Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/07/14
Update

『もうひとつのことば』本編冒頭映像が解禁!ゾフィー上田航平ら舞台挨拶ゲスト情報×第4弾応援コメントも!

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

自粛の夏。
英語と日本語が織りなす、《二ヶ国語》ラブコメディ!

2022年7月22日(金)より池袋HUMAXシネマズにて劇場公開される堤真矢監督の映画『もうひとつのことば』

コロナ禍で東京オリンピックが延期となった2020年の夏を舞台に、「日本語」と「英語」という二つの言語が行き交う中で二人の主人公の「嘘」と「本当」が逆転していく会話劇を描いたラブコメディです。

このたび劇場公開を記念し、映画『もうひとつのことば』の本編冒頭映像が解禁

それにあわせて、劇場舞台挨拶イベントのゲスト情報、第4弾応援コメントも解禁されました。

映画『もうひとつのことば』本編冒頭映像が解禁!

映画『もうひとつのことば』本編冒頭映像

映画『もうひとつのことば』が2022年7月22日(金)より池袋HUMAXシネマズにて劇場公開されることが決定された映画『もうひとつのことば』

前作『パラレルワールド・シアター』で劇場デビューを果たした堤真矢監督が2020年のコロナ禍と東京オリンピックの延期を受け、本来構想していた物語を「今だからこそ描きたい、2020年夏の物語」として再構築し制作された本作。

日本語と英語、ふたつの言語が行き交う新鮮さと、ふたりの主人公の「嘘」と「本当」が逆転していく会話劇の面白さを作品の売りとして、相手だけでなく自分にも嘘をついていたふたりが自身の本当の気持ちを受け入れ、人生を取り戻していくまでを描いたラブコメディ映画です。


(C)2021 Tick Tack Movie

時代を映しながらも大げさに社会派を謳うことなく、あくまでも「ただの恋愛もの」として魅力的な作品を作ることが、今の世の中に対するささやかな希望と楽観のメッセージになりうるのではないかという願いも込められており、門真国際映画祭2021・審査員特別賞をはじめ国内外の映画祭で入選・入賞を果たすなど高い評価を得ています。

W主演を務めたのは『あの日々の話』『四人姉妹』の菊池真琴、『サクリファイス』『アポトーシス』の藤田晃輔。本作が初の劇場公開主演作となった二人は、二ヶ国語を自在に操る魅力的な演技を披露しています。

このたび、本作の本編冒頭映像が解禁。劇中で描かれる「ゲーム」が始まるきっかけを映し出した、映画の「その先」が気になる内容となっています。

そして、劇場舞台挨拶イベントのゲスト情報、第4弾応援コメントもあわせて解禁。舞台挨拶には主演の菊池真琴・藤田晃輔をはじめとする本作キャストや堤真矢監督のほか、スペシャルゲストとして人気お笑いコンビ「ゾフィー」の上田航平も登壇予定となっています。

映画『もうひとつのことば』公式サイトはコチラ→

映画『もうひとつのことば』舞台挨拶・登壇者情報


(C)2021 Tick Tack Movie

【7月22日(金):上映後】
 菊池真琴、藤田晃輔、中山利一、連下浩隆、新井敬太、高草木淳一、堤真矢監督

【7月23日(土):上映後】
 菊池真琴、藤田晃輔、中山利一、連下浩隆、小高えいぎ、堤真矢監督

【7月24日(日):上映後】
《スペシャルゲスト》ゾフィー 上田航平(芸人)
 菊池真琴、藤田晃輔、堤真矢監督

【7月28日(木):上映後】
 菊池真琴、藤田晃輔、中山利一、連下浩隆、新井敬太、水野大絆、堤真矢監督

※各日程の登壇者は変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

劇場公開記念・第4弾応援コメント(順不同・敬称略)


(C)2021 Tick Tack Movie

神谷圭介(コント演劇作家/俳優)

「本番なのでマスクを外して下さい」この2年半、撮影現場でよく言われてきました。言われる度これから演じる世界にコロナは存在しないのだなと考えたりすることもありましたが、この映画は確実に僕らの現実と同じ世界線にある物語です。この2年半の間に変容した人と人との距離感。それまでにあった心地良いと感じられる距離も変わってきたことに気づかされるような。そんな映画でした。

玉田真也(脚本家・演出家)

目の前の人に嘘をついたり、偽って他人になりすましたりすることは楽しいんだっていうことを思い出した。たとえば美容師と話すとき、適当に当たり障りがないことを話さなきゃいけないと思うと億劫になるけど、「あ、今日は全部嘘で話してみよう」って思うと途端に目の前の会話が楽しくなる。虚構を積み上げていくということ自体が、人にとって巨大な娯楽だ。僕は仕事柄、脚本を書くけど、この映画を観ていて、その楽しさに近しいものを感じました。面白かったです。

長井短(演劇モデル)

歯医者さんやマッサージ店で「何されてるんですか?」と聞かれてふと、自分を偽る時がある。すると何故だか、息継ぎしたみたいな心地になる。あの現象って、どこか他にもないかしらと思っていたら、ここにあった。嘘をつくってわかってるから安心できる何かがあって、二人の間に生まれ続けるフィクションが私達を癒す。
だけど嘘も、本当も、知ってることしか言えなくて、私たちはいつだって知らない言葉を話せない。結局私たちは向き合い続けているんだってことが、物語の嘘を通して伝わってきて、少し自分を褒めたいような気持ちになった。
こういうデートを、来週したいと思います。

