Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』舞台挨拶レポート!大泉洋×小池栄子が劇中さながらの仲睦まじさで会場沸かす

  • Writer :
  • 桂伸也

『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』は2020年2月14日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

文豪・太宰治の未完の遺作「グッド・バイ」を鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の解釈で完成させた戯曲『グッドバイ』を、成島出監督が“映画”として新たに描いた『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』。

何人もの愛人を抱えるダメ男の主人公・田島周二が、愛人と別れるため、金にがめつい担ぎ屋・キヌ子と嘘(にせ)夫婦を演じるというハイセンス・コメディ映画です。

この作品で主演を務めた大泉洋、小池栄子と作品を手掛けた成島出監督が、本作の公開を記念し2020年2月23日(土)に東京にて行われた感謝御礼舞台挨拶に登壇、公開を果たした現在の気持ちなどとともに撮影の裏舞台などを振り返りました。

今回はこの3人が登壇したトークイベントの様子をお届けします。

スポンサーリンク

初日舞台挨拶の概要

(C)2019「グッドバイ」フィルムパートナーズ

【開催日時】
2020年2月23日
17:00より舞台挨拶

【会場】
東京・丸の内ピカデリー1

【登壇ゲスト】
大泉洋、小池栄子、成島出監督

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇〜』の初日舞台挨拶リポート

原作さながらの演出に困惑した二人


(C)2019「グッドバイ」フィルムパートナーズ

「成島監督の無茶振りエピソード」をたずねられた小池は田島がキヌ子を口説こうとした際に二人で格闘を繰り広げたシーンを挙げ、その場面で「徐々に恋心が芽生えるので、キヌ子のカラス声を白鳥(の声)にしてくれ」と演出され正直困惑したといいます。

一方の大泉もこのシーンで「犬のように腰を振ってくれ」と言われたり、水川あさみとのシーンでお腹を触られた時に「ハッと(恍惚の表情を)して」と言われたりと「変態めいた演出があった」などと回想、自分が想像していたモテ男役とは違う演出に対してボヤきを入れ、会場を沸かせます。

またキヌ子のカラス声について成島監督は、もともと太宰の原作にその旨が記されていたと演出の根拠を明かしながら「色々と試行錯誤して作り上げたこのカラス声は、一生の思い出」と振り返りました。

映画さながらの仲睦まじい二人


(C)2019「グッドバイ」フィルムパートナーズ

この映画にちなみ「最後だから言える、互いに“グッドバイしてもらいたい”こと」をたずねられると、小池は様々な番組で大泉をイジって来られたことに対して「あれは女優・小池栄子ではなく、バラエティタレント・小池栄子として場を盛り上げるために言ったことでもあるので、記憶からグッドバイしてほしい」などとコメント、大泉を大笑いさせます。

しかし続けて小池が「私は大泉さんのこと大好きですから、一緒に番組をしたい。朝の10分でもいいから」などとコメント。

すると大泉はかつてプロモーションで一緒に出た朝番組のことを思い出し「あなたの無茶振りのせいで、僕のMCの評判は下がったんですよ」と反撃します。

さらに小池との写真撮影の機会のエピソードを挙げ「すぐ僕のことを睨むんですよ。これ、グッドバイしてほしい」などと返したりと、仲睦まじいやり取りで会場を沸かせていました。

ジビエ料理とともに感謝した共演


(C)2019「グッドバイ」フィルムパートナーズ

また本作のプロモーションで印象に残っていることとして、大泉は名古屋でのキャンペーンを振り返り「夕方の舞台挨拶を終えて、車で1時間半かけて岐阜にジビエ料理(野生の鳥獣を使った料理)を食べに行ったんです」と回想しながら「それに付き合ってくれる女優さんは、小池さんぐらいじゃないかと思いましたね」と共演してくれたことに対して改めて感謝の気持ちをのぞかせる言葉を投げかけました。

一方で名古屋のキャンペーンに参加できなかった成島監督はうらやましそうな表情を見せながらも「でも北海道キャンペーンで(僕も)すごく大きなカニとプリプリのホタテを食べて、本当に幸せでした」と満足げに振り返りました。

