Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2019/03/23
Update

『バンブルビー』ネタバレ感想と4DX映画体験リポート。トランスフォーマーの最も肝心なことが伝わる必見の作品

  • Writer :
  • 白石丸

トランスフォーマーシリーズ始まりの物語!

映画『バンブルビー』は、「トランスフォーマー」シリーズの人気キャラ・バンブルビーが、最初に地球に来た時の冒険譚。

シリーズ最高傑作との呼び声も高い注目作です。

今回は『バンブルビー』のあらすじと感想と、4DX鑑賞で体感したリポートを共に紹介します。

映画『バンブルビー』の作品情報


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Bumblebee

【監督】
トラヴィス・ナイト

【キャスト】
ヘイリー・スタインフェルド、ジョン・シナ、ジョージ・レンディボーグ・Jr、ジョン・オーティス、ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、ステファン・シュナイダー、ケネス・チョイ、グレイシー・ドジーニー
【作品概要】

2007年から続いてきた映画版「トランスフォーマー」シリーズの最新作にして初のスピンオフ作品。

ずっと監督を務めてきたマイケル・ベイは製作に回り、ストップモーションアニメ映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(2016)で高い評価を受けたトラヴィス・ナイトが監督。

主演は『トゥルー・グリット』(2010)『スウィート17モンスター』(2016)や現在公開中の『スパイダーマン:スパイダーバース』(2018)のヒロインの声でもその演技力を絶賛された若手女優ヘイリー・スタインフェルド。

主人公たちを追う軍人バーンズ役にWWEのスーパースターで俳優としても活躍しているジョン・シナ。

日本語吹替版のキャストは土屋太鳳、志尊淳、玄田哲章など。

映画『バンブルビー』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

機械生命体の暮らす星サイバトロンでは大規模な戦争が起こっていました。

サイバトロンを支配しようとしている反乱軍ディセプティコンと、彼らに追い詰められたオートボットのリーダー、オプティマス・プライムは部下たちに地球という星に向けて脱出するように指示。

オプティマスの右腕だったB-127は脱出ポッドで地球へ飛び立ちます。

1987年の地球では、アメリカで軍事訓練をしていたバーンズ大尉が墜落してきたB-127を発見し、隊を率いてB-127を追いかけます。

そこにディセプティコンの追手も現れ、米兵ごと攻撃してきました。

B-127は追手と戦いを繰り広げた結果、発声機能と記憶データを失ってしまいます。

ぼろぼろになった彼は倒れこむ寸前に、近くにあったフォルクスワーゲン社の黄色いビートルに擬態しました。

墜落地の近くのサンフランシスコに住む高校生の少女チャーリー・ワトソンは数年前に父を失い、打ち込んでいた飛び込み競技も辞めてしまっていました。

母はロンという男性と再婚。小学生の弟のオーティスは彼に懐いていましたが、チャーリーはどうしても馴染めません。

彼女は翌日に誕生日を控えており、母に車が欲しいとねだっていましたが、断られてしまいました。

かつて父とよく車イジリをしていたチャーリーは父の形見の車を修理しようとしますが、歯が立ちません。

彼女は近所の遊園地の売店でアルバイトをしており、隣の売店の高校生のメモという青年に行為を寄せられていました。

アルバイト先で高校のイケてる同級生の車を見たチャーリーは諦められず、町の修理工場に材料を買いに行きます。

彼女はそこでB-127が擬態した古びたビートルを発見し、エンジンをかけてみますが起動せず代わりにカーラジオがつきました。

その時、オプティマスの行方を追っていたディセプティコンの戦士シャッターとドロップキックは、B-217が発信したラジオの電波を傍受し、地球に向かって飛んでいきます。

翌日18歳の誕生日を迎えたチャーリーは修理工場の店主と交渉し、ビートルを譲ってもらいました。


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

修理も成功し意気揚々と家のガレージに戻ってきましたが、その夜にB-217が目を覚まし、彼女の目の前で機械生命体の姿に戻ってしまいます。

巨大ロボットの姿になった愛車を見てチャーリーは驚きますが、記憶のないB-127は彼女とすぐ仲良くなります。

発声システムの故障した音と黄色いボディがマルハナバチに似ているということで、チャーリーはB-127を「バンブルビー」と呼ぶようになりました。


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

同じ夜、シャッターとドロップキックはアメリカに飛来し、信号があった西海岸に向かって走り出します。

翌日、彼女はバンブルビーに自分以外の人の前では絶対に本来の姿を見せないようにと訓練します。

バンブルビーがあちこちに傷があるのに気づいたチャーリーは修理をしてあげようとしますが、胸の部分を押した瞬間、ホログラムで現れたオプティマスが、自分が来るまで地球を守れと指示しました。

