Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『ゲンボとタシの夢見るブータン』あらすじと上映館イベント情報

  • Writer :
  • かりごめあき

世界で初めて劇場公開される、ブータン人作家によるドキュメンタリー映画が日本劇場公開されています。

映画『ゲンボとタシの夢見るブータン』は8月18日(土)よりポレポレ東中野にて上映中、ほか全国劇場順次ロードショーです。

本作のあらすじ紹介と、映画館で開催予定のイベント情報をお届けします。

スポンサーリンク

映画『ゲンボとタシの夢見るブータン』とは

“幸福の国ブータン”のゆくえは


(C)ÉCLIPSEFILM / SOUND PICTURES / KRO-NCRV

映画の舞台はブータンの巡礼の地、中部ブムタン。

ブムタンに暮らすある家族が代々受け継いできた古刹チャカル・ラカンは、1000年以上の歴史を持つ重要な寺院のひとつです。

その寺院を引き継ぐべきか悩む長男のゲンボ(16歳)と、自らを男の子だと思っている妹のタシ(15歳)。

GNH(国民総幸福量)を提唱し、それを目標に建国を進めてきたブータンの人々は、急速な近代化に伴い、多様な価値観を持つようになりました。

仏教と共に在る人生を送り、GNHを求めることを大切にしてきた親世代に対し、子世代は多様な価値観を持ち、自分たちらしい生き方があると信じているのです。

伝統社会の急激な変化に戸惑いながらも決断せねばならない最後の仏教王国ブータン。

ゲンボとタシの家族が直面している寺院の継承問題は、ブータンで暮らす人々だけの問題ではなく、どの世界にもある家族の葛藤でもあります。

解剖学者であり、東京大学名誉教授の養老孟司氏は、本作に次のようなコメントを寄せています。

ネットを典型として変わりゆく社会、その中での父と子、性同一性、個人の選択、こうした人生の普遍的な問題を、ブータンの風土を背景に上手に描いています。

強いて結論を出さない、とても気持ちのいい映画です。

日本人が百年以上前に、良かれ悪しかれ通過した時代を、アジアの国々がいま通っているという気がします。

ではわれわれは真摯に過去に向き合ってきたか。

それをあらためて考えさせる作品でもあります。

世界で初めて劇場公開されるブータン人作家によるドキュメンタリー


(C)ÉCLIPSEFILM / SOUND PICTURES / KRO-NCRV
共同監督を務めるブータン出身のアルム・バッタライとハンガリー出身のドロッチャ・ズルボーは、若手ドキュメンタリー制作者育成プログラム「ドック・ノマッド」で出会いました。

そして、世界7つのドキュメンタリー・ピッチング・イベントに参加し、国をまたがる6つの財団から資金を獲得して、国際共同製作の枠組みで本作品を完成させました。

文化背景の異なる若手作家が手を取り合い、世界を旅し、世界中の支援者に支えられて完成した、友好と情熱に満ちた“クロッシング・ボーダー”な映画、それが本作『ゲンボとタシの夢見るブータン』なのです。

ドック・ノマッズとは

ドック・ノマッズとは“ドキュメンタリーの遊牧民”という意味で、ポルトガル、ハンガリー、ベルギーという欧州3カ国の3大学から成るコンソーシアム(大学間連合)によって運営される、2年間の国際修士コース。

参加者は20代後半~30代前半が多く、作家、学者、ジャーナリスト、弁護士、アーティストなど職業は様々。

2年間、実践と座学のプログラムを学び、共に国を移動しながらドキュメンタリーを制作することで、協働性を育み、コース修了後も様々な共同制作プロジェクトを生み出しています。

映画『ゲンボとタシの夢見るブータン』の作品情報


(C)ÉCLIPSEFILM / SOUND PICTURES / KRO-NCRV

【公開】
2018年(ブータン、ハンガリー合作映画)

【原題】
The Next Guardian(英題)

