Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/01
Update

フランクデュボスクのコメディアン資質が監督業にも。映画『パリ、嘘つきな恋』本編映像解禁

  • Writer :
  • 石井夏子

本国フランスで動員200万人超、NO.1大ヒット!

フランス全土が恋をした、とびきり楽しくて、心ときめくラブストーリー『パリ、嘘つきな恋』が2019年5月24日(金)から新宿ピカデリーほかで全国公開されます。

本作は “イケメンでお金持ちだが女性に求めるのは一時的な関係だけ”という軽薄な男・ジョスラン(フランク・デュボスク)が、自分がついてしまったトンデモナイ嘘をきっかけに、本物の恋に目覚めていく姿を描いた、大人のための恋愛映画です。

この度4月1日のエイプリルフールを記念し、主人公が“トンデモナイ嘘”をついてしまう本編シーン映像を解禁致します。

映画『パリ、嘘つきな恋』本編シーン映像

解禁された映像は、ジョスランが亡くなった母の家を整理中、遺された車椅子に座りながら上機嫌で踊っている際に、隣に引っ越してきた美しい女性・ジュリーが尋ねてくるシーンから始まります。

彼はたまたま車椅子に座っていたんですが、ジュリーは、ジョスランが“車椅子生活で、自力で歩くことのできない男性”だとすっかり勘違い

しかも「ケアワーカーです。あなたのような人のお世話を」「お役に立つことがあれば」と親切に語る彼女に対してジョスランは訂正するどころか、美しく若い彼女の気を惹くために思わず「よろしく」とトンデモナイ嘘をついてしまうんです。

神妙な顔つきで嘘をつき、チラチラとジュリーのボディーラインをチェック。

その後、ジュリーが家を出ていった途端、車椅子から立ち上がるジョスラン。

嘘をついたことに全く悪びれもせず、美しい女性と知り合ったことに対してご機嫌になるその軽薄な様子は、“財産はあるが嘘つき&軽薄な女好き”という彼の困った一面を象徴しています。

これから出会う“最高で本物の恋”への布石となる、重要なシーンです。

フランク・デュボスクとは

View this post on Instagram

Ce soir je fais mon cirque à Bruxelles #fiftyfifty #cirqueroyalbruxelles

Franck Dubosc Officielさん(@fdubosc_officiel)がシェアした投稿 –

本編映像のノリノリな様子を見て、フランク・デュボスクの渋さと愛らしさにノックアウトされた方も多いはず。

フランク・デュボスクは本作で監督・脚本・主演を兼任

多才な彼のプロフィールに迫ってみましょう。

フランク・デュボスク(Franck Dubosc)は1963年11月7日生まれ、フランスのル・プティ=ケヴィイー出身です。

ワンマンショーのコメディアンとして大人気で、誰もがイメージするフランスの浮気男を演じさせたら天下一品

幼いころは引っ込み思案だったそうですが、「いつかビッグになってやると」野心に燃えていたそう。

強い心を手に入れるため、柔道も習っていたとか。

20歳の時に演劇学校に入り、少しずつ映画などに出演して、実力と人気を確かなものにしていきました。

その彼が初監督を務めたのが本作『パリ、嘘つきな恋』なんです。

これは面白いに決まっています。

映画『パリ、嘘つきな恋』の作品情報


(C)2018 Gaumont / La Boetie Films / TF1 Films Production / Pour Toi Public

【日本公開】
2019年(フランス映画)

【原題】
Tout le Monde Debout (英題:Rolling to You)

【脚本・監督】
フランク・デュボスク

【キャスト】
フランク・デュボスク、アレクサンドラ・ラミー、ジェラール・ダルモン、エルザ・ジルベルスタイン、ローラン・バトー、フランソワ=グザビエ・ドゥメゾン、クロード・ブラッスール

【作品概要】
監督・脚本・主演を務めるのは本作で監督デビューを果たしたフランスの国民的コメディアン、フランク・デュボスク。

車椅子生活ながらも行動力とユーモア、優しさに溢れた魅力的な女性・フロランスを演じるのは、アカデミー賞俳優ジャン・デュジャルダンの元妻、アレクサンドラ・ラミーです。本作の演技でフランスの優れた芸術作品に贈られるクリスタル・グローブ賞主演女優賞(コメディ部門)を受賞しました。

