Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2019/09/04
Update

ロザムンド・パイク映画おすすめ6選。ゴーンガールから2019年新作『THE INFORMER/三秒間の死角』まで

  • Writer :
  • 松平光冬

出演最新作が立て続けに公開!2019年秋のロザムンド・パイク祭り

映画『ゴーン・ガール』(2014)での演技が印象深いイギリス人女優、ロザムンド・パイク。

左『エンテベ空港の 7 日間』場面写真 中央『プライベート・ウォー』海外プレミア時の写真 右『プライベート・ウォー』場面写真

日本では2019年9月から11月にかけて、彼女出演の新作(うち2本は主演)が連続で公開されます。

そこでここでは、新作の紹介および、その他のパイクの出演作をピックアップします。

スポンサーリンク

ロザムンド・パイクのプロフィール

参考:『ゴーン・ガール』のツイッター

1979年1月27日、ロンドンでオペラ歌手の父とヴァイオリニストの母の元に生まれたロザムンド・パイクは、オックスフォード大学在学中より舞台やテレビで女優活動を開始。

2002年の『007ダイ・アナザーデイ』で、“ボンドガール”として出演し脚光を浴びます。

以降、『プライドと偏見』(2005)、『17歳の肖像』(2009)、『DOOM』(2005)など、文芸ものからアクションといった幅広いジャンルの作品に出演し、『ゴーン・ガール』での怪演でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネートされ、一躍トップ女優となります。

アニメ作品のボイスキャストとしても活躍しており、近年では『サンダーバード ARE GO』や『ムーミン谷』といった、過去にテレビアニメ化された作品のリメイクシリーズに出演。

待機作に、女性初のノーベル賞受賞者として知られる物理学者キュリー夫人を演じる『Radioactive(原題)』があります。

主なロザムンド・パイクの代表作

映画『ゴーン・ガール』(2014)


(C)2014 Twentieth Century Fox

映画『ゴーン・ガール』あらすじ

5回目の結婚記念日に突如、妻のエイミーが失踪してしまったニック。

“悲劇の夫”としてマスコミに取り上げられるニックでしたが、次第に過熱するマスコミの報道合戦により、2人の私生活の秘密が暴かれることに。

ついにはニックによる妻殺しの疑惑も浮上してしまい…。

映画『ゴーン・ガール』感想と評価

『セブン』(1995)、『ファイト・クラブ』(1999)の鬼才デヴィッド・フィンチャー監督が描く、サイコロジカル・スリラー。

先の読めない展開となるあらすじの顛末が話題となり、フィンチャー監督作の中で最大のヒットを記録しました。

そして何と言っても、エイミー役でアカデミー主演女優賞にノミネートされたパイクの演技が必見。

フィンチャー監督は、パイクをキャスティングした理由の1つに、彼女の外見が撮影時35歳という実年齢を感じさせなかったことから、大学生から妻へと時間経過するエイミーを演じるのに適していたと語っています。

『氷の微笑』(1992)のシャロン・ストーンや『誘う女』(1995)のニコール・キッドマンを役作りの参考としただけあって、まさしく狂気の怪演を見せてくれます。

映画『ナチス第三の男』(2019)


(C)LEGENDE FILMS – RED CROW N PRODUCTIONS ‒ MARS FILMS ‒ FRANCE 2 CINEMA ‒ CARMEL ‒ C2M PRODUCTIONS ‒ HHHH LIMITED ‒ NEXUS FACTORY ‒ BNP PARIBAS FORTIS FILM FINANCE.

映画『ナチス第三の男』あらすじ

1930年9月、ヒトラー率いるナチス党が大躍進していたドイツ。

海軍基地に通信将校ラインハルト・ハイドリヒは、女性関係のもつれから不名誉除隊を余儀なくされるも、婚約者のリナの助言によりナチス党親衛隊(SS)に入隊。

ヒトラーの政治目標を実現する上で、次第に頭角を現していくハイドリヒは、いつしか党内でも一目置かれる存在となっていきます。

映画『ナチス第三の男』感想と評価

第2次世界大戦当時、アドルフ・ヒトラー、ハインリヒ・ヒムラーに次ぐ“第三の男”と称されたハイドリヒの38年の生涯を追います。

パイクはハイドリヒの妻リナを演じており、まさにシェイクスピア『マクベス』のマクベス夫人のように、夫を影で操る恐妻ぶりを発揮。

本作原題の『HHhH』はナチス・ドイツ内で浸透していたハイドリヒの蔑称(「ヒムラーの頭脳」の略文字)ですが、“ハイドリヒの頭脳”的存在となっていたリナの権力への誇示欲も映し出されます。

スポンサーリンク

2019年9月から順次公開のロザムンド・パイク出演作品

映画『荒野の誓い』2019年9月6日(金)公開

映画『荒野の誓い』あらすじ

1892年アメリカ。かつてのインディアン戦争の英雄だった大尉ジョーは、元宿敵であるシャイアン族の長とその家族を居留地へと護送する任務を命じられます。

護送の道中で、コマンチ族により家族を殺された女性ロザリーも加わり目的地を目指すジョーでしたが、次第に彼らは共に協力を余儀なくされる状況に直面していきます。

映画『荒野の誓い』感想と評価

処女作『クレイジー・ハート』(2009)が高い評価を得たスコット・クーパー監督による西部劇。

主人公ジョーを演じるクリスチャン・ベールは、『ファーナス/訣別の朝』(2013)に続いてのクーパー監督とのタッグとなります。

パイクはジョーと共に行動をすることとなるロザリーを演じており、信用が置けない者同士に生じる化学変化が描かれていきます。

パイクとベールはそうした関係性を保つために、カメラが回る以外の場では極力会話することを避けて撮影に臨みました。

映画『プライベート・ウォー』2019年9月13日(金)公開

(C)2018 APW Film, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

映画『プライベート・ウォー』あらすじ

レバノン内戦や湾岸戦争、チェチェン紛争、東ティモール紛争など、世界中の戦地に赴いてきた女性戦場記者メリー・コルヴィン。

彼女は、2001年のスリランカ内戦取材中に左目を失明したり、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しみながらも、戦地の真の現状を伝えるべく尽力します。

解説&見どころ

メキシコ麻薬戦争を追った『カルテル・ランド』(2015)、シリア内戦を伝える市民ジャーナリスト集団に密着した『ラッカは静かに虐殺されている』(2017)と、戦地に肉薄したドキュメンタリー映画を連続で手がけてきたマシュー・ハイネマン監督初の劇映画作品。

2012年のシリア内戦で命を落とした、黒の眼帯がトレードマークだった記者メリー・コルヴィンの生涯を追います。

シャーリーズ・セロンがプロデューサーを務めていますが、おそらくは元々彼女主演を念頭に企画されていたのを引き継ぐ形で、パイクがコルヴィンを演じています。

パイクは、生前の映像を参考に喋り方から仕草に至るまで、徹底的にコルヴィンになり切った上に、撮影時に2人の息子を同行させるなど、並々ならぬ情熱を注いで制作に参加。

「個人的な、非公式な、民間の」といった意味を持つ単語「プライベート」をタイトルに用いた意味が何なのか、是非とも本編をチェックして考えてみて下さい。

映画『エンテベ空港の7日間』2019年10月4日(金)公開

映画『エンテベ空港の7日間』あらすじ

1976年、イスラエル・テルアビブ発パリ行きのエールフランス機がハイジャックされ、ウガンダのエンテベ空港に着陸します。

500万ドルと50人以上の親パレスチナ過激派の解放を要求する4人のハイジャック犯に対し、イスラエル側による人質奪還計画が進められていきますが…。

映画『エンテベ空港の7日間』の感想と評価

ブラジルの麻薬組織と警察の闘いを描いた「エリート・スクワッド」シリーズ(2007~10)で頭角を現したジョゼ・パジーリャ監督が、1976年に発生したハイジャック犯を追った実録ポリティカルドラマ。

この事件はこれまでに、『エンテベの勝利』(1976)、『特攻サンダーボルト作戦』(1976)、『サンダーボルト救出作戦』(1977)と次々映画化されていますが、本作は過去作と比べて、ハイジャック犯人側に重きを置いた構成となっているのが特徴。

その主犯格2人を演じるのが、ロザムンド・パイクとダニエル・ブリュール。

ブリュール演じる人質に同情的なボーゼに対し、パイクは冷静沈着にして非情に振る舞うブリギッテ役をノーメイクで演じます。

映画『THE INFORMER/三秒間の死角』2019年11月29日(金)公開

(C)Wild Wag films Productions 2018

映画『THE INFORMER/三秒間の死角』あらすじ

模範囚として服役中だったピートは、自由の身と引き換えにFBIの情報屋として捜査協力を務めていました。

ある日、最後の任務として麻薬組織に潜入したピートでしたが、思わぬFBIの裏切りに遭い、あらゆる組織から命を狙われることとなってしまいます。

映画『THE INFORMER/三秒間の死角』感想と評価

英国推理作家協会賞受賞のベストセラークライムノベル「三秒間の死角」(角川文庫)を映画化。

ピートを演じるのは『ロボコップ』(2014)、『スーサイド・スクワッド』(2016)のジョエル・キナマンで、パイクは彼に深く関わるFBI捜査官ウィルコックスを演じます。

他に、アナ・デ・アルマス、コモン、クライブ・オーウェンといったキャストが脇を固めた、手に汗握る脱獄アクションとなっています。

2019年秋のパイク祭りをお見逃しなく!

参考:『プライベート・ウォー』ツイッターアカウント

なお、『プライベート・ウォー』と『エンテベ空港の7日間』のコラボ企画として、旅行券や非売品パンフレットなどが当たるキャンペーンも実施中。

『荒野の誓い』、『プライベート・ウォー』、『エンテベ空港の7日間』、そして『THE INFORMER/三秒間の死角』と、それぞれ異なる顔を見せるロザムンド・パイク。

2019年の映画の秋は、“パイク祭り”を楽しみましょう!


関連記事

まとめ記事

恋愛映画おすすめ5選!日本の女性監督が描いた“愛の世界”への執着【大塚まきセレクション】

「愛の世界への執着」をテーマに独自の世界観を築き上げた女性監督たち (C)2013 ZERO PICTURES / REALPRODUCTS 今回ご紹介するのは、日本を代表する女性監督たちが描く愛の世 …

まとめ記事

西島秀俊映画おすすめ5選!最新作のかっこいいハマり役からベストな演技のランキング紹介

西島秀俊の魅力いっぱいの作品をピックアップ! シリアスでハード、かつクールで男らしい役柄が印象深い西島秀俊。年齢を増すごとに、渋さと色気も増し、カッコよさを維持し続けている彼のおすすめ作品を振り返って …

まとめ記事

映画支援のクラウドファンディングサイト。アップリンク発の仕組みは

いよいよ、アップリンクのクラウドファンディングサイト、プラン(企画)をゴー!する(進める)『PLAN GO』がスタート! 奇才の女性アーティストのニキ・ド・サンファルの足跡をたどるドキュメンタリー制作 …

まとめ記事

ティム・バートン監督映画おすすめ5選!バットマンからアリスまで

『チャーリーとチョコレート工場』や『アリス・イン・ワンダーランド』などで知られる鬼才ティム・バートン監督。 ファンタジーやホラーを基調とした独特の世界観やキャラクター造形が特徴で、世界中の人に愛される …

まとめ記事

2018年2月公開の邦画メジャー&ミニシアターおすすめ映画4選!

2018年2月に公開されるオススメの邦画をご紹介します。 人気コミックの実写化として話題作を松坂桃李と沢尻エリカ共演で贈る『不能犯』から、アイドルから女優に華麗な変身を見せた“真のアイドル映画”『サニ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学