Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2021/01/14
Update

映画『夏への扉 キミのいる未来へ』内容感想と解説考察。山崎賢人が原作小説のラストをいかに締めくくるかに注目!

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』は2021年2月19日(金)より全国順次ロードショー!

冷凍睡眠、タイムトラベル…時空を超え、青年は『夏への扉』を探す旅に身を投じていきます…。

SF作家ロバート.A.ハインラインの不屈の名作小説を映像化した映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』は、未来を信じ科学技術の発展に没頭する一人の青年が、運命に翻弄され時にタイムリープしながらも、自身の理想を探し求めていく姿を描いた物語です。

作品は『ソラニン』『アオハライド』など数々の作品で生々しくも清々しい青春像を描いてきた三木孝浩が手掛けました。

原作より舞台をアメリカから日本へ移し、今最も注目される若手俳優の山崎賢人が主演を務め、時に迷いながら自身の未来を懸命に描いていく人間の姿を瑞々しく演じています。

スポンサーリンク

映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』の作品情報


(C)2021「夏への扉」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督】
三木孝浩

【脚本】
菅野友恵

【原作】
ロバート・A・ハインライン「夏への扉」

【キャスト】
山崎賢人、清原果耶、夏菜、眞島秀和、浜野謙太、田口トモロヲ、高梨臨、原田泰造、藤木直人

【作品概要】
ロバート・A・ハインラインのSF小説を原作として映像化した作品。1995年から2025年へ、運命に翻弄され時間を超えた旅を経験した科学者が、信頼していた人たちの裏切りで奪われた自分の生を取り戻そうと奔走する姿を描きます。

近年は『フォルトゥナの瞳』『思い、思われ、ふり、ふられ』『きみの瞳が問いかけている』などを手掛けた三木孝浩監督と『浅田家!』の脚本を担当した菅野友恵のタッグが実現。

主演を『キングダム』などの山崎賢人、ヒロインを『宇宙でいちばんあかるい屋根』などの清原果耶が担当。他にも藤木直人、田口トモロヲ、夏菜、眞島秀和、浜野謙太ら個性的な面々が脇を固めています。


映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』のあらすじ


(C)2021「夏への扉」製作委員会

1995年の東京。幼いころに父を亡くし、父の親友であった松下の家で育てられた科学者の高倉宗一郎(山崎賢人)は、ロボットの研究開発に没頭していました。

同時期には、今は亡き松下が夢見ていたプラズマ蓄電池開発の完成を間近に控えるも、彼は愛猫のピートと松下の娘・璃子(清原果耶)らとともに平穏な日常を送っていました。

ところがある日、ロボット開発に協力していた共同経営者(眞島秀和)と、高倉に色仕掛けで迫っていた婚約者(夏菜)に裏切られ、高倉は自身の会社や開発中のロボット、そして蓄電池までも失ってしまいます。

研究に没頭するがあまり、周りのことに気づかず何もかも手放してしまい、自暴自棄になった高倉は、一枚のチラシを見つけたときに一計を案じます。

そのチラシに記されていたのは、そのころ新たに発売された冷凍睡眠のサービス。この時抱いた高倉の思惑が、思わぬ方向に進んでいくとは誰も知る由もありませんでした。

スポンサーリンク

映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』の感想と評価


(C)2021「夏への扉」製作委員会

原作のメッセージを厳守しつつ、日本作品としての果敢な挑戦

本作は原作小説の物語を日本のものとして映像化するにあたり、相当の配慮がなされた様子も見られます。

ロバート・A・ハインラインの原作小説は、訳文の中でも文章自体が「アメリカ」の風土を感じさせる空気に満たされています。

これに対し本作の冒頭に登場する主人公・高倉の研究室、そして璃子の家などは日本の住宅としてもちょっと目を引きそうな、いわゆるアメリカン・スタイルを取り入れた建造物であったり、できるだけ原作の空気感を損なわないことを考えられた様子もうかがえます。

また原作小説が描かれた1950年代と、映像化に挑む現代では時代的な差もあり、未来の描き方としては若干新たな解釈を加える必要もあり、その大きな変更には原作の空気を損なわないよう様々な配慮が加えられています。

