Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『欲望の翼』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。ウォン・カーウァイの描く香港の恋愛模様

  • Writer :
  • からさわゆみこ

1960年の香港を舞台に、若者たちの屈折した恋愛模様をスタイリッシュに描く

今回ご紹介する映画『欲望の翼』は『恋する惑星』(1994)、『花様年華』(2000)のウォン・カーウァイ監督が、1960年代の香港を舞台に若者たちが織り成す、恋愛模様を描いた青春群像劇です。

本作は当時の香港映画のトップスター、レスリー・チャン、マギー・チャン、カリーナ・ラウ、アンディ・ラウ、ジャッキー・チュン、そしてトニー・レオンの6人が共演したことでも話題となりました。

ヨディはサッカー場の売店で働くスーに声をかけ、2人は友達からやがてスーはヨディに恋に落ちます。しかしヨディは結婚をほのめかすスーを捨て、ナイトクラブのダンサーミミと付き合うようになります。

ところがこの2人の関係も長くはなく、ミミもヨディからふられます。ヨディの親友サブはそんなミミに密かに思いを寄せていました。

また、夜間巡回中の警官タイドがスーに職務質問し、次第に思いを寄せはじめますが、彼女はヨディのことを忘れられずにいます。

スポンサーリンク

映画『欲望の翼』の作品情報

(C)1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.

【公開】
1992年(香港映画)

【監督・脚本】
ウォン・カーウァイ

【原題】
阿飛正傳(英題:Days of Being Wild)

【キャスト】
レスリー・チャン、マギー・チャン、カリーナ・ラウ、アンディ・ラウ、ジャッキー・チュン、トニー・レオン

【作品概要】
定職にもつかず道楽な毎日をすごすヨディを演じるのは、『チャイニーズ・ゴーストストーリー』(1987)『さらば、わが愛 覇王別姫』(1993)のレスリー・チャンです。彼は本作で第10回香港電影金像奨にて、最優秀主演男優賞を受賞しました。

ヨディが口説き落とす女性スー役には、本作の出演を機に演技派女優の頭角を現し、続編『花様年華』(2000)にも出演したマギー・チャンが演じます。

スーを捨て次に口説いた踊り子のミミ役には、映画『真・三國無双』(2021)のカリーナ・ラウ、巡回中、傷心のスーを見かけ声をかける警察官タイド役に「インファナル・アフェア」シリーズ、『バーニング・ダウン 爆発都市』(2022)のアンディ・ラウが演じました。

本作は第10回香港電影金像奨で最優秀作品賞・最優秀監督賞、第28回金馬奨でも最優秀監督賞を受賞しました。

映画『欲望の翼』のあらすじとネタバレ

(C)1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.

1960年の香港。サッカー競技場の売店の売り子を口説こうと、青年が近づき名前を尋ねます。彼女は教えたくないと拒みますが、彼は名前を知っていると“スー・リーチェン”だと答えて、「夢で会おう」と告げて去っていきます。

