Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/12
Update

映画『無頼』劇場公開日/上映館/予告編。井筒和幸監督が最新作についてコメントした特別映像!

  • Writer :
  • 松平光冬

『パッチギ!』『黄金を抱いて翔べ』の井筒和幸監督、8年ぶり待望の新作

『パッチギ!』(2004)、『黄金を抱いて翔べ』(2012)など、デビュー作以来、社会のあぶれ者、はみ出し者を冷徹かつ共感に満ちた視線で描き続けてきた井筒和幸監督


(C)2020「無頼」製作委員会/チッチオフィルム

その8年ぶりとなる新作映画『無頼』が、2020年5月16日(土)より新宿K’s cinemaほか、全国順次ロードショーにて公開されます。

映画公開に先がけ、井筒監督自らのコメント映像付き予告編が到着しました。

スポンサーリンク

映画『無頼』について


(C)2020「無頼」製作委員会/チッチオフィルム

本作『無頼』は、『パッチギ!』、『黄金を抱いて翔べ』といった話題作を発表してきた、井筒和幸監督8年ぶりの新作映画です。

1975年、高校時代の仲間と作ったピンク映画『行く行くマイトガイ 性春の悶々』で製作・監督デビューを果たした井筒監督は、『ガキ帝国』(1981)で日本映画監督協会新人奨励賞を受賞『岸和田少年愚連隊』(1996)で第39回ブルーリボン最優秀作品賞を受賞

日本人の少年と在日朝鮮人の少女の恋を描いた『パッチギ!』で日本アカデミー賞優秀監督賞、優秀脚本賞(羽原大介と共同)のほか多数の映画賞を受賞しました。

そんな井筒監督が新たに放つ本作は、誰もが“欲望の資本主義”を追いかけた戦後日本を舞台に、激しく変転を続けた昭和という時代が、世間という“良識の監獄”の外側で生き抜いたヤクザ者たちの群像劇となります。

背景にさまざまな事件や社会風俗が盛り込まれた物語の主役のアウトサイダーを演じるのは、EXILEのパフォーマーとして活躍し、現在は俳優としてテレビ・舞台で活躍する松本利夫

抜群の気っぷの良さで彼の人生を支えた妻・佳奈役には、『純平、考え直せ』(2018)のヒロインに抜擢されるなど女優としての活躍も目覚ましい柳ゆり菜

他にも木下ほうか、ラサール石井、升毅、小木茂光、隆大介、外波山文明、フォークシンガー三上寛、日本屈指のドラマーとして名高い中村達也などの実力派が脇を固め、さらにはオーディションで選ばれた総勢300人もの俳優陣が練達の井筒演出のもと、全身全霊の芝居で見せ場を競っています。

映画『無頼』の予告編

映画公開に先がけ、予告編が公開されました。

井筒監督が作品に練り込んだ昭和の色。「あの時代の熱量やヒリヒリした感覚を今の人たちにも感じてほしい」と監督がこだわり抜いて自ら編集した本予告編。

先日ニュース配信しました泉谷しげるの主題歌・ナレーションとも相まって、エモーショナルな魅力にあふれたものに仕上がっています。

今回は、劇場では見られない井筒監督自らが語る、約30秒のピースサイン付きウェブ限定コメント映像も合わせて公開

「井筒和幸です。8年ぶりの監督作品がついに完成しました。総勢400余名の俳優たちが演じる社会のはみ出し者たち、あぶれ者たちを通して、戦後の日本の姿を撮り上げました。タイトルは『無頼』です。これは監督としての集大成になります。5月の劇場公開まで今しばらくお待ちくださいませ!」

監督のコメントから、一貫して描き出してきた“社会のあぶれ者、はみ出し者”たちの魂が集結したかのように本作へとつながっていることが伺え、期待が高まります。

スポンサーリンク

映画『無頼』の作品情報


(C)2020「無頼」製作委員会/チッチオフィルム

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・共同脚本】
井筒和幸

【脚本】
佐野宜志、都築直飛

【プロデューサー】
増田悟司、小木曽仁、湊谷恭史

【主題歌】
泉谷しげる

【キャスト】
松本利夫(EXILE)、柳ゆり菜、中村達也、ラサール石井、小木茂光、木下ほうか、升毅、小木茂光、隆大介、三上寛、高橋洋、浜田学、駒木根隆介

映画『無頼』のあらすじ


(C)2020「無頼」製作委員会/チッチオフィルム

太平洋戦争に敗れ、貧困と無秩序の中に放り出された日本。

焼け跡から立ち上がった大衆は、高度経済成長のもとで所得倍増を追い、バブル崩壊まで欲望のままに生きて、昭和が去ると共に勢いを止めます。

理想の時代から、夢の時代、そして虚構の時代へ──。

誰もが豊かさを欲する社会の片隅で、何にも怯むことなく、たった一人で飢えや汚辱と闘い、世間のまなざしに抗い続けた“無頼の徒”がいました。

やがて男は一家を構え、はみだし者たちを束ねて、命懸けの裏社会を生き抜いていきます…。

「正義を語るな、無頼を生きろ!」、過ぎ去った無頼の日々が今、蘇えります。

スポンサーリンク

まとめ


(c)2020「無頼」製作委員会

2度目の東京オリンピックに向けて官民挙げて「夢よ再び!」と湧き上がる2020年、井筒和幸監督が放つ魂の146分。

偽りのノスタルジーに彩られた昭和回顧ブームを凌駕する、本格ハード・エンターテイメントを、お見逃しなく。

映画『無頼は、2020年5月16日(土)より新宿K’s cinemaほか、全国順次ロードショーにて公開です。



関連記事

新作映画ニュース

映画『たちあがる女』あらすじキャスト。アイスランドのスイーツとのコラボも

映画『たちあがる女』2019年3月9日(土)ロードショー 2019年3月9日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAほか、全国順次公開される映画『たちあがる女』。 アキ・カウリスマキやロイ …

新作映画ニュース

ポーランド映画『メモリーズ・オブ・サマー』の日本公開日は6月1日!アダム・グジンスキ監督が描く夏の記憶

ポーランドの風景のなか紡がれる新しい夏休み映画 日本初劇場公開となる、ポーランド映画界の新たな才能アダム・グジンスキ監督の映画『メモリーズ・オブ・サマー』。 本作の日本公開初日が、2019年6月1日( …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの野上広呂役は村上虹郎【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのマテバ役は小栗旬。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

『夏のホラー秘宝まつり2020』上映作品/公開日。東京・大阪・名古屋の映画館で同時開催決定!

今年で7回目!東京、大阪、名古屋で同時開催! 観客参加型 ホラー映画祭、今年も開幕。 「ホラー秘宝」は、ホラー映画の人気レーベル。そのセレクションの質は、ホラーファンや映画ファンから一目を置かれる存在 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学