Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/01/10
Update

『夏への扉』原作小説ネタバレと結末までのあらすじ。映画化で猫のピートなど注目点を解説|永遠の未完成これ完成である22

  • Writer :
  • もりのちこ

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第22回

映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。

今回紹介するのは、1956年発行、アメリカのSF作家ロバート・A・ハインラインの『夏への扉』です。今回、物語の舞台を日本に再構築し、三木孝浩監督より映画化となりました。

発明家のダン・デイヴィスは、信頼していた恋人と友達の裏切りに合い発明品をだまし取られ、冷凍睡眠にかけられてしまいます。

30年後、目覚めたダンが見たものは、テクノロジーの進化と、驚くべき未来の真実でした。ダンは本当の幸せを掴むため、時間旅行へ出かけます。

原作では1970年から2000年へのタイムトラベルとなっていますが、映画化では1995年から2025年への設定になっています。舞台も日本へと移り、どのような時間旅行となるのか注目です。

映画公開に先駆け、原作のあらすじ、映画化で注目する点を紹介します。

【連載コラム】「永遠の未完成これ完成である」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『夏への扉 キミのいる未来へ』の作品情報


(C)2021「夏への扉」製作委員会
【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
ロバート・A・ハインライン

【監督】
三木孝浩

【キャスト】
山崎賢人、清原果耶、夏菜、眞島秀和、浜野謙太、田口トモロヲ、高梨臨、原田泰造、藤木直人

映画『夏への扉』のあらすじとネタバレ


(C)2021「夏への扉」製作委員会
1970年12月3日、天才発明家のダン・デイヴィスは、愛猫のピートを連れ、ミュチュアル生命保険会社を訪ねていました。冷凍睡眠を受けるためです。

これまでダンは、友達のマイルズと立ち上げた会社で、家庭用お掃除ロボットの開発を進めてきました。会社は軌道に乗り、仕事を手伝ってくれた美女・ベルとも婚約。

次なる新商品開発に向け、順風満帆な日々を送っていたのです。共同経営者である友人マイルズと、愛する婚約者ベルによる裏切りに合うまでは。

ある日、マイルズとベルは株主総会と称し、ダンにある提案を持ち掛けます。会社を大きくするためにマニックス財閥の傘下となり、ロボット開発の技術を引き渡すというものでした。

ダンは純粋に発明を続けたいだけでした。人に雇われ大工場の長になり、大量生産をし儲けたとしても、そこには何も魅力を感じません。

「ベルは、僕の気持ちを分かってくれるよね」。ダンの願いも空しくベルは言います。「私はマイルズに賛成よ」。

確かにダンは、ベルに株を譲渡していました。しかし、それは婚約の引出物として渡したもので、会社の経営権を分与したつもりはありませんでした。

そのあと送られてきたいくつかの書類には、いつの間にか自分がサインしたと思われる特許の譲渡証書が入っていました。ダンは、経理担当のベルを信用し、よく確認もせずサインをしていた自分を悔います。

こうしてダンは、信頼していた友と恋人の裏切りに耐え切れず、飼い猫ピートを道ずれに冷凍睡眠を決意したのでした。

「いや、まてよ」。冷凍睡眠を明日に控えダンは、考えを改めます。「このまま何もしないで逃げるのか。勇敢な牡猫ピートに習い、マイルズとベルを問い詰めハッキリさせてやる」。

ダンはマイルズの家に押しかけます。そこには、すでに結婚もしたというベルの姿がありました。いつからこの2人は自分をだましていたのか。腹の中が煮えくり返る思いです。

さんざん罵声を浴びせ問い詰めるダン。逆上したベルが、注射器を取り出しダンに打ちつけます。「ゾンビー・ドラッグ」は、強力な催眠自白剤です。

ダンは、意識が朦朧とする中、猫のピートがベルとマイルズに襲い掛かり、勇敢に引っ搔き回しているのをただ眺めていました。ピートは、どうやら開いていた網戸から外へと出て行ったようです。

