Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/09/29
Update

ギャスパーノエ映画『ルクス・エテルナ 永遠の光』あらすじ/キャスト/公開日/予告動画。おすすめの新作はのむコレで上映!

  • Writer :
  • 石井夏子

ようこそ、混沌と狂気の撮影現場へ。
衝撃の問題作が遂に公開。

SAINT LAURENT presentsの、ギャスパー・ノエ監督最新作『LUX ATERNA(原題)』。

(C)2020 SAINT LAURENT-VIXENS-LES CINEMAS DE LA ZONE

この度、『ルクス・エテルナ 永遠の光』の邦題で、「のむコレ2020」にて2020年11月20日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋での公開が決定しました。

あわせて、ポスタービジュアルと、2種類の予告編が解禁となります。

ポスタービジュアルでは、「ようこそ、混沌と狂気の撮影現場へ」というキャッチコピーと共に、柱に縛り付けられたシャルロット・ゲンズブールと顔を隠したベアトリス・ダルが、七色の炎に包まれるアート感溢れるデザインとなっています。

※本記事でご紹介します予告編には、光に対して敏感なお客様がご覧になられた場合、光の点滅が続くなど、光感受性反応による諸症状を引き起こす可能性のあるシーンが含まれております。ご鑑賞頂く際には予めご注意下さい。

スポンサーリンク

映画『ルクス・エテルナ 永遠の光』について

アートと深い関わりを持ち続けるファッションブランド、サンローランのクリエイティブディレクター、アンソニー・ヴァカレロが「様々な個性の複雑性を強調しながら、サンローランを想起させるアーティストの視点を通して現代社会を描く」というコンセプトでスタートさせたアートプロジェクト「SELF」。

ギャスパー・ノエ監督最新作『ルクス・エテルナ 永遠の光』はそのプロジェクト作品として制作され、2018年カンヌ国際映画祭監督週間にて芸術映画賞を受賞した『CLIMAX クライマックス』に続き、2019年同映画祭ミッドナイトスクリーニングにて上映。

絶賛・酷評の賛否両論を巻き起こし、ギャスパー・ノエはあらためて唯一無二の個性を見せつけました。

主演を務めるのは『ニンフォマニアック』のシャルロット・ゲンズブール、『ベティ・ブルー』のベアトリス・ダルに加え、『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』より女優業にも進出するモデルのアビー・リー・カーショウや、ミカ・アルガナラズ、ルカ・アイザック、ポール・ハメリンといったトップモデルらも出演しています。

アンソニー・ヴァカレロとは?

アンソニー・ヴァカレロは、「サンローラン」のクリエイティブディレクター

ベルギー出身。2009年に、自身の名を冠したブランド創設。2015年、ヴェルサスヴェルサーチのクリエイティブディレクターに就任。

2016年より現在までサンローランのクリエイティブディレクターを務めています。

創業者イヴ・サンローランが作り上げたブランドを受け継ぎながら、飛躍的に成長させたエディ・スリマン、その後任という大きな重責を担う若きデザイナーです。

映画『ルクス・エテルナ 永遠の光』の予告編

狂気編の予告

予告編は、狂気編と混沌編の2パターン。

狂気編では分割された画面の中で、火あぶりに関する会話から始まり、赤・緑・青の痛いほどビビッドな色彩と共に、シャルロット・ゲンズブールとベアトリス・ダルの二人が叫び狂う姿が描かれています。

一方、混沌編では同じような構成ながらも、ヴェルディのレクイエム「怒りの日」の有名な音楽と共に、カール・Th・ドライヤーの映画「怒りの日」の火刑の映像が引用され、カオス感渦巻くトレーラーとなりました。

スポンサーリンク

映画『ルクス・エテルナ 永遠の光』の作品情報

混沌編の予告

【日本公開】
2020年(フランス映画)

【原題】
LUX ATERNA

【監督・脚本】
ギャスパー・ノエ

【キャスト】
シャルロット・ゲンズブール、ベアトリス・ダル、アビー・リー・カーショウ、クララ3000、クロード・ガジャン・マウル、フェリックス・マリトー、フレッド・カンビエ、カール・グルスマン、ローラ・ピリュ・ペリエ、ルー・ブランコヴィッチ、ルカ・アイザック、マキシム・ルイス、ミカ・アルガナラズ、ポール・ハメリン、ステファニア・クリスティアン、トム・カン、ヤニック・ボノ

映画『ルクス・エテルナ 永遠の光』のあらすじ

(C)2020 SAINT LAURENT-VIXENS-LES CINEMAS DE LA ZONE

魔女狩りを描く映画の撮影現場。

女優、監督、プロデューサー、それぞれの思惑や執着が交錯し、現場は次第に収拾のつかない混乱状態へと発展していきます。

分割された画面、流れるようなカメラワーク、痛いほどビビットな色彩が、見た者を狂気的な映画撮影のカオスへと引きずり込み…。

スポンサーリンク

まとめ

カンヌ国際映画祭で絶賛・酷評の賛否両論を巻き起こした、鬼才ギャスパー・ノエの最新作がついに日本上陸です。

映画『ルクス・エテルナ 永遠の光』は、「のむコレ2020」にて2020年11月20日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋で公開

他ではなかなか観られない個性の強い作品が集まる「のむコレ」で、とりわけ異様さを放つ本作を、ぜひスクリーンでご鑑賞ください。




関連記事

新作映画ニュース

映画祭『カリコレ2021』開催日/上映作品情報。話題の新作ホラーやロバートアルトマン代表作などラインナップ発表【カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション】

カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2021 ミニシアター“新宿シネマカリテ”が贈る魅惑の映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション 2021」 (略して『カリコレ2021』 …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』あらすじと作品情報。孤高のアニメ作家と未完の作品を見つめる

アニメーションの神様ユーリー・ノルシュテインの深部に迫る! ドキュメントタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』は、2019年3月下旬にシアター・イメージフォーラムほかで全国順次ロードシ …

新作映画ニュース

ファティ・アキン監督が映画試写会『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のトークイベントに登壇!

ファティ・アキン監督がサプライズ登壇。 今後の展望…観客に明かされる映画の裏側を明かす。 第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品、ファティ・アキン監督最新作『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホ …

新作映画ニュース

山崎樹一郎監督の新作映画『やまぶき』ポスプロ作業へ。完成に向けて応援を【拡散希望】

4K、8K時代に16Kではなく、16ミリフィルムでの撮影を敢行した映画『やまぶき』。 岡山県に暮らしながら、映画製作を行っている山崎樹一郎監督。 真庭フィルムユニオン 山崎監督自身が住まう真庭市を中心 …

新作映画ニュース

【2019年11月22日〜23日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学