【監督】
アルム・バッタライ、ドロッチャ・ズルボー

【キャスト】
ブータンの小さな村ブムタンに暮らすゲンボとタシ、その家族たち

【作品概要】
世界7つのドキュメンタリー・ピッチング・イベントで企画提案され、国をまたがる6つの財源から資金を獲得し、国際共同製作の枠組みで完成した作品。

世界で初めて劇場公開されるブータン人作家による“ブータン・ドキュメンタリー”映画。

2017年、世界最大のドキュメンタリー映画祭、アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭(idfa 2017)のコンペティション部門でワールドプレミア上映されて以降、ブダペストやアメリカ、ポーランドなど世界の名だたるドキュメンタリー映画祭に正式出品された。

スポンサーリンク

映画『ゲンボとタシの夢見るブータン』のあらすじ


(C)ÉCLIPSEFILM / SOUND PICTURES / KRO-NCRV

ブータンの小さな村に暮らす長男ゲンボ(16歳)は、家族が代々受け継いできた寺院を引き継ぐために学校を辞め、戒律の厳しい僧院学校に行くことについて思い悩んでいました。


(C)ÉCLIPSEFILM / SOUND PICTURES / KRO-NCRV

自らを男の子だと思い、ブータン初のサッカー代表チームに入ることを夢見る妹のタシ(15歳)は、自分の唯一の理解者である兄に、遠く離れた僧院学校に行かないでほしいと願います。


(C)ÉCLIPSEFILM / SOUND PICTURES / KRO-NCRV

父は、子供たちが将来苦労することなく暮らせることを願い、ゲンボには出家し仏教の教えを守ることの大切さを説き、タシには女の子らしく生きる努力をすることを諭します。


(C)ÉCLIPSEFILM / SOUND PICTURES / KRO-NCRV

思春期の子供たちは自分らしい生き方を模索しますが、それが何かはまだわかりません。

急速な近代化の波が押し寄せるブータンで、子供たちの想いと、親の願いは交差し、静かに衝突します…。


(C)ÉCLIPSEFILM / SOUND PICTURES / KRO-NCRV

上映劇場イベント情報


(C)ÉCLIPSEFILM / SOUND PICTURES / KRO-NCRV

第七藝術劇場 大阪公開記念トークイベント

場所:第七藝術劇場

8/25(土)12:20の回上映後 松尾茜/元ブータン政府観光局

8/26(日)12:20の回上映後 草郷孝好/関西大学社会学部 教授

9/6(木)時間未定 川瀬慈/国立民族学博物館

【第七藝術劇場タイムテーブル】調整中
【お問い合わせ】06-6302-2073

出町座 京都公開記念特別講演会

場所:出町座

9/1(土)「ブータンの伝統と現代」/熊谷誠慈(京都大学こころの未来研究センター)