怒り心頭のベルは、ダンを冷凍睡眠へと送り込みます。ダンが予約していたミュチュアル生命保険会社では薬がバレてしまうと、偽造の書類を作成しマニックス財団の傘下でもあるマスター保険会社の方へと移しました。

さらにベルは、ダンが所有したままの株券が気がかりでした。ダンは自分に何かあったらと念のため、株券を信頼できる人に郵送していました。

受取人は、リッキィという9歳の女の子です。リッキィはマイルズの継娘ではありますが、猫のピートが唯一懐いた女性でもあります。小さいながらもしっかり者のリッキィをダンも好きでした。

「あなたの株券はどこにあるの?車の中?」。執拗に質問ばかりするベルに、催眠術をかけられたダンは上手く答えることができません。諦めたベルは、強制的にダンを冷凍睡眠に入れました。

それから30年後の2000年。ダンは眠りから目覚めます。驚いたのは、テクノロジーの進化でした。ダンがまさに開発しようとしていた万能ロボットは、人々の日常にすでに溶け込んでいました。

想像よりもはるかに性能もよく、見栄えもスマートです。ダンは、技術者として30年の遅れを受け入れなければなりませんでした。

また、資産を預けた保険会社は倒産し、リッキィの足取りも掴めません。ダンは無一文で、工場の下働きをしながら、2000年をどうにか生きていました。

そんなダンに電話を寄越した人物がいました。なんと、60歳のベルです。ダンは、リッキィの居場所を聞きだそうと、怒りを抑え会いに行きます。

30年前、ベルとマイルズが企んでいたマニックス財閥との契約は、ダンが開発した万能ロボットとその設計図が何者かに盗またことで破棄されていました。それから2年後にマイルズが亡くなっています。

ベルはその後、得意のしたたかさで男を誘惑し続け再婚するも、ドラッグに手を出し、今では醜い老女となっていました。リッキィのことも、なんら覚えていないようです。何事もなかったかのように親し気に誘惑してくるベルに、ダンはとことん嫌気がさしました。

リッキィとの再会を諦めかけたその時、ダンは新聞の冷凍睡眠蘇生者名簿の中にリッキィの名前を見つけます。リッキィもまた20年前、冷凍睡眠を受けていたのです。一緒に暮らしていた祖母が死に、21歳の時でした。

ダンは冷凍睡眠保険会社に問い合わせ、急いでリッキィの足取りを追います。そして、訪ねたユマの役場でリッキィの婚姻届けを見つけます。ダンは、ある決意を胸にトウィッチェル博士の元を訪ねるのでした。

以下、『夏への扉』ネタバレ・結末の記載がございます。『夏への扉』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021「夏への扉」製作委員会
トウィッチェル博士は、タイムマシンを発明した人物です。軍の秘密裏に製作されたタイムマシンは、まだまだ不十分で過去に戻るか未来に飛ぶかは、賭けのようなものでした。

それでもダンは、諦めません。博士を説き伏せタイムマシンに乗り込みます。目指すは1970年、自分が冷凍睡眠に入れられる前です。

時は1970年5月。ダンは過去に戻ることに成功しました。ベルとマイルズによって冷凍睡眠にかけられたのは12月ですから、あと7カ月後のことです。

ダンが目覚めたのは、ヌーディストクラブの敷地内でした。そこで知り合ったジョンとジェニィ夫妻は素性もわからないダンを受け入れ、面倒をみてくれました。

ダンにはこの7カ月でやり遂げなければならないことがありました。未来で見た高性能な万能ロボットを完成させ、9歳のリッキィに会うことです。

ダンは寝るまも惜しんで開発に取り組み、ついに未来型ロボットを完成させます。次に特許申請をし、特許を維持させる会社を設立、代表はジョンに任せることにしました。

のちにジョンが付けた会社名は「アラディン自動工業商会」。30年後の未来で業界トップに入る有名会社になっています。

そしてあの日がやってきます。1970年12月、ダンは過去の自分がマイルズの家に行く前に到着し、ガレージに隠してあった発明ロボットと設計図を回収し車に積み込みました。

