Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

中国映画祭「電影2019」にて上映!『失踪、発見』キャストのマー・イーリーも登壇

  • Writer :
  • 中村綾子

百花繚乱の魅力を放つ最新中国映画、厳選6本を一挙上映する中国映画祭「電影2019」。今年は東京と大阪での開催となります。

©2018 Huayi Brothers Pictures Ltd. Easy Production Bridfish Entertainment Co.Ltd. All Rights Reserved.

東京会場の角川シネマ有楽町にてオープニング作品として上映されたのはルー・ユエ監督の作品『失踪、発見』

上映後にはこの作品で主人公である女性弁護士の娘のベビーシッターとして働きながらも、娘とともに失踪してしまうスン・ファンを演じたマー・イーリーのQ&Aが行われました。

スポンサーリンク

マー・イーリー登壇で観客もうっとり

©2018 Huayi Brothers Pictures Ltd. Easy Production Bridfish Entertainment Co.Ltd. All Rights Reserved.

地味なメイクを施し、影のある役柄を演じていたスクリーンの姿とはうってかわって、活動的な美しさに満ちたマー・イーリーの登壇に客席からはため息がこぼれました。

MCを務めた矢田部吉彦氏から脚本を読んだときどう思ったか問われると、マー・イーリーは笑顔で次のようにコメントしました。

「女性ふたりの描写が完璧だと思いました。はじめからこの物語がとても好きになりました」

役作りに関して次のようにアピールしました。

「このような女性は実際に周りにいたこともあり、それほど役作りはせずに、記憶を頼りにイメージを合わせ演じました。今回は普段私が演じるようなものからとても遠い役柄でぜひ演じたいと思ったのです。社会の底辺を生きる彼女たちにも視線を送ってください」

また観客から一番辛かったことは何かという質問には、役柄に対する没頭ぶりを明かしてくれました。

「(演じたスン・ファンの)外見というよりも心です。彼女は周りからの同情を拒絶する人。私は彼女を演じることで彼女と旅をしたわけで、それはひどく疲れたし辛い旅でした。いつもはそれほど役に入り込みませんが今回は違いました。入り込むのもそこから出て行くのも苦労しました。これは私にとってはじめての経験でした」

マー・イーリーは今回の役に入り込み過ぎて苦しんでいたようです。それだけ彼女がこの役に対して深く演じていたのかもしれませんね。

最後に、マー・イーリーは次のように力強く語ってくれました。

「現代の中国と中国女性を理解する絶好のチャンスです。私もそのような女性を描く映画のために努力、貢献したいので、理解を深めてください」

海を隔ててすぐお隣の国、中国。それでも知らないことは多々あります。

中国映画祭で現在の中国について知り、理解を深めていくことができたらいいですね。

中国映画祭「電影2019」とは

今年で2回目の中国映画祭。今年の開催地は東京と大阪です。

日本公開予定作を含め、多種多様なジャンルの6作品を厳選してラインナップしていて、すべて日本初上陸の作品ばかりです。

また、中国から俳優や監督などゲストを招き、オープニングイベントやトークショーが開催されます。

最新映画を通して、現代中国の”今”を見つめます

今年上映された作品は『ペガサス/飛馳人生』『失踪、発見』『アイランド/一出好戯』『駐在巡査 宝音(ボヤン)』『選ばれざる路/未択之路』『アラ・チャンソ(原題)』の6作品です。

今回は東京会場でオープニング上映された作品『失踪、発見』についてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『失踪、発見』の作品情報

【公開】
2019年(中国映画)

【原題】
找到你

【監督】
ルー・ユエ(吕乐)

【キャスト】
ヤオ・チェン、マー・イーリー

【作品概要】
『上海ルージュ』や「レッドクリフ」シリーズで撮影監督として参加していたルー・ユエ。

中国内外からの評価が高いルー・ユエが自ら監督を担当したサスペンス映画です。

主演のヤオ・チェンは、チャン・ツィイー主演『ソフィーの復讐』に出演しています。

スン・ファン役のマー・イーリーは『江北好人』(日本未公開)で長春映画祭最優秀主演女優賞を受賞した演技派女優。

第21回上海国際映画祭コンペティション部門にもノミネートされました。

映画『失踪、発見』のあらすじ

弁護士のリー・ジエは娘のためにスン・ファンというベビーシッターを雇いました。

ある日家に戻ると、スン・ファンと娘が姿を消していました。

2人を必死に探すリー・ジエ。しかし、元夫の身内から非難の声を浴びせられ、警察からは反対に疑いをかけられ心身ともに崩壊寸前まで追い込まれてしまいます。

リー・ジエは自力で2人を探し出す決意をします。

スン・ファンが自身の身元を偽っていたことが発覚したことをきっかけに、驚愕の真実が次々と明らかになっていき……。

スポンサーリンク

まとめ

現代中国の今を映し出す作品を厳選して上映する中国映画祭が今年も開催となりました。

今年は東京と大阪の2会場だけとなりますが、それでも熱気は昨年以上です。

今回東京会場のオープニング作品『失踪、発見』に出演し、イベントにも参加したマー・イーリーは、厳選作品6作の内の1作、『選ばれざる路/未択之路』にも出演しています。

どちらもどこか影のある役ですが、全く違う印象を与えてくれます。

今年の開催は大阪会場の3月9日(土)と10日(日)で終わってしまいますが、お近くの方は会場まで足を運んでみてください!

中国映画祭「電影2019」情報

開催日(大阪):3月9日(土)、10日(日) 会場:梅田ブルク7
主催: 文化庁、公益財団法人ユニジャパン、上海国際影視節有限公司
共催: 国際交流基金

【中国映画祭「電影2019」公式サイト】 

チケット料金:1,300円(税込)
<梅田ブルク7>劇場窓口、インターネット予約
【インターネット予約KINEZO】

関連記事

新作映画ニュース

水橋研二×瀧内公美映画『カゾクデッサン』あらすじとキャスト。公開日は3月21日で家族の絆を描く

家族って、どこまでが家族ですか? 彷徨う大人たちと子どもを結ぶ 色とりどりの「絆」と「幸せ」のかたち 水橋研二×瀧内公美×大友一生といった日本映画の際立つ才能が交ざり合う映画『カゾクデッサン』。 家族 …

新作映画ニュース

映画『WALKING MAN』あらすじとキャスト。カリスマラッパー【ANARCHY】初監督作の見どころ

人気ラッパーANARCHY初監督作! 日本を代表するカリスマラッパーANARCHYの初監督映画『WALKING MAN』が、2019年10月11日(金)より、全国ロードショーされます。 不幸と極貧のど …

新作映画ニュース

中村倫也映画『水曜日が消えた』舞台挨拶配信で笑顔!キャスト深川麻衣・石橋菜津美らと演技力について語る

映画『水曜日が消えた』は2020年6月19日(金)より公開! 曜日によって人格が変わるという一人の男性、「僕」の人生。そんな彼のある日に起きた異変の様と、それに伴う彼の決断を追った映画『水曜日が消えた …

新作映画ニュース

大阪アジアン映画祭2019のチケット発売開始!エントリー作品の選定と登壇ゲスト情報

第14回大阪アジアン映画祭のチケット購入方法やイベント情報 2019年3月8日(金)から3月17日(日)まで開催される、第14回大阪アジアン映画祭。 第14回大阪アジアン映画祭のチケットは、2月23日 …

新作映画ニュース

【2019年8月2日〜3日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。すこしだけツウ好みな映画webマガジン「Cinemarche」 (C)しおしお 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載している最新情 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学