Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/19
Update

映画『由宇子の天秤』あらすじ/キャスト/上映館。瀧内公美が国際映画祭で女優賞受賞の話題作が劇場公開決定

  • Writer :
  • 大塚まき

第20回ラス・パルマス国際映画祭にて
最優秀女優賞(瀧内公美)&CIMA審査員賞をW受賞

瀧内公美(『火口のふたり』、『裏アカ』)を主演に迎えた春本雄二郎監督(『かぞくへ』)の最新作『由宇子の天秤』が、2021年4月9日~18日(現地時間)にスペインのカナリア島で開催されている第20回ラス・パルマス国際映画祭で最優秀女優賞(瀧内公美)とCIMA審査員賞の2冠に輝く快挙を達成しました。


(c)2020 映画工房春組

映画『由宇子の天秤』が、2021年9月より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開されます。

また、この度の受賞を受けて瀧内公美と春本雄二監督より喜びのコメントが到着しましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『由宇子の天秤』について


(c)2020 映画工房春組

物語の主人公は、女子高生自殺事件を追うドキュメンタリーディレクターの由宇子。

事件の真相に迫るなか、父の政志からある衝撃的な事実を聞かされ、究極の選択を迫られるストーリーです。

“正しさ”とは一体何なのか?情報化社会を生きる私たちが抱える問題や矛盾を真正面から炙り出した衝撃作

主演は、『火口のふたり』(2019)で第93回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞に輝き、映画・TV・舞台と多方面で活躍し注目される瀧内公美

最後まで緊張の糸が途切れない展開、そして究極の選択に追い込まれていく瀧内公美演じる主人公・由宇子の圧倒的な存在感により、見事今回、最優秀女優賞とCIMA審査員賞を受賞しました。

瀧内公美にとって、海外の国際映画祭で主演女優賞を受賞するのは本作が”初“となります。

脇を固めるのは『佐々木、イン、マイマイン』(2020)の河合優実、『かぞくへ』(2016)の梅田誠弘、さらに日本映画屈指のバイプレイヤー光石研ら。

監督・脚本は、日本の片隅で生きる若者たちの葛藤と不器用な優しさを描き、約1万人を動員する異例のロングランヒットとなった『かぞくへ』の春本雄二郎。

本作は第20回ラス・パルマス国際映画祭(※)で最優秀女優賞(瀧内公美)とCIMA審査員賞をW受賞。世界中の数ある高い水準の作品の中から、メインであるコンペティション部門に見事選出されました。

本作のほかにも、深田晃司監督の『本気のしるし』(コンペティション部門)や河瀨直美監督『朝が来る』(パノラマ部門)などの日本映画が出品しています。

(※)ラス・パルマス国際映画祭は、創意的かつ独創的な映画を世界的に発掘することに主眼を置き、スペインで活動する監督や批評家、シナリオ作家など主要な映画人らで発足される、今年で20回目を迎えます。

瀧内公美のコメント

この度、受賞を受けて主演の瀧内公美より、喜びのコメントが到着しました。

このたびは『由宇子の天秤』で主演女優賞をいただき、身に余る想いです。
春本監督はじめスタッフ、キャストの皆さまに感謝申し上げます。如何なる時でも戦い続けてくれた春本監督に一番御礼が言いたいです。本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

監督:春本雄二郎のコメント

参考:春本雄二郎の公式ツイッター


この度、受賞を受けて春本雄二郎監督より、喜びのコメントが到着しました。

この度は、最優秀女優賞、CIMA審査員賞と2つも名誉ある賞をいただける運びとなり、大変光栄です。主演の瀧内さんをはじめ、この2つの賞は作品に関わった全てのスタッフ・キャストの力が結束したことで受賞に繋がることができたと思っております。
改めて、この映画に関わった全ての方々に感謝いたします。

映画『由宇子の天秤』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本】
春本雄二郎

【キャスト】
瀧内公美

スポンサーリンク

映画『由宇子の天秤』のあらすじ


(c)2020 映画工房春組

三年前に起きた女子高生いじめ自殺事件の真相を追うドキュメンタリーディレクターの由宇子は、いま世に問うべき問題に光を当てることに信念を持ち、保守的な製作サイドと衝突することも厭いません。

一方で、父の政志が経営する学習塾を手伝い、慎ましくも幸せに二人三脚で生きてきました。

ところが、ある日、思いもかけない政志の行動によって、由宇子は信念を揺るがす究極の選択を迫られ…。

まとめ

本作はこれまで、釜山国際映画祭ニューカレンツアワードを受賞、東京フィルメックスでは学生審査員賞を受賞、そして平遥国際映画祭では審査員賞・観客賞をW受賞、さらには世界三大映画祭のひとつであるベルリン国際映画祭のパノラマ部門に正式出品されるなど、次々と世界各国の映画祭を席巻中です。

第20回ラス・パルマス国際映画祭での受賞で、国内外からさらなる注目の的となることでしょう。

由宇子旋風は、まだまだ勢いが止まりません!

映画『由宇子の天秤』は、2021年9月より渋谷ユーロスペースほか全国順次ロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

映画『るろうに剣心 最終章』神谷薫役は武井咲!演技力の評価とプロフィール紹介

大ヒットシリーズ『るろうに剣心』の完結編『るろうに剣心 最終章 The Final』は2021年4月23日公開 和月伸宏の人気コミックを佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化した大ヒットシリーズ「るろう …

新作映画ニュース

『あらののはて』長谷川朋史監督の映画演出!リアリティの追求は“見せない・描かない妙味”。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭Q&Aリポート

映画『あらののはて』長谷川朋史監督が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭Q&Aに登壇! 俳優のしゅはまはるみと藤田健彦、そして舞台演出を手がける長谷川朋史の3人が結成した自主映画制作ユニット「 …

新作映画ニュース

映画『都会のトム&ソーヤ』あらすじ/キャスト/公開日/特報動画。はやみねかおる原作の人気シリーズがオリジナルストーリーで実写化!

はやみねかおるの大人気小説シリーズ“マチトム”遂に実写映画化。 リアル脱出ゲームの生みの親「SCRAP」と強力タッグ、命がけの謎解きゲーム「エリアZ」に中学生コンビが挑みます! (c)2021マチトム …

新作映画ニュース

映画『RUN/ラン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。サーチの監督最新作は毒親と娘のサイコスリラー!

“母の愛からは逃れられない” 車椅子の娘に向けられた毒母の狂気が暴走する。 『search/サーチ』のアニーシュ・チャガンティ監督&製作陣の最新作『RUN』(原題)。 (C) 2020 Summit …

新作映画ニュース

ウィルスミス映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』あらすじとキャスト。公開日は2020年1月31日で予告編も解禁!

あのコンビが17年ぶりに帰ってきます。 全世界でシリーズ累計4億ドルを突破した大ヒット「バッドボーイズ」シリーズ。 その第3弾となる『バッドボーイズ フォー・ライフ』の日本公開初日が2020年1月31 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学