翌日スーが寝不足ぎみで売店にいると、再び青年が売店に来ます。スーは夢で会えなかったと訴えると、青年はスーを見て「眠ってないな。眠れば会えるぜ」と言います。

夕方、スーは売店で居眠りをしてしまいます。その寝顔は何か良い夢でも見ているように、微笑んでいました。

次の日も青年はスーに会いに来ます。掃除をしているスーに「きれいだ」と言い、彼女は戸惑いながら何の用なのか聞くと、「友達になろう」と答えます。

スーが断ると青年は彼女に腕時計を1分だけ見るよう言います。時計は3時を指しスーが1分経ったというと、今度は何日かと尋ね、スーは16日と教えます。

「1960年4月16日3時1分前、君は俺といた。俺はこの1分を忘れない」と真剣なまなざしで、“1分間の友達”になれたことは否定できないと、言って去っていきます。

翌日から青年は毎日売店に来て、1分間から2分間の友達になり、やがて1時間の友達になり、スーは彼の部屋を訪れるようになりました。

ある日、従妹の部屋を間借りしていたスーは、従妹の結婚を機に部屋を出なくてはならないと言い、彼と一緒に住みたいと願うと彼は快諾します。

しかし、喜びも束の間、スーが父親に彼との関係を話すと言うと、「どんな関係だ?」と不快感を示します。

彼女は“結婚”を意識していましたが、彼にはその気がないと知り、傷ついたスーは2度とここには来ないと言い残し、部屋を出ていきました。

スーがいなくなっても彼は気にすることもなく、窓のブラインドを指で下げると彼女が去るのを見送りました。

青年が実家に立ち寄ると、慌てた家政婦が母親が浴室で酔いつぶれていると教えます。彼は母親をベッドに運び、家政婦に“今の男”は誰か聞きます。

彼はナイトクラブの楽屋で、母親の若いツバメにイヤリングを盗んだと因縁をつけ、殴る蹴るの暴行を加え、2度と近づくなと脅します。

青年は一部始終を見ていた店のダンサー、ミミに目を付けイヤリングをあげると誘い出し、彼女と一夜を共にします。

以下、『欲望の翼』のネタバレ・結末の記載がございます。『欲望の翼』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.

青年の名前はヨディ。カフェにいた彼は母に呼ばれ、彼女の若い恋人を殴る蹴るし、脅したことを責められます。

ヨディの母親は養母で実の母とは生き別れていました。彼は実の母についてどこにいるのか聞き出そうとしますが、養母は知りたければ自分で捜すよう言います。

しかし、養母はヨディを失えば虚しい過去が残るだけと言い、彼の目をみつめ「憎みたければ憎めばいい、その分忘れることはないから」と言います。

一方、ミミは道楽者のヨディに惹かれていきます。ある雨の晩、ヨディのアパートのエントランスにスーの姿がありました。

スーが神妙な顔でベンチに座っていると、巡回中の警官が彼女をみつけ声をかけます。警官に呼びだされたヨディが階下に行くと、スーは荷物を取りに来たと言います。

ヨディはスーに未練が残っていると察し、「俺は君にふさわしい男じゃない」と言います。スーは結婚よりも一緒にいたいとすがりますが、彼はいずれは自分が嫌いになり、不幸になると告げました。

スーは愛してくれたことはあったか尋ねますが、ヨディは誰を愛していたかなんて忘れたと突き放しました。

2人の会話を立ち聞きするミミがいました。ヨディがスーの荷物をまとめていると、彼女が履いていたスリッパは、スーのものだから脱ぐよう言います。

ミミはスーの物だという証拠はないと、脱ぐのを拒否し“あたしの”といえば、ヨディもスーの男になるのかと責め立てました。

2人の騒ぐ声を聞いたスーは部屋にいるミミの存在を知り、傷心のまま部屋を立ち去っていきます。

雨が降り注ぐ深夜、アパートを出たスーは放心したまま通りの角で佇んでいると、ヨディを呼びだしてくれた警官に再び声をかけられます。

何かを察した警官は「ぐっすり眠れば気分も晴れる」と言うと、スーはヨロヨロと歩きだしますが、また、足を止めるとたまりかねて泣き出します。

警官は距離を保ちながらスーに気をかけていると、彼女はタクシー代を貸してほしいと頼み、2人はこれをきっかけに少しだけ親しくなります。

借りたタクシー代を警官に返すため、巡回している時間に訪ねるスーは、サッカー場で働いていると教えます。警官がサッカーが好きだと話すと、スーは訪ねてくるよう言います。

そして、翌日もスーはヨディのアパート近くの電話ボックスに来ました。彼に電話したくてためらっていると、その姿を警官がみつけます。

スーは警官にただ話を聞いてほしいと切り出します。話さなければどうにかなると、寂しい夜をどう過ごせばいいのか辛く、実家に帰りたいけど、故郷はマカオだと言います。

ヨディのことが忘れられず、家の前まで来てしまう自分が嫌になるのだと話しました。彼女は警官に助けてほしいとつぶやきます。

警官はスーがまともに眠っていないことに気づき、中途半端な気持ちのままではなく、忘れられないことを伝えるべきだと、“1分”以内に行動するよう言いました。

スーはその1分間についてヨディとの出会いを話します。そして、彼を忘れるには最初の1分から、過ぎた時間まで忘れないといけないと言い、スーは警官の巡回に付き合いながら、自分のことを語りはじめます。

香港の学校を出て企業に勤める従妹は才女で、彼女をを頼って香港に来たと話すと、警官は“船乗り”になりたかったが、病弱の母のために警官になったと話します。

警官は話し相手がほしければ、いつでも公衆電話から呼びだすよう言います。しかし、スーからの連絡はなく、警官は来ないと予感しつつも、電話ボックスの前で待つようになりました。