こうした配慮により、本作ではもともとの原作も含め、ハインラインの描こうとした物語のメッセージにおける骨子は、こうであると改めて示されているようでもあります。

本作が原作小説から受け継がれた作品の大きなポイントとは「未来は純粋な技術の進歩で、明るく切り開かれる」というもの。原作小説では主人公のダンと、幼いながらダンを慕っていた姪のリッキーが紆余曲折しながら最後には結ばれるという顛末に、このポイントを絡ませて未来が大きく切り開かれる様子を描いており、本作でもその思想は変わっていません。

特徴的なのは、藤木直人が演じる、高倉が未来の世界で出会う人間型ロボットの存在です。原作小説では物語の発端となる1970年の舞台において、主人公ダンの飼い猫ピートが、いわゆるペットではなく人間的、まさしくダンの相棒的な存在として描かれていました。本作はこのロボットを登場させることで、ある意味原作との差異を、すべて吸収しているともいえます。

原作はハインラインの比較的初期の作品で、青年期の瑞々しい人物像とともに明るい未来を描いた作品で、ある意味「技術は嘘をつかない」と技術進歩の明るい未来を解いた、池井戸潤の「下町ロケット」に通ずるような、真っ直ぐに思いを貫く意志を感じさせます。

反面、その意味で物語を技術者目線という単一的な視線で描いているところもあり、それを本作ではもっと一般的に受け入れられるよう配慮した様子もあり、

まとめ


(C)2021「夏への扉」製作委員会

本作『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』のポイントとしては、やはり山崎賢人の起用が大きく際立っています

先述しましたが、ある意味同じ池井戸作の小説「陸王」のドラマ化において、就職に悩みながらもあるきっかけで新技術開発に没頭した若き技術者役を演じた山崎の姿は、この物語の主人公が見せる、技術を信じる姿、そして時に運命に翻弄され惑う姿に重なるところがあります。

ハインラインの原作小説で主人公ダンは、いきなりとあるバーでやけをおこし酔っぱらっているところで物語がスタートすることから、どちらかというと山崎より少し年上で、どこかやさぐれた雰囲気を持っているようでもありますが、そこは良い意味で原作とは異なる「日本的」なコンバージョンと見ることもできます。

こういった細かい配慮で、単なる原作小説の映像化ではなく、2021年現在の、そして日本という舞台での『夏への扉』という物語を新しく作り出すことに成功した、本作はそんな作品といえます。

ちなみに、原作小説のラストには、物語の冒頭で語られる飼い猫ピートの、『夏への扉』を探してどこのドアもあけようとするその性格をダンが語るという一文が掛かれ、「そしてもちろん、僕はピートの肩を持つ」というダンの言葉による一文で締めくくられます。

この部分が映画ではどのように描かれるかも、実は本作に隠された大きなポイントであり、三木監督は今この時代に物語からどのようなメッセージを発しようとしているのかを、様々に想起させてくれるでしょう。

映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』は2021年2月19日(金)より全国順次ロードショーされます!

関連記事

SF映画

SFホラーおすすめ映画『触手』あらすじ。未体験ゾーンの映画たち2018にて上映

映画『触手』は2月27日(火)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田の特集上映「未体験ゾーンの映画たち」ほか全国公開! 本作は『エリ』で知られるアマト・エスカランテ監督が、ヴェネツィア映 …

SF映画

映画『インデペンデンス・デイ』ネタバレあらすじと感想。SF大作に必要なスケール感が発揮された90年代を代表する作品

90年代を代表するSF大作! 圧倒的な戦力を誇る侵略宇宙人に対し、アメリカ独立記念日の7月4日、人類が決死の反撃に出ます。 ブロックバスターの大作の多いローランド・エメリッヒ監督作の中でも最も人気の高 …

SF映画

映画『ザ・プレデター』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【2018年公開作】

2018年公開の映画『ザ・プレデター』のプレデターは一味違う⁈ 1987年の名作SFホラー『プレデター』の正統続編。今回も宇宙からやってきた誇り高き戦闘種族プレデターが大暴れします。 より強い敵を求め …

SF映画

アイアンフィスト シーズン2|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

「アベンジャーズ」シリーズに登場する人気キャラクター、ロキとワンダのスピンオフドラマの制作が決まり、マーベルドラマへの注目度は一気に上昇しました。 そんな中で、忘れてはいけないのがNetflixで独占 …

SF映画

トランスフォーマー2017イベント!ららぽーとTOKYO-BAYにて

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』の公開記念イベント『TRANSFORMERS FES 2017』が、2017年8月5日(土)開催! トランスフォーマーの世界観が味わえるスペシャルイベントを「三 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学