)2019「楽園」製作委員会

豪士と付き合いがあり、善次郎とも面識のあった湯川紡は、かつて同級生の愛華を見失ってしまって以来地元に複雑な感情を抱いていました。

そして、善次郎が村八分の苦境から暴発して集落の人々を襲い、殺して回ったというニュースをある場所で見ていました。

そこには豪士の母親が働いていました。

紡は豪士の母親に12年前の真実を語るように迫ります。

12年前、少なくとも愛華が姿を消したときの豪士のアリバイは、母親による虚偽であることが分かりますが、豪士が愛華を連れ去ったのかは母親もわからないということでした。

因縁のY字路に立つ紡。彼女の目には楽園として連れてこられた土地で人生に絶望し立ち尽くす豪志と、彼にやさしく声をかける愛華の姿が蘇ります。

それは紡には見えていた風景なのか?はたまたまY字路で紡が見た幻なのか?

そこには少女の後を追う男の姿がありました。

スポンサーリンク

映画『楽園』の感想と評価


(C)2019「楽園」製作委員会

“犯罪とは感情のボタンの掛け違い”というのは、瀬々敬久監督の言葉です。

本作『楽園』は、殺人事件の加害者・被害者・関係者のぶつけどころのない感情が沸点に達した時を描くドラマです。

殺意、罪の意識、善意、誤解、悪意、好意などなどプラスであれマイナスであれ、どんな感情であっても時と場合によってはその本質とは違う効果を生み出してしまいます。

そして、時には感情の持ち主をも混乱させ、戸惑わさせます。


(C)2019「楽園」製作委員会

本作の登場人物たちは、自分たちが持った感情によって逆に振り回され、飲み込まれていきます。

良かれと思ったことであっても、正義と思ってしたことでもどうしようもない悲劇を招きかねません

『楽園』は映画ではありますが、一般人が暮らす世界と地続きにある物語でもあり、自分の身の回りにも普遍的に起きる出来事のなのかもしれません。

まとめ


(C)2019「楽園」製作委員会

犯罪小説集」という原作のタイトルを映画化に合わせて『楽園』とした瀬々敬久監督ですが、まさに人によっては楽園のように感じるものも、他人にとってはそこは生き地獄でしかないということもあり得ます

原作以上に、地方都市を出自にした人の土地からの縛りや、限界集落の閉そく感などが映画に色濃く焼き付けられます。

映画の冒頭のなんでもないシーンから、もうすぐ破裂するのではないだろうかと張りつめた空気に不安を掻き立てられます。

2016年の『64-ロクヨン-』、2018年の『友罪』など、サスペンスのジャンルでも抜群の演出力を見せる瀬々監督ならではというところです。

繋がりのない短編を紡(つむぎ)という、そのままの名前の女性の立場を拡大さて、一つの物語にまとめたうえで「罪」「罰」「人」という三部構成に作り直すのも面白い手法です。

土地と生き方に疲弊した人々のどうしようもない行き着いた先は、残酷さと希望の両方を持ち合わせています







関連記事

サスペンス映画

映画『ボーダーライン ソマリア・ウォー』あらすじネタバレと感想。原作者ジェイ・バハターの登場シーンは主人公の悪夢の中に

近年、そのあるべき姿と存在意義が問われる機会が増え、それをテーマにした映画も数多く作られているジャーナリズムと、それに関わる人々の姿。 新たに混迷を極める地ソマリアに身を投じた、若きジャーナリストの実 …

サスペンス映画

映画『グッドタイム』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

最近、テレビでも放送されたハリー・ポッターシリーズでセドリック・ディゴリーを演じたロバート・パティンソン。 本作ではまるで地方都市から飛び出してきた、頭の残念すぎる若者を熱演し、全部自業自得で大変な目 …

サスペンス映画

映画『ゴッド・セイブ・アス』あらすじ【主演賞ロベルト・アラモ紹介あり】

スペインのアカデミー賞と呼ばれるゴヤ賞や海外の国際映画祭でも話題となった『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件』。 前代未聞の猟奇事件を追う2人の刑事は、何かと問題行動の多いハビエル& …

サスペンス映画

『オーシャンズ11』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ジョージ・クルーニー主演、後にシリーズ化された大人気クライムサスペンスの映画『オーシャンズ11』。 脇を固める俳優はブラッド・ピットやマット・デイモン等人気俳優たち。シリーズ1作目の今作を紹介していき …

サスペンス映画

【結末ネタバレ】スマホを落としただけなのに|映画と原作小説の違いを徹底解説

住所、氏名、電話番号、メールアドレス、勤務先、個人情報はもちろん、彼女、元カノ、浮気、趣味嗜好すべてがばれます。ただ、スマホを落としただけで。 作家の五十嵐貴久が、小説の解説にて「予言しておく。本書に …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP