Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『さらば友よ』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。アランドロン×ブロンソン共演おすすめ代表作!

  • Writer :
  • 秋國まゆ

アラン・ドロン×チャールズ・ブロンソンの2大スター共演のサスペンスアクション!

ジャン・エルマンが脚本・監督を務めた、1968年製作のフランス・イタリア合作のサスペンスアクション映画『さらば友よ』。

アルジェリア戦争から帰還した軍医が、マルセイユの港で出会ったパリの広告会社の女性から「横領した債権を会社の金庫に戻してほしい」と依頼され、金の匂いを嗅ぎつけたアメリカ人傭兵と共に盗み出そうとする姿とは、具体的にどんな姿だったのでしょうか。

アラン・ドロンとチャールズ・ブロンソンという、フランスとアメリカの2大スターが共演したサスペンスアクション映画『さらば友よ』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『さらば友よ』の作品情報


(C) 1968 Greenwich Films Productions. All rights reserved.

【公開】
1968年(フランス・イタリア合作映画)

【原作】
セバスチアン・ジャプリゾの小説『さらば友よ』

【監督】
ジャン・エルマン

【キャスト】
アラン・ドロン、チャールズ・ブロンソン、ブリジット・フォッセー、オルガ・ジョルジュ=ピコ、ベルナール・フレッソン、マリアンナ・フォーク、ミシェル・バルセ、アンドレ・デュマ

【作品概要】
『太陽の200万ドル』(1972)のジャン・エルマンが脚本・監督を務めた、フランス・イタリア合作のサスペンスアクション作品です。

フランスの推理作家セバスチアン・ジャプリゾの小説『さらば友よ』をもとに、ジャン・エルマンとセバスチアン・ジャプリゾが脚本を手掛けています。

本作の主演を務めるのは『影の軍隊』(1970)や『リスボン特急』(1972)のアラン・ドロン、共演は『荒野の七人』(1961)のチャールズ・ブロンソンです。

映画『さらば友よ』のあらすじとネタバレ


(C) 1968 Greenwich Films Productions. All rights reserved.

1954年から1962年にかけて、フランスの支配から脱却し独立するために行われたアルジェリア戦争から帰還した軍医のディノ・バランは、マルセイユの港に降り立ちました。

すると、見知らぬ女性が声をかけてきました。パリの大手広告会社で働くカメラマン、イザベル・モローです。

バランはモローに、モーツァルトという医者を知らないかと尋ねられましたが、知らないと答えて立ち去りました。

バランと同じ船で帰港したアメリカ人の傭兵フランツ・プロップもバランに声をかけました。

コンゴでやる仕事に医者がどうしても必要だったからです。ですが何度誘っても、バランの答えはノーでした。

しばらく野営地で過ごしていたバランの元に、再びモローが現れます。モローはわざわざレンタカーを借りて、パリとマルセイユを往復してでもバランと話がしたかったのです。

バランは根負けし、モローの話を聞くことにしました。モーツァルトはモローの会社で雇われていた健康診断専門医でした。

モローはモーツァルトとある約束をしていました。それはモローが横領した500万フランの会社の債権を、クリスマス休暇中に地下の金庫に戻す、というものです。

モーツァルトは金庫室の自動ドアの電気回路と、遮断機が記された図面を入手し、あとは実行に移すだけ。

しかしモーツァルトは、アルジェリア戦争から帰ってこれませんでした。バランは彼の代わりに仕事を引き受けることにしました。

バランは健康診断専門医として無事雇われ、2週間働きました。そしてクリスマス休暇前の金曜日、帳簿をしまうために金庫が開けられました。

その情報を事前に知ったバランたちは、医務室の壁に穴を開けて小窓を作り、そこにカメラ(1秒間に3枚撮影することが可能)を設置しました。

ですが帳簿をしまうだけなのに、なぜか地下にいる社員を廊下に出さないよう社内放送を流し、金庫室には男性社員の他に複数人の警備員が入っていきました。

それを見て不審に思ったバランは、診察していた女性社員に聞いてみました。

なんと帳簿の他に、社員300人分の冬のボーナスと工場への支払いに使われる現金2億1300万フランが入れられたのです。

それを知ったバランは、債権を戻すと同時に、その金を盗もうと企みます。

金曜日の夜。バランはモローとカフェで待ち合わせをし、彼女が現像した金庫の写真を受け取りました。

金庫の鍵はダイヤル式で、7つの数字を組み合わせて開錠します。しかし写真には3つしか写っていませんでした。

これから三日三晩かけて、残り4つの数字が何か調べなければなりません。しかし組み合わせは1万通りもあります。

警備員を除き、全社員が退勤した後、バランは早速作業に取りかかろうとしました。

以下、『さらば友よ』ネタバレ・結末の記載がございます。『さらば友よ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) 1968 Greenwich Films Productions. All rights reserved.