時間:12:30の回上映後、13:50頃より3Fサロンにて実施。 
対象:12:30の回をご鑑賞いただいた方と、17:45の回をご覧になる方で鑑賞券をお持ちの方

*スペースに限りがあるので、初回上映をご覧になったお客様を優先して入場していただきます。

【出町座タイムテーブル】12:30/17:45
【お問い合わせ】075-203-9862

ポレポレ東中野 劇場ミニトークイベント

場所:ポレポレ東中野

8/26(日)12:20の回上映後 松本紹圭/浄土真宗本願寺派光明寺僧侶、一般社団法人お寺の未来代表理事  

8/29(水)19:10の回上映後 天城靱彦/Tokyo Docs 実行委員会委員長

8/30(木)19:10の回上映後 関健作/写真家、元ブータン日本人教師

9/2(日)12:20の回上映後 関野吉晴/探検家、医師

9/3(月)19:10の回上映後 石川直樹/写真家

9/5(水)19:10の回上映後 南のえみ/Be Inspired! 編集者

9/7(金)19:10の回上映後 加部 一彦/埼玉医科大学総合医療センター小児科

【ポレポレ東中野タイムテーブル】12:20/14:10/17:40/19:10
【問い合わせ】03-3371-0088

※2018年8月21日(火)時点。各劇場の上映予定・登壇日は変更となる場合があります。必ず、劇場にお問い合わせのうえお出かけください

スポンサーリンク

まとめ


(C)ÉCLIPSEFILM / SOUND PICTURES / KRO-NCRV

ブータンといえば「幸せの国」というイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。

2011年にブータン国王夫妻が日本に国賓として来日された際、連日マスコミが大きく報道し、ブータンブームが起こったことも記憶に新しいですね。

しかし、実際ブータンの国民がどのような暮らしをしているかはなかなか知る機会がありません。

本作『ゲンボとタシの夢見るブータン』は、ここ20年程で急速に近代化が進んだブータンの姿を、お寺の継承問題を抱える家族にスポットを当てて描いたドキュメンタリー映画です。

伝統と近代化の間で、どのようなブータンの未来が見えてくるのでしょうか。

8/18(土)よりポレポレ東中野にて公開中の映画『ゲンボとタシの夢見るブータン』は、全国順次ロードショーです。

ぜひ、劇場でご鑑賞ください。

本作を上映する劇場情報


(C)ÉCLIPSEFILM / SOUND PICTURES / KRO-NCRV

【関東地域】

東京 ポレポレ東中野 8月18日(土)~

神奈川 シネマ・ジャック&ベティ 時期調整中

栃木 宇都宮ヒカリ座 10月27日(土)~11月9日(金)

【近畿地域】

大阪 第七藝術劇場 8月25日(土)~9月14日(金)

京都 出町座 9月1日(土)~

兵庫 元町映画館 時期調整中

【九州地域】

福岡 福岡アジアフィルムフェスティバル2018 近日発表

*上記の情報は8月21日現在のものです。作品の特性からセカンド上映や順次公開されることが予想されます。お近くの映画館をお探しの際は必ず公式ホームページを閲覧のうえお出かけください。

『ゲンボとタシの夢見るブータン』公式HP


(C)ÉCLIPSEFILM / SOUND PICTURES / KRO-NCRV

関連記事

新作映画ニュース

新作アニメ『Tokyo 7thシスターズ-僕らは⻘空になる』2020年夏に期間限定上映!キャラの楽曲を織り交ぜ感動の物語に

アイドル育成リズム&アドベンチャーゲーム『Tokyo 7th シスターズ』が満を持して完全新作アニメ化︕ アイドル育成リズム&アドベンチャーゲーム『Tokyo 7th シスターズ』待望の完全新作アニメ …

新作映画ニュース

インド映画『燃えよスーリヤ!!』あらすじとキャスト。公開日が12月27日と決定したヒーローアクション作品

世界中の映画ファンが燃え上がったインド発のカンフーアクションエンターテインメント。 『ロボット』、『バーフバリ』を生み出したインド発、痛み知らずのアクション・ヒーロー・エンターテインメント『Mard …

新作映画ニュース

のん映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』あらすじと声優キャスト。完全版の続編で描く秘密とは

すず、リン、周作、それぞれの“ひみつ”が少しずつ明かされる。 2016年11月12日に公開され、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、仏・アヌシー国際アニメーション映画祭優秀作品賞など国内外で7 …

新作映画ニュース

映画『ミセス・ノイズィ』あらすじとキャスト。12月劇場公開のサスぺンスが東京国際映画祭スプラッシュ部門に選出!

その熾烈な戦いは、1枚の布団から始まった―― 『フィガロの告白』(2012)の天野千尋監督の最新サスペンス映画『ミセス・ノイズィ』が、第32回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に選出、および202 …

新作映画ニュース

映画『ファンファーレが鳴り響く』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。笠松将×祷キララが青春スプラッタームービーに挑戦!

主演・笠松将×ヒロイン・祷キララ 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」でグランプリを受賞した新悦・森田和樹監督の新作映画『ファンファーレが鳴り響く』。 2020年9月18日(金)から開催さ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学