ほどなくして警官の母親は亡くなり、彼は警察を辞めて船乗りになって海に出ます。

一方、ヨディもふさぎ込む日が続いていました。ミミだけがテンション高く、ふさぎ込む彼に映画にでも行こうと誘います。

そして、ミミはヨディに一文無しなら、自分がホステスでもして稼ぐからというと、ヨディは“ヒモ”になれと言われた気持ちになり、ミミを部屋から追い出してしまいます。

ヨディの養母は知り合った老紳士から、一緒に渡米しないか誘われていました。養母はヨディと距離を置くつもりでしたが、彼は実の母親のことを話すまで束縛すると言います。

養母はヨディがある程度の年齢になった時、実母のことを話しましたが、話さなければよかったと後悔していました。彼が予想以上に生き別れた理由に固執したからです。

養母が引き取った理由を話さなかったのは、彼が“望まれずに生まれた子”だったからです。実母の存在を知ったヨディは長年、養母を責め立て苦しめました。

そして、養母はヨディに実母を捜して、真実を知ることは何もかもを失うことと忠告し、決別を覚悟をすると、実母からの手紙をヨディに見せました。

ヨディは親友のサブに実母がいるフィリピンへ行くことを告げて、愛車のキーを彼に渡すと、車を自分だと思って大事にしてほしいと言います。

サブがミミには伝えたのか聞くと、聞かれたら教えてやればいいと、上の空で答えました。

ミミは何も言わずに姿を消したヨディが、スーと密会していると思い込み、サッカー場まで怒鳴り込みに行きます。

スーは他の女と同様に捨てられたと諭しますが、プライドの高いミミはヨディが選んだのは、スーではなく自分だと言い捨てると、スーは自分は立ち直っていて、次に泣くのはミミの番だと言ってのけます。

ミミはヨディの養母を訪ねますが、そこにも彼はいません。ミミは伝言を託しますが、養母は香港を発つと告げます。

ミミが家を去ると別の部屋から、ヨディが追い払った養母の若い恋人が出てきます。養母はその恋人と寄りを戻していました。

密かにミミに思いを寄せていたサブがミミの楽屋で待っていました。サブはミミにヨディがフィリピンへ行ったことを教えると、怒ったミミは楽屋を出ていきます。

サブはミミを心配しヨディの愛車で追いかけますが、ミミは自分もその車と同様に、自分の物にするつもりなのかと責め立てると、サブは彼女の頬を叩くと、彼女はフィリピンに行きたいと嘆きます。

しばらくして、サブは大金を持ってミミがいるカフェに現れます。そして、自分にはミミももらった車も不釣り合いだと、車を売った金をミミに手渡し、フィリピンへ行くよう言います。

一方、ヨディはようやく実母の住む屋敷に辿り着きますが、そこにはもう住んでいないと言われます。会うことすら許されていないと思い知らされます。

ヨディの望みは実母の顔を見ることでした。屋敷を去るヨディは背中に視線を感じますが、彼は一度も振り返ることなく、来た道を真っ直ぐ去って行きました。

ヨディの心は荒れ、フィリピンの中国人街で酒に酔い潰れます。現金や時計を娼婦に盗まれ、道端に放置されました。

偶然、船乗りになった元警官のタイドに助けられます。お互いにどこかで面識があると感じつつ、詮索はせずにいました。

タイドは次の出航まで2日は滞在すると言い、ヨディは夜が明けたら駅に向かい、移動すると話します。

2人は駅のレストランで朝食を食べ、タイドはヨディにどの列車に乗るのか聞きます。ところが彼は列車に乗るわけではなく“ヤボ用”だと言い、現れた男とトイレに向かいました。

ヨディはギャングに依頼し、闇ルートで偽造パスポートを得ようとしていました。しかし、一文無しになっていたヨディは、取引の金がなくギャングを刺して逃走します。

しかし、ギャングは仲間にヨディを捕まえるよう叫び、乱闘になりました。元警官のタイドは巻き込まれ、ギャングの拳銃を奪うと数人倒して、ヨディと列車に飛び乗り逃げました。