そこへふらりと、プロップが現れます。実はプロップは港での2人のやりとりを見ており、金の匂いを嗅ぎつけてここまでやってきたのです。

最初は追い返そうとしたバランでしたが、一向に立ち去ろうとしないプロップに根負けし、交代で金庫破りに挑むことにしました。

図面を見ながら制御盤を弄って自動ドアを開け、警備員の見回りの時間がくるまで、金庫室にこもって7つのダイヤルを回し続ける。見回りの時間がきたら隠れる、これを何時間にもわたって何度も繰り返します。

そして長い苦闘の末、ついに金庫が開きました。しかし、なぜか中は空っぽでした。

挙句の果てに、その日の最後の見回りにきた警備員に社内の電源を落とされてしまい、バランたちは食料もないまま金庫室の中に閉じ込められてしまいました。

それでもプロップは諦めず、壁に剃刀で穴を開け電気を通そうとしますが、感電して失敗。しかも空調を壊してしまいました。

それからしばらく経つと、最初は仲間意識なんてなく殴り合いの喧嘩までした2人の間に友情が芽生え始めます。

そして、バランはプロップに、いつも一緒にいた兄弟同然に思っていた親友モーツァルトとの思い出話を語りだしました。

アルジェリア戦争中、ある晩にバランたちがいる救護所が敵に襲撃されました。バランは暗闇に浮かぶ人影に向けて銃リボルバーを発砲しました。

しかし翌朝、遺体をヘリで運んだ際、バランは自分が撃ったのが敵ではなく、モーツァルトだったことを知りました。

バランがモローの依頼を引き受けたのは、彼女を助けることで、モーツァルトを殺した贖罪になるかと思ったからです。

その話を終えた後、バランたちは壁の向こうに通気口があることに気がつきました。2人は交代で壁を破壊し、バランが通気口を伝って別室に脱出します。

しかしその部屋にはなんと、何者かに殺された警備員の死体が転がっていたのです。バランはとりあえず警備員が飲んでいたであろう酒のボトルを手に、金庫室の自動ドアを開錠してプロップを救出します。

そして改めて2人で遺体を調べた結果、凶器に使われたのは45口径の銃弾が入ったリボルバーで、死後2日以上経過していることが判明。

バランが作業を始める前に、金庫の番号を知る者が金を盗んで警備員を射殺し、その罪をバランに着せようとしたのです。

社員が休暇を終えて出勤する火曜日の朝。現場から指紋を拭きとったバランたちは別々に逃げました。

しかし瞬く間に地下室であったことはニュースで報じられ、世間に知れ渡ってしまいます。

近くの店で落ち合ったバランたちは、数日ぶりの食事にありつきました。ですがこのまま2人で行動し続けるのはマズいと考えた2人は、別々にマルセイユに戻り、一緒にいた野営地で再会しようと約束を交わしました。

