Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/11/22
Update

映画『朝が来る』キャストは永作博美と井浦新。近日公開の感動ミステリー!

  • Writer :
  • 大塚まき

“主要キャスト解禁”
日本映画史に新たに刻まれる傑作の布陣が明らかに!

実の子を授かることが叶わず、特別養子縁組により、男の子を家族に迎えた夫婦。中学生で妊娠し、断腸の思いで子どもを手放すことになった幼い母。両者が再び交差したとき、物語は大きなうねりを見せる…。


©2020『朝が来る』Film Partners

日本ではタブー視されがちなセンセーショナルなテーマを題材にした感動ミステリー『朝が来る』。そのキャストがついに解禁されました。

2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開される本作『朝が来る』のキャスト発表に際し、主要キャストの永作博美、井浦新、蒔田彩珠、浅田美代子の面々からコメントが届きましたのでご紹介します。

映画『朝が来る』キャストの紹介


©2020『朝が来る』Film Partners

心から望みながらも、実の子を授かることができなかった栗原夫妻。ヒロインである妻の佐都子を演じるのが、『八日目の蟬』(2011)で日本アカデミー賞をはじめ様々な賞を受賞した永作博美が抜擢されました。

夫の清和役は『止められるか、俺たちを』(2018)『嵐電』(2019)「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」(2019)と話題作への出演が続く井浦新

まだ生理も来る前に同級生に本気の恋をし、望まぬ妊娠をしてしまった少女・片倉ひかり役を17歳にして“是枝裕和作品の常連”と称される女優・蒔田彩珠が参戦。

そして栗原夫婦と片倉ひかりを引き合わせた人物・浅見静恵役を河瀨監督作としては『あん』(2015)以来の出演となるベテラン女優・浅田美代子が演じています。

その他にひかりの家族として母親を中島ひろ子、父に平原テツ、姉に駒井蓮らが出演。

さらにひかりの恋人役に田中偉登佐藤令旺がひかりの実子にして永作演じる佐都子の養子・朝斗として参加しています。

映画『朝が来る』キャストのコメント

河瀨直美が監督を務めた本作『朝が来る』に集結したキャストの永作博美、井浦新、蒔田彩珠、浅田美代子の面々から撮影を終えてコメントが届きましたのでご紹介します。

栗原佐都子役・永作博美のコメント


©2020『朝が来る』Film Partners

永作博美は、河瀨組の撮影を振り返り、以下のように語っています。

自らの人生の中でも岐路というのは本当に究極の選択の様なものばかりでいつも「試されてるな…」と感じる。
それをフィクションの中でフルに実践している河瀬監督の撮影手法に驚き、いつ撮影は始まったのか…何が本当なのか…現場で1つになった心臓の音がいつもドックンドックン響いていた。
皆がその静寂にどう在るのか考えただけでまた心臓が鳴ります。

栗原清和役・井浦 新のコメント


©2020『朝が来る』Film Partners

井浦 新は、河瀨組の参加に際して、以下のような熱い思いを述べてます。

12 年程前に、奈良から京都への電車の中で河瀨直美監督と初めて出逢いました。柔らかくも鋭く自分の内側に語りかけ、眼差しは心の中を見つめられてるようで、電車に揺られ話した時間は今も鮮烈に記憶に残っています。
今回、河瀨組への初参加の機会をいただき、あの日から積みあげられた想いを全開で挑みました。河瀨監督の現場は、どう芝居をするかではなく、どう“生きるか”が求められます。それができる環境を監督を始めスタッフの方々皆が徹底して作り上げてくれました。
その中で俳優部は魂を擦り減らしながら生をぶつけ合う。このように作品への、人間への、深い愛に溢れた現場で生きることで、生命を育む地球の記憶についてまで再発見する事ができ、とても感動しました。
12 年前に河瀨監督から聞かれた「あなたはどんな人間ですか?」この問いに少しでも答えられるよう全身全霊の日々でした。
今もその言葉は自分を突き動かす原動力となっています。

