Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/05/10
Update

阿部はりか映画『暁闇』が全州映画祭にてワールド・プレミア上映!大好評を博した舞台挨拶

  • Writer :
  • 河合のび

映画『暁闇』は2019年7月より全国順次ロードショー!

「MOOSIC LAB2018」長編部門にて準グランプリ・男優賞(青木柚)を受賞した、阿部はりか監督の映画『暁闇(ぎょうあん)』。

3人の孤独な少年少女たちがとある音楽を通じて出会う様を描いた映画『暁闇』が、2019年5月2日から開催中の韓国の全州(チョンジュ)国際映画祭ワールドシネマスケープ部門にて、インターナショナル・ プレミア上映を果たしました。

本記事では全州国際映画祭における映画『暁闇』上映の模様をお届けします。

スポンサーリンク

全州(チョンジュ)映画祭とは?

全州(チョンジュ)国際映画祭は2000年から韓国・全州にて始まった国際映画祭であり、2019年で20回目の開催となります。

全州は韓国映画発祥の地とも言われており、本映画祭は釜山映画祭、富川映画祭と合わせて韓国三大映画祭の一つとされています。

その中でも本映画祭は、作家性の強い作品が多く集まるのが特徴としており、アジアを代表するインディペンデント映画祭としても注目を集めています。

今回『暁闇』が招待されたのはワールドシネマスケープ部門。『ムーンライト』で知られるバリー・ジェンキンス監督の最新作 『ビール・ストリートの恋人たち』などのメジャー映画が並ぶ中、インディーズ映画としては異例の選出となりました。

映画祭での上映の様子

若年層を中心に注目された『暁闇』

映画祭には阿部監督のほかにも、キャストの中尾有伽青木柚越後はる香、音楽を担当したLOWPOPLTD.が参加し、オープニングを飾るレッドカーペットにも登壇しました。

全州国際映画祭において最大キャパシティを誇るCGV・スクリーン1にて2回の舞台挨拶付き上映が行われましたが、そのチケットはオンラインでの発売開始後すぐに即完売となるなど、本作の現地での注目度がどれほど高かったのかが理解できます。

そして上映に訪れた観客の多くが、若い客層を中心とする熱心な映画ファンでした。

「十代のリアル」を誇張なく描く

上映後に行われたQ&Aでは次々と質問が飛び交い、その中には「日本の青春映画に対し、ある種誇張されているのではないかと思えるほど暗く陰鬱としたテーマのものが多いような印象を持っているが、日本の10代はそのような社会的な問題を実際に抱えているのか?」という質問も挙がりました。

それに対し、阿部監督は「抱えていると思うし、少なくとも『暁闇』において自分の体験から離れたことは一切描いていない。むしろあなたと同様、十代の抱える問題を完全にひとつのモチーフとして切り離して描いている作品に出会うと、とても悲しくなる。」と、日本の十代が生きている孤独な現実それに対する社会の不理解という日本のみならず多くの国々に共通する問題を訴えました。

そのほかにも、キャスト陣へのそれぞれが演じた役柄についての質問や、LOWPOPLTD.の音楽が「逆再生」をベースに作られていることにも言及されるなど、作品の細かい部分まで触れられた鋭い質問が飛び出しました。

大盛況のサイン会

上映および舞台挨拶の終了後は、全州国際映画祭出品のために制作されたポストカードの配布と、登壇メンバーによるサイン会が開催されました。

現地のスタッフたちも驚いてしまうほどの長蛇の列が作られ、阿部監督、青木柚、中尾有伽、越後はる香、LOWPOPLTD.は長時間に渡って、1人1人の熱い感想や質問に答えていきました。

スポンサーリンク

映画『暁闇』(ぎょうあん)の作品情報

©︎暁闇

【公開】
2019年(日本映画)

【脚本・監督・編集】
阿部はりか

【撮影】
平見優子

【音楽】
LOWPOPLTD.

【キャスト】
青木柚、中尾有伽、越後はる香、若杉凩、加藤才紀子、小泉紗希、新井秀幸、折笠慎也、卯ノ原圭吾、石本径代、芦原健介、水橋研二

【作品概要】
それぞれに孤独を抱えながら日々をやり過ごしていた少年少女たちが、インターネット上で見つけたある音楽をきっかけに出会い、友情でも恋愛でもない、互いのを孤独を共有し合うとする姿を描いた青春ドラマ。

本作が初監督作となる阿部はりか監督が、ネット上においてカルト的な人気を誇るバンド「LOWPOPLTD.」の楽曲からインスパイアを受けて制作した作品です。

映画『暁闇』のあらすじ


©︎暁闇

中学3年生のコウ(青木柚)は、何に対しても無気力な少年。自身が通う中学校で教師を務めている父親(水橋研二)が生徒たちからいじめを受けていても興味なさげに眺め、恋人であるトモコ(若杉凩)との間にもどこか距離があるような状況でした。

コウとは別の中学校に通うユウカ(中尾有伽)は、学校が終わるといつも街を徘徊しては、初対面の男たちと束の間の関係を持っていました。

ユウカの同級生サキ(越後はる香)は、不器用にすれ違う両親の狭間で行き場のない悲しさを抱えていました。

そんな3人は、インターネット上で公開されていたある音楽をきっかけに、導かれるように出会いを果たしますが……。

スポンサーリンク

まとめ

全州国際映画祭ワールドシネマスケープ部門でのワールド・プレミア上映も、舞台挨拶やサイン会も含め大好評によって幕を閉じた映画『暁闇』。

日本の十代が抱える孤独と現実を描いた本作。韓国・全州国際映画祭での上映でも若年層の映画ファンが多く訪れたことは、やはり多くの国々において“十代が抱える孤独と現実”が共感と共有が可能なテーマであることを示しています。

そして、映画『暁闇』の舞台と同じく日本で暮らす十代が本作を観た時、どのような反響を得られるのでしょうか。

そのような視点からも、今後の日本での公開が非常に待ち遠しい作品です。

映画『暁闇』は2019年7月よりユーロスペースほか全国順次ロードショー!

関連記事

新作映画ニュース

のん映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』あらすじと声優キャスト。完全版の続編で描く秘密とは

すず、リン、周作、それぞれの“ひみつ”が少しずつ明かされる。 2016年11月12日に公開され、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、仏・アヌシー国際アニメーション映画祭優秀作品賞など国内外で7 …

新作映画ニュース

白石晃士新作映画『恋するけだもの』あらすじ。キャストは田中俊介で恋クレをリブート!

『貞子VS伽椰子』『不能犯』『地獄少女』白石晃士監督最新作! 短編映画『恋のクレイジーロード』(2018)を基にリブートした長編映画『恋するけだもの』が誕生しました。 (c)映画『恋するけだもの』 『 …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの久子役は女優の片岡礼子【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

映画『CLIMAX クライマックス』日本公開日が決定!ギャスパー・ノエ最新作のポスタービジュアル解禁

鬼才ギャスパー・ノエ監督が放つ衝撃の最新作が公開! ©2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-A …

新作映画ニュース

【2020年1月31日〜2月1日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP