Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

『ブラッドシンプル 』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。コーエン兄弟がハードボイルドなサスペンススリラーを描く

  • Writer :
  • 秋國まゆ

コーエン兄弟の長編映画デビュー作となったハードボイルド・サスペンススリラー!

ジョエル・コーエンが監督を務めた、1984年製作のアメリカのハードボイルド・サスペンススリラー映画『ブラッドシンプル ザ・スリラー』。

妻の不貞を疑った酒場の経営者から、浮気調査を依頼された探偵。

怒り心頭の彼から次に依頼されたのは、妻とその浮気相手を殺して欲しいというものだったという物語は、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

コーエン兄弟の長編映画デビュー作である、ジョン・ゲッツ主演のハードボイルド・サスペンススリラー映画『ブラッドシンプル ザ・スリラー』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『ブラッドシンプル ザ・スリラー』の作品情報


(C) 1984 River Road Productions

【公開】
1985年(アメリカ映画)

【原題】
Blood Simple

【脚本】
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン

【監督】
ジョエル・コーエン

【キャスト】
ジョン・ゲッツ、フランシス・マクドーマンド、ダン・ヘダヤ、サム=アート・ウィリアムズ、M・エメット・ウォルシュ

【作品概要】
アメリカの映画監督・脚本家・映画プロデューサーであるジョエル・コーエンとその弟イーサン・コーエンが共同製作した、アメリカのハードボイルド・サスペンススリラー作品。ジョエル・コーエンとイーサン・コーエンのコーエン兄弟が長編映画デビューした作品です。

「ザ・フライ」シリーズのジョン・ゲッツが主演を務めています。

映画『ブラッドシンプル ザ・スリラー』のあらすじとネタバレ


(C) 1984 River Road Productions

アメリカ・テキサス州。酒場の経営者ジュリアン・マーティは妻アビーの不貞を疑い、私立探偵のローレン・フィッセルに浮気調査を依頼しました。

フィッセルからの報告を受け、疑いが確信に変わったマーティは、アビーの浮気相手であるレイと話をすることにしました。

レイは、マーティの店で働く従業員でした。マーティは最初こそ冷静さを保っていましたが、反省のかけらもなくヘラヘラしてるレイを見て、徐々に内に抱いていた怒りがこみあげ、最後に「次店に来たら殺す」と警告しました。

自宅に戻ったレイでしたが、話し合いの際に言われた「アビーには他に男がいるかもしれない」という言葉が脳裏をよぎり、男からの電話を受けたアビーを疑います。

対してアビーも、電話をかけてきたのはマーティだとは言わず、浮気を疑うレイこそ、自分以外に女ができたのではないかと疑いました。

疑心暗鬼に陥ったアビーとレイ。自分を裏切った2人への怒りに燃えるマーティは、眠れぬ夜を過ごしました。

翌朝。マーティはアビーがレイの家を訪れ、彼女と、彼女と一緒に家を出た愛犬を連れ戻そうとします。

しかしアビーに指を折られ腹を蹴られ、彼女の後ろから上半身裸で出てきたレイが銃を持っていたのもあり、マーティは愛犬だけを連れて退散するしかありませんでした。

2人への怒りが頂点に達したマーティは、フィッセルに会いに行き、2人を殺してほしいと依頼します。

そんなことなど知りもしないアビーはレイに、無愛想なマーティとの結婚生活は退屈で仕方なかったと愚痴をこぼしていました。

マーティがアリバイ作りのために旅行に出かけた頃、依頼を引き受けたフィッセルは尾行して突き止めたレイの家に侵入。

アビーの鞄に入っていた銃の銃弾が3発なくなっていることに不審に思いつつ、奥へ奥へと進んでいきます。

翌日の夜。フィッセルからの連絡を受け、マーティは酒場で彼と密会し、報酬の金を支払いました。

しかし酒場の金庫を見て大金に目が眩んだのか、フィッセルは報酬の金を受け取ると同時にマーティを銃撃。「バカはお前の方だ」と言ってその場を立ち去っていきました。

以下、『ブラッドシンプル ザ・スリラー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ブラッドシンプル ザ・スリラー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) 1984 River Road Productions

その後、マーティと再度話し合うために酒場を訪れたレイは、部屋に残された血塗れのマーティを発見。犯行現場にあった銃がアビーの銃だと気づき、アビーがやったのだと思い込んでしまいました。