家の中では、過去の自分がベルに注射器で「ゾンビードラッグ」を打たれたところです。猫のピートの奮闘をこの目で見ておきたいと家の中を覗くも、よく見えません。

網戸を開けると中から猫のピートが飛び出してきました。ベルたちが外に出てこないのを確かめ、ピートを連れ車でその場を離れます。向かう先は、リッキィのいる所です。

リッキィのところにはすでに過去の自分が郵送した株券が入った封筒が届いていました。ダンは中身を説明し、これからのことを話します。

リッキィは中身の話よりも30年会えなくなることが悲しくて泣いてしまいます。ダンは、また会えることを約束します。

「いいかい、リッキィ。これからは、おばあさんと暮らすんだよ。そして、21歳になったとき、まだ僕とピートに会いたいと願うならば、冷凍睡眠に入り20年後に目覚めるんだ。その時は、僕とピートが迎えにいくよ」。

その後ダンは、過去に自分が契約していた方のミュチュアル生命保険会社で予定通りピートと一緒に冷凍睡眠に入ります。次に目覚める日を、リッキィが目覚める日の直前、2001年4月と決めて。

2001年5月。リッキィは20年の冷凍睡眠から目覚めます。そこには、別れた時と変わらないダンと猫のピートの姿がありました。

ダンとリッキィは、過去の約束を叶えるためにユマの町へ向かいます。「次にあうときは、わたしをお嫁さんにしてくれる?」。「もちろんだよ。ぼくはそのために戻ってきたんだ」。9歳だったリッキィの願いです。

2人は結婚し、ハネムーンへと旅立ちました。ジョンからも連絡がありました。「きみの言う事は本当だったね。いつでも訪ねてきてくれ」。リッキィに持たせていた株券も相当な金額になっています。

どんなにお金が貯まっていようともダンは、経営に興味はありませんでした。愛する人と愛猫ピートと共に、小さな会社を立ち上げ、その後も大好きな発明に力を注ぎました。

ダンは、なぜ過去に戻る決意をしたのでしょうか。ダンは、最初に目覚めた2000年の世界である事実を知ります。

それは、自分が過去に申請した覚えのない万能ロボットの特許者に自分の名前があったこと。そして、ユマの役場で見たリッキィの結婚相手の名前が自分であったことです。

ダンはこれらを現実にするため、そして本当の幸せを掴むために、再び過去へと戻る決心をしたのでした。

寒さが苦手な猫のピートが、夏へと続く扉があると信じ、家にあるいくつもの扉をダンに開けさせようとするように、最後まで諦めないピートの勇敢さを見習ったのです。

スポンサーリンク

映画『夏への扉 キミのいる未来へ』ここに注目!


(C)2021「夏への扉」製作委員会
1956年に発行された原作『夏への扉』では、1970年に冷凍睡眠に入れられた主人公が、2000年に目覚めるという設定です。

作者のロバート・A・ハインラインは、この物語を書く時すでに14年先の未来を想像していたことになります。

主人公の天才発明家ダンは、家庭用お手伝いロボットの開発に力を注いでいます。ルンバなどAI搭載商品の開発が進む2021年の現在に、読み返しても全く古さを感じさせない作品です。

またこの作品の面白さは、30年後に冷凍睡眠から目覚め、再び過去へ、そしてさらに未来へと戻るタイムトラベルにあります。

ダンはなぜ再び過去へ戻ったのか。決して諦めないダンの行動は、運命に導かれるように本当の幸せへとたどり着きます。

映画化では原作のタイトル『夏への扉』に、「キミのいる未来へ」のサブタイトルがつきました。そしてタイムトラベルの期間が、1995年から2025年の設定になっています。

