Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/10/29
Update

上映延期の映画『無頼』劇場公開日は12月12日!井筒監督が最新作にコメント発表

  • Writer :
  • 石井夏子

井筒和幸監督の公開延期となっていた新作『無頼』、公開日決定のお知らせ。

『パッチギ!』『黄金を抱いて翔べ』など、数々の話題作を世に送り出してきた井筒和幸監督。

その8年ぶりとなる新作『無頼』は、2020年初頭からのコロナ禍で公開が延期されていましたが、ついに2020年12月12日(土)から、新宿K’s cinema、池袋シネマ・ロサ、横浜ジャック&ベティを皮切りに全国順次公開と決定しました。

また、公開日決定に際し、井筒監督からコメントも到着しました。

スポンサーリンク

映画『無頼』とは?

(C)2020「無頼」製作委員会/チッチオフィルム

本作『無頼』で監督を務めたのは、1975年のデビュー作以来、社会のあぶれ者、はみ出し者を冷徹かつ共感に満ちた視線で描き続けてきた井筒和幸監督

本作は、井筒和幸監督の真骨頂にして集大成とも言える、もう一つの戦後史を映し出します。

主人公は、誰もが“欲望の資本主義”を追いかけた戦後日本そのもの。敗戦直後の動乱期から所得倍増、奇跡の高度経済成長、政治の季節とオイルショック、さらにはバブルの狂騒と崩壊まで──。

激しく変転を続けた昭和という時代が、世間という“良識の監獄”の外側で生き抜いたヤクザ者たちの群像劇を通して逆照射されます。

(C)2020「無頼」製作委員会/チッチオフィルム

背景にさまざまな事件や社会風俗が盛り込まれた物語の主役のアウトサイダーを演じるのは、EXILEのパフォーマーとして活躍し、現在は俳優としてテレビ・舞台で活躍する松本利夫

抜群の気っぷの良さで彼の人生を支えた妻・佳奈役には、『純平、考え直せ』(2018)のヒロインに抜擢されるなど女優としての活躍も目覚ましい柳ゆり菜

他にも木下ほうか、ラサール石井、升毅、小木茂光、隆大介、外波山文明、フォークシンガー三上寛、日本屈指のドラマーとして名高い中村達也などの実力派が脇を固め、さらにはオーディションで選ばれた総勢300人もの俳優陣が練達の井筒演出のもと全身全霊の芝居で見せ場を競っています。

井筒和幸監督のコメント

画像:撮影現場での井筒監督

(C)2020「無頼」製作委員会/チッチオフィルム

コロナ禍で公開延期になっていた「無頼」が、まさか我が映画渡世で初めての年末正月作品になるとは・・・。今まで、はぐれ者ばかり描いてきた自分としては驚きです。『ガキ帝国』では少年院上がりの不良たち。『犬死にせしもの』は終戦直後の無法者。『岸和田少年愚連隊』は格差教育の落ちこぼれ。『パッチギ!』は京都ゼロ番地の在日高校生。『ヒーローショー』は「失われた世代」たち。『黄金を抱いて翔べ』では金塊強奪の流れ者たち──。彼らは、貧困や偏見に抗った「寄るべなき者たち」でした。
本作も、どん底から這い上がり、欲望の昭和を生きたアウトローたち、その一家の半生を描いてます。疲れた大人、夢を失った若者、そして自分にも“くじけるな!”という映画です。2時間25分、さあ、奴らと共に熱かった昭和時代へ――。

スポンサーリンク

映画『無頼』の作品情報


(C)2020「無頼」製作委員会/チッチオフィルム

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・共同脚本】
井筒和幸

【脚本】
佐野宜志、都築直飛

【プロデューサー】
増田悟司、小木曽仁、湊谷恭史

【主題歌】
泉谷しげる

【キャスト】
松本利夫(EXILE)、柳ゆり菜、中村達也、ラサール石井、小木茂光、木下ほうか、升毅、小木茂光、隆大介、三上寛、高橋洋、浜田学、駒木根隆介

映画『無頼』のあらすじ


(C)2020「無頼」製作委員会/チッチオフィルム
太平洋戦争に敗れ、貧困と無秩序の中に放り出された日本。

焼け跡から立ち上がった大衆は、高度経済成長のもとで所得倍増を追い、バブル崩壊まで欲望のままに生きて、昭和が去ると共に勢いを止めました。

理想の時代から、夢の時代、そして虚構の時代へ──。

誰もが豊かさを欲する社会の片隅で、何にも怯むことなく、たった一人で飢えや汚辱と闘い、世間のまなざしに抗い続けた“無頼の徒”がいました。

やがて男は一家を構え、はみだし者たちを束ねて、命懸けの裏社会を生き抜いていき…。

過ぎ去った無頼の日々が今、蘇ります。正義を語るな、無頼を生きろ!

スポンサーリンク

まとめ

(C)2020「無頼」製作委員会/チッチオフィルム

あぶれ者たちの群像劇を通して逆照射される、もう一つの昭和史

コロナ禍という未曽有の危機が襲った2020年、井筒和幸が送り出す魂の146分。

偽りのノスタルジーに彩られた昭和回顧ブームを凌駕する、本格ハード・エンターテイメント、ついに公開です。

映画『無頼』は、2020年12月12日(土)より、新宿K’s cinemaほか全国順次ロードショー!

映画『無頼』を上映する映画館

【東京都:新宿K’s cinema】12月12日(土)~

【東京都:池袋シネマ・ロサ】12月12日(土)~

【神奈川県:シネマ・ジャック&ベティ】12月12日(土)~

【大阪府:第七藝術劇場】12月19日(土)~

【京都府:出町座】12月18日(金)~

【京都府:京都みなみ会館】12月18日(金)~

【愛知県:名古屋シネマスコーレ】12月26日(土)~

【福岡県:KBCシネマ】12月25日(金)~

以降も、順次全国ロードショー公開予定。
詳しくは『無頼』公式サイトをご覧ください。




関連記事

新作映画ニュース

『性の劇薬』実写BL映画の上映館情報と舞台挨拶リポート。城定秀夫×北代高士×渡邊将がゲスト登壇!

3日間連日満席の好スタート。 R18+で描く衝撃のBL映画『性の劇薬』ついに公開。 『私の奴隷になりなさい 新章』や『新宿パンチ』などで知られるピンク映画界の鬼才・城定秀夫監督の最新作『性の劇薬』が2 …

新作映画ニュース

《動画で見る川上奈々美インタビュー》映画『東京の恋人』結婚や出産への思いを超えて“憑依してヒロイン”になっていた⁉︎

大人のラブストーリー映画『東京の恋人』 ひさしぶりに再会した元恋人同士の2人による、ひと時のアヴァンチュールと、青春への別れが描かれる映画『東京の恋人』。 本作の中で、ヒロインの満里奈役を演じる川上奈 …

新作映画ニュース

【台風家族】草なぎ剛映画の劇場公開は9月6日から3週間!新井浩文出演も再編集なしにて上映

映画『台風家族』は2019年9月6日(金)より全国ロードショー! 俳優として活躍する草彅剛と『箱入り息子の恋』などで知られる市井昌秀監督が描く、ブラックユーモアたっぷりの家族ドラマ。 それが、2019 …

新作映画ニュース

映画『天井棧敷の人々 4K修復版』あらすじ/日本公開日/上映館。予告動画で愛のセリフが蘇る!

作品生誕75周年。 全世界映画史に燦然と輝き続ける金字塔的傑作が今、4Kで甦る! コロナ禍で新作洋画の公開が限定的になっている中、良質な外国映画を求めて『ひまわり 50周年 HDレストア版』や「生誕1 …

新作映画ニュース

チョウ・ユンファ映画『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』あらすじとキャスト。公開日は2月7日!

ラスト15分、衝撃の真実を解き明かせるか。 “亜州影帝(アジア映画界の帝王)”チョウ・ユンファが完全復活を果たしました。 © 2018 Bona Entertainment Company Limit …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学