Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/07/15
Update

アブストラクトSFホラー『NEW RELIGION』あらすじ/キャスト。イギリス最大のジャンル映画祭でワールドプレミア決定!瀬戸かほ記念コメントも

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

アブストラクトSFホラー『NEW RELIGION』、ついに解禁!

2023年の劇場公開を目指す映画『NEW RELIGION』が、このたび2022年度のロンドン・フライトフェスト映画祭でのワールドプレミア上映が急遽決定。

あわせて、海外映画祭ポスタービジュアルと緊急ティザービジュアル、主演・瀬戸かほとKeishi Kondo監督の上映決定記念コメントが解禁となりました。


(C)SHM FILMS

幼い娘を亡くした母親である主人公が謎めいた写真家に出会う物語を通じて、個人の喪失と記憶が引き寄せる社会の崩壊を描き出す『NEW RELIGION』

Keishi Kondo監督が解き放つ《アブストラクト・SFホラー》の恐怖が、英国より世界に向けて上映開始です!

スポンサーリンク

映画『NEW RELIGION』について


(C)SHM FILMS

愛知県・名古屋で活躍するクリエイターたちが各々のクリエイティビティを全力でもって発揮した『NEW RELIGION』。未だかつてない想像を絶する映画であり、《アブストラクト・SFホラー》という独自ジャンルを名乗るにふさわしい作品となっています。

主人公・雅を演じたのは、『クレマチスの窓辺』『この日々が凪いだら』など主演作が2022年に入り立て続けに公開されている瀬戸かほ

そのほか気鋭の音楽ユニット「BBBBBBB」の西園寺流星群、元「ブランキージェットシティ」中村達也の長女であり自身もバンド、DJ、タトゥーアーティストとして活躍するナカムラルビイ

カブキカフェナゴヤ座で主に活躍中の俳優の永田祐己、サカナクションやSMAPなどのMV作品や『嫌われ松子の一生』の振付師として有名な舞踏家・浅井信好など、個性的なキャストが顔を連ねています。

ロンドン・フライトフェスト映画祭とは?

このたび、映画『NEW RELIGON』がワールドプレミア上映される「フライトフェスト映画祭」は、毎年ロンドンとグラスゴーで開催されるジャンル映画祭。2022年は、現地時間の8月25日(木)から29日(月)の週末を中心に5日間開催されます。2000年にロンドンで初めて開催され、グラスゴーフェスティバルは2006年に行われました。

本映画祭のタイトル「Fright(突然の恐怖、驚き)」が示すように、主にピックアップされる作品はホラー映画のジャンルでありますが、その他にもドキュメンタリー映画・SF映画・スリラー映画など多種多様なジャンルの映画が上映されます。

海外映画祭ポスター&緊急ティザービジュアルが解禁!


(C)SHM FILMS

そしてフライトフェスト映画祭でのワールドプレミア上映を記念し、海外映画祭ポスターと緊急ティザービジュアルも解禁

本作の主演・瀬戸かほさんが映るメイキングショットを含む緊急ティザービジュアルからは、画面越しからも漂ってくる作品の不穏な雰囲気はもちろん、《アブストラクト・SFホラー》映画である『NEW RELIGION』の全貌がわずかながら垣間見えてきます

主演・瀬戸かほ&Keishi Kondo監督の記念コメントも到着!

瀬戸かほ(主演:雅役)

平日は東京で生活し、週末名古屋へ撮影をしに行くという日々だったのですが、自分が2人いるような不思議な感覚を抱きながら過ごしました。

初めて母親役を演じることに対して嬉しさ、不安、緊張もありましたが、試行錯誤を重ねていく中で自分なりの答えを見つけることができたと思っています。

ひとりでも多くの方に届くことを願っています。

Keishi Kondo(監督)

