Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

【ネタバレ】狼たちの墓標|ネタバレあらすじ結末と感想解説。韓国ノワールおすすめ映画を江陵を舞台に男たちの生き様が交錯す!

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

平昌オリンピックを直前に迎えた江陵を舞台に、開発利権をめぐる男たちの抗争を描いた韓国ノワール

韓国屈指のビーチリゾート地江陵では、平昌オリンピック直前新たなリゾート開発予定が進められていました。

地元警察にも一目置かれる組織の幹部キルソクは、秩序と義理を重んじ、義兄弟と手を組んで開発を進めようとする矢先、利権争いにミンソク率いる新興勢力が絡んできました。

昔カタギのキルソクと、非業なボスミンスク。2つの組織、警察をも巻き込んで凄惨な抗争へと発展していく……2人の男の生き様と争いの果てにあるものを丁寧に描き出した韓国ノワールの傑作。

『友へ チング』(2002)のユ・オソンが昔カタギのヤクザを演じ、『剣客』(2021)、『愛の棘』(2014)のチャン・ヒョクが非業なボスを演じ、血で血を洗う抗争を繰り広げました。

監督を務めたのは本作が長編監督デビューとなるユン・ヨンビン監督です。

スポンサーリンク

映画『狼たちの墓標』の作品情報


(C)2021 ASCENDIO CO., LTD., DAYDREAM ENTERTAINMENT CO., LTD., BON FACTORY CO., LTD., JOY N CINEMA CO., LTD., ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2022年(韓国映画)

【原題】
Tomb of the River

【監督・脚本】
ユン・ヨンビン

【撮影】
ユン・ジュファン

【キャスト】
ユ・オソン、チャン・ヒョク、ク・ソングン、オ・デファン、イ・ヒョンギュン、シン・スンファン

【作品概要】
仁義を重んじる昔カタギのキルスクを演じたのは、『友へ チング』(2002)、『母なる復讐』(2014)のユ・オソン。

生きるためなら手段を選ばない非業なボス、ミルソクを演じたのは『剣客』(2021)で剣劇アクションでみせたチャン・ヒョク。他の出演作は『ありふれた悪事』(2017)、『愛の棘』(2014)など。

ユ・オソンとチャン・ヒョクは、ドラマ『客主 ~商売の神~』(2015)以来6年ぶりの共演となりました。

更に『ただ悪より救いたまえ』(2021)、『ミッション:ポッシブル』(2021)のオ・デファンがキルソクの右腕のヒョングンを演じました。

映画『狼たちの墓標』のあらすじとネタバレ


(C)2021 ASCENDIO CO., LTD., DAYDREAM ENTERTAINMENT CO., LTD., BON FACTORY CO., LTD., JOY N CINEMA CO., LTD., ALL RIGHTS RESERVED.

2018年の平昌オリンピック直前の江陵。

土地を牛耳る組織の幹部キルソク(ユ・オソン)は、会長から開発中のリゾートホテルの経営をしないかと持ちかけられますが、そのリゾートホテルは弟分が会長に支配を任されている土地にありました。

義兄弟で争いをしたくないキルソクは断りますが、会長に一歩下がるのが良くないところだと言われてしまいます。

キルスクがリゾート地の経営に乗り出したことを知った弟分は面白くありません。そんななか開発利権の第2株主に不穏な動きが現れ始めます。

突如ホテルに姿を表したのは会長を殺しの仕上がってきた新興組織のボス・ミンスク(チャン・ヒョク)でした。キルスクはミンスクをご飯に誘い、これ以上欲を出すなと牽制します。

昔カタギのキルスクは相手と食事をすることでお互いのことを知ろうとしますが、話は終わったとミンスクは食事に手をつけることもなく、煙草の吸い殻を食事の中に投げ入れるとその場を後にします。

これ以上進出するなと牽制したのに対し、異論を唱えなかったためキルスクは腑に落ちない部分はあるものの同意したと判断します。しかし、キルスクは話し合いで何も解決したことがないと行動で示す以外の手段はないと考えていました。

ミンスクは会長の元に赴きナイフで刺し殺します。そして借金を背負った女がミンスクの代わりに自分が殺したと自首をしたのです。本当の犯人は誰だとキルスクらが詰め寄っても女は口を割ろうとはせず、「生きるために殺した」と言うのです。

安易な暴力ではなく、義理と人情で土地を牛耳っていたキルスクら組織は、地元の警察からも一目置かれ良い関係でやってきました。

だからこそ警察はキルスクらに早まるな、警察が必ずミンスクを捕まえると会長を殺され殺気だっているキルスクら組織の連中を抑え込みます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『狼たちの墓標』ネタバレ・結末の記載がございます。『狼たちの墓標』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 ASCENDIO CO., LTD., DAYDREAM ENTERTAINMENT CO., LTD., BON FACTORY CO., LTD., JOY N CINEMA CO., LTD., ALL RIGHTS RESERVED.