片倉ひかり役・蒔田彩珠のコメント


©2020『朝が来る』Film Partners

蒔田彩珠は、撮影に挑んでみて、以下のような力強いコメントを寄せています。

原作を読んだ時、ひかりに起こった事は、誰に起こってもおかしくない事だと、感情移入しすぎてしまい、辛かったです。
私がひかりの気持ちを背負うことで、ひかりを傷つけてしまうんじゃないかと不安にもなりましたが、撮影が進む中で、自分がひかりになったと感じた瞬間があり、とても強い心を持つことができました。
この映画を通して、私と同世代の方々をはじめ多くの人に、人間の強さや弱さ、優しさ、命について深く考えるきっかけになれば、嬉しいです。

浅見静恵役・浅田美代子のコメント


©2020『朝が来る』Film Partners

浅田美代子は、再び河瀨組への参加を顧みて、以下のようにコメントを寄せています。

久しぶりに河瀨組…正直怖かった。何故なら河瀨監督には嘘(お芝居)は通用しないから。『その役に生きる‼️』撮影期間中はずっと「浅見」で過ごした…そしてクランクアップ、「浅見」が私の中から出て行った時、新しい私が生まれた瞬間だった。
縁というものにより河瀨監督と出会えたこと幸せだと心から思う。

映画『朝が来る』の作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
辻村深月『朝が来る』(文春文庫)

【監督】
河瀨直美

【脚本】
河瀨直美、髙橋泉

【キャスト】
永作博美、井浦新、蒔田彩珠、浅田美代子、中島ひろ子、平原テツ、駒井蓮、田中偉登、佐藤令旺

映画『朝が来る』のあらすじ

自分たちの子どもを授かることが叶わず特別養子縁組という手段を選んだ夫婦、中学生で妊娠し断腸の思いで子どもを手放すことになった幼い母。

出産をめぐる女性たちの葛藤やれぞれの人生を丹念に描きだします。

まとめ

小さな命がつなぐ、女性と少女の運命。様々な母と子のかたち、絆、それぞれの葛藤を実力派キャスト競演で描く感動ミステリーが誕生します。

日本映画史に新たに刻まれる傑作をぜひスクリーンでご覧ください。

映画『朝が来る』は2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開です。

ご期待ください!




関連記事

新作映画ニュース

芳根京子映画『Arc アーク』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。石川慶がケン・リュウの短編小説を原作に不老不死の世界を描く

主演:芳根京子が17歳から100歳以上までを熱演。 俊英・石川慶監督が世界的作家の小説を実写映画化! 『愚行録』『蜜蜂と遠雷』で国内外より注目される石川慶監督の待望の新作映画『Arc アーク』の製作が …

新作映画ニュース

水橋研二×瀧内公美映画『カゾクデッサン』あらすじとキャスト。公開日は3月21日で家族の絆を描く

家族って、どこまでが家族ですか? 彷徨う大人たちと子どもを結ぶ 色とりどりの「絆」と「幸せ」のかたち 水橋研二×瀧内公美×大友一生といった日本映画の際立つ才能が交ざり合う映画『カゾクデッサン』。 家族 …

新作映画ニュース

映画『ピストルライターの撃ち方』あらすじ/キャスト/上映館。ユーロスペースでの公開決定に今泉力哉ら推薦コメント到着!

映画『ピストルライターの撃ち方』はユーロスペースにて6/17(土)より公開決定! 今泉力哉ら推薦の問題作が特報・新ビジュアルを新たに解禁 東芸大大学院映像研究科修了作品『しんしんしん』(2011)、 …

新作映画ニュース

映画『多日想果(タピオカ)』あらすじ。台湾オーガニックカフェ【atea茶舗】お店情報も

台湾と日本のかけ橋を目指す。 俳優の大門嵩が監督・プロ―デュース・出演を務めた短編映画『多日想果(タピオカ)』が、現在上映会に向けたクラウドファンディングを行っています。 台湾の魅力が詰まった本作につ …

新作映画ニュース

映画『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』公開日/上映館。デニス・ベリー監督が女優へのラブレターを綴る

追悼そして生誕80周年記念、2020年限りの特別公開決定! アンナ・カリーナ80歳、ジャン=リュック・ゴダール90歳を祝福すべき2020年を目前にして、2019年12月14日アンナ・カリーナはパリで逝 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学