Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/12/21
Update

映画『グッドバイ』キャストの占いの易者役は戸田恵子【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より全国公開!

『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。

太宰治の未完の遺作『グッド・バイ』が、コメディ映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』のタイトルで、2020年2月14日(金)より新宿ピカデリーほかにて公開されることが決定しました。

この記事では、易者役を演じる戸田恵子について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』の作品情報


(C)2019「グッドバイ」フィルムパートナーズ

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・原作・脚本】
成島出

【キャスト】
大泉洋、小池栄子、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、皆川猿時、田中要次、池谷のぶえ、犬山イヌコ、水澤紳吾、戸田恵子、濱田岳、松重豊

【作品概要】
太宰治の未完の遺作『グッド・バイ』を、劇団「ナイロン100℃」主宰のケラリーノ・サンドロヴィッチが2015年に独自の解釈で発表した戯曲『グッド・バイ』が原作。

妻子を田舎に残して単身で東京に暮らす編集者・田島周二が、10人もの愛人を抱えて四苦八苦する様子をコミカルに描き、第23回読売演劇大賞最優秀作品賞に輝いた舞台版を完全映画化しました。

本作の監督を務めるのは、『八日目の蝉』(2011)で日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた成島出です。

ラブコメがやりたかったというケラリーノの言葉を受け、大人が楽しめる洒脱なコメディに仕上げました。

なぜか周囲の女たちが好きになってしまうダメ男の主人公・田島を演じるのは、『探偵はBARにいる』シリーズや、2019年放送のTBSドラマ『ノーサイド・ゲーム』で好評を博した大泉洋。

田島の妻と偽る永井キヌ子には、舞台版でも同役を演じて読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞し、成島作品への出演は5回目となる小池栄子。

田島を取り巻く女性役として、クールな女医・大櫛加代を水川あさみ、挿絵画家の水原ケイ子を橋本愛、儚げな花屋の青木保子を緒川たまき、離れて暮らす田島の妻・静江を木村多江が演じます。

田島を尊敬する編集部員・清川伸彦役に濱田岳、“嘘(にせ)夫婦”の計画を提案する作家・漆山連行役に松重豊。

豪華キャストが集結し作品を盛り上げています。

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』のあらすじ


(C)2019「グッドバイ」フィルムパートナーズ

戦後の混乱から復興へ向かう昭和のニッポン。

文芸雑誌の編集長の田島周二は、単身東京で気がつけば何人もの愛人を抱える始末。

このままではいけないと愛人たちと別れる決心をしたものの、優柔不断な田島は、彼女たちを前にすると別れを切り出すことができません。

そこで田島は、金にがめつい担ぎ屋・キヌ子に、女房を演じてくれと頼み込みます。

実はキヌ子は、泥だらけの顔を洗うと誰もが振り返る絶世の美女でした。

男は、女と別れるため、女は、金のため――こうして、二人の“嘘(にせ)夫婦”の企みが始まります。

スポンサーリンク

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』易者役は戸田恵子

参考映像:『ラヂオの時間』(1997)

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』で易者役を演じる戸田恵子は、1957年9月12日生まれの女優ほか声優、ナレーター、歌手、タレント様々な分野で活躍。愛知県出身。ルックアップ所属。

小学校時代から児童劇団に所属し、『中学生群像』で子役出演。

フジテレビ『日清ちびっこのどじまん』東海地区チャンピオンになったことがあるほど歌がうまく、1974年、「あゆ朱美」の芸名でアイドル演歌歌手としてデビュー。

1977年野沢那智主宰の「劇団薔薇座」研究員となり、演技の勉強を始め、看板女優として活躍。様々な演劇賞を受賞します。

1979年声優デビュー。『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン役として大人気となりました。2019年現在も変わらず担当しています。

1994年『毎日が夏休み』で女優として本格的にデビュー。

1997年映画『ラヂオの時間』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。

映画『THE 有頂天ホテル』『清須会議』、ドラマ『ショムニ』『ちゅらさん』『僕らは奇跡でできている』など多数人気作に出演。

数多くの舞台作品でも活躍する実力派女優です。

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』易者はどんな役?