加賀谷健(映画コラムニスト)

英会話カフェで、ワンコインなのに、いやだからこそ流暢な英語を交わし合う男女たちがいる。マスク越しに伝わる吐息が次々バストサイズでおさめられると、男が女を早足で追いかけるそのあとのロングショットが効いてくる。この効果が、つまり”もうひとつのことば”だということ。
女がマスクを外した瞬間に「あのね」と言い、マスクをつけ直したときには「よかった」というためらいがちな言葉がマジカルに響く。その言葉の節々には、ふーむなるほどと、ラブコメ映画たる理由を感じずにはいられない魔法の痕跡が散りばめられている。あるいは、東京の街角にある割烹屋が、何やらブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブみたいなムードを醸す技ありの場面。
マジカルな英語の響き、マジカルなショット、マジカルな映画的空気感がある。言葉にならない関係性に、あるひとつのパワーワードが与えられるのも、映画ならではのマジカルさだ。エンプティなベンチに視線を遣る彼女のように、この愛すべき映画をただただ見つめていたい。映画とは、つまりそういうことなんだ。

倭-yamato-(音楽アーティスト)

嘘と誠、喜びと恐れ、空虚と充実、愛と恋、自分とほかの誰か。近いようで正反対にあるもの。もどかしくも美しい共通言語「もうひとつのことば」が紡ぐ瞬間。現代の心の動きを語り、表象するマスクが、この映画の素晴らしさを助長していると思う。

映画『もうひとつのことば』の作品情報


(C)2021 Tick Tack Movie

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督・脚本・編集】
堤真矢

【キャスト】
菊池真琴、藤田晃輔、中山利一、連下浩隆、新井敬太 山田良介、澤麻衣子、小高えいぎ、前田薫平、藤岡有沙、風さり、伊藤梢、高草木淳一、水野大絆、 佐々木しほ、Antonio Angelov、Ellen Reiter

映画『もうひとつのことば』のあらすじ


(C)2021 Tick Tack Movie

2020年夏、少し人通りの戻り始めた東京。カフェの一角で、ワンコインで気軽に英会話が楽しめる「ワンコイン英会話カフェ」に、とある男女が参加する。

仕事や経歴など噓をついて会話に参加し、ささやかな承認欲求を満たす女性、ミキと、アメリカでの活動を志すも渡航を制限されている俳優の青年、健二。

二人は意気投合し、共に「別人になりきって英会話カフェに参加するゲーム」に興じるようになる。

そのゲームのルールはふたつ。

「お互いの人生に立ち入らない」ことと、「日本語では嘘をつかない」こと。

映画『もうひとつのことば』公式サイトはコチラ→

まとめ


(C)2021 Tick Tack Movie

2022年7月22日(金)より池袋HUMAXシネマズにて劇場公開される映画『もうひとつのことば』。

劇場公開を記念し、新たに解禁された本編冒頭映像。物語の舞台のひとつ「ワンコイン英会話カフェ」でのありふれた光景と、さらりと明かされる「嘘」を通じて、映画『もうひとつのことば』が果たしてどんな物語なのか想像を掻き立ててくれます。

そして、池袋HUMAXシネマズでの上映にあわせて始まる舞台挨拶イベントでは、多くのキャスト陣が登壇するほか、スペシャルゲストである人気お笑いコンビ「ゾフィー」の上田航平も登壇予定です。

映画『もうひとつのことば』は2022年7月22日(金)より、池袋HUMAXシネマズにて劇場公開!





関連記事

新作映画ニュース

『たいせつなひと(仮)』あらすじ/公開日/上映館。中村公彦監督の5年ぶり長編映画×過去作の特集上映も

映画『たいせつなひと(仮)』は2023年10月7日(土)~13日(金)高円寺シアターバッカスで上映! 『おっさんずぶるーす』『THEATERS』といったオムニバス映画への参加、『俺は前世に恋をする』『 …

新作映画ニュース

映画『エレファント・マン 4K修復版』公開日/上映館。デヴィッド・リンチ初期代表作品が劇場で蘇る

不朽の名作『エレファント・マン』40周年記念 鬼才デイヴィッド・リンチが自ら監修し4K修復版となって日本“緊急”公開決定。 第53回米アカデミー賞にて、作品賞、主演男優賞、監督賞など主要8部門ノミネー …

新作映画ニュース

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』あらすじとキャスト。ファティ・アキンが実在の事件を描く

「こんばんは、マダム」。 殺人鬼はすぐ隣にいる…。 第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品、70年代ドイツに実在した連続殺人鬼の物語をファティ・アキン監督が描いた映画『屋根裏の殺人鬼フ …

新作映画ニュース

今週おすすめ映画!上映される最新の洋画邦画の人気ランキング【2018/9/14より公開】

今週9月14日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「映画鑑賞するのに失敗したくない!」 「おすすめの動画配信サイトで何を見たらいいの?」などのお悩み …

新作映画ニュース

【年末のご挨拶】2020年もCinemarcheをご愛読くださりありがとうございました!

令和という新たな時代が到来したものの、新型コロナウィルスという思わぬ事態で多くの人々が苦境を味わった2020年も、ついに終わりを迎えます。 映画と映画館の在り方や価値を再考できた年でもあった2020年 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学