しかし既にバランたちは金庫から2億フラン盗んだことと、警備員を殺した容疑者として警察にマークされていました。

空港で出国手続きをしているバランの元に、2人の警官が接近。それを遠くから見ていたプロップは、バランを守るためにわざと騒ぎを起こし、警官の注意を引きつけました。

そのおかげで何とか逃げ切ることができたバランでしたが、代わりにプロップが捕まってしまいました。

警察署に連行されたプロップは、自身を殴って捕まえた警官のアントワーヌ・メローティス警部から厳しい取り調べを受けるものの、のらりくらりとかわします。

そして何時間にも及ぶ取り調べの末、プロップはメローティス警部とある賭けをしました。

コップに並々と注がれたコーヒーの中に、プロップがコップから溢れさせずにコインを5枚入れられたら、メローティス警部の負け。バランに金庫の番号を教えた者を探す。

失敗したらプロップの負け、空港でなぜ警察から逃げたのか真実を話す、というものでした。

しかし最後の1枚でコーヒーはコップから溢れてしまい、プロップは負けてしまいました。

プロップは空港で逃げたのは、木曜の夜から金曜の朝にかけて行われたヌイイのパーティーで揉め事を起こしたからだと言いました。

実は木曜日の夜、バランがカトリーヌという美女を使って、裏社会に生きる男たちと彼女が自分たちの思いのままに動く人形になるか賭け事をしていました。

その賭け事の最中、バランは隙を見て男の屋敷から金を盗みます。そして男たちから強引に金を巻き上げ、カトリーヌを連れて逃げました。

一方バランは、モローの行方を探るため、自身の助手を務めてくれていた医学生のドミニク・アウステリッツの元を訪れました。

バランが聞いたモローの職場も自宅の住所も、名前も全て嘘だったからです。バランから逃げようと手を尽くしているモローですが、1つ誤算がありました。

それは、モローも女性社員と同じ制服を着て健康診断を受けていたことです。バランはカルテを管理していたアウステリッツに、彼女のカルテを盗んでくるよう頼みます。

しかし翌朝、空港で逮捕されたプロップが強盗および警備員殺害事件の共犯者であると自供したと、新聞に報じられていました。

それは警察がバランを脅すための嘘の情報でした。それを怒るプロップに、メローティス警部は「金庫の番号なんて3日もかければ開けられる。それに奴に番号を教えた奴なんていない」と言い、金庫の番号を記した紙を渡します。

金庫の番号は「1861815」。それを見たプロップは瞬時にある日付を指していることに気がつきます。

それは、地中海のエルバ島を脱出しパリに帰還したフランスの皇帝ナポレオン1世が再起を期して、イギリス・オランダをはじめとする連合軍およびプロイセン軍と戦った最後の戦い「ワーテルローの戦い」があった、1815年6月18日です。

そして「ワーテルロー」は、アウステリッツのあだ名でした。アウステリッツは学業の成績が悪く、大手広告会社の取締役の御令嬢だというのに大学を3年留年して皆を失望させたことで、他の生徒からその名で呼ばれていました。

実はアウステリッツとモローは恋人同士であり、アウステリッツがモローの指示に従い金庫から金を盗んだのです。

しかし逃げようとした際、警備員に見つかってしまい、アウステリッツはバランの銃を使って殺しました。

アウステリッツは空港の駐車場でモローと密会し、事情を話しました。するとモローは、バランを地下室に呼んできて全てに片をつけることが出来れば、心筋梗塞で倒れたアウステリッツの父に会わせてあげると言いました。

その後、プロップは新聞を使って「バラン、俺に電話しろ」とメッセージを送りました。その新聞を見たバランは、盗聴と逆探知をされることを承知の上で、警察署にいるバランに電話をかけ、「今日の午後4時、カフェ・ブルトゥイユにメローティス警部1人で来い」と言いました。

約束の午後4時。カフェにメローティス警部が1人できたことを確認したバランは、道路を挟んだ向かいにある公衆電話から彼に電話をかけ、真実を話しました。

その日の夜。バランはアウステリッツを連れて医務室に行き、モローのカルテを探させます。

するとそこへ、バランの銃を持ったモローが登場。モローはバランのリボルバーをアウステリッツに渡したのは、バランを犯人にするためだとあっさり自白しました。

なぜ自分たちの犯行に気づいたのかとモローが尋ねると、バランは「彼女のあだ名を知った時、それが金庫の番号だと気づいた」と答えました。

モローは口封じのためにバランを殺そうとしますが、医務室の奥にはバランが呼んだメローティス警部と彼の部下ムラティが潜んでいました。

それに気づいたモローたちは、ムラティを撃ってその場から逃走。バランは「彼女が持ってる銃はもう空だ、撃つな」と制止するも、メローティス警部たちは逃げる2人を射殺してしまいました。

事件解決後、別件で逮捕され、再び警察署に連行されることとなったプロップが咥える煙草に、バランは無言で火をつけてあげました。

スポンサーリンク

映画『さらば友よ』の感想と評価


(C) 1968 Greenwich Films Productions. All rights reserved.