現在と比較し平穏だった2018年に始まり、コロナ禍の只中に撮影され、戦争と無軌道な暴力の時代に世に放たれる映画「NEW RELIGION」。

製作中断をはじめ数々のトラブルに見舞われながら上映の機会を得る事ができました。

作中描かれる破壊/死/空虚/愛が観客ひとりひとりのこころによって様々な意味や物語に枝分かれしていく。

そんな映画を目指して作りました。あなたの中に、あなただけの「NEW RELIGION」が誕生するのを願っています。

スポンサーリンク

映画『NEW RELIGION』のあらすじ

娘・あおいを事故で亡くしたのを契機に、離婚した過去を持つ雅。現在は新たな恋人と同棲する彼女は、コールガールとして働きながら日々を過ごしている。

雅はある日、「《背骨》の写真を撮らせてほしい」と頼む奇妙な客・岡と出会う。岡の言うがままに写真を撮らせる雅だったが、彼は次に《足》の写真を要求する。

以来、岡に《身体の部位》の写真を撮られるようになった雅。やがて彼女は、足を小さな手に撫でられる感覚に襲われ、それが死んだ娘のものだと直感する。

ひとつの部位を撮影されるたびに、そこで娘の霊を知覚できるようになる。そう気づいた雅に残されていた最後の部位は、《目》だった。

《雅》という個人の喪失の物語は、やがて社会の崩壊へと連なっていく……。

映画『NEW RELIGION』の作品情報

【製作・脚本・監督】
Keishi Kondo

【撮影】
Sho Mishina

【助監督】
Akimine Matsuda

【音楽】
Zeze Wakamatsu、Abul Mogard、松本昭彦、miimm

【キャスト】
瀬戸かほ、西園寺流星群、岡諭史、沼波大樹、ナカムラルビイ、永田祐己、水田黒恵、中本華愛 浅井信好 ほか

『NEW RELIGION』公式HPはコチラ→

スポンサーリンク

まとめ


(C)SHM FILMS

2022年度のロンドン・フライトフェスト映画祭でのワールドプレミア上映が急遽決定された映画『NEW RELIGION』

愛知県・名古屋のクリエイター陣によって生み出された《アブストラクト・SFホラー》の恐怖は、イギリスを皮切りに世界へとその波紋を拡げていきます。

そして2023年に劇場公開予定である本作が日本へとたどり着いた時、《アブストラクト・SFホラー》は人々にどのような恐怖を衝撃を与えるのでしょうか

映画『NEW RELIGION』は2023年公開予定!


関連記事

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの青木保子役は緒川たまき【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より全国公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 太宰治の未完の遺 …

新作映画ニュース

野尻克己監督『鈴木家の嘘』で第23回新藤兼人賞「金賞」を獲得!巨匠の背中を追いつつ抜かすと決意を明かす

野尻克己監督が長編デビュー作品『鈴木家の嘘』は、突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生テーマにを、ユーモアを交えた作品。 映画『鈴木家の嘘』が新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか公開中で …

新作映画ニュース

映画『仮面病棟』キャストの佐々木香役は内田理央【演技評価とプロフィール】

映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開! 『屍人荘の殺人』の木村ひさしが監督をつとめ、現役医師でもある作家・知念実希人のミステリー小説を実写映画化した『仮面病棟』が2020年3月6日より全国 …

新作映画ニュース

映画『男と女 人生最良の日々』あらすじ。キャストは1966年版と同じで新作公開は2020年1月31日に決定

恋愛映画の金字塔『男と女』、その53年後の物語――。 恋愛映画の金字塔と評される『男と女』(1966)の53年後の物語を、同じ監督と同じキャストで描いた『男と女 人生最良の日々』。 (C)2019 – …

新作映画ニュース

ミミ・レダー監督が映画への想いを語る。『ビリーブ 未来への大逆転』インタビュー映像解禁

ミミ・レダーが監督オファーに身震い 2019年3月22日(金)にOHOシネマズ日比谷ほか全国公開される映画『ビリーブ 未来への大逆転』。 本作で描かれるのは、85歳の今なお、現役の米最高裁判事として活 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学