Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/05/15
Update

おすすめフランス映画など動画配信見放題の「Help! The映画配給会社プロジェクト」が開始!

  • Writer :
  • 石井夏子

コロナの時代を乗り越えるプロジェクト
「配給会社別 見放題配信パック」を開始!

新型コロナウィルスの影響で、映画館、映画製作者、そして映画配給会社は困難な時代を迎えています。

このたび日本の独立系配給会社が、この難局を乗り越えるため「Help! The 映画配給会社プロジェクト」を立ち上げ、その緊急アクションとして「配給会社別 見放題配信パック」をスタートすることになりました。

おうちにいながら世界各国の名作を見られるチャンスです。

また、本プロジェクトに賛同した世界の映画人からの応援動画メッセージも到着しました。

スポンサーリンク

「Help! The映画配給会社プロジェクト」について

「Help! The 映画配給会社プロジェクト」は、現在の非常事態を乗り切る「配給会社別見放題配信パック」を緊急アクションとして実施

将来的には独立系配給会社団体として、諸課題の改善や情報共有に取り組みたいと考えているそう。

「配給会社別 見放題配信パック」では、アップリンク・クラウドを配信サービスとして、各配給会社が自社の過去作品をパックにして配信。配給会社により作品数が異なりますので、配信期間、料金も異なります。

「Help! The映画配給会社プロジェクト」への声明文

「Help! The 映画配給会社プロジェクト」発起人である配給会社キノローグ、クレストインターナショナル、ザジフィルムズ、サニーフィルム、セテラ・インターナショナル、チャイルド・フィルム、ミモザフィルムズ、ムヴィオラより、本プロジェクトについてコメントが届きましたのでご紹介します。

新型コロナウィルスの影響で、日本全国の人々、そして事業者の誰もがかつてない難局を迎えています。それは映画業界も同様です。13の特定警戒都道府県では映画館の休館がさらに続き、緩和容認や解除となった 34県でも休館を続けざるを得ない映画館があり、再開できても以前のような集客は不可能で、やがてくる「第二波」「第三波」も想定すると、映画界にとって「コロナの時代」は長くなると覚悟せざるを得ません。

このような状況の中で、小規模映画館<ミニシアター>を守るための「ミニシアター・エイド基金」や、日本映像職能連合(映職連)の政府への補償要望書の提出など、数々のアクションが始められましたが、私たち、独立系配給会社も、この難局を乗り越えるために何をすべきか模索してきました。

配給会社は、映画館や監督・俳優たちと違って、直接的に観客と触れ合うことの少ない、黒子の存在です。洋画の場合で言えば、まず映画を発見し、買い付けをし、日本全国の映画館に上映を依頼し、宣伝し、映画を公開し、DVD・VOD・テレビでも映画を見てもらえるように活動します。そして、大手配給会社と比べると、独立系配給会社は収益の多くを映画館収入から得ており、その映画館の多くは、小さくとも存在感のある全国のミニシアターです。また、アメリカ映画や邦画だけでなく世界中のさまざまな地域の映画を紹介している点も独立系の特色です。収益から製作者にお金を戻すことで、世界中の製作者の次の映画への一助ともなってきました。

映画館に観客が行けない今、独立系配給会社にはほとんど収入がありません。しかし、私たちがここで倒れては、ミニシアターに映画を届けることができなくなり、世界の映画人が日本の観客に映画を見てもらう機会が失われてしまいます。そして小さな会社といえど、私たちにも大切なスタッフがいて、字幕翻訳者、グラフィックデザイナー、予告編制作者、web デザイナー、パブリシスト、通訳など多くの仕事仲間がいるのです。もちろん、国や自治体の補償を訴えることも大切ですが、待っていては倒産する配給会社も出るでしょう。私たち自身の足で立って、歩かなければなりません。

私たちの財産は、映画しかありません。世界の多様な映画です。配信で、そうした多様な映画を見てもらうことで観客の力を借り、この難局を乗り越えたいと思うのです。配信は過去作に限り、あくまで新作は映画館で公開してミニシアター映画館の収益を確保しながら、過去作の配信によって少しでも経営を安定させ、映画館や仕事仲間達と築いてきたこの事業の継続を目指したいと考えています。そしてこのプロジェクトによって、今まで見えにくかった「映画配給」という仕事を一般の方々にも知っていただき、各配給会社の個性も感じていただきながら、いま、世界中の国々が物理的な鎖国状況にある中で、映画で世界とつながることの価値を感じていただけたらと願っています。

2020年5月「Help! The 映画配給会社プロジェクト」発起人:キノローグ、クレストインターナショナル、ザジフィルムズ、サニーフィルム、セテラ・インターナショナル、チャイルド・フィルム、ミモザフィルムズ、ムヴィオラ