ヨディは偽造パスポートでアメリカに行こうと考えていました。タイドは仕事のことが気になり、自分を巻き込むなと訴えますが、勝手についてきたのは彼だと返されます。

ヨディは“脚のない鳥”の話を始めます。タイドもその話しは知っていましたが、おとぎ話は女が喜ぶだけと言い、脚のない鳥にでもなったつもりかと問います。

タイドは現実逃避するヨディに、自分がその鳥だというなら、好きなところに飛んでいけばいいと罵ると、「いずれな」と余裕で微笑みました。

次の駅までの時間を聞きにタイドは席を離れます。ヨディが1人でいるところに追っ手が近づき、彼を銃で撃ちました。

ヨディの実母は彼を生むと、それを養母に預けました。そのおかげで養母はヨディが18歳になるまで、毎月アメリカドルで50ドルの養育費を受け取っていました。

養母にとってヨディはお金の不安を無くしてくれる存在でした。

ヨディはタイドに話しかけ人生は短い、死に際に何が見たいか考えておいた方がいいとアドバイスし、“脚のない鳥”のことを話し出します。

ヨディは死ぬまで飛び続ける、脚のない鳥の話を信じ、その鳥は飛ぶ前にはすでに死んでいたんだと、仮説を話しました。

ヨディはスーのことを思い出し、「彼女は元気かな?」と呟きます。タイドはヨディに去年の4月16日、午後3時に何をしていたか質問します。

タイドは女友達から同じ質問をされたが、覚えていなかったと答えます。しかし、ヨディは「その女と一緒にいた」と答え、彼女にあってもこのことは言わないよう釘を刺し、静かに息を引き取ります。

その頃、フィリピンにはミミが到着していました。そして、サッカー場で仕事を続けるスーは、閉場時間には仕事を終えます。あの電話ボックスからは、タイドを呼ぶ電話が鳴り響きました。

ある狭い部屋で謎の男が身支度を整えています。新しいタバコを2つ上着の外ポケットに、札束を内ポケットに、未開封のトランプを1つベストのポケットに入れ、出かけて行きます。

スポンサーリンク

映画『欲望の翼』の感想と評価

(C)1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.

映画『欲望の翼』は何不自由なく育てられたヨディが、18歳の時に母親が実の母ではないことを知らされ、屈折した生き方をしてしまう物語です。

養育費の送金が終わるのを機に、なぜ養母はそのことを話したのか? いくつか考えが浮かびます。

親の金をあてにし、好き放題に暮らすヨディに働くきっかけを与えようとした。または、ヨディに養ってもらうことに期待をしたから。どちらともとれます。

養母にとってヨディは、育てている間は養育費目当ての存在で、養育費の送金が止まっても、それまで育てた恩を感じれば、養うのも当然と考えたからです

しかし、彼女の思惑に反してヨディは、執拗に実母の所在を知りたがり、養母を養う気もなく、ただ憎しみだけを増幅させる、屈折した青年になってしまいました。

実母が自分を捨てた理由も知らぬまま、愛されているのかいないのか、真実もわからず思いだけが募っていました。

養母は生活に困らぬよう、お金だけ渡し愛情を注いで育てたわけではないことが、ヨディの養母や出会った女性達への薄情さで物語っていました。

ヨディにとってスーの存在は、穏やかで平穏な時間を与えてくれました。それと同時に儚く崩れ去る恐れも感じ、スーを幸せにし守っていく自信を喪失させます。

ミミの方が養母により近く、楽な気持ちで付き合えたのだと思いますが、それはそれで養母の影から逃れられない、嫌悪感でもありました。

ヨディは実母に会うことで何が変わると思ったのでしょうか? 実母に自分への愛を感じれば、自分にも人を愛する感情が芽生えると、期待したのでしょう。

レスリー・チャンに“ヨディ”の影を見る

ヨディ役のレスリー・チャンは香港の裕福な家庭に生まれます。両親が多忙だったため祖母の家に預けられたレスリーは、乳母に育てられます。何不自由なく暮らしますが、家族と一緒の時間はあまりありませんでした。

1976年、レスリーは歌謡コンテストで優勝したことをきっかけに、芸能活動を開始します。その下積み時代に親しい女性から裏切られ、経済的にも苦労をして生活は乱れました。

このような経験が愛に不信感のあるヨディの影と重なり、そのままレスリーにあてはまったのでしょう。彼はこのヨディ役で最優秀男優賞を受賞しました。

また、その後歌手として成功を収めたレスリーですが、アイドルとしての人気レースに疲れ、歌手を引退し俳優に転身しました。

俳優としても頭角を現したレスリーは、ヒット作にも恵まれ順風満帆さを感じさせましたが、飛ぶのを止めない鳥のような彼は、うつ病を発症し2003年に自ら命を絶ってしまいます。

多くの映画に出演してきたレスリー・チャンですが、彼の人生を鑑みるとヨディ役は、特にはまり役だったと感じさせます。

ラストシーンで登場した、トニー・レオン演じる男は?