さらに、舞台を日本に再構築された新しいストーリーでは、どんな未来が待っているのか注目です。

猫のピート


(C)2021「夏への扉」製作委員会
牡猫のピートは冬になると、家にあるいくつもの扉を「開けろ」と、ダンにせがみます。その扉の中に、暖かい夏へと続く扉があると信じているのです。

また、ピートの頭にはワッフル型の傷跡があり、喧嘩でも決して怯むことはありません。舌がピリピリするジンジャエールも大好きです。

最後まで諦めないピートの勇姿に、ダンは同じ男として敬意を払い接しています。そんなピートの存在はダンの人生の選択に大きな影響を与えました。

映画化では、原作には登場しない未来のロボット(藤木直人)が登場します。そして、その未来ロボットが、猫のピートを抱いています。

果たして、猫のピートはロボットになるのか。主人公とピートは一緒に未来への扉を開くことが出来るのでしょうか。

過去への旅

映画では、主人公が行く未来は2025年に設定されています。現在2021年からすると4年後の近い未来です。

原作では1970年から2000年が描かれており、テクノロジーの進化も読みどころのひとつとなっていますが、映画化での重点は別のところにあるように思います。

映画の予告編では、「30年の時を超え、大切な人を救う旅の果て」「すべては一緒に見たい未来のため」というキーワードが登場しています。過去に戻る理由も、原作とは大きく変わっているようです。

まとめ


((C)2021「夏への扉」製作委員会
1956年発行のロバート・A・ハインラインのSF小説『夏への扉』のあらすじと、映画化で注目する点を紹介しました。

物語の舞台を日本に再構築し、『キングダム』の山崎賢人を主人公に、『坂道のアポロン』『フォルトゥナの瞳』の三木孝浩監督が映画化した『夏への扉 キミのいる未来へ』。

60年にわたり愛され続けてきた伝説のSF小説が世界初の映画化となり、2021年6月25日より公開されます。

次回の「永遠の未完成これ完成である」は…


(C)2021「キネマの神様」製作委員会
次回紹介する作品は『キネマの神様』です。原田マハの同名小説を山田洋次監督が映画化。2021年8月6日から、全国公開が決定しました。

主人公のダメ親父・ゴウ役は当初、志村けんが演じる予定でしたが、昨年逝去されたことで叶いませんでした。かつて志村と同じ事務所でもあった沢田研二が後を引き継ぎ、映画完成となりました。

小説『キネマの神様』は、家族の絆や友情、そして何より映画愛に溢れた感動作です。映画の公開前に、原作のあらすじと、映画化で注目する点を紹介していきます。

【連載コラム】「永遠の未完成これ完成である」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ブレイブ・ロード 』あらすじネタバレと感想。実話「名もなき英雄」のトルコ軍兵士と戦災孤児の少女の交流|未体験ゾーンの映画たち2019見破録58

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第58回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催された“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。全上映作品を劇場で観て、連載コラムで紹介するこ …

連載コラム

SF映画おすすめランキング5選!1980年代の洋画名作傑作【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車92

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile092 1980年代に入るとSF映画の技術が映画界に普及し始めたことにより、スペースオペラや特殊なVFXを使ったSF映画が多く登場します。 この …

連載コラム

香港映画『ハードナイト』あらすじネタバレと感想。ダイハード2の監督レニーハーリンが描く心理戦アクション|未体験ゾーンの映画たち2020見破録17

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第17回 多様なジャンルの映画の祭典「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催。2月7日(金)からはシネ・リーブル …

連載コラム

韓国映画『不倫する理由』ネタバレあらすじ感想と結末考察。男女の性愛とエロスを切なくも滑稽に活写|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー51

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第51回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

映画『パトレイバー劇場版2』ネタバレ考察とあらすじ感想解説。現場と組織上層部の温度差を描き“真の正義”を問う|SF恐怖映画という名の観覧車140

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile140 激動の世の中となり、政府や各企業の動向に注目がより集まるようになりました。 全体を俯瞰した方針の決定を求められる上層部と、目の前の事態に …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学