スポンサーリンク

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇〜』の作品情報


(C)2019「グッドバイ」フィルムパートナーズ

【日本公開】
2020年2月14日(日本映画)

【原作】
ケラリーノ・サンドロヴィッチ(太宰治「グッド・バイ」より)

【監督】
成島出

【キャスト】
大泉洋、小池栄子、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、皆川猿時、田中要次、池谷のぶえ、犬山イヌコ、水澤紳吾、戸田恵子、濱田岳、松重豊

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇〜』のあらすじ

(C)2019「グッドバイ」フィルムパートナーズ

戦後の混乱から復興へ向かう昭和のニッポン。

文芸雑誌の編集長の田島周二は、単身東京でで暮らしているものの、気がつけば何人もの愛人を抱える始末。このままではいけないと愛人たちと別れる決心をします。

しかし優柔不断な田島は、彼女たちを前にすると別れを切り出すことができません。そこで田島は、別れを事項するために金にがめつい担ぎ屋・キヌ子に、女房を演じてくれと頼み込みます。

ところが、キヌ子は泥だらけの顔を洗うと誰もが振り返る絶世の美女。

こうして男は女たちと別れるため、女は金のためと、二人の“嘘(にせ)夫婦”の企みが始まるのですが…。

まとめ

大泉洋は意外にもこれまで映画でコメディの出演はあまりないという中で、今回の出演を本当に楽しんだことを回顧しながら「数年後に、監督にまたコメディを撮っていただいて、期間限定の小池さんとの夫婦漫才のような掛け合いをやりたいですね」と今後への希望で挨拶を締めくくりました。

小池栄子も舞台から映画への転換というチャレンジに様々な思いを持ったことを振り返りながらも「この座組みに入れたことが嬉しいです」と充実した撮影に感謝の言葉を贈られていました。

この日は挨拶冒頭から大泉とその大泉のボケに要所でいいツッコミを入れ会場を沸かせる小池が、劇中の役柄さながらの息の合ったところを見せ終始会場を温めており、撮影現場の温かな雰囲気をのぞかせるひと時となりました。

映画『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』は2020年2月14日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

インド映画『パドマーワト女神の誕生』あらすじとキャスト。公開日とディーピカーが美しいポスタービジュアル解禁

インド映画史上最大級の製作費で描く、究極の映像美 16世紀に生み出されたインド古来の伝記を、インド映画史上最大級の製作費を費やした絢爛豪華な映像美で描く『パドマーワト 女神の誕生』(原題:Padmaa …

新作映画ニュース

映画『あのこは貴族』あらすじ。キャストは門脇麦×水原希子で描くシスターフッドムービー!

監督・岨手由貴子×原作・山内マリコ。 マンネリカップルが妊娠をきっかけに互いの背景や関係を見つめ直す初のオリジナル長編作品『グッド・ストライプス』で、新藤兼人賞金賞を受賞した岨手由貴子監督、待望の長編 …

新作映画ニュース

映画『ファンファーレが鳴り響く』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。笠松将×祷キララが青春スプラッタームービーに挑戦!

主演・笠松将×ヒロイン・祷キララ 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」でグランプリを受賞した新悦・森田和樹監督の新作映画『ファンファーレが鳴り響く』。 2020年9月18日(金)から開催さ …

新作映画ニュース

【城定秀夫監督特集】上映作品一覧とイベント情報。ポレポレ東中野にて10月19日より開催

全作品劇場 “初” 公開! 天才・城定秀夫が紡ぐ、(約)2日撮りの世界をご堪能あれ。 2003年にピンク映画『味見したい人妻たち(別題:押入れ)』で監督デビュー以降、ピンクはもちろん、一般劇場公開作、 …

新作映画ニュース

映画『クラッシュ(1996)』4K無修正版公開日/上映館/あらすじ。クローネンバーグ代表作が劇場で蘇る

D・クローネンバーグ監督史上最高の衝撃作、4K無修正版でリバイバル決定! 世界を騒然とさせた究極のR-18の偏愛映画『クラッシュ』。 (C) 1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学