ラストシーンで唐突にトニー・レオンが登場し、カジノディーラーなのか?賭けカードをしに出かけるのか、多額の現金と新品のカードを持って出かけます。

これは何を意味するのでしょうか?『欲望の翼』は当初2部作になる予定で、後半はトニー・レオンを主役にした話が展開する予定でした。

しかし、時間と予算の都合で割愛する形になりました。そして、トニー・レオンを主演に「1960年代シリーズ」の2作目となる、『花様年華』(2000)が制作されました

『欲望の翼』は1960年が舞台で、『花様年華』(2000)は1964年が舞台になっています。前作のキャラクターや職業が一部引き継がれるのがこのシリーズです。

本作にはスーの商社勤めの従妹が、結婚するという話が出てきます。『花様年華』(2000)には商社勤めのチャンが登場するので、スーの従妹はチャンなのでは?と想像させます。

ラストに登場したトニーが演じた男性の要素は、『花様年華』(2000)には反映していないと考えますが、3作目の『2046』(2004)に何か通じるのか?と、気にさせる終わり方でした

まとめ

(C)1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.

『欲望の翼』は、1960年の香港が舞台の青春群像劇でした。母親の愛を知らずに育った青年が、“愛”を捜し求め飛び続けた物語でした。

「脚のない鳥は既に死んでいた」というのは、“愛のない心は既に死んでいる”と取ることもできます。ヨディが女性と付き合っている時は、風の中で眠るようなことだったのでしょう。

しかし、気を許した瞬間に“裏切られる”、そんな疑心暗鬼もありました。彼はけして一つどころに留まることなく、ホバリングするように生きていたのです。

ヨディは養母がアメリカに渡ったと思いアメリカを目指します。しかし、彼がアメリカへ行けたとしても、養母は若い恋人と香港に残ったと考えると、再会することは一生なかったでしょう。

死ぬ間際に何が見えるのか知りたいと、ヨディは目を開けたまま絶命します。彼の目に浮かんだのはスーの顔でしょうか? 憎んだ養母の顔が浮かび、少しは後悔したのでしょうか。

ヨディを中心に巡る若い男女の恋愛模様は、すれ違いに終わりますが、唯一残された希望はタイドとスーの関係です。

タイドが香港に帰った時、彼がサッカー競技場へ向かい、その時にスーがまだ働いていれば、2人の間には欲望のない、平穏な愛が芽生えると思えるからです。





関連記事

ラブストーリー映画

映画『クレイジー・リッチ!』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

恋人と家族どっちが大切⁉︎恋人は超リッチ! 全米で大ヒット中のオール・アジアンキャストムービー『クレイジー・リッチ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『クレイジー・ …

ラブストーリー映画

『東京の恋人』映画内容と考察解説。森岡龍×川上奈々美W主演で描いた下社敦郎監督作品の見どころポイントとは

明日からは、あなたなしで生きていくのね。ラブユー、ラブユー、東京。 志半ばで夢をあきらめ東京を離れた男が、学生時代付き合っていた彼女との再会のため、10年ぶりに東京へ。 2人の再会は、輝いていた青春の …

ラブストーリー映画

映画『さくらん』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末の評価も【金魚と赤が映える鮮やかな花魁に生きた人たち】

写真家・蜷川実花の劇場映画デビュー作品『さくらん』 安野モヨコの漫画作品「さくらん」が映画化され、2007年2月24日より公開されました。 世界的なフォトグラファー、蜷川実花の初監督作品であり、モデル …

ラブストーリー映画

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』あらすじネタバレ感想。原作は東野圭吾の異色恋愛小説

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』は、2019年5月31日(金)より全国ロードショー! 東野圭吾の同題作品を多作ではないものの『宇宙兄弟』『聖の青春』と良作を発表し続ける森義隆監督が映画化。 主 …

ラブストーリー映画

深川麻衣映画『パンとバスと2度目のハツコイ』ネタバレ感想。ラスト結末も

「どうしてそんなに深く愛せるんだろう?」 結婚に踏ん切りがつかず彼氏のプロポーズを断ったふみと、別れた奥さんのことを想い続けているたもつが織りなす、モヤモヤしながらキュンとする“モヤキュン”ラブストー …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学