Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/12/16
Update

映画『NEW RELIGION』ティザー特報解禁!瀬戸かほ主演作がフランス配給会社“REEL SUSPECTS”での海外セールスが決定!

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

アブストラクトSFホラー『NEW RELIGION』の《異例中の異例》な海外セールスが決定!

幼い娘を亡くした母親である主人公が謎めいた写真家に出会う物語を通じて、個人の喪失と記憶が引き寄せる社会の崩壊を描き出す映画『NEW RELIGION』

愛知県・名古屋発の長編自主製作映画ながら、ロンドン・フライトフェスト映画祭でのワールドプレミアをはじめ世界各地の映画祭で上映され、本作が映し出した新たな映画ジャンル《アブストラクト・SFホラー》は多くの海外批評家・映画ファンをすでに魅了しています。


(C)SHM FILMS

このたび、映画『NEW RELIGION』の2023年度のアメリカ・スラムダンス映画祭での上映が決定

さらにフランスの配給会社「REEL SUSPECTS(リール・サスペクツ)」による海外セールスが決定され、それを記念しての特別ティザー特報が新たに解禁となりました。

映画『NEW RELIGION』について


(C)SHM FILMS

幼い娘を亡くした母親である主人公が謎の写真家に出会う物語を通じて、個人の喪失と記憶が引き寄せる社会の崩壊を描き出した映画『NEW RELIGION』。

愛知県・名古屋発の長編自主製作映画にして、『クレマチスの窓辺』『この日々が凪いだら』など主演作が2022年に入り立て続けに公開されている瀬戸かほが主演を務めた本作。

SF・ホラーといったジャンルを超越した“アブストラクト・SFホラー”という新たなジャンルを名乗るにふさわしい、想像を絶する映画となっている。

ロンドン・フライトフェスト映画祭でのワールド・プレミアをはじめ、ワルシャワ国際映画祭、トリエステ・サイエンスフィクション国際映画祭、リスボン国際ホラー映画祭(MOTELX)など多数の海外映画祭にて上映された『NEW RELIGION』。

サンティアゴホラー映画祭でのベストシネマグラフィ&審査員賞の獲得など、海外の批評家・映画ファンたちから高い評価と注目を集め続けています。

そしてこのたび、映画『NEW RELIGON』の2023年度のアメリカ・スラムダンス映画祭での上映決定にくわえ、フランスの配給会社「REEL SUSPECTS(リール・サスペクツ)」による海外セールスが決定

あわせて、海外セールス決定を記念しての特別ティザー特報も新たに解禁となりました。

フランス配給会社「REEL SUSPECTS」とは?

映画『NEW RELIGION』特別ティザー特報

2005年に創立され、ヨーロッパの新進気鋭の監督からジャン=リュック・ゴダール、アラン・ロブ=グリエといった名匠の作品まで取り扱う「REEL SUSPECTS」

高い芸術性・エンタメ性を併せ持つ《新たなジャンルの映画》を模索し続ける同社が「日本の自主製作映画」の海外セールスを手がけるのは“異例中の異例”な事態であり、今回の決定によって映画『NEW RELIGION』が描く《新たな恐怖》はより一層世界を侵食することになります。

そして今回の海外セールス決定を記念した特別ティザー特報では、瀬戸かほが演じる主人公・雅の日常と娘を亡くして以来拭い切れない喪失感、その間に挟まれる「赤」の色彩など、不穏に満ちた世界観がありありと映し出されています。

映画『NEW RELIGION』海外映画祭・受賞歴


(C)SHM FILMS

・【イギリス】ロンドン・フライトフェスト映画祭 正式出品
・【ポーランド】ワルシャワ国際映画祭 正式出品
・【イタリア】トリエステ・サイエンスフィクション国際映画祭 正式出品
・【プエルトリコ】LUSCA Fantastic Film Fest 正式出品
・【チリ】サンティアゴホラー映画祭 ベストシネマグラフィ&審査員賞
・【イギリス】CINE-EXCESS国際映画祭 正式出品
・【ポルトガル】リスボン国際ホラー映画祭(MOTELX)
・【イタリア】BE AFRAID HORROR FEST 正式出品
・【メキシコ】Mórbido Mérida 正式出品
・【アメリカ】スラムダンス映画祭 正式出品