自分が羽織っていた上着を使って犯行現場に残る血を拭ったレイは、それを酒場の裏にある焼却炉に投げ入れ、マーティの遺体を積んだ車に乗ってその場を後にしました。

街の不動産屋が持つ広大な土地に到着後、レイは自分がしたことに恐怖を覚えたのか、突如車から飛び出してしまいます。

再び車に戻った時には、後部座席にいるはずのマーティがいませんでした。マーティはまだ生きていたのです。

意識を取り戻したマーティはレイの車から出て、地面の上を這って少しでも逃げようとしました。

それを見たレイは、車に積んであったスコップを手に取り、マーティの息の根を止めようとします。

するとそこへ、1台のトラックが接近。トラックが通り過ぎた後、レイは直前に車に押し込んだマーティを運び埋めようとしました。

その際、マーティは最後の力を振り絞ってレイを銃撃しようとしましたが、残念ながら3発とも空砲でした。

一瞬死を覚悟したレイでしたが、空砲だと分かるとマーティから銃を取り上げ、一心不乱に彼の体に土をかけ続け生き埋めにしました。

アビーは2人の新しい新居に帰ってきたレイと話がかみ合わないことに違和感を覚え、昨夜店に行った時、本当は何があったのか問い詰めます。

するとそこへ、再び無言電話がかかってきました。アビーは電話の主はマーティだと言いました。

そんなはずない、きっとアビーのもう1人の浮気相手だ。そう思い込んだレイは、アビーの銃を置いて彼女の元を去りました。

一方フィッセルは、愛用のライターを犯行現場に置き忘れてきたことに気づき、取り戻すために動き出します。

その頃、マーティの酒場で働く従業員のムリスは、自宅の留守電に入っていたメッセージを聞いていました。

その留守電の中には、「今旅行から戻ったが、金庫から売上金が消えてる。バカ(レイ)に気をつけるよう言ったのに目を離しやがって」、「別件で使うから今日は店を閉める。明日話をするからレイを捜しておけ」という、マーティからのメッセージも残されていました。

それを聞いたムリスは、レイが売上金を盗んだ犯人だと思い、彼の家を訪れ問い詰めました。しかしレイは聞く耳を持ちません。

その日の夜、アビーは悪夢に魘されていました。「お前は俺を愛していない、俺が怖いだけなんだろう?」、「(アビーの化粧道具を放り投げて)忘れ物だ。気をつけろ、奴はお前も殺す気だ」と忠告し、吐血するマーティの悪夢を………。