ミンスクが薬の取引をする日時の情報を仕入れた警察らは現場をおさえて逮捕すべく待機し、大掛かりな作戦に出ます。同時にキルスクらに逮捕すると連絡を入れます。

キルスクの弟分と兄貴分は部下を引き連れ待機し、警察が捕まえ損ねたときはミンスクを取り押さえようと考えいました。しかしミンスクは全てを知っており、警察の裏をかき逮捕は空振りに終わります。

それだけでなく、キルスクの兄貴分を唆し、身内を裏切り仲間うちで争うように仕向けさせたのです。そしてキルスクと右腕のヒョングン(オ・デファン)を殺すため自分の部下を差し向けます。

ナイフで刺され傷を負ったキルスクとヒョングンでしたが、警察が到着し、殺されずに済みました。怪我を負ったキルスクは江陵を離れ身を潜めて治療し、三ヶ月後に江陵に戻ってきます。

戻ってきたキルスクは裏切って弟分を殺した兄貴分のもとに向かいます。

理由を聞かれた兄貴分は、欲が出たと言います。

江陵で都会から来た奴が不当な値段を競りでかけているのを見て、漁師に代わって抗議し暴力で訴えたことから漁師らの用心棒になり、更に江陵を手に入れようとする都会の企業を相手にするために組織となった…江陵を他所からやってきたものに取らせるなとキルスクに真っ直ぐ兄貴分は言います。

「俺たちのものではなくお前が手にするんだ」

そう兄貴分は言い、弟分を手にかけたことを詫びる気はないと言います。裏切った兄貴分は手下により殺されます。

そして再びミンスクを食事に誘い、2人で手を組んで経営をしていこうと持ちかけます。

しかし、ミンスクは言葉は信用ならない、何かをする気なら行動で示せと言います。

その言葉を聞いたキルスクはミンスクを殺さないとこの抗争は終わらないと覚悟を決めます。

一方で、キルスクが殺人を犯してしまったら捕まえる他ない警察は友人を逮捕したくない、必ず捕まえるから思いとどまってくれと頼みます。

しかし、キルスクの決心が固いことを知った警察は、先回りして偽の逮捕状を用意してミンスクを逮捕します。

ミンスクを連行中のパトカーの前に道路を塞いで現れたのはキルスクと武装した手下たちでした。

どうしてもと言うなら警察を殺してからミンスクを殺せと言われ、一度は道を開けて通したキルスクらでしたが、逮捕状がないことを知ったミンスクは警察を殺し車を横転させます。

横転した車から這い出てきたミンスクを手下たちが襲い掛かりますが、ミンスクは容赦なく手下を殺していきます。

しかし大勢に襲われたミンスクも怪我をし、ふらつきながらキルスクに向かっていきます。

キルスクはそんなミンスクを容赦なく殴ります。

俺とお前は何も変わらない。死ぬ時俺の姿を思い出せ、死を直前にしても空虚なままのミンスクに、キルスクは驚きます。

「いつでも覚悟していた」と言うミンスクに最後のトドメを刺したキルスク。

血を血で洗う抗争で多くの仲間の死を見てきたキルスクの表情は、もうかつてのものではありませんでした。

スポンサーリンク

映画『狼たちの墓標』の感想と評価


(C)2021 ASCENDIO CO., LTD., DAYDREAM ENTERTAINMENT CO., LTD., BON FACTORY CO., LTD., JOY N CINEMA CO., LTD., ALL RIGHTS RESERVED.