映画『NEW RELIGION』のあらすじ

娘・あおいを事故で亡くしたのを契機に、離婚した過去を持つ雅。現在は新たな恋人と同棲する彼女は、コールガールとして働きながら日々を過ごしている。

雅はある日、「《背骨》の写真を撮らせてほしい」と頼む奇妙な客・岡と出会う。岡の言うがままに写真を撮らせる雅だったが、彼は次に《足》の写真を要求する。

以来、岡に《身体の部位》の写真を撮られるようになった雅。やがて彼女は、足を小さな手に撫でられる感覚に襲われ、それが死んだ娘のものだと直感する。

ひとつの部位を撮影されるたびに、そこで娘の霊を知覚できるようになる。そう気づいた雅に残されていた最後の部位は、《目》だった。

《雅》という個人の喪失の物語は、やがて社会の崩壊へと連なっていく……。

映画『NEW RELIGION』の作品情報

【製作・脚本・監督】
Keishi Kondo

【撮影】
Sho Mishina

【助監督】
Akimine Matsuda

【音楽】
Zeze Wakamatsu、Abul Mogard、松本昭彦、miimm

【キャスト】
瀬戸かほ、西園寺流星群、岡諭史、沼波大樹、ナカムラルビイ、永田祐己、水田黒恵、中本華愛 浅井信好 ほか

『NEW RELIGION』公式HPはコチラ→

まとめ

映画『NEW RELIGION』公式ツイッターより

2023年度のアメリカ・スラムダンス映画祭での上映、そしてフランスの配給会社「REEL SUSPECTS(リール・サスペクツ)」による海外セールスが決定された映画『NEW RELIGION』。

2022年8月のロンドン・フライトフェスト映画祭でのワールドプレミア上映で上げられた《アブストラクト・SFホラー》の“狼煙”は、その勢いが止まることなく世界各地の映画祭へと広がり、海外批評家・映画ファンの注目を浴び続けています。

2023年に日本公開を迎える予定の本作は、果たしてどんな映画で、どんな結末を迎えるのか?その全貌が垣間見られる新情報が待たれるばかりです。

映画『NEW RELIGION』は2023年公開予定!



関連記事

新作映画ニュース

《動画で見る月船さららインタビュー》映画『完全なる飼育 étude』“彩乃の抱えた内面”に焦点をあて演じる

映画『完全なる飼育 étude』は、2020年11月27日(金)より、ヒューマントラスト渋谷ほかにて公開 1999年の第1作目以来、劇映画として数々の衝撃作を送りだしてきた「完全なる飼育」シリーズが、 …

新作映画ニュース

映画『さらば青春の光』デジタルリマスター版が10月11日公開。予告編とビジュアルも解禁!

“モッズ・ブーム“を巻き起こし、全世界が熱狂した青春映画の金字塔! このたび、青春映画の金字塔『さらば青春の光』デジタルリマスター版が、2019年10月11日(金)より、シネマート新宿、立川シネマシテ …

新作映画ニュース

『N号棟』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ホラー映画主演の萩原みのりが恐怖体験を増幅する演技に挑む

実際の幽霊団地事件を基にした“考察型”恐怖体験ホラー映画 気鋭の実力派女優・萩原みのり主演作、2000年に実際起きた都市伝説にもなっている幽霊団地事件を基にした“考察型”恐怖体験ホラー映画。 (C)「 …

新作映画ニュース

佐久間由衣映画『“隠れビッチ”やってました。』あらすじ。追加キャスト小関裕太のコメントも発表

ヒロインを囲む個性豊かな俳優たち あらいぴろよのベストセラーコミック「“隠れビッチ”やってました。」(光文社)が、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』の三木康一郎監督により映画化されま …

新作映画ニュース

『犬も食わねどチャーリーは笑う』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。主題歌はネバーヤングビーチ(never young beach)の楽曲「こころのままに」

主題歌を書き下ろした安部勇磨が本作の音楽も担当! 香取慎吾が『凪待ち』以来3年ぶりに主演を務め、今や日本映画界に欠かせない女優となった岸井ゆきのがヒロインとして共演、市井昌秀が監督・オリジナル脚本を手 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学