Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『アネット』あらすじ/キャスト/公開日/上映館/予告映像解禁。レオス・カラックス監督初のロックオペラミュージカルがいよいよ日本に!

  • Writer :
  • 星野しげみ

レオス・カラックス監督最新作『アネット』は2022年4月1日(金)公開決定!

映画『アネット』は、第74回カンヌ国際映画祭監督賞、第79回ゴールデングローブ賞<ミュージカル・コメディ部門>主演女優賞ノミネート作

『ポンヌフの恋人』(1991)『汚れた血』(1986)などの鬼才レオス・カラックスが、『マリッジ・ストーリー』(2019)のアダム・ドライバーと『エディット・ピアフ 愛の讃歌』(2007)のマリオン・コティヤールを主演に迎えたロック・オペラ・ミュージカルです。


(C) 2020 CG Cinéma International / Théo Films / Tribus P Films International / ARTE France Cinéma / UGC Images / DETAiLFILM / Eurospace / Scope Pictures / Wrong men / Rtbf (Télévisions belge) / Piano

8年ぶりの新作映画となる本作は、カラックス史上初の全編英語のミュージカルに挑んだ“ダーク・ファンタジー・ロックオペラ”。

2021年第74回カンヌ国際映画祭でオープニングを飾り、監督賞を受賞した『アネット』は、2022年4月1日(金)ユーロスペースほか全国ロードショーされます。

スポンサーリンク

映画『アネット』について

『アネット』は、映画監督レオス・カラックスの『ホーリー・モーターズ』以来8年ぶりとなる最新作です。

35年間で発表した長編作品は6本ですが、その卓越した演出力と圧倒的な美的センスによって、常に衝撃を与えつづけてきたレオス・カラックス

その一作一作で、既存のジャンルを軽々と超える、新たな映画体験を生み出し、世界中に熱狂的なファンを獲得しています。

本作は、音楽担当のスパークスがストーリー仕立てのスタジオアルバム「アネット」として構築していた物語が、カラックスとの出会いによって映画へと発展したものです。

劇中全編を歌で語り、全ての歌をライブ録音するという両者のこだわりと、そこにカラックスならではの映像美が相まって、唯一無二の作品が完成。

また、カラックスが「父親になってからの映画」とその特別な想いを語る本作には、カラックス自身の人生が色濃く反映されていることも見どころの一つです。

映画『アネット』の予告動画

このたび届いた予告動画は、「息すらも止めて ご覧ください」との冒頭の台詞がとても印象的なものです。

インパクトある冒頭句に続くのは、「ワン・ツー・スリー・フォー」の掛け声とともに始まるリズミカルな音楽と、「初めて恋に落ちた」「彼女が僕を変えたんだ」の台詞。

映像の後半は「DARK」「FANTASY」「ROCK」「OPER」とストーリー展開の興味をそそる単語が続き、「アネット」の文字が現れます。

原案も手がけたロン&ラッセル・メイル兄弟によるポップ・バンド「スパークス」の音楽をバックにこれまでに誰も見たことのなかった映像体験が繰り広げられる予告動画となっています。

スポンサーリンク

映画『アネット』の作品情報

【日本公開】
2022年(フランス・ドイツ・ベルギー・日本・メキシコ合作映画)

【原題】
Annette

【監督】
レオス・カラックス

【脚本】
ロン・マエル

【原案・音楽】
スパークス

【キャスト】
アダム・ドライバー、マリオン・コティヤールほか

映画『アネット』のあらすじ

「初めて恋に落ちた」―。

攻撃的なユーモアセンスが人気のスタンダップコメディアン・ヘンリー(アダム・ドライバー)と国際的な美貌のオペラ歌手・アン(マリオン・コティヤール)の2人が惹かれあい、愛する子供“アネット”が生まれます。

世間からも祝福され、仲睦まじく暮らしていた2人。

しかし、そんな幸せな時間は束の間、彼らの世界の全てが、少しずつ<闇>へと近づいていきますー。

スポンサーリンク

まとめ

カラックス史上初の“ダーク・ファンタジー・ロックオペラ”の『アネット』。

レオス・カラックス監督の8年ぶりの新作は、アダム・ドライバーが歌いあげました。

本作が「父親になってからの映画」と語るカラックス。

父親としてのカラックスの想いも色濃く織り込まれている本作は、これまで以上に魅力的な作品となっていることでしょう。

映画『アネット』は、2022年4月1日(金)ユーロスペースほか全国ロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

【2019年8月16日〜17日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。すこしだけツウ好みな映画webマガジン「Cinemarche」 (C)すしぱく 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載している最新情 …

新作映画ニュース

夏休み映画公開おすすめの作品は?今週末に4DX上映の迫力を満喫するならコレ

夏休みシーズンも真っ盛り!今週末、4DX映画を観るならどっち? 最強で無敵な“テーマパークVIBE”4DX版『ジュラシック・ワールド/炎の王国』VS迫力勝負!“4DXエクストリーム版”『ミッション:イ …

新作映画ニュース

韓国映画『声もなく』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ユ・アイン主演サスペンスはパラサイト/はちどりに続く珠玉の作品

韓国映画『声もなく』が2022年1月21日(金)より、シネマート新宿・シネマート心斎橋ほかにて公開決定! 『パラサイト 半地下の家族』(2019)、『はちどり』(2018)の系譜を継ぐ、韓国映画の新た …

新作映画ニュース

『アイネクライネナハトムジーク』キャストの佐藤役は三浦春馬【演技力の評価とプロフィール】

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

新作映画ニュース

【吉村界人×田中美里】映画『人』舞台挨拶に登壇。山口龍大朗監督が友人との死別を基に“幽霊を描き生きること”を問う

映画『人』は2022年8月26日(金)より池袋 HUMAXシネマズほか全国順次公開! 山口龍大朗監督の演出を勤めた初の商業映画『人』は、監督自身の友人との死別体験によって企画が始まり、「家族とは何か? …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学