戸田恵子演じる易者は、落ち込んでいた主人公の田島周二を占う人物です。

スポンサーリンク

戸田恵子の演技力の評価は

参考映像:『清須会議』(2013)

子役の頃から実力を培い、名バイプレーヤーとして数多くの作品に女優・声優として出演する戸田恵子。

脚本家の巨匠・三谷幸喜は、駆け出しの頃から度々舞台の楽屋へ花束を届ける程の戸田のファン。

初の連続テレビドラマ『総理と呼ばないで』を直接オファーしましたが、戸田は当時39歳という年齢から固辞します。

しかし三谷は諦めず、「あなたをよく知っている自分が脚本を書くから、何も心配しないでくれ」と言い、戸田は熱意を受け出演を承諾し、これが連続ドラマデビューとなりました。

その後1997年『ラヂオの時間』に出演し、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。

映画『THE 有頂天ホテル』『清須会議』、舞台『オケピ!』などにも出演し、三谷作品の常連となっています。

2006年舞台『歌わせたい男たち』で第13回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞。

2012年には第6回声優アワード、高橋和枝賞を受賞しています。

戸田恵子の公式SNSの紹介

残念ながら戸田恵子の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2019「グッドバイ」フィルムパートナーズ

鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の解釈で発表した戯曲『グッド・バイ』を原作に、『八日目の蝉』で日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた成島出監督が作り上げたハイセンス・コメディ映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』

コメディセンス抜群の名俳優・大泉洋が、主人公の女泣かせのダメ男・田島周二を演じます。

相手役には成島作品常連で、舞台版でも同役を演じて読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞した経験を持つ小池栄子。

ひとりぼっちになり落ち込む田島を占う易者を、女優・声優として長年大活躍中の戸田恵子が演じます。

共演には水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊など、ずらりビッグネームが並びます。

豪華な監督・キャストで贈る映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は、2020年2月14日(金)より新宿ピカデリーほかにて公開です。









関連記事

新作映画ニュース

映画『メモリーズ・オブ・サマー』あらすじキャストと特報映像解禁。日本公開は6月に決定

第32回ワルシャワ映画祭インターナショナル・コンペティション部門正式出品 © 2016 Opus Film, Telewizja Polska S.A., Instytucja Filmowa SIL …

新作映画ニュース

映画『スカイライン-逆襲-』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。人気シリーズ完結編の予告動画が解禁!

愛すべきB級SFアクションシリーズ「スカイライン」三部作がついに完結!! SFアクションシリーズ「スカイライン」の最新作『スカイライン-逆襲-』が、2021年2月26日(金)に新宿バルト9ほか全国公開 …

新作映画ニュース

映画試写会プレゼント『あの頃、君を追いかけた』25組50名様ご招待【9/27よみうりホール】

台湾で200万人を動員する大ヒットを記録した青春映画『あの頃、君を追いかけた』が舞台を日本に移し、オリジナル作品の瑞々しさを受け継ぎつつ、新たに生まれ変わりました。 主演・山田裕貴×ヒロイン・齋藤飛鳥 …

新作映画ニュース

映画『ジュリアン』キャストの天才子役トーマス・ジオリアの評価と演技力あふれる場面画像を解禁

映画『ジュリアン』は2019年1月25日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開。 親子の在り方を問い、本国フランスで40万人動員のロングランヒットを記録した本作。 離婚し …

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストの平原テツはひかりの父・片倉勝を演じる【演技評価とプロフィール】

辻村深月の原作を河瀬直美監督が映画化した『朝が来る』キャスト紹介 映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。 世界で高い評価を受け、東京2020オリンピッ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学