Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2023/04/24
Update

【ネタバレ】高速道路家族|あらすじ結末感想と評価考察。韓国映画で描いた‟貧困家族の生きる道”はハイウェイでの転々暮らし

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

高速道路で暮らす貧困家族が引き起こす事件ととある一家との交流

貧困家族と中古家具屋を営む一家の交流を通して、韓国社会が抱える問題、共に生きるということを描くサスペンスドラマ『高速道路家族』。

高速道路を転々としながら、2度と会うことのない客に2万ウォンを借りて食いつないでいたギウとその家族の物語です。

以前一家にお金を貸したヨンソンは別のサービスエリアで一家に遭遇し、不審に思い警察に通報してしまいます。しかし、ギウと引き離され途方にくれる一家を放っておけないヨンソンは自分の家に来ないかと声をかけます。

『太陽を抱く月』など大ヒットドラマに出演したチョン・イルが7年ぶりにスクリーンに復帰し、一家を支えようとする父親・ギウを熱演。また中古家具屋を営むヨンソンを、『正直政治家 チュ・サンスク』(2023)で青龍映画賞主演女優賞を受賞したラ・ミランが演じます。

監督は、『スキャンダル』(2018)のイ・ジェヨン監督などの元で助監督として経験を積み、本作が長編監督デビュー作となったイ・サンムンが務めました。

映画『高速道路家族』の作品情報


(C)2022 Seollem film, kt alpha Co., Ltd. All Rights Reserved.

【日本公開】
2023年(韓国映画)

【原題】
Highway Family

【監督・脚本】
イ・サンムン

【キャスト】
チョン・イル、ラ・ミラン、キム・スルギ、ペク・ヒョンジン

【作品概要】
数多くの新人監督を発掘してきた釜山国際映画祭で上映され、話題を集めた映画『高速道路家族』の監督を務めたのは、イ・ジェヨン監督の『スキャンダル』(2018)、『バッカス・レディ』(2017)などで助監督を務め、本作が監督デビュー作となるイ・サンムン。

ラ・ミラン演じるヨンソンとペク・ヒョンジン演じるドファンの夫婦は、実際に中古家具屋を営んでいるサンムン監督の義両親から着想を得たと言います。

様々なホームレスの資料で調査をし、サービスエリアが人々が暮らすために必要なものが揃っていることに気がついたサンムン監督は、産業の発展や資本主義の発展を象徴するかのようなサービスエリアで、人々にお金を借りてその日を食いつなぐホームレス一家を描き出しました。

映画『高速道路家族』のあらすじとネタバレ


(C)2022 Seollem film, kt alpha Co., Ltd. All Rights Reserved.

「妻の実家に行った帰りなのですが、財布をなくしたようで……すみません。2万ウォン貸していただけませんか」「ありがとうございます。家に帰ってたら返しますので、口座番号を教えてくれますか」

ギウ(チョン・イル)と妊婦のジスク(キム・スルギ)と2人の子ウニとテクの一家は、サービスエリアにやってくる客に2万ウォンを借りては食いつないでいました。

夜になるとテントをはり、一家で眠ります。朝、テントを見つけた警備員に片付けるように言われても口では「片付ける」と答えますが、無論そんな気はありません。

中古家具屋を夫婦で営むヨンソン(ラ・ミラン)は、サービスエリアのトイレで水道の水を飲むウニを見て「飲んじゃダメよ」と思わず声をかけます。ウニは驚いた顔をして何も言わず逃げていってしまいます。

その後、ヨンソンが車に乗ろうとすると、ギウが近づきお金を貸してほしいと言います。どこまで帰る予定なのかとヨンソンが尋ねると馬山とギウは答えます。

子どもの頃に馬山に住んでいたとヨンソンは懐かしそうに言い、ギウに2万ウォン貸します。そして食堂で客の様子をのぞき見していたウニとテクを見かけていたヨンソンは、可哀想に思ってさらに5万ウォンをウニに渡します。

金を借りることのできた一家は食堂で楽しそうに食事をします。楽しそうな一家ですが、先の見えない生活に不安を感じていました。

空き家に寝泊まりしながらサービスエリアからサービスエリアへと移動し、その日暮らしを続けていた家族ですが、以前とは別のサービスエリアで再びヨンソンと遭遇してしまいます。

詐欺をしていることを認めないギウにヨンソンは警察に通報し、逃げ出す一家を追いかけます。妊婦のジスクは早く走れずヨンソンに追いつかれてしまいます。

するとジスクは膝をついてヨンソンに二度としないから見逃してくれと懇願します。ジスクの必死さにヨンソんは言葉を失います。そのままジスクは逃げ出し、何とかギウと子どもたちと合流することが出来ました。

しかし、ギウは通報さえしなかったらと壊れたように錯乱し始めます。子供たちは父親の姿に怯えて泣き出し、ジスクは必死にジウを押さえつけて落ち着かせようとします。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『高速道路家族』ネタバレ・結末の記載がございます。『高速道路家族』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2022 Seollem film, kt alpha Co., Ltd. All Rights Reserved.

警察の取り調べを受けたヨンソンは、警察に逮捕されたら子どもはどうなるのかと尋ねます。すると警察は児童課の判断によると答えます。

そして監視カメラを調べた警察はギウを見つけ出し、署に連行しようとします。必死に逃げて抵抗するギウでしたが、とうとう捕まってしまいます。

ヨンソンにも連絡があり、警察署で確認をします。ギウは詐欺行為の他に、投資の詐欺で指名手配になっていました。

ギウが捕まり、途方に暮れたジスクと子どもたちを見かけたヨンソンは車に乗って帰ろうとしますが、放っておけず車から降りて「うちに来ますか」と声をかけます。

ヨンソンが営む中古家具屋の奥の部屋に住むことになった3人。最初は戸惑っていた3人も、温かい食事と布団で寝る生活に安堵を覚え始めます。

困っている人を放っておけない性格のヨンソンは、ウニが読み書きできないことを知り、ドリルを買ってハングルを教えてあげたり、妊婦のジスクに気を遣って産婦人科に連れて行ってあげたり何かと面倒をみます。

ヨンソンの夫ドファン(ペク・ヒョンジン)も、表にはあまり出さないもののジスクらを気にかけ面倒をみていましたが、ある日事件が起きてしまいます。

中古家具の買取に行くドファンと従業員にテクもついていくことになりますが、ちょっと目を離したすきに家具の下にテクが潜り込んでしまい、慌ててどかそうとして家具が落ちてしまいテクが怪我をしてしまいます。

大怪我にはなりませんでしたが、怪我をさせたドファンをヨンソンがしかります。するとドファンはヨンソンを呼び出し「一家をおくことに反対だ、もう限界だ」と告げます。

ヨンソンが一家を放っておけないことには、理由がありました。夫婦の間にはかつて息子がいたのですが、彼は幼くして亡くなっていたのです。ドファンは「ヨンソンに息子を失った喪失感を埋めるために一家の面倒をみているのだろう」と指摘します。

ヨンソンは「一家の面倒を見ると決めた」「そんなに嫌ならあなたが出ていけばいい」と言います。それからヨンソンは自分の家ではなく、一家の暮らす部屋で共に寝るようになります。

その頃、拘置所にいるギウは隙をみて拘置所から抜け出しますが、家族と離れ離れになったことにより錯乱し、精神がおかしくなっていきます。逃げながら、かつてヨンソンにお金を貸した際に名刺をもらっていたことを思い出し、中古家具屋に向かいます。

ギウはウニに手紙を渡し、ウニはその手紙をこっそりジスクに渡します。夜、皆が寝静まった後、ギウが店にやってきます。

「また家族皆で頑張ろう」と言うギウにジスクは「ここで暮らすと決めた、子どもたちとがんばってみようと思う」「だからお願い、私たちから離れて。ごめんなさい」と苦しそうに訴えます。

ギウは理解できずに怒り、椅子を投げようとします。「暴力はやめて」と泣き「一緒にはいけない」と言うジスクに、ギウは呆然とその場を立ち去ります。

ウニはジスクに「お父さん何と言っていたの」と尋ねます。すると、「100回寝たら帰ってくる」とだけ言います。

ヨンソンは、ジスクにウニを学校に連れて行ってあげたらと言います。お金がないと困るジスクに「学校は無料だから大丈夫。そりゃ少しはお金がかかるけれど、出産して落ち着いたら店を手伝ってよ」と言います。

それは、「これからもここに住んでもいい」ということを意味していました。その言葉に安堵と嬉しさが込み上げるジスク。皆が揃って和気あいあいと食事をしているところに、錯乱したギウがやってきます。

