Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018オールナイト上映!SFホラーのダークヒーロー作品とは

  • Writer :
  • 石井夏子

1980年代の映画はあらゆるジャンルが溢れたプログラムピクチャー最後の黄金時代!


Images courtesy of Park Circus/MGM Studios Images courtesy of Park Circus/Warner Bros. ©Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.

第31回東京国際映画祭にて、80年代を代表するSF・ホラー・アクションの名作3本が、「ミッドナイト・フィルム・フェス! 『金曜洋画劇場 in ’80s』」として一挙オールナイト上映されます。

ここでは上映の詳細と、上映作品『ターミネーター』『エルム街の悪夢』『ロボコップ』についてご紹介します。

スポンサーリンク

I’ll be back(また戻ってくる)!『ターミネーター』(1984)


TERMINATOR, THE © 1984 CINEMA ’84, A GREENBERG BROTHERS PARTNERSHIP. All Rights Reserved

【公開】
1984年(アメリカ公開)

【監督】
ジェームズ・キャメロン

【キャスト】
アーノルド・シュワルツェネッガー、マイケル・ビーン、リンダ・ハミルトン、ポール・ウィンフィールド、ランス・ヘンリクセン、リック・ロソビッチ、ベス・マータ、ディック・ミラー

【概要】
80年代に誕生して今も世界を騒がせるダークヒーローといえばこの『ターミネーター』。

低予算のB級映画のはずが、世界中で大ヒットしてシリーズ化。アーノルド・シュワルツェネッガーをスターダムに推しあげたジェームズ・キャメロン監督の原点。

映画『ターミネーター』のあらすじ


Images courtesy of Park Circus/MGM Studios

未来からやって来た殺人機械。機械の目的は、未来の抵抗軍指導者であるジョン・コナーの母親サラ・コナーを殺すこと。

サラがジョンを生む前に殺し、未来を変えて機械軍の物にしようとしていました。

サラ殺害を阻止するために未来から送り込まれた軍人カイル・リース。

殺人機械から守り守られるうち、サラとカイルは恋に落ちて…。

眠りに落ちたらフレディがやってくる!『エルム街の悪夢』(1984)


(C) MMX NEW LINE PRODUCTIONS, INC.

【公開】
1984年(アメリカ公開)

【脚本・監督】
ウェス・クレイヴン

【キャスト】
ロバート・イングランド、ヘザー・ランゲンカンプ、ジョン・サクソン、ロニー・ブレイクリー、ジョニー・デップ、ニック・コッリ、アマンダ・ワイス、ジョゼフ・ホイップ、チャールズ・フィッシャー、ジョー・アンガー

【概要】
夢の中のみならず、現実にも出現する殺人鬼の恐怖を描き、大ヒットしたホラーシリーズの第1弾。

本作のフレディは、後のシリーズで見られるブラックジョークなどは一切なく、冷酷な殺人鬼として描かれています。

夜毎、ティーンの悪夢に登場し殺人を繰り返す80年代屈指のダーク・キャラクター、フレディ・クルーガーの登場です。

映画『エルム街の悪夢』あらすじ


Images courtesy of Park Circus/Warner Bros.

エルム街に暮らすナンシーら高校生たちの夢の中に、鋭利な鉄の爪をつけた怪人が現れ、彼らを脅かします。

その後、友人のひとりティナが惨殺されるという事件が起こります。

一方、夢の恐怖は現実化し、ナンシーの体には傷まで残っていました。

悪夢とともに殺人事件が続く中、ナンシーは怪人フレディにまつわる秘密を知り、彼と闘うことに…。

スポンサーリンク

殉職した警官が正義のサイボーグに!『ロボコップ』(1987)


© 1987 ORION PICTURES CORPORATION. All Rights Reserved

【監督】
ポール・ヴァーホーヴェン

【キャスト】
ピーター・ウェラー、ナンシー・アレン、ロニー・コックス、カートウッド・スミス、ミゲル・ファーラー、ロバート・ドクィ、レイ・ワイズ、フェルトン・ペリー、ポール・マクレーン、ジェシー・D・ゴーインズ、デル・ザモラカ、カルビン・ファン、リック・リーバーマン、リー・デ・ブロー、マーク・カールトン、エドワード・エドワーズ、マイケル・グレゴリー

【概要】
ヴァーホーヴェン流のブラックな笑いと残酷描写、そして「人間とは何か」という深遠なテーマが一体となった80年代を代表するアクションSF。

殉職した警官が全身を機械化したロボコップとして甦り、犯罪組織と戦う姿を描いた大ヒット作。

映画『ロボコップ』のあらすじ


© Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.

近未来のデトロイト。

多発する犯罪に対処するため、警察の経営権は民間の巨大企業オムニ社にたくされ、オムニ社は人間の警官にかわるサイボーグの開発を進めていました。

そんなある日、デトロイトの警察に転任してきたばかりの警察官マーフィは、凶悪犯のクラレンス一味を追ってアジトに乗り込みますが、逆に惨殺されてしまいます。

オムニ社は早速マーフィをロボコップとして復活させ、次々と犯罪者を取り締まっていきます。

しかし、ふとしたきっかけでマーフィとしての過去を知ったロボコップは、自分を殺したクラレンスへ復讐を誓い…。

まとめ

公開当時、『ターミネーター』『エルム街の悪夢』『ロボコップ』の3作品は、どれも低予算ながら大ヒットを飛ばしました。

その後もシリーズ化され、またリメイクされるなど、今日も新たなファンを増やし続けています。

今なお、原点にして頂点!映像に古さすら感じさせない、ワクワクさせる原点ならではの見どころが満載です!

ぜひ、80年代の名作洋画を東京・六本木のスクリーンでお楽しみください

「ミッドナイト・フィルム・フェス!『金曜洋画劇場 in ’80s』」上映詳細

【会場】
TOHOシネマズ六本木ヒルズSCREEN9

【開催日】
10月26日(金)

【上映開始時間】
23:10

【料金】
3,500円

チケットは東京国際映画祭公式ホームページにて好評発売中です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『キリング・ガンサー』あらすじ。キャストの殺し屋のキャラクター紹介も。

映画『キリング・ガンサー』は7月14日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク7にてロードショー。 主演のアーノルド・シュワルツェネッガー自ら製作総指揮に名乗り出た本作の彼の役柄は、伝説の世界最強の殺し屋ガ …

新作映画ニュース

『五億円のじんせい』上海国際映画祭での上映リポート。望月歩のラブリーさにファン悶絶!

望月歩のラブリーさにファン悶絶! ©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT かつて五億円の募金で命を救われた少年が死ぬために始めた闇バイトを始めるという衝撃の物語『五億円の …

新作映画ニュース

【2020年2月14日〜2月15日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 photo by 田中舘裕介 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネ …

新作映画ニュース

映画『ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像』あらすじとキャスト。公開日は2020年2⽉28⽇に決定

作者不明で謎の肖像画。 年老いた美術商がたどり着いた“本当に価値のあるもの”とは? 「幻の名画」に込められた真実が明かされるとき、すれ違っていた家族の秘めた想いが絆を紡ぎだします。 © Mamocit …

新作映画ニュース

映画『かぞくあわせ』あらすじとキャスト。『カメラを止めるな!』で大ブレイクのしゅまはるみ初主演の存在感

しゅはまはるみ初主演映画が公開! 「しゅはまはるみと藤田健彦W主演」「撮影期間:合計72時間(各作品 24 時間)」「撮影場所:結婚式場」を条件に、気鋭の三監督が持てる力をすべて注ぎ込んだオムニバス三 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学