物語の前半まで、バランとプロップの間に友情なんてなく、ただプロップが一緒に仕事をしないかと執拗に誘い、それをバランが断り続けるだけの関係でした。

そんな2人の関係が変化したのは、金庫室に閉じ込められた時です。空腹と金庫をなかなか開けられない苛立ちから、殴り合いの喧嘩までした2人ですが、互いに辛い過去を打ち明けあってから奇妙な友情な芽生え始めます。

バランは兄弟同然に思っていた親友を誤って殺してしまったことを、プロップは長い間インドネシアの穴の中で独りでいたことを………。

そしてバランたちは最後まで、互いを守るために共犯であることを隠し通しました。それは本当の犯人が分かって、事件が解決した後でもです。

短期間ではあるものの、しっかりと強い絆が結ばれた2人。プロップは別件で逮捕されてしまいましたが、無事出所出来たらきっと、バランと2人で酒を酌み交わしていることでしょう。

そして本作のタイトル『さらば友よ』は、バランと再会を約束した時に発したプロップの言葉でした。友達になったけれども、共犯だとバレないために他人のフリをしなければならなかったからです。

どんな仕打ちを受けようとも決して相手を裏切らない、そんな男同士の熱き友情に胸が熱くなります。

まとめ


(C) 1968 Greenwich Films Productions. All rights reserved.

ひょんなことから行動を共にすることになった軍医と傭兵が、事件の真相を暴いて自分たちを罠に嵌めた女たちを追い詰めていく、フランス・イタリア合作のサスペンスアクション作品でした。

本作の見どころは、バランとプロップの男同士の熱き友情と、事件の黒幕であるモローとアウステリッツの恐ろしい犯罪計画です。

金庫の番号がワーテルローの戦いがあった日だったのは、おそらく会社の社長が娘のあだ名から設定したのでしょう。だからアウステリッツは、金庫の番号を容易に知ることが出来たのだと考察できます。

盗んだ2億1300万フランはどこにあるのか、また心筋梗塞で倒れたアウステリッツの父の行方はどこなのか、作中でそれを示唆する描写はありません。

ただ分かるのは、モローはアウステリッツの父の居場所を知っており、彼に会わせることを条件に、アウステリッツを操り悪事に手を染めさせたことだけでした。

アラン・ドロン演じるバランと、チャールズ・ブロンソン演じるプロップの犯罪に生きる男たちの姿。そして美しい顔の裏にはとんでもない計画を企てていたオルガ・ジョルジュ=ピコ演じるモローと、ブリジット・フォッセー演じるアウステリッツ、それぞれ違った友情と愛を魅せてくれます。

アラン・ドロンと共に、いぶし銀の演技を魅せて一躍有名となったチャールズ・ブロンソンの出世作であるサスペンスアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

サスペンス映画

映画『ハウス・ジャック・ビルト』あらすじと感想レビュー。トリアー監督の物議必至の問題作

映画『ハウス・ジャック・ビルト』は2019年6月14日(金)より、新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー! 自身の欲求を満たすために、次々と凄惨な殺人を繰り返すシリアル・キラ …

サスペンス映画

映画『未来を乗り換えた男』ネタバレ感想と結末までのあらすじも【クリスティアン・ペッツォルト監督作品】

ナチス政権が続き、人種迫害が続いている現代。 ドイツから逃亡した男が、別の人間になりすました事で起きる美しい悲劇をサスペンスタッチで描いた映画『未来を乗り換えた男』。 ベルリン国際映画祭など、数々の映 …

サスペンス映画

【ネタバレ感想】映画『ウインドリバー』。実話に秘められた真実を考察

ネイティブアメリカンの保留地で発生した、少女の殺害事件を物語の軸に、アメリカが抱える闇を描くサスペンス映画『ウインド・リバー』。 実際の問題をテーマにした本作の、見どころや作品の背景などをご紹介します …

サスペンス映画

Netflix映画『クラス’83』ネタバレあらすじと感想考察。80年代のインドの実情を描いた秀逸なポリティカルサスペンス

NETFLIX映画『クラス’83』 世界の汚職を監視する国際NGO「トランスペアレンシー・インターナショナル」が毎年発表する、その国の汚職率を数値化した「腐敗認識指数」。 例年アジアの国の …

サスペンス映画

映画『68キル』あらすじと感想レビュー。高橋ヨシキもビジュアルで参戦!

映画『68キル』は、2018年1月6日より特集上映「未体験ゾーンの映画たち2018」で公開されています。 日本版ポスターのデザインは、映画ライターの高橋ヨシキさんが手掛け、「ちょっと待て、その優しさが …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学