「家族は一緒じゃなきゃ。もう一度よりを戻す」と呟くギウに、ジスクや子どもたちは怯えます。ヨンソンが慌てて警察に通報しようとすると、ギウは怒り出します。

ドファンと従業員が抑えつけようとし、もみくちゃになります。その時、肉を焼いていたドラム缶が倒れて中古家具に火がついてしまいます。ジスクは慌ててその火を消そうとしますが、服に燃え移ってしまいます。

皆がパニックになり火を消そうとしますが、またたく間に火が燃え移り、家具が倒れてきそうになります。咄嗟にジスクをギウが庇い、二人は火に包まれてしまいます。

泣き叫ぶウニとテクをヨンソンが必死で抑え、消防車の救助を待ちます。やってきた消防隊により火が消し止められ、家具の下から二人が見つかります。

月日が経ち、ウニは学校に通うようになります。学校から帰ったウニをヨンソンとテク、そして赤ちゃんを抱えたジスクが出迎えます。しかし、そこにギウの姿はありませんでした。

映画『高速道路家族』の感想と評価


(C)2022 Seollem film, kt alpha Co., Ltd. All Rights Reserved.

差し伸べられた手

高速道路で客から2万ウォン借りて何とか食いつないでいるギウ一家。

一家は社会から見放され、周りの人々も、公共福祉からも手を差し伸べられていない人々だと言えます。そんな家族に手を差し伸べたのは、中古家具屋を営むヨンソンでした。

ヨンソンとドファン夫婦は、ギウ一家よりお金はあるものの『パラサイト 半地下の家族』(2020)に登場した富裕層の家庭ほど、裕福なわけではありません。一般的な家庭に近いのではないでしょうか。

ヨンソンがギウ一家を放っておけなかったのには、自身の息子を失っている喪失感などもあると思いますが、ヨンソンは家族でなくても誰にし対しても招き入れてしまう性格なのでしょう。

中古家具屋で働く従業員も、作中で「チベットからやってきた」と語っています。彼がなぜ韓国に来てここで働いているのかは詳しく説明されませんが、ヨンソンは偏見なく人々を迎え入れてくれる雇い主であると思われます。

また「家賃が上がったため、賃金を上げてしい」と従業員が言っていたことをドファンがヨンソンに告げた場面にて、ヨンソンは「家賃が高いならここに住めばいいのに」と口にしますが、ドファンは「仲間と住んでいる今の家が居心地良いのだろう。賃金を上げてやれないか」と答えます。

ギウ一家に出会う前の夫婦の会話ですが、この会話には、夫婦それぞれの人柄が表れています。ドファンは気にかけつつも、向こうの事情を気にして自分から介入しようとはしません。しかし、その一線を超えて手を差し伸べようとするのがヨンソンなのです。

そのような夫婦の違いが、いいバランスとなり、救いを求める人にとって居心地の良い場所となっているのかもしれません。

その後の作中、距離をとっていたように見えたドファンが、ジスクに「君がどのように生きてきたのか知りたい。けれど無理して話す必要はない」と言う場面があります。

その言葉を聞いてゆっくりですが、ジスクは自分のことを話し始めます。ジスクは施設で育ち、まともに教育は受けていないと言います。

働いていた食堂で当時学生であったギウに出会い、間もなくして娘を授かるもギウは中退して仕事を転々としていました。そんな時、投資の話に誘われ言われるまま投資したところ詐欺に遭い、罪をなすりつけられたのです。

ジスクにとってギウは「初めて差し伸べられた手」だったかもしれません。ジスクは夫を信じ、支えてきました。そんなジスクに再び手を差し伸べたのは、ヨンソン夫婦でした。

温かい食事と寝床を得たジスクは、身を切るような思いでギウと離れる決断をしました。子供たちに父親が必要なことも、家族で共に生きていきたい気持ちもあったはずです。

それでも、高速道路で先の見えない生活に戻るわけにはいかなかった、それは子供の将来のためでした。自分がまともな教育を受けられずに育ったジスクは自分の子供たちから教育の機会を奪いたくなかったのでしょう。

精神の安定しないギウは弱さもある人間ですが、子供のため、家族のために考える人でした。だからこそ、最後に火の手からジスクを救ったのでしょう。

ギウが家族と共にいられなくなったのは、果たしてギウだけの責任なのでしょうか。選択肢を奪われ、差し伸べられる手もなく生きていくしかなかったギウ一家。

誰かのせいにしても変わらないかもしれません。それでも、手を差し伸べることは、誰にでもできるはずです。

まとめ


(C)2022 Seollem film, kt alpha Co., Ltd. All Rights Reserved.