「Help! The映画配給会社プロジェクト」への応援動画

世界の映画人からの本プロジェクトについての応援動画メッセージが届きました。

日本からは瀬々敬久監督、映画コメンテーターのLiLiCoが、ドイツからはパーシー・アドロン監督、フランスからはマチュー・アマルリックなど、38名20地域の映画人がそれぞれの思いを語る、見応えたっぷりの映像となっています。

スポンサーリンク

「配給会社別 見放題配信パック」第一弾配信作の紹介

ミア・ハンセン=ラブ監督『未来よ こんにちは』

(C)2016 CG Cinéma · Arte France Cinéma · DetailFilm · Rhône-Alpes Cinéma

第一弾配信に参加する配給会社は、クレストインターナショナルザジフィルムズセテラ・インターナショナルミモザフィルムズムヴィオラの5社。

クラシックの名作やヌーヴェルヴァーグの傑作群、アジアやヨーロッパの作家たち、近年大ヒットした作品、カンヌなど国際映画祭での受賞作、これまで未配信だった貴重な作品など見逃せない全90作が配信されます。

クレストインターナショナル見放題配信パック

マイケル・ウィンターボトム監督『イタリアは呼んでいる』

(C)Trip Films Ltd 2014

【料金】
3ヶ月2,480円(税込)

【配信サイト】
クレストインターナショナル見放題配信パック

【見どころ】
2020年で創立30周年を迎えるクレストインターナショナルは、ヨーロッパの作品を中心に手掛けてきました。

今回セレクトした配信ラインナップは、何度見ても至福に包まれるジャン・ルノワール監督の『ピクニック』、アラン・レネ監督のチャーミングな遺作『愛して飲んで歌って』、最高齢監督の記録を持つマノエル・ド・オリヴェイラの『アンジェリカの微笑み』といった巨匠たちの作品から、フランス映 画界の若手監督として才能を発揮するミア・ハンセン=ラブ、ウニー・ルコントまで揃えました。

また今や『パラサイト 半地下の家族』の成功で世界中が注目する韓国映画からは、キム・ギドク監督のベネチア映画祭グランプリ作とホン・サンス監督と女優キム・ミニのコラボ作4本。

世界中で大ヒットし、シリーズ化となったマイケル・ウィンターボトム監督の『イタリアは呼んでいる』には抱腹絶倒です。どうぞ多様な映画の魅力をご堪能ください。

ザジフィルムズ見放題配信パック

ジャン=リュック・ゴダール監督『女は女である』

(C)1961 STUDIOCANAL – EURO International Films S.p.A.

【料金】
3ヶ月2,980 円(税込)

【配信サイト】
ザジフィルムズ見放題配信パック

【見どころ】
ゴダール、ヴァルダ、ドゥミら、ヌーヴェルヴァーグの監督たちの過去の名作の数々を“渋谷系カルチャー”全盛の90年代からスクリーンでリバイバル上映してきたザジフィルムズが贈る「ザジフィル ムズパック」。

ゴダール×アンナ・カリーナの『女は女である』、『女と男のいる舗道』、2019年に亡くなったアニエス・ヴァルダの代表作『5時から7時までのクレオ』、『幸福』を始め、2018年に開催されたレトロスペクティブが異例のヒットとなったアラン・ロブ=グリエの6作品など、珠玉のフランス映画を堪能することが出来ます。

またスウェーデンからはベルイマンの3作品、イタリアからはフェリーニ、ヴィスコンティ、パゾリーニ等々ヨーロッパの名監督の作品を網羅しています。

セテラ・インターナショナル見放題配信パック

アルノー・デプレシャン監督『あの頃エッフェル塔の下で』

(C)JEAN-CLAUDE LOTHER – WHY NOT PRODUCTIONS

【料金】
3ヶ月2,480円(税込)

【配信サイト】
セテラ・インターナショナル見放題配信パック

【見どころ】
セテラ・パックには名監督、巨匠、新しい才能の個性的な監督作品の一押しがずらりと並びました。

フランスのデプレシャン、イタリアのオズぺテク、巨匠作品としては、ロシアのソクーロフが描いた壮大な『ファウスト』、ドキュメンタリーのワイズマン、『バクダッド・カフェ』のパーシー・アドロンの意欲作『マーラー 君に捧げるアダージョ』。

そして監督処女作でドイツアカデミー賞を総ざらいした『コーヒーをめぐる冒険』、フランスのセザール賞を獲得した『不機嫌なママにメルシィ!』 『TOMORROW』などです。

芸術、アート好きには『ナショナル・ギャラリー』や『セザンヌと過ごした時間』、そして映画の原点、クラシック作品ではフランスのエスプリ香るルネ・クレールを堪能でき、至宝ジェラール・フィリップ主演作品も3作品お楽しみいただけます。

