Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/08
Update

『アイネクライネナハトムジーク』キャストの美奈子役は貫地谷しほり【演技力の評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー!

『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎

伊坂にとって「初」にして「唯一」の恋愛小説集となる『アイネクライネナハトムジーク』

絶大な支持を誇るシンガーソングライターの斉藤和義との交流から生まれた、伊坂幸太郎書き下ろしの短編2作。これらに新たな4編を加えて、『アイネクライネナハトムジーク』は出版されました。

伊坂からのラブコールにより、監督を務めることになったのは、『パンとバスと2度目のハツコイ』『愛がなんだ』で知られる恋愛群像劇の名手・今泉力哉

映画『アイネクライネナハトムジーク』は2019年9月20日(金)に公開されます。

主演の佐藤役には、正統派俳優ながらも、佐藤らしいナチュラルな人の好さも感じさせる三浦春馬。

相手役には、キュートな魅力にあふれる実力派・多部未華子。

共演には、原田泰造、貫地谷しほりというベテラン演技派に加え、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里らフレッシュな顔ぶれが揃っています。

オール仙台・宮城ロケで撮影され、仙台出身のサンドウィッチマンも特別出演。宮城県では9月13日(金)より先行公開されます。

この記事では、美奈子役を演じる貫地谷しほりについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『アイネクライネナハトムジーク』の作品情報


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』(幻冬舎文庫)

【監督】
今泉力哉

【キャスト】

三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、成田瑛基、八木優希、こだまたいち、MEGUMI、濱田マリ、貫地谷しほり、原田泰造

【作品概要】

『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』『ゴールデンスランバー』など数々の著作が映画化されてきたベストセラー作家・伊坂幸太郎の小説『アイネクライネナハトムジーク』を原作に、『パンとバスと2度目のハツコイ』『愛がなんだ』の今泉力哉監督が映画化。

主演の三浦春馬、多部未華子に加え、原田泰造、貫地谷しほり、矢本悠馬、森絵梨佳ら豪華キャストが集結しています。

映画『アイネクライネナハトムジーク』のあらすじ


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

仙台駅前。

大型ビジョンを望むデストリアンデッキでは、日本人初の世界ヘビー級王座をかけたタイトルマッチに、人々が沸いていました。

そんな中、街頭アンケートに立つ会社員・佐藤。ギターの弾き語りに聴き入る本間紗季と目が合い、思い切って声をかけます。

快くアンケートに応える紗季の手には手書きで「シャンプー」の文字。思わず「シャンプー」と声に出した佐藤に、紗季は微笑みます。

劇的な<出会い>を待つだけだった佐藤は、友人の織田から<出会い>の極意を説かれます。織田は美しい由美と結婚し、2人の子どもたちと幸せな家庭を築いています。

一方、佐藤の上司の藤間は、妻と娘に出て行かれたばかりで途方に暮れていました。

<出会い>のない生活を送っていた由美の友人の美奈子は、美容室の常連客の香澄から紹介された、声しか知らない男に恋心を抱き始めています。

そして10年後。織田家の長女は高校生になり、佐藤は、紗季と付き合い始めて10年になっていました。

佐藤は紗季に、意を決してプロポーズをしますが…。

思いがけない絆で佐藤とつながっていく人々が、愛と勇気と幸福感に満ちた奇跡を呼び起こす物語です。

スポンサーリンク

映画『アイネクライネナハトムジーク』美奈子役は貫地谷しほり

参考映像:『くちづけ』(2013)

映画『アイネクライネナハトムジーク』で美奈子役を演じる貫地谷しほりは、カメレオン女優と呼ばれる実力派。

東京都出身。1985年12月12日生まれ。ABP inc.所属。

中学時代に新宿駅ホームでスカウトされて芸能界入り。最初は軽い気持ちで始めたものの、褒められたのがとても嬉しかったことから、芝居への探求心が芽生えたそうです。

伊藤正次演劇研究所の研究生として、演劇指導を受けました。

2002年『修羅の群れ』で映画デビュー。

映画『スウィングガール』『夜のピクニック』、NHK大河ドラマ『風林火山』などの出演を経て、2007年NHk連蔵テレビ小説『ちりとてちん』で初主演を務めます。

2008年第32回エランドール新人賞を受賞。

『キミ犯人じゃないよね?』『あんどーなつ』と民放連続ドラマに2クール続けて主演しました。

そのほか、ナレーションやアニメ声優を務めたり、ラジオドラマ『貫地谷しほりのラジオ劇団・小さな奇跡』で座長を務めるなど、マルチな才能を発揮。

2010年には舞台『余命1ヶ月の花嫁』で舞台初主演し、第7回The Beauty Week AwardでThe Best of Beauty 2010を受賞しました。

2013年『くちづけ』で映画初主演。2014年に同作で第56回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞しています。

そのほか、NHK大河ドラマ『八重の桜』『おんな城主 直虎』、『おんなくどき飯』『集団左遷!!』、映画『白ゆき姫殺人事件』『望郷』『この道』など、多数作品で活躍しています。

2019年連続テレビ小説『なつぞら』では、主人公の先輩アニメーター役を好演。

「しほり」という名は、サザンオールスターズのファンだった母が「栞(しおり)のテーマ」にちなんでつけたそうです。誕生当時人名漢字ではなかったために、「しほり」となったとのこと。

本人いわく、性格は「お調子者」。みんなの笑いをとりたいタイプなのだそうです。

特技は着物の着付け。なんと3分ほどで着られるとか。

趣味は空想すること。女優という仕事にもつながる、想像力トレーニングのような部分もあるようです。

映画『アイネクライネナハトムジーク』美奈子はどんな役?