映画『パリ、嘘つきな恋』のあらすじ


(C)2018 Gaumont / La Boetie Films / TF1 Films Production / Pour Toi Public

ジョスラン(フランク・デュボスク)は、パリの大手シューズ代理店で働くビジネスマンです。

金持ちでハンサムな彼は、常に女性にモテモテですが、女性に対して求めるのは、一時的な関係だけ。

ある日、亡くなった母親の家を訪ね、部屋に残されていた母の車椅子に座ってたたジョスラン。

偶然その場を訪ねてきた美女ジュリーの気を引くため、自分は車椅子生活を送っていると嘘をついてしまいます。

ジュリーは姉のフロランス(アレクサンドラ・ラミー)をジョスランに紹介。

フローレンスは以前事故に遭い、車椅子生活を送っていますが、バイオリニストとして世界を飛び回る傍ら、車椅子テニスプレーヤーとしても活躍する美しく魅力的な女性でした。

会うたびに、どんどん彼女に魅了されてしまうジョスラン。

しかし、ジョスランはまだ最初の嘘を引きずったまま、本当のことをフロランスに伝えられていませんでした。

一方、実はフロランスも彼に隠し事があるようで…。

まとめ


(C)2018 Gaumont / La Boetie Films / TF1 Films Production / Pour Toi Public

監督・脚本・主演を務めたフランク・デュボスクは、本作に「愛をもって相手を見れば、差異に対する偏見は消えることを伝えたい」という思いを込めて製作したそう。

その思いが形となり、様々なテーマを持ちながらも温かく愛の溢れた作品となった映画『パリ、嘘つきな恋』。

解禁された本編映像からも、コメディアンでもあるフランク・デュボスクの軽妙な笑いのセンスが伝わってきますね。

『パリ、嘘つきな恋』は2019年5月24日(金)から新宿ピカデリーほかで全国ロードショーです。


(C)2018 Gaumont / La Boetie Films / TF1 Films Production / Pour Toi Public

関連記事

新作映画ニュース

『仮面ライダーゼロワン』映画キャストに伊藤英明!公開日も劇場版キラメイジャーとともに決定

伊藤英明が待望のライダーシリーズ初出演! 新型コロナウィルス感染拡大の影響により、公開延期されていた『劇場版 仮面ライダーゼロワン』(仮)、『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE』(仮)の新しい …

新作映画ニュース

映画『ダーク・ウォーターズ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。トッド・ヘインズ監督がマーク・ラファロ×アン・ハサウェイ主演で衝撃の実話を基に描く!

トッド・ヘインズ監督×マーク・ラファロ×アン・ハサウェイ豪華タッグが実現! トッド・ヘインズ×マーク・ラファロ、アン・ハサウェイら世界的な鬼才と実力派キャストの豪華タッグで贈る『DARK WATERS …

新作映画ニュース

おすすめインディーズ映画『ピストルライターの撃ち方』がオランダ映画祭《カメラジャパン・フェスティバル》でインターナショナル・プレミア上映!

映画『ピストルライターの撃ち方』はユーロスペース、シモキタ-エキマエ-シネマ「K2」での公開後、9月16日(土)より大阪・第七藝術劇場ほかで全国順次公開! 再び原発事故が起こった近未来を舞台にヤクザの …

新作映画ニュース

【マジンガーZ50周年記念】一部復刻!東映まんがまつり1973年夏のイベントを開催。越智一裕描き下ろしBlu-ray情報も解禁

マジンガーZ50周年記念「一部復刻!東映まんがまつり1973年夏」イベント開催決定!! マジンガーZ50周年を記念して、50年前と同じタイミングで映画「マジンガーZ対デビルマン」を映画館で上映するイベ …

新作映画ニュース

映画『色の街』あらすじ。現役大学生のキャスト黒澤優介と監督森平周が紡ぐ青春ショートムービー

学生のエネルギーが映画界に新風を起こす! 2019年11月に公開予定の映画『色の街』は、早大劇団『てあとろ50′』出身の黒澤優介主演、森平周初監督作品。 早大演劇倶楽部出身の俳優・小手伸也が、物語のカ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学