ミモザフィルムズ見放題配信パック

フィリップ・グルーニング監督『大いなる沈黙へ―グランド・シャルトルーズ修道院』

(C)A Philip Groning FilmProduction

【料金】
3ヶ月2,480円(税込)

【配信サイト】
ミモザフィルムズ見放題配信パック

【見どころ】
ミモザフィルムズ・パックでは、ヨーロッパを中心に名匠から新たに発掘された監督作品まで厳選された珠玉のラインナップをお届けいたします。

まずは、大ヒットを記録した異色の長編ドキュメンタリー『大いなる沈黙へ―グランド・シャルトルーズ修道院』。フランスのステファヌ・ブリゼ監督か らは、尊厳死を描いた『母の身終い』とヴェネツィア国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞したモーパッサン原作の『女の一生』の2作品。

イタリアから名匠ロベルト・アンドー監督の社会派ミステリー『修道士は沈黙する』や、実際に起きた誘拐事件を元にした『シシリアン・ゴースト・ストーリー』。

他にも、イザベル・ユペール主演の『アスファルト』やシンシア・ニクソン主演の『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』、全編手話で描かれカンヌ国際映画祭で批評家週間グランプリを受賞した話題作『ザ・トライブ』など、文芸作品からドキュメンタリーまで幅広い名作たちが揃いました。

ムヴィオラ見放題配信パック

アピチャッポン・ウィーラセタクン監督『光の墓』

(C) Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)

【料金】
3ヶ月2,480円(税込)

【配信サイト】
ムヴィオラ見放題配信パック

【見どころ】
ムヴィオラ見放題配信パックは、本邦初配信の作品を13本ラインナップしています。

世界映画の最先端にいるアピチャッポン・ウィーラセタクン監督やワン・ビン監督、ツァイ・ミンリャン、チャン・ヤン、ソンタルジャといったアジアの才能、異形の天才アルベール・セラ、アフリカ系作家映画の旗手アラン・ゴミスなど刺激的な映画人の作品たち。

そして、イタリアのマルコ・トゥリオ・ジョルダーナやポーランドのクシシュトフ・クラウゼら名匠たちの挑戦的な作品、アンナ・ザメツカやホン・カウら今後の活躍が期待される若い映画人の作品、そしてシンプルに強く心に響く『オレンジ と太陽』『もうひとりの息子』『すれ違いのダイアリーズ』など、多様な映画と多様な世界の扉を開く作品をあつめました。

まとめ

サミュエル・ベンシェトリ監督『アスファルト』

(C) 2015 La Camera Deluxe – Maje Productions – Single Man Productions – Jack Stern Productions – Emotions Films UK – Movie Pictures – Film Factory

「配給会社別 見放題配信パック」第一弾は2020年5月15日(金)15:00より配信開始

第二弾配信は2020年5月22日(金)15:00から開始予定で、彩プロ、アンプラグド、シンカなど8社を予定しています。

各配給会社の個性が光るラインナップをぜひお楽しみください。

関連記事

新作映画ニュース

『空母いぶき』映画公開日も決定!第一弾予告解禁【西島秀俊×佐々木蔵之介】

©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ 累計 400 万部突破!『沈黙の艦隊』『ジパング』のかわぐちかいじ原作を、オールスターキャストで初の実写映画化。 圧倒的なスケール …

新作映画ニュース

今週公開・上映中おすすめ映画をCinemarcheが厳選【毎週更新】

常日頃より「Cinemarche」をご愛読くださり、誠にありがとうございます。 2020年現在、映画ファンのみなさまにとって、劇場鑑賞を気軽にできない状況が続いております。この度の新型コロナウイルス感 …

新作映画ニュース

映画『普通は走り出す』あらすじとキャスト。アップリンク吉祥寺の渡辺紘文監督特集上映で公開!

「異能・渡辺紘文監督特集上映」はアップリンク吉祥寺にて2019年10月25日(金)より公開。 東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門(旧:日本映画・ある視点部門)に4度の入選を果たし、海外映画祭にも …

新作映画ニュース

映画『ロックンロール・ストリップ』あらすじ。木下半太監督の長編デビュー作品が2020年公開!

木下半太の自伝的小説が映画化決定! 作家で俳優の木下半太の自伝的小説『ロックンロール・ストリップ』(小学館文庫・刊)が、原作者の木下半太自らが監督を務め、2020年に映画化することが決定しました。 ( …

新作映画ニュース

映画『町田くんの世界』キャストの西野亮太役は太賀。プロフィールと演技力の紹介

第20回手塚治虫文化賞・新生賞を受賞した安藤ゆきの同名マンガ『町田くんの世界』を実写化した青春映画が2019年6月7日に公開されます。 監督は、『舟を編む』で史上最年少の30歳で日本アカデミー賞最優秀 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP