Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/10/14
Update

映画『夢みるように眠りたい』リマスター版あらすじ/上映館/公開日。林海象デビュー作品がスクリーンで蘇る!

  • Writer :
  • 石井夏子

34年の時を経て、幻のフィルムがスクリーンによみがえる。

1986年に公開された林海象監督のデビュー作『夢みるように眠りたい』。

34年の間、眠っていた幻のフィルム『夢みるように眠りたい』がデジタルリマスターとしてよみがえり、2020年12月19日(土)からユーロスペースほかにて全国順次公開が決定しました。

公開決定に併せ、予告編・場面写真が解禁となります。

スポンサーリンク

映画『夢みるように眠りたい』について

(C) 映像探偵社

「私立探偵濱マイク」シリーズはじめ『アジアンビート』『ZIPANG』『彌勒 MIROKU』などの作品を映画を世に放ってきた林海象監督のデビュー作『夢みるように眠りたい』は、映像探偵社製作、シネセゾン配給で1986年に劇場公開されました。

当時29歳、全く無名で現場経験もゼロだった林海象が、モノクロ・サイレントの手法を用いて撮った昭和30年代頃の浅草を舞台にした探偵物語です。

主演は佐野史郎。当時「状況劇場」(唐十郎)で活躍していた佐野史郎の映画初出演&主演作です。

吉田義夫、深水藤子、あがた森魚、遠藤賢司といった個性派が脇役を固めています。

映画『夢みるように眠りたい』の受賞歴

(C) 映像探偵社

・1986 第8回ヨコハマ映画祭 自主制作映画賞/新人監督賞
・1986 第41回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞
・1986ヴェネチア国際映画祭 批評家週間正式招待
・1986 ニューヨーク映画祭 正式招待
・1987 フィゲイラ・ダ・フォズ国際映画祭 グランプリ
・1987 ベナルマデナ国際映画祭 グランプリ(ヘラクレス賞)
・1987 ブルーデンツ国際映画祭 実験映画部門 グランプリ
・1987 アントワープ映画祭 正式招待
・1987 香港国際映画祭 正式招待
・1987 シドニー映画祭 正式招待
・1987 バンクーバー映画祭 正式招待
・1987 メルボルン映画祭 正式招待

スポンサーリンク

映画『夢みるように眠りたい』の作品情報

(C) 映像探偵社

【初版公開】
1986年(日本映画)

【デジタルリマスター公開】
2020年

【監督・脚本】
林海象

【撮影】
長田勇市

【美術】
木村威夫

【音楽】
熊谷陽子、浦山秀彦、佳村萠、あがた森魚

【照明】
長田達也

【キャスト】
佳村萌、佐野史郎、大竹浩二、大泉滉、あがた森魚、小篠一成、中本龍夫、中本恒夫、十貫寺梅軒、遠藤賢司、草島競子、松田春翠、吉田義夫、深水藤子

映画『夢みるように眠りたい』のあらすじ

(C) 映像探偵社

大正7年。

初めての女優主演映画といわれる帰山教正監督『生の輝き』の以前に、実は月島桜が主演した『永遠の謎』という映画がありました。

しかし、この『永遠の謎』は、警視庁の映画検閲によって妨害され、ラストシーンが遂に撮影されないまま、その名を映画史から消されてしまいます…。

(C) 映像探偵社

昭和のはじめ、東京。

私立探偵・魚塚甚(佐野史郎)の元に、月島桜と名のる老婆(深水藤子)から、誘拐された娘・桔梗(佳村萠)を探して欲しいとの依頼が舞い込みました。

調査を続けるうちに、魚塚は、この事件全体がまるでドラマのように出来すぎていることに気がついていき…。

スポンサーリンク

まとめ

(C) 映像探偵社

2020年12月11日(金)より新作映画『BOLT』が公開を控えている林海象監督

林海象監督の原点であるデビュー作『夢みるように眠りたい』が、デジタルリマスターとしてよみがえります。

映画『夢みるように眠りたい』は、2020年12月19日(土)からユーロスペースほかにて全国公開です。

(C) 映像探偵社



関連記事

新作映画ニュース

映画『きみの瞳が問いかけている』あらすじ結末をネタバレ予想。予告動画と韓国元ネタから解説!

映画『きみの瞳が問いかけている』は2020年10月23日(金)より全国ロードショー。 不慮の事故で、視力と家族を失った女性と、罪を犯し、キックボクサーとしての未来を絶たれた男性。 そんなふたりが出会い …

新作映画ニュース

映画『達人 THE MASTER』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。大橋彰(アキラ100%)初主演作の予告動画解禁

映画『こはく』のチームが混迷な時代に贈る “笑”撃エンターテインメント! 笑って、笑って、戦って…そしてちょっとのお色気も…。もしかしたら厚手のハンカチが必要かもしれない前代未聞のエキセントリックムー …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストの日雇い仕事の手配師役は諏訪太朗【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

映画『ボディ・リメンバー』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。サスペンスラブストーリーを演劇界の実力派俳優が紡ぎ出す

演劇界の実力者たちが織りなす、現実、虚構、夢が錯綜する異色サスペンス映画。 俳優の山科圭太が、監督と編集を務めた映画『ボディ・リメンバー』。 キャストを務めるのは、演劇界で活躍する舞台俳優たち。 映画 …

新作映画ニュース

【東京国際映画祭2020情報】開催時期と会場は?劇場上映をメインに「観客賞」と「TOKYOプレミア」を新たな形で実施

第33回東京国際映画祭の実施について。 2020年の第33回東京国際映画祭は、2020年10月31日から11月9日まで開催するべく準備が進められています。 (c)2020 TIFF オンラインだけでな …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学