翌日、アビーはレイに会いに行きました。その時、レイは引越しの準備をしていました。

アビーは、「お金のことでマーティと揉めたんでしょ?」とレイに尋ねます。強盗犯だと疑われたレイは、「あの晩、マーティを生き埋めにした」と打ち明けました。

レイの告白を聞いた瞬間、彼の家から飛び出したアビーは、ムリスにこのことを伝えます。

本当に何も知らなかった様子のアビーを見て、「マーティを銃撃したのはアビーではないのでは?」と思い始めたレイは、再び犯行現場を訪れることに。

そこでレイは、金庫の中に自分とアビーが殺されたように偽装された写真を見つけます。

レイはすぐさまアビーに会いに行き、マーティを銃撃した強盗犯が自分たちを狙っていると警告しました。

しかしアビーは、レイをまだ疑っていたため聞く耳を持ってくれません。そしてアビーは、レイの忠告を無視してカーテンをつけていない部屋の明かりをつけてしまいます。

そのせいで、向かいの建物にいる犯人に居場所がバレてしまい、レイはアビーの目の前で撃たれてしまうのです。

自分も銃撃され、レイの言葉は嘘ではなかったと信じたアビー。部屋の明かりを消した彼女に、近づく犯人の足音………。

レイを殺したのは、ライターを取り戻しに来たフィッセルでした。実はフィッセルも、レイと同じ時間に犯行現場に戻っていたのです。

しかし、レイはフィッセル愛用のライターを持っていませんでした。フィッセルはアビーが持っていると思い、隠れている彼女を探します。

浴室の窓から隣の部屋に移っていたアビーは、窓を開けてこちらに来ようとするフィッセルの右手にナイフを突き立てました。

これに激怒したフィッセルは、壁越しにアビーを銃撃。もう片方の腕を突っ込めるぐらいの穴を開け、右手に突き刺さったナイフを抜き取ります。

自身の部屋に戻ったアビーは、レイが渡してくれた銃を構え、ナイフを手に浴室から出ようとするフィッセルを銃撃。「私の勝ちよ、マーティ」と言いました。

フィッセルは自分をマーティだと思い込んでいる彼女に、「奥さん。あの世で亭主に会ったらそう伝えるよ」と言いました。

スポンサーリンク

映画『ブラッドシンプル ザ・スリラー』の感想と評価


(C) 1984 River Road Productions

妻の不貞を疑い、私立探偵に浮気調査を依頼した酒場の経営者マーティ。

彼は最初、アビーとその浮気相手であるレイと、ちゃんと話し合いをしようとしていました。

しかし、アビーとレイは以前からマーティに対して不満を抱いていたため、まともに応じようとしません。

それどころか、2人に反省の色もない。怒りが頂点に達したマーティが、2人に殺意を抱く気持ちも理解できます。

そんなマーティを銃撃したのは、彼にアビーたちの殺害を依頼された私立探偵フィッセルでした。

フィッセルがマーティを銃撃したのは、金庫にある売上金が欲しいからです。ですが、それ以外にも理由があったのでしょう。

3発しか装填されていないアビーの銃を見た直後、フィッセルは2人を殺すことを止め、彼らの死を偽装しました。

フィッセルは、アビーがマーティに恐怖し殺そうとしていたことを悟り、それを知らないで殺害を依頼してきたマーティから2人を守るために撃ったのではないかと考察できます。

売上金目当ての強盗殺人か、あるいは土壇場で正義感が働いて行った犯行か。どちらにせよ、犯行現場に自分の痕跡を残してしまったフィッセルに、明るい未来は訪れなかったことでしょう。

まとめ


(C) 1984 River Road Productions

不貞を働いた妻と、その浮気相手に殺意を抱いた酒場の経営者が不遇の死を遂げてしまう、アメリカのハードボイルド・サスペンススリラー作品でした。

本作の見どころは、マーティの死を巡って交錯するアビー・レイ・フィッセルの想い、失態をおかした強盗犯に、勘違いしたままマーティに止めを刺した浮気相手という哀しいほど滑稽な殺人事件です。

物語の序盤では駆け落ちしようとするほど愛し合っていたアビーとレイですが、マーティの言葉とその死をきっかけに、互いに互いを疑いすれ違ってしまいます。

レイは最後までアビーと和解できないまま、フィッセルに殺されてしまいました。レイがフィッセル愛用のライターを犯行現場から持ち去ったと、フィッセルが勘違いしただけなのに………。

最後まで物語の登場人物が勘違いしたままで終わった、マーティ殺害事件。マーティ役のダン・ヘダヤやレイ役のジョン・ゲッツ、フィッセル役のM・エメット・ウォルシュの熱演っぷりがとても素晴らしいです。

独特な映像センスとブラックユーモアに満ちたコーエン兄弟の原点である、ハードボイルドタッチなサスペンススリラー映画が観たい人に、とてもオススメな作品となっています。

関連記事

サスペンス映画

【ネタバレ 鳩の撃退法 考察解説】タイトルの意味は偽札じゃない?幸地秀吉と“鳩”の真の正体に迫る

謎に包まれた『鳩の撃退法』のタイトルの意味を考察! 藤原竜也演じる元小説家が執筆した小説を巡り「現実」と「想像」が入り乱れる物語が展開される映画『鳩の撃退法』(2021)。 本作では物語の一応の解決は …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』9番ノブオ役は北村匠海。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 演出は『イニシエーション・ラブ』『トリック』 …

サスペンス映画

映画『迫り来る嵐』あらすじネタバレと感想。ミステリー仕立てに描く社会派のチャイナノワールの魅力とは

2017年に開催された第30回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、最優秀男優賞と最優秀芸術貢献賞のダブル受賞。 経済発展で社会が激変した中国の1990年代を舞台に、連続殺人の捜査にのめり込む …

サスペンス映画

映画『水曜日が消えた』あらすじと感想レビュー。中村倫也演じる青年の7分の1の人生

映画『水曜日が消えた』は2020年6月19日(金)公開。 映画『水曜日が消えた』は、MVやCM、短編作などで注目される吉野耕平の初となる長編監督作品。 4年振りの映画主演となる中村倫也が、幼い頃の交通 …

サスペンス映画

韓国映画『女は冷たい嘘をつく』あらすじとキャスト【コン・ヒョジン主演】

“子供を奪われたシングルマザーVS正体不明のベビーシッター”息をのむ5日間の追撃戦を描く、究極のサスペンス・スリラー映画『女は冷たい嘘をつく』は10月30日(月)より公開! 本作の主演を務めるのはコン …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学