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

貫地谷しほり演じる美奈子は、織田由美の同級生。織田由美は、主人公・佐藤の友人・一真の妻。

美容師をしており、MEGUMI演じる常連の香澄と仲良くしています。

声しか知らない男に恋をします。

スポンサーリンク

貫地谷しほりの演技力の評価は

参考映像:『望郷』(2016)

幅広い役を見事に演じ、カメレオン女優として知られる実力派女優・貫地谷しほり。

どんな役にも自分を馴染ませ、あらゆる表情、セリフを毎回その役に応じて全く違う演技を魅せます。

観る者を作品の世界へと誘う天才役者とも言われています。

2007年NHk連蔵テレビ小説『ちりとてちん』で初主演を務め、2008年第32回エランドール新人賞を受賞。

2013年『くちづけ』で映画初主演。2014年に同作で第56回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞しています。

NHk朝ドラ『ちりとてちん』で共演した名優、故・渡瀬恒彦からは、「女優になるために生まれたような子。頭がよく、神経もタフ、感受性が豊かで表現が的確。私のライバルです」と高く評価されました。

作家の小林信彦は連載コラムの中で、貫地谷しほりのコメディエンヌぶりは海外ドラマでも比類がないと絶賛。

舞台『ガラスの仮面』で演じた北島マヤ役では、類まれな演技力に「まさに天才役者のマヤそのもの」という声が聞かれました。

自分の明度を自在に変えることができる貫地谷だからこそ、ひとたび仮面をかぶると輝きを放つ北島マヤ役を演じきれたと高評価を受けています。

NHK連続テレビ小説『ちりとてちん』でも、成長していくヒロインを見事に体現。役によって表情が変わるだけではなく、役の中でも変化していくことができる女優としての才能をみせつけました。

女優デビューまでに3年がかかったという貫地谷。過去オーディションでは50回落ちた経験を持つそうです。

『くちづけ』で映画初主演を果たすまでには11年かかっています。

確かな実力をつけてから世に出てきたことが、名女優・貫地谷しほりを生み出したのかもしれません。

貫地谷しほりの公式SNSの紹介

貫地谷しほりの公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

時を越えて気づく、<出会い>よりも大切なこと。思いがけない絆が巡りめぐって、奇跡のような瞬間を呼び起こす、10年越しのラブストーリー『アイネクライネナハトムジーク』。

大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎の初にして唯一の恋愛小説を、『愛がなんだ』の今泉力哉監督が映画化しました。

音楽を担当するのは、本作を生み出すきっかけとなったシンガーソングライターの斉藤和義。

実力派俳優の三浦春馬と多部未華子が主演し、演技力ある貫地谷しほり、原田泰造らが共演しています。

カメレオン女優という異名を持ち、どんな役でも見事な演技でこたえてくれる実力派女優・貫地谷しほり。本作では、声しか知らない男に恋する繊細な女性を演じます。

映画『アイネクライネナハトムジーク』は2019年9月20日(金)よりロードショーです。







関連記事

新作映画ニュース

【2019年11月29日〜30日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『太陽がほしい 劇場版』あらすじ。戦時中に性被害を受けた中国人女性の証言とは

「私は慰安婦ではない」 中国人女性のことばに耳を傾け、寄り添い、支え、記録を続けた20年。 「慰安婦」という言葉からは想像できない過酷な人生がそこにありました。 ©2018 Ban Zhongyi 班 …

新作映画ニュース

北欧映画祭が大阪の阪急うめだ本店にて開催。キノ・イグルーからヨーロッパ北部の世界を知る喜び

「北欧映画祭 Collaboration withキノ・イグルー」 2019年5月31日(金)と6月2日(日)の2日間、阪急うめだ本店にて開催決定! ©︎HANKYU HANSHIN DEPARTME …

新作映画ニュース

玉森裕太×吉岡里帆映画『パラレルワールドラブストーリー』あらすじとキャスト。特報・ビジュアル解禁!

3人の男女、2つの世界、1つの真実…。 累計発行部数が110万部を突破した作家・東野圭吾氏のベストセラー小説『パラレルワールド・ラブストーリー』。 2つの異なる世界を行き交う、壮大で複雑な三角関係が実 …

新作映画ニュース

芋生悠×祷キララ映画『左様なら』あらすじとキャスト。石橋夕帆監督がSNSの漫画を原作に映像化!

海辺の町を舞台に描かれる次世代の青春群像劇。 新進気鋭の女性監督・石橋夕帆が、イラストレーター・ごめんのTwitterで発表した初期作品を見事に映像化。 MOOSIC LAB2018長編部門にて初公開 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP