Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

映画『ラストコップ』あらすじ!横浜ロケ地マップ入手方法も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

現在テレビドラマシリーズで人気を博した2人が豪快かつ、破天荒な捜査で事件を解決する映画版『ラストコップ THE MOVIE』が全国の劇場にて公開中。

その公開に合わせて舞台となった神奈川県横浜では、「ラストコップ」シリーズに登場する市内ロケ地を紹介するマップを配布しています。

今回は作品情報とともに、横浜市内ロケ地マップ配布場所をご紹介します!

スポンサーリンク

1.映画『ラストコップ THE MOVIE』の作品情報

【公開】
2017年(日本映画)

【監督】
猪俣隆一

【キャスト】
唐沢 寿明、窪田 正孝、佐々木 希、藤木 直人、小日向 文世、和久井 映見、黒川智花、竹内涼真、松尾諭、桜井日奈子、武田玲奈、伊藤沙莉、田山涼成、マギー、宮川一朗太、加藤雅也、吉沢亮、ふなっしー、升毅、出川哲朗

【作品概要】
ドイツの人気ドラマを唐沢寿明と窪田正孝の共演でリメイクしたドラマの劇場版が「THE LAST COP ラストコップ」。

30年前の昏睡状態から目覚めることとなった時代錯誤の昭和時代の刑事の京極浩介と、平成生まれで草食系な若手刑事の望月亮太の凸凹コンビが事件を解決していく姿を描く。

2.昭和デカと平成刑事の凸凹バディ(相棒)演じた2人を紹介!


(C)2017映画「ラストコップ」製作委員会 Based on the German TV series “DER LETZTE BULLE”, distributed by Red Arrow International

唐沢寿明(京極浩介役)

唐沢寿明は1963年生まれの東京都出身の俳優。1987年に、舞台「ボーイズレビュー・ステイゴールド」でデビュー。

その後、2002年にNHK大河ドラマ『利家とまつ~加賀百万石物語~』や蜷川幸雄の演出による舞台『マクベス』(01,02)など多数のドラマや舞台などで活躍します。

映画出演は1991年に森田芳光監督の『おいしい結婚』スクリーンデビュー

主な映画出演作は1997年に『ラヂオの時間』、2004年に『嗤う伊右衛門』『CASSHERN』。また、2008年に『20世紀少年』シリーズが始まると、主人公を務めて話題を集めます。

2014年に出演を果たした武正晴監督の『イン・ザ・ヒーロー』は代表作の1つとなりました。

窪田正孝(望月亮太役)

窪田正孝は1988年生まれの神奈川県出身の俳優。フジテレビのテレビドラマ『チェケラッチョ!!inTOKYO』にて初主演を果たして、同年スクリーン・デビュー。

2009ねにNHK総合ドラマ『浪花の華〜緒方洪庵事件帳〜』にて主演を務め、テレビドラマや映画と幅広く出演を重ねます。

2014年にNHK連続テレビ小説『花子とアン』の演技が評判となり知名度を上げました。

主な映画出演作品に2015年に『予告犯』、2016年に『64-ロクヨン-前編/後編』(16/瀬々敬久監督)と話題作に出演。

2017年7月に萩原健太郎監督の『東京喰種トーキョーグール』が公開予定

スポンサーリンク

3.映画『ラストコップ THE MOVIE』のあらすじ


(C)2017映画「ラストコップ」製作委員会 Based on the German TV series “DER LETZTE BULLE”, distributed by Red Arrow International

30年の昏睡状態から目覚めたことで時代錯誤な昭和の熱血刑事の京極浩介。

彼と平成生まれで草食系な若手刑事の望月亮太がバディを組むことになり、破天荒な捜査で事件を解決してきました。

しかし、これまで多くのピンチを乗り切ってきた自身の力に限界を感じた京極。

自分のデカとしての生きざまを望月に託そうとするが、そんな矢先のこと、最新の人工知能が巻き起こす大事件が発生します。

日本壊滅を阻止するため、事件解決に向かった京極は最後の決断を下すのだが…。

4.映画『ラストコップ THE MOVIE』のロケ地マップをゲットしよう!


(C)2017映画「ラストコップ」製作委員会 Based on the German TV series “DER LETZTE BULLE”, distributed by Red Arrow International

俳優の唐沢寿明や窪田正孝が出演した『ラストコップ』のテレビシリーズや映画版に撮影ロケ地として登場する神奈川県横浜市

『ラストコップ』の凸凹バディファンに実際のロケ地を観光で巡ってもらおうと、映画に合わせてタイアップしたPRキャンペーンの「ロケ地マップ」を市内外の映画館、観光案内所等において配布しています。

ラストコップ』のロケ地分かりやすく紹介するマップ!

【配布物名称】
「ラストコップ横浜ロケ地マップ」(B4ヨコ中折のB5×4ページ・カラー版)

【配布期間】
2017年5月3日(水・祝)から6月4日(日)まで。

【配布部数】
30,000部

【配布場所】
都内観光案内所(TICTOKYO、東京シティアイ) 市内観光案内所(横浜駅、桜木町駅、新横浜駅) 市民情報センター(横浜市役所本庁舎内) 各区役所(市内 18 か所) 市営地下鉄(横浜駅、桜木町駅、関内駅) シーサイドライン(新杉田駅、金沢八景駅) 映画館(埼玉、東京、神奈川の本作品上映劇場) ほか

スポンサーリンク

5.まとめ

昭和感が炸裂する京極デカと平成生まれの望月刑事による感覚のズレもバディ(相棒)として、信頼関係を深めてていきます。

その2人の姿は映像に収めたロケーション現場を巡ることで、映画で見せたクライマックスを再度思い出してみるのも良いかもしれませんね。

ぜひ、映画の鑑賞のお供に『ラストコップ』のロケ地マップもゲットしてみませんか。

関連記事

まとめ記事

ロバート・レッドフォードおすすめ映画5選!監督代表作まとめ

俳優ロバート・レッドフォードは、端正な顔立ちで多くのファンを魅了し、映画『明日に向って撃て!』や『スティング』などに出演を果たし、役者として実績を重ねていきました。 映画『明日に向って撃て!』予告編 …

まとめ記事

ゾンビ映画の開祖ロメロの発明と『カメラを止めるな!』の革新性と情熱とは

公開前から試写や各国の映画祭で話題沸騰、6月23日に公開されて以来は映画ファンの枠を超えて一大ムーブメントとなっている作品『カメラを止めるな!』。 本作はわずか300万円で作られた超低予算映画。本作の …

まとめ記事

ケヴィン・スペイシー映画おすすめ5選!最新作を見る前にチェック!

(C)2011 NEW LINE PRODUCTIONS, INC. ケヴィン・スペイシーは、『セブン』や『アメリカン・ビューティー』などで知られるアメリカ出身の俳優です。 ハリウッドのカメレオン俳優 …

まとめ記事

小説を映画化したオススメ邦画5選。原作との違いはここ!

人気のベストセラー作家として知られる東野圭吾や角田光代など、彼らが執筆した原作を基に映画化された作品はいくつもあります。 今回は動画配信サービスで、今すぐ見られるオススメの邦画を5作品ピックアップして …

まとめ記事

エドワード・ノートン映画おすすめ5選!筋肉と演技力で魅了!

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE E …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学