Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/06/22
Update

映画『クリーン、シェーブン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ピーター・グリーンが統合失調症の主人公を演じた怪作が劇場公開!

  • Writer :
  • 大塚まき

――聞こえるか。
ノイズの彼方で彷徨う魂の混線が、25年を経てふたたび心を引き裂く

頭に受信機。指には送信機。男はそう信じていた。怪電波の洪水と鮮烈な美しさで途方に暮れる一作が25年ぶりに劇場公開です。


(c)1993 DSM Ⅲ Films, Inc. (c)2006 Lodge Kerrigan. All Rights Reserved.

ロッジ・ケリガン監督『クリーン、シェーブン』が、2021年8月27日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開されることが決定しました。25年ぶりの劇場公開となります。

スポンサーリンク

映画『クリーン、シェーブン』について


主人公は、世の中は静かであっても、常に頭の中のノイズに悩まされる哀しき男。

ただ娘に会いたいだけなのに、周りは彼の行動を理解できません。狂っているのはこの男なのか。それともこの世の中なのか。

主人公の行動は、ときに目を覆いたくなるほど、観る者に計り知れない痛みや切なさ、やりきれなさを与え、一生脳裏にこびりつき、忘れられない衝撃を与えることでしょう。

本作は、幻覚幻聴に悩まされながらも娘を探し続ける統合失調症の男の姿を徹底的に抑制されたトーンで映し出した哀しく陰鬱なサスペンス

ロッジ・ケリガン監督が約3年を費やし完成させた渾身の初監督作です。

主人公ピーターは、『パルプ・フィクション』(1994)、『ユージュアル・サスペクツ』(1995)、近年では『テスラ エジソンが恐れた天才』(2020)にも出演し、性格俳優として知られるピーター・グリーンが務め、難しい役柄を誠実かつ不気味に演じています。

第20回テルライド映画祭でワールドプレミアの後、第11回サンダンス映画祭や第47回カンヌ国際映画祭の他、ニューヨーク近代美術館でも上映され、スティーヴン・ソダーバーグ、ダーレン・アロノフスキー、ジョン・ウォーターズといった錚々たる監督たちから、忘れがたき表現性を絶賛されました。

日本では、96年の公開以降、作品全体が放つ疲労感を覚える空気、悲惨さと哀愁が話題となり、未だに語り継がれるも観ることの出来ない幻の作品となり、2020年頃から一部で再公開を希望する声も多数あげられていた注目作です。

映画『クリーン、シェーブン』のポスタービジュアル

本記事冒頭に掲載した日本版ポスタービジュアルは、劇中の写真がコラージュされています。

主人公の混乱と不安を表現しており、これから始まる苦痛と不穏さをも感じさせるビジュアルに仕上がりました。

スポンサーリンク

映画『クリーン、シェーブン』の作品情報

【製作】
1993年(アメリカ映画)

【原題】
CLEAN, SHAVEN

【製作・監督・脚本】
ロッジ・ケリガン

【キャスト】
ピーター・グリーン、ロバート・アルバート、ミーガン・オーウェン、ジェニファー・マクドナルド

映画『クリーン、シェーブン』のあらすじ

(c)1993 DSM Ⅲ Films, Inc. (c)2006 Lodge Kerrigan. All Rights Reserved.
自分の頭に受信機、指には送信機が埋め込まれていると信じているピーター。

彼は施設を出所した後、里子に出された娘を探すため故郷に戻ります。

しかし図らずも幼児殺人容疑で刑事に追われ、その世界は混迷を極めていき…。

スポンサーリンク

まとめ

(c)1993 DSM Ⅲ Films, Inc. (c)2006 Lodge Kerrigan. All Rights Reserved.

撮影監督としてフレデリック・ワイズマンに師事し、ナショナルジオグラフィックやミュージックビデオで撮影を行ってきたロッジ・ケリガンが、93年に発表した衝撃の映画『クリーン、シェーブン』。

錚々たる映画監督たちが本作を以下のように絶賛しています。

「思わず心を引き裂かれる。忘れられない映画体験だ。」(スティーヴン・ソダーバーグ) 
「圧倒的な表現と誠実さに、完全に打ちのめされた。」(ダーレン・アロノフスキー) 
「あなたの精神に永遠に深い傷跡を残すだろう。」(ジョン・ウォーターズ) 

ノイズにまみれた唯一無二の映像表現で観る者を哀しき虚無に突き落とします。

『クリーン、シェーブン』は25年の時を経て、2021年8月27日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

映画祭『カリコレ2021』開催日/上映作品情報。話題の新作ホラーやロバートアルトマン代表作などラインナップ発表【カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション】

カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2021 ミニシアター“新宿シネマカリテ”が贈る魅惑の映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション 2021」 (略して『カリコレ2021』 …

新作映画ニュース

映画あらすじ動画解説『デスマッチ 檻の中の拳闘』の感想紹介。おすすめアクションの見どころをシネマダイバー増田健が考察!

YouTube動画で見るおすすめ映画解説!『デスマッチ 檻の中の拳闘』をあらすじ紹介 今回ご紹介するのは、闇世界の格闘大会を描いたアクション映画『デスマッチ 檻の中の拳闘』。 (C)2018 Donn …

新作映画ニュース

デニスホッパー映画『イージー★ライダー』と『アメリカン・ドリーマー』が2月1日より同時上映!予告とメインビジュアル紹介

『イージー★ライダー』日本公開50周年記念上映! デニス・ホッパーが世界中に衝撃をあたえたアメリカン・ニューシネマの金字塔『イージー★ライダー』が日本公開50周年を記念し2020年2月1日(土)よりユ …

新作映画ニュース

映画『ある殺人、落葉のころに』あらすじ/キャスト。三澤拓哉新作の限定公開は10月2日よりイオンシネマ茅ヶ崎にて!

大阪アジアン映画祭JAPAN CUTS Award受賞。 最も不可思議(ミステリアス)な湘南映画の誕生。 第15回大阪アジアン映画祭ではインディ・フォーラム部門のグランプリにあたるJAPAN CUTS …

新作映画ニュース

バウティスタがスタローンを称える映画『大脱出2』メイキング映像解禁!前作の同時視聴祭り情報も

あの脱獄のプロが帰ってきた シルヴェスター・スタローン主演、全世界待望のプリズン・ブレイク・アクション第2弾『大脱出2』。 2019年3月29日(金)の 全国ロードショーに向け、共演者およびスタッフが …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学