『新しき世界』(2014)や『悪人伝』(2020)、『哀しき獣』(2012)、『犯罪都市』(2018)など、傑作を生み出してきた韓国ノワール。

裏社会における仁義と秩序、容赦ない暴力、勢力争い……と、男たちの熱き抗争は見るものを惹きつけます

新鋭ユン・ヨンビン監督が手がけた映画『狼たちの墓標』。

兄貴分が語った都市からやってくる企業らに俺たちの江陵を手に入れさせるな、という言葉などから江陵市出身のユン・ヨンビン監督の思いも感じられます。

昔カタギのキルスクと手段を選ばない非業で獣のようなミンスクの2人の男の生き様がぶつかり合う抗争劇は、ド派手なアクションはなくても、拳に込めた強き思いが伝わってくるような説得力がありました。

キルスクらの組織は土地を牛耳っているヤクザではありますが、江陵で薬は売らせないなど一本筋が通った組織であり、警察からも一目置かれていました。また情も厚く、子分をはじめ義理人情を大切にします。

一方でミンスクは裏社会のボスに拾われ、手を血に染め、皆がやらない汚れ仕事をしてきました。自分が殺されないために殺して奪うしかなかったミンスクは、ナイフを使ったこともないキルスクらは時代遅れとすらいいます。

異なる世界で生きてきたキルスクとミンスク。2人は血で血を争うことしか出来ませんでした。

生きるためにそうせざるを得なかった……その言葉が突き刺さります。

抗争を終えても一度血に染まった手はもう綺麗になることはありません。

その重みを噛み締めたキルスクの表情を、ユ・オソンの説得力ある演技が魅せます。

まとめ


(C)2021 ASCENDIO CO., LTD., DAYDREAM ENTERTAINMENT CO., LTD., BON FACTORY CO., LTD., JOY N CINEMA CO., LTD., ALL RIGHTS RESERVED.

韓国屈指のリゾート地、江陵を舞台に、開発利権争いを繰り広げる抗争を描いた映画『狼たちの墓標』。

美しい江陵の海を眺めながら、ミンスクは「人間の住む土地だ」と呟きます。

それは自身がもはや人間ではないという自覚と、他者から人間扱いをされてこなかったという背景もあるのでしょう。

キルスクの右腕であるヒョングンは部下思いの明るい人物でしたが、ミンスクの部下に襲われ多くの部下を失い、その表情は一変していきます。

そして、自身を襲ったミンスクの部下に復讐し、トドメを刺した時、その顔を見て「こんな思いで生きていたのか…」と呟きます。

誰かのものを奪うことでしか生きていくことのできなかった男の哀しさ、仲間を失った男の苦しみ…様々な思いが交錯する重苦しくも哀しい韓国ノワールになっています。




関連記事

サスペンス映画

『哀愁しんでれら』の子役ヒカリはCOCO!結末まで映画をインスタグラマーが演技力で牽引する

映画『哀愁しんでれら』は2021年2月5日(金)より全国ロードショー。 「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを獲得した企画をもとに、『かしこい狗は、吠 …

サスペンス映画

【ネタバレ感想】十二人の死にたい子どもたちの映画と原作の違いを結末まで解説。犯人キャストは誰なのか⁈

「死にたい」その思いで集まった12人の子どもたち。しかし、集いの場にはすでに1人の少年が横たわっていました。 いるはずのない13人目。この中の誰かが嘘を付いているのでしょうか。 集団安楽死を成し遂げる …

サスペンス映画

映画『ヴィレッジ』ネタバレ考察と評価解説。シャマラン監督おすすめの“悲しい過去”を閉じ込めた「理想郷の真実」

「語ってはならぬ物」との協定で平和が約束された村。小さな掟破りが増幅させる恐怖と愛する者を守りたい、無垢な勇気が起こす奇跡の物語。 映画『ヴィレッジ』を手掛けたのは、M・ナイト・シャマラン監督。『シッ …

サスペンス映画

映画『アニー・イン・ザ・ターミナル』ネタバレあらすじと感想。マーゴットロビーが全てを手玉に取る悪女を演じた復讐劇

夜のロンドンを舞台に、謎に包まれた魅力的な悪女、アニーが仕掛ける復讐劇を描いた映画『アニー・イン・ザ・ターミナル』。 2018年の「アカデミー賞主演女優賞」にもノミネートされ、話題作への出演も続く、人 …

サスペンス映画

マスカレード・ナイト|映画原作ネタバレと小説あらすじの結末感想。事件と真犯人は“仮面”に隠された意外な楽しみ

東野圭吾の「マスカレード」シリーズ映画化第二弾は『マスカレード・ナイト』 東野圭吾の小説『マスカレード・ナイト』が映画化され、2021年9月17日(金)公開予定! 前作『マスカレード・ホテル』に続き、 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学