バンブルビーは記憶を一部取り戻します。

その頃、飛来した生物を探知していたバーンズら米軍は移動中のシャッターたちと接触。

シャッターはこの星に自分達の母星の犯罪者がいると言って、発見のために地球の衛星を使わせて欲しいと要求してきます。

バーンズは反対しますが、軍の研究者パウエルはこの異星人たちを利用すべきだと主張し、米軍の閣議決定でシャッターたちに衛星をはじめとする通信システムを使用させることになってしまいます。


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

その夜、チャーリーがバンブルビーのカーラジオを直してあげました。

彼女はラジオに入れるカセットテープを探すうちに父親が好きだったレコードを発見。

その曲をかけながら、自分の高飛び込みの試合後に父が心臓発作で亡くなってしまったことを打ち明けるチャーリーを、バンブルビーは優しく抱きしめます。

と、そこにメモがチャーリーにデートを申し込もうとやってきて、バンブルビーを目撃してしまいます。

彼は絶対に公言しないと約束し、翌日2人はバンブルビーに乗ってドライブに出かけました。

バンブルビーはラジオで流れている放送や曲の歌詞を使って自分の意思をつたえてくるようになります。

途中で同級生たちに馬鹿にされたチャーリーたちは、同級生の家の車にいたずらをしに行きますが、バンブルビーがはしゃぎ過ぎたためパトカーに追われてしまいます。

バンブルビーの変身能力を使って逃げ切ったものの、翌日チャーリーはバンブルビーに隠れてじっとしているよう言いつけ、アルバイトに行ってしまいました。

しかしバンブルビーはガレージから家に入り、室内を滅茶苦茶にしてしまいます。

そしてコンセントに興味本位で指を突っ込んだ結果、電気の通信網によってシャッターたちに彼がサンフランシスコにいることがバレてしまいました。

帰ってきたチャーリーは家の大惨事に怒る母親と口論になり、メモと一緒にバンブルビーに乗って出て行ってしまいます。

しかしそこにバーンズの隊とシャッターたちが現れ、バンブルビーは捕獲されてしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『バンブルビー』ネタバレ・結末の記載がございます。『バンブルビー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

チャーリーは自宅に戻されますが、こっそり脱出してメモと一緒にバンブルビーを助けに向かいます。

近くの軍の倉庫でバンブルビーを拷問していたシャッターたちは、オプティマスのメッセージを見つけてオートボットたちが地球にやってくることを知りました。

シャッターはディセプティコンたちの軍を呼んで地球を死の星にしてやると呟きます。

その会話を聞いていたパウエル博士はバーンズに連絡しますが、その後殺されてしまいます。

バンブルビーに砲弾を撃ち込んだシャッターたちは、ディセプティコン軍を呼ぶために近くの海沿いの電波塔に向かいました。

倉庫にやってきたチャーリーは反応のないバンブルビーを電気ショックで蘇生させ、抱きしめます。

バンブルビーはショックでかつての記憶を取り戻しました。

そこにバーンズの隊がやってきます。

チャーリーが取り押さえられているのを見たバンブルビーは戦闘モードになり、兵隊たちを攻撃します。

チャーリーはバンブルビーを説得して大人しくさせました。


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

メモは他の追っ手を食い止めると言って残り、バンブルビーとチャーリーは電波塔に向かいます。

バーンズたちに追われながら走るチャーリーたちの横に、家族の運転する車がやってきます。

止めようとする母親に、チャーリーは自分を信じてと言いました。

それを聞いたロンは義理の娘を助けようと車を急停止させ、追っ手の車を食い止めます。

ロンに礼を言うチャーリー。

既にシャッターたちは連絡のためのシグナルを起動させていましたが、送信されるまでにまだ時間がありました。

バンブルビーはチャーリーを安全な場所に隠し、戦いを挑みます。

バンブルビーがドロップキックと戦闘になり手こずっている間に、チャーリーは電波塔の中部にあるシグナル装置の配線を切ろうとハシゴを登り始めました。

ヘリに乗ったバーンズがやってきて塔の頂上にいたシャッターを攻撃しますが、反撃を食らいヘリは墜落。

ドロップキックを撃破したバンブルビーは、地面に激突する寸前のヘリを体を張って止めます。

バーンズはバンブルビーが味方だったことに気づきました。

シャッターは戦闘機に変身して、配線を切ろうとしているチャーリーへの攻撃を試みますが、バンブルビーが止めに入り、2体は激戦を繰り広げます。

その間にチャーリーは配線を切り、ディセプティコンへの連絡は阻止されました。

バンブルビーはシャッターに追い詰められますが、背後にあったダムを砲弾で決壊させます。

シャッターは流れてきたタンカーにぶつかって爆死。

チャーリーは水に飲み込まれたバンブルビーを見て、水中に飛び込みバンブルビーの目を覚まさせました。

陸に上がると、バーンズが米軍が来る前に早く逃げろと言ってきます。

彼は同じ軍人としてバンブルビーに敬礼をしました。

ゴールデンゲートブリッジの見える高台に来たバンブルビーは、チャーリーも一緒に行こうと曲で告げますが、彼女は家族のところに戻らなきゃと告げました。

バンブルビーにも仲間のところに行くように言います。

抱き合い別れを惜しんだ後、バンブルビーは別の車に変身し、「僕を忘れないで」と曲をかけて走り去っていきました。


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

チャーリーは家に戻り家族と和解。

その後、メモとここ数日の冒険を称え合います。

彼が手を握ってこようとすると、チャーリーは「まだ早い」と笑いました。

しばらくしてバンブルビーは地球にやってきたオプティマスや仲間たちと合流。

チャーリーは亡き父の車の修理に成功し、ドライブに出かけました。

『バンブルビー』の感想と評価


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

マイケル・ベイ以外の監督初のトランフォーマシリーズ作品。

シリーズの人気キャラ・バンブルビーが初めて地球に来た時の物語です。

トランスフォーマーはもともと80年代に作られた子ども向けのおもちゃで、シンプルに「車がロボットに変身してくれた!」という夢が詰まっていたことが人気の根本にありました。

マイケル・ベイ版では彼の異常な作り込みとカットの速さのおかげで、変身シーンがガチャガチャと見づらく、どの部分のパーツが変形してロボットになっているのかはっきりしないのが難点でした。

一方、本作『バンブルビー』はデザインがシンプルになり、ゆっくり丁寧にビートルがバンブルビーに変身し、スポーツカーが戦闘ロボになってそこから戦闘機になる描写を見せてくれるので、トランスフォーマーの最も肝心な部分がしっかりと伝わってきます。

監督は『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』が高い評価を受けた、ストップモーションアニメの第一人者トラヴィス・ナイト

ストップモーションアニメは一コマ一コマ緻密に画面を作り動作を明確にして行くことで、一連の映像になったときの躍動感をもたらします。

そのジャンルを作ってきた丁寧さがトランフォーマーという作品にがっちりハマりました

戦闘シーンでもド派手にすることだけを重視せず、見やすさを意識してくれています。

確かに動きは速いのですが、敵は2体ですし、戦う舞台も山や港近くの広場とシンプルになっているので、マイケル・ベイ版にあった「何が起きているか分かり辛いな」という感覚になることはありません。

4DXとの相性抜群!


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

さっそく、4DXで本作を鑑賞しました。

『バンブルビー』の4DXは4DXエクストリームというモーションチェアの動きの1~9の強度の段階がMAXの9まで上げられた、最もライディングアクションに適しているシステムが導入されています。

このシステムが適応されるのは選りすぐりの作品のみなので、本作にこのシステムが導入されているというだけでも、娯楽映画としてとても優れている証拠になりますね。

戦闘描写は場面としても、序盤のサイバトロンでの戦いから地球で追手とバンブルビーが戦う部分と、終盤のバーンズの部隊やディセプティコンと戦う場面に集約されて絞られているので、ずっと戦いっぱなしで疲れることもなく、ほど良いバランスで楽しめます。