高速道路で暮らす家族と、中古家具屋を営む夫婦。二つの境遇も全く違う家族の交流を通して、韓国社会が抱える問題を浮き彫りにした『高速道路家族』。

この映画で描かれている問題は韓国だけでなく、日本、そして世界中の国々にとって無関係ではないでしょう。日本も韓国同様経済成長によって生活は豊かになっていきました。

その一方で経済格差も広まっています。産業の発達の象徴とも言うべき、高速道路、何でも揃うサービスエリア、そこで暮らす何も持たざるギウ一家の対比が何とも皮肉です。

サービスエリアにいる人の良さそうな客を見つけては財布をなくしたので2万ウォン貸してほしいとギウは頼みます。なお2万ウォンは、日本円にすると約2000円程度の金額です。

恐らく貸した側も返ってこなくてもいいという気持ちで貸しているのでしょう。返ってこないからといって警察に訴えて何としても捕まえてほしいとは思わない金額なのです。

貸した側にとってはそれほど気にすることのない金額が、ギウ一家にとっては毎日の頼みの綱であるという違いが、一家が抱える問題の残酷さを浮き彫りにしています。

ヨンソンが警察に訴えたのは、平然と詐欺をするギウや、お腹を空かせているウニとテクの姿を見て放っておけなかったからなのでしょう。なぜこのような生活をしているかという思いで通報したのであり、お金の問題ではなかったのでしょう。

一家にお金を奪われても誰もが無関心で、警備員もただ追い出すだけで一家に対して心配などしていません。それは警察もそうでした。

いざ捕まえようとしたらすぐ捕まったということは、それまで通報があっても真剣に取り合っていなかったことの表れなのではないでしょうか。その上、ギウが逃げ出したというのに必死になって探している様子もありません。

ヨンソン以外は誰もがギウ一家を見ても見て見ぬふりをしていたのです。現代を生きている私たちも面倒に巻き込まれたくないと見て見ぬふりを思わずしてしまいます。そんな無関心が生み出す問題について改めて考えさせられる映画でした。




関連記事

サスペンス映画

【ネタバレ考察】ザリガニの鳴くところ|タイトル意味×犯人の正体解説から見える“人間の入る余地のないソコ”

真相は、初恋の中に沈む──。 全世界にて累計1500万部を超える大ヒットを記録した動物学者ディーリア・オーエンズによる小説を映画化した『ザリガニの鳴くところ』。 ノースカロライナ州の湿地帯で発見された …

サスペンス映画

シネマ歌舞伎『女殺油地獄』あらすじと感想レビュー。日本アニメやコミックに通じる伝統芸能の世界を体験しよう!

シネマ歌舞伎『女殺油地獄』は2019年11月8日(金)より、東劇ほか全国ロードショー! 2018年7月に大阪松竹座で上演された、十代目松本幸四郎襲名記念作品『女殺油地獄』が早くもシネマ歌舞伎化され、ス …

サスペンス映画

『ボーはおそれている』あらすじ感想と評価考察。A24製作+アリ・アスター監督+ホアキン・フェニックス主演で贈る《予測可不能スリラーの旅》

最初はママの元へ帰省するだけのつもりだった―― 『へレディタリー 継承』(2018)、『ミッドサマー』(2020)のアリ・アスター監督とA24スタジオ製作による映画『ボーはおそれている』が、2024年 …

サスペンス映画

映画『影踏み』あらすじと感想レビュー。山崎まさよし×横山秀夫が群馬ロケ地で結んだ縁

映画『影踏み』は2019年11月15日(金)より全国ロードショー公開! 数々の警察小説・犯罪小説で知られるベストセラー作家・横山秀夫の小説『影踏み』を、『花戦さ』の篠原哲雄監督が実写映画化。 「映像化 …

サスペンス映画

映画『情婦』ネタバレあらすじ結末と感想評価。二転三転の大どんでん返しに驚く魔術師ビリー・ワイルダーが撮ったマレーネ・ディートリッヒの情念こもる名演

大どんでん返しに魅せられる名作 アガサ・クリスティの短編『検察側の証人』を、『サンセット大通り』(1951)『アパートの鍵貸します』(1960)の巨匠ビリー・ワイルダーが映画化したサスペンス。 未亡人 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学