単に動きに合わせて座席が揺れるだけでなく、シーンに合わせて水が噴き出したり、森が出てきたら土の匂いがしたり、爆発が起きたら座席が少し暖かくなったりと映画の中で再現してくれるのでものすごい臨場感です。

4DXで座席がグワングワン揺れて字幕が読めないため吹き替え版しかありませんが、チャーリー役の土屋太鳳や、メモ役の志尊淳の吹き替えも非常にクオリティが高く違和感なく楽しめました。


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

バンブルビーと孤独な少女の友情

戦闘シーンも素晴らしいですが、本作の一番の見所は孤独な少女と記憶を失ったバンブルビーの友情物語と成長です。

地球外生命体やロボットとの交流といえば『E.T.』(1982)や『アイアン・ジャイアント』(1999)などの名作も多い映画の王道ジャンルです。

腕のある監督の演出と、主演のヘイリー・スタインフェルドの高い演技力が合わさり、王道だからこそ胸を打ちます。

ヘイリー・スタインフェルドは実際の撮影では棒にテニスボールが刺さっただけの物相手にやり取りしていたと言いますが、とてもそうは見えない繊細な演技です。

特殊効果技術だけでなく、彼女の演技がバンブルビーの実在感に寄与していると言えるでしょう。

『E.T.』、『アイアン・ジャイアント』との共通点で言えば、チャーリーが父親を亡くしているという点が重要なポイントです。

いずれの作品も父親がいない家庭の子供のところに、まるでその代わりのように異星人がやってきます。

そして彼らとの交流を通して子供たちは成長し、彼らとの別れを通して父的存在からの自立を経験し、子供時代にも別れを告げます。

バンブルビーとの冒険を通してチャーリーは父の死を受け入れ、トラウマを克服し、家族とも和解します。

映画ラストで、ずっと直せなかった父の車を修理し自分の物にするのも、彼女が大人になった証でしょう。

まとめ


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

トランスフォーマーファンにはたまらない熱い変形バトルに、泣ける人間ドラマが詰まった一級の娯楽作品です。

4DXで臨場感タップリに楽しむことをオススメします。

またバンブルビーのカーラジオから80’sを彩った名曲の数々が流れるので音楽好きや懐かしい気分に浸りたい人にも是非見ていただきたいです。

関連記事

SF映画

『宇宙戦争(2005)』動画無料視聴!ネタバレ感想と結末までのあらすじ【スピルバーグSF映画おすすめ代表作】

スティーヴン・スピルバーグ監督×トム・クルーズ主演のタッグで制作されたSF映画『宇宙戦争』。 巨大な宇宙生物による襲撃という異常事態に面した世界で、子供を守りながら戦う父親の姿が描かれており、主人公の …

SF映画

映画ハンソロ/スターウォーズストーリー|あらすじネタバレ感想評価とラスト結末の考察解説。時系列と続編の可能性&ダースモールの謎を探る

若き日のハン・ソロはどんな男だったのか? 『ローグ・ワン』に続く『スターウォーズ』シリーズ番外編! 若きハン・ソロの知られざる冒険を描いた、『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』。 「スターウォ …

SF映画

【ネタバレ】アバター2|あらすじ感想解説と結末ラストの評価考察。スパイダー/キリなど前作の“愛”の物語から続編は“家族”の物語へ

前作から13年ぶりの続編! 再び神秘の星「パンドラ」へと旅立とう! ジェームス・キャメロン監督作品、革新的デジタル3DによるSF超大作『アバター』(2009)。13年の時を経て、続編がいよいよ公開とな …

SF映画

おすすめSF映画『イカリエ-XB1』あらすじとキャスト。チェコ・ヌーヴェルヴァーグの潮流も

あの名作SF映画『2001年宇宙の旅』や『スター・トレック』が発表される以前の1963年。 チェコスロヴァキアで誕生した奇蹟のSF映画『イカリエ-XB1』が、デジタル・リマスター版として蘇ります! S …

SF映画

『アバター』ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。続編を見る前にジェームズ・キャメロンの“SF映画の金字塔”にして21世紀の代表作品【SF恐怖映画という名の観覧車167】

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile167 2009年に公開された後、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)が公開されるまで興行収入歴代1位を記録し